(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MEMORIES-Kahara Covers- ♪華原朋美

華原朋美
華原朋美、完全復活2年目。

初のセルフカヴァーアルバム『DREAM-Self Cover Best-』で全盛期を越える歌唱力と表現力を披露し、自身の楽曲を見事に昇華させた後の戦略として仕掛けられたのは、UNIVERSAL MUSICお得意のカヴァーアルバム。ミポリンや工藤静香等、歌手として影響を受けた人気アーティストヒット曲を中心に、小室哲哉作品3曲も含んだ全10曲を収録した作品となりました。

1. DEPARTURES
華原朋美の報復。
自身の休業中に小室夫妻に「I'm proud」をTVで歌われた恨みを、KEIKO休業中に「DEPARTURES」を歌ってCD化するというこれ以上ないやり口で倍返し!!清々しいまでに凛とした佇まいで「DEPARTURES」を奪い取ろうとする様は、まるで復讐に燃える東海テレビの昼ドラのヒロインのようです!

2. 恋しさと せつなさと 心強さと
かつて「"with t.komuro"に憧れていた」と話していたこともある朋ちゃんが、without t.komuroで篠原涼子をカヴァー。どうしても恨み節感が拭えない「DEPARTURES」とは対照的に、純粋に小室楽曲との相性の良さを感じられる仕上がりになっています。

3. M
小室曲2連発の後に配されたのは、プリプリの失恋名バラード「M」。
歌詞が未練タラタラすぎて、TKのことを思いながら歌ったのかな?と思うととっても怖いです(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

♪いつまでもあなたしか見えない~ 私もぉぉぉぉ~~~~~
609d5dedef368b67179ad16ced7728a0_25285.jpg

4. やさしさで溢れるように
昨年の『FNS歌謡祭』ではTKとの共演以外に、JUJUとも共演していました。
その時にJUJUとのコラボで披露したのがこちらの曲。


醜女が健気に力強く歌い上げるオリジナルに対し、
Kahara ver.は美女が小奇麗にまとめました的な、オリジナルとは真逆の印象に仕上げています。

「あなたを愛し続けるよ」「離れてても そばにいるよ」っていうのが洒落にならない感じで怖いです。

5. 千流の雫
工藤静香の1990年のヒット曲をカヴァー。
他にも色々ヒット曲がある中で、埋もれがちなこの曲を選んだところにこだわりを感じますね(´∀`)
ビブラートをマスターするきっかけになった曲だとか。
ちなみにこの曲も失恋の歌。
なんだ、やっぱり選曲理由はTKへの未練(ry

6. my graduation
原曲は10代女子が歌う切ない青春の思い出への卒業表明でしたが、
Kahara Coversでは、“別れた後も忘れられない元彼への怨歌”へと見事に生まれ変わりました。

♪髪をかきあげるくせ 本当に愛してた~
小室哲哉

♪あなたと過ごした青春 輝きはずっと色褪せない~
my graduation


(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


7. You’re My Only Shinin’ Star
華原朋美が好きなミポリン曲と言えば「50/50」(小室哲哉作曲)だと公言していたにも関わらず、
今作には別のTK(角松敏生)が作ったこちらの楽曲が選ばれました。
(※歌詞をじっくり読んでみたら、やっぱりこの曲も当てつけみたいな選曲だと実感w)
AOR風のアレンジに乗せて、しっとりと歌い上げています。

8. UNSPEAKABLE
華原朋美、黒BUTAオールスターズの先輩・ELTの曲を歌う。
黒BUTAオールスターズの先輩である持田さん(2期メンバー)が、顔を歪ませ、首を傾けながら苦しそうに歌う姿しか想像できない名バラードを、後輩・遠峯ありさ(4期メンバー)が余裕たっぷりに感情を込めながら歌いあげています。

9. BRAND NEW TOMORROW
TK曲カヴァー3曲目はtrfです。ちょうど「I BELIEVE」と同時期にヒットチャートを賑わしていた曲。
幸せの絶頂だった頃の曲ってことで選ばれたんだろうか…。

10. PIECE OF MY WISH
ラストは武部聡志アレンジによる今井美樹のバラード曲のカヴァーでしっとりと。
この曲だけ、復帰当初に掲げていた“困難を乗り越えて復活を遂げた私”を歌で表現しているように感じます。


という全10曲。

もう完全に吹っ切れてますけど何か?と、涼しい顔をしながら
ほとんどの曲が過去の大失恋を連想させるという、女の執念深さ、恐ろしさを感じるカヴァーアルバムです。

かつての恋人の作った曲を歌うだけでなく、
他人が作った曲でも私怨を晴らそうという試みが実に画期的ですね(゚∀゚)
スポンサーサイト

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント


ワロタwwwww

BRAND NEW TOMORROWは原曲のコーラスに参加していたみたいで、それで選ばれたらしいっすよ( ̄▽ ̄)

今の所はJUJUとELTのカバーが好きかな
DEPARTURESは綺麗に歌えてはいるんだけど、MARCのラップが排除されたせいか何か物足りなさが...w
恋しさと〜はアレンジがガチャガチャしていて、チョット微妙な気が...
【2014/03/16 21:14】 URL | スマック #- [ 編集]

Re: タイトルなし
コメントどうもありがとうございました(´∀`)

> BRAND NEW TOMORROWは原曲のコーラスに参加していたみたいで、それで選ばれたらしいっすよ( ̄▽ ̄)
なるほど~。

「UNSPEAKABLE」をこんなに安心して聴けたのは初めてですwww
原曲ですら発売当時からサビになると
顔歪ませてるのが脳裏に浮かんでたのでw

前作もだけど、本人歌唱の部分においては評価が高い一方、
アレンジがいまひとつって言う意見が結構出てますよね~。
【2014/03/21 14:42】 URL | ピタ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。