(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Burlesque

Burlesque
本格的な映画出演は初となるChristina Aguileraと、歌手・女優として40年以上のキャリアを誇る超ベテラン・Cherの2人が主演を務めたミュージカル映画『Burlesque』のサウンドトラックです。劇中で2人が歌った曲が、映画の中で披露された順に10曲収録されています。

【収録曲】(※=Cher/☆=Christina Aguilera 歌唱曲)
1. Something's Got A Hold On Me ☆
2. Welcome To Burlesque ※
3. Tough Lover ☆
4. But I Am A Good Girl ☆
5. Guy What Takes His Time ☆
6. Express ☆
7. You Haven't Seen The Last Of Me ※
8. Bound To You ☆
9. Show Me How You Burlesque ☆
10. The Beautiful People (from Burlesque) ☆



映画のネタばれを含みつつ曲紹介をしていくと、Aguilera演じる“アリ”が田舎を出ていく決意を固めた映画の冒頭で熱唱する「Something's Got A Hold On Me」Cher演じるクラブの店主・“テス”が御年64歳とは思えぬハイレグ姿で、店の女の子たちを従えながら『Burlesque』のショーの始まりに熱唱する「Welcome To Burlesque」、主役を降ろされた女の嫌がらせによるアクシデントがきっかけで、代役を務めたアリの圧倒的な歌唱力が初めて披露される重要な場面で歌われた「Tough Lover」、断髪を薦められるも拒んだアリが、ウィッグを着用してセクシーかつ茶目っ気たっぷりに歌い踊る「But I Am A Good Girl」、“長い時間をかけてじっくりと愛してくれる男が好き”と歌うLinda Perryのペンによる『Back To Basics』の世界観にも通じるレトロミュージック「Guy What Takes His Time」、劇中で最も派手なパフォーマンスを魅せる現代風なサウンドの「Express」、借金苦で命よりも大切な店を失う危機に立たされたテスが自らを奮い立たせるかのように歌うDiane Warren書き下ろしのバラード「You Haven't Seen The Last Of Me」『Bionic』にも参加したSiaが関与している『愛』について歌ったバラード「Bound To You」、店のバーテンダーで、作曲家志望のジャックが書いたという設定のショータイム用ナンバー「Show Me How You Burlesque」、エンドロールで流れるエレクトロやロックを取り入れたアップナンバー「The Beautiful People (from Burlesque)」と、映画を観た人なら必ず楽しめる内容となっています。逆に言うと、映画を観ないで聴くのは損と言うか、あり得ないんじゃないかというくらいですw 是非、映画を観てから楽しんでください。
スポンサーサイト

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

This Is It ♪Michael Jackson

This Is It
ロンドンのO2アリーナにて全50公演が行われる予定だったMichael Jacksonのコンサート「This Is It」のリハーサルの模様を収めたドキュメンタリー映画『This Is It』のサウンドトラックです。映画を先日観てきたので、映画の感想も絡めて書いていきます。

【収録曲】
-----[ Disc 01 ]-----
1. Wanna Be Startin' Somethin'★★★★☆
2. Jam★★★★☆
3. They Don't Care About Us★★★★☆
4. Human Nature★★★★★
5. Smooth Criminal★★★★★
6. The Way You Make Me Feel★★★★☆
7. Shake Your Body(Down To The Ground)★★★★☆
8. I Just Can't Stop Loving You★★★★☆
9. Thriller★★★★★
10. Beat It★★★★★
11. Black or White★★★★★
12. Earth Song★★★★☆
13. Billie Jean★★★★★
14. Man in the Mirror★★★★★
15. This Is It★★★★
16. This Is It(Orchestra Version)★★★★
-----[ Disc 02 ]-----
1. She's Out Of My Life(Demo)★★★☆
2. Wanna Be Startin' Somethin'(Demo)★★★☆
3. Beat It(Demo)★★★☆
4. Planet Earth(Poem)



曲目を見ただけでは、“中途半端な選曲のベストアルバムに未発表曲をくっつけて売ってるアルバム”だと思われること必至な内容なのですが、この印象は映画を見ればきっと変わることでしょう。なぜなら、この選曲・曲順は映画の内容に基づいたものになっているから。映画を見ることによって魅力が増すアイテムになっています。まぁ、サウンドトラックって本来そういうものですよね(´∀`) 映画のネタバレをしつつ曲紹介をしていくと、先行的にメディアに公開されたリハ映像で取り上げられていた「They Don't Care About Us」、クラシック映画のような大掛かりな映像が用意され、個人的に映画の中で最も見とれてしまった曲「Smooth Criminal」、新たなゾンビムーヴィーを制作し、映画中でもゾンビダンスを披露していた革命的大ヒット曲「Thriller」、環境問題に警鐘を鳴らす「Earth Song」Britney似の女性ギタリストをフィーチャーした演出で見せる予定だった「Black or White」、LIVEのフィナーレを飾る予定であったであろう「Man in the Mirror」、ツアータイトルでもあり、エンディングに流れる未発表曲「This Is It」など、“ファンが聴きたい曲を演る”と明言したステージに相応しい名曲たちが収録されています。Disc 2には未発表のデモ音源と、Michael自身の朗読によるポエム「Planet Earth」を収録。CDを買った人なら絶対映画は観た方がいいし、映画を観た人なら絶対に欲しくなるアイテムだと思いました。最後に、映画の感想を。整形を繰り返したことによる感染症で健康不安説が唱えられたり、数々の奇行のイメージが強かったので、結構衝撃的な映像が続く2時間でした。あんなに元気に激しく動けて、口パクじゃなくちゃんと歌っている。しかも、かなり上手い。さらに、しっかりと細かく自分の意見をステージに積極的に反映させようとする姿もある。これまで漠然と自分の中にあったMichael Jacksonという人のイメージがすっかり覆されました。変に追悼オーラを出さずに、今もMichaelが当たり前のように生き続けているような気分で最後まで観られるように編集されているのも良かったです。そのおかげか、感傷的な気分に浸ることもなく、途中からは普通にLIVE DVDを観ている感覚になりましたw(←これは自分ならではの感覚なのかなぁ…。) MichaelのCDってそんなに持ってないんですが、もっといろんな曲が聴きたくなりました♪
【最高位1位/365,872枚】
★★★★

テーマ:マイケル・ジャクソン - ジャンル:音楽

Confessions of a Shopaholic

Confessions of a Shopaholic
今年5月に日本でも公開された映画『お買い物中毒な私!』のサウンドトラックです。Lady GagaPCDKat DeLunaなどの新曲がたっぷりと収録されています。


【収録曲】
1. Accessory ♪Jordyn Taylor★★★★☆
2. Fashion ♪Lady Gaga★★★★☆
3. Blue Jeans ♪Jessie James★★★★
4. Uncontrollable ♪Adrienne Bailon★★★★
5. Calling You ♪Kat DeLuna★★★★☆
6. Stuck With Each Other ♪Shontelle Feat. Akon★★★★
7. Unstoppable ♪Kat DeLuna★★★★☆
8. Big Spender ♪Adrienne Bailon★★★★☆
9. Bad Girl ♪ The Pussycat Dolls★★★★
10. Again ♪Natasha Bedingfield★★★★
11. Time To Love ♪Trey Songz★★★★
12. Girls Just Wanna Have Fun ♪Greg Laswell★★★☆
13. Don't Foget Me ♪Macy Gray★★★★
14. Shoaholic Suite ♪James Newton Howard★★★☆



少しRihannaに似た声質のJordyn Taylorなる人物が歌うRodney Jerkinsが手掛けたアップナンバー「Accessory」RedOneが手掛けたいかにもLady Gagaらしい安心品質の新曲「Fashion」、けだるい声とFergieばりにパワフルな歌声の使い分けが御見事なJessie James「Blue Jeans」Rodney Jerkinsが手掛けた元3LWAdrienneのソロ曲2曲「Uncontrollable」「Big Spender」(どちらも似非Timbaland風ポコポコ音入り。後者の方がキラキラしてエレクトロ度高し。)、Stargateのマンネリ仕事かと思いきやRodneyのパ●リ仕事だったことが判明したShontelleAkon「Stuck With Each Other」The Pussycat Dollsが歌う「ベーベー」言いまくりなPolow Da Donプロデュース曲「Bad Girl」RodneyプロデュースによるNatasha Bedingfieldが歌うミディアムナンバー「Again」Trey Songzが歌うStargate臭がするあっさり系ミッド「Time To Love」(プロデュースはPolow Da Don)、Kat DeLunaLady Gaga化してしまったとしか形容できない「Calling You」、ロッキッシュに攻める「Unstoppable」、ピアノの弾き語りによるしっとりとしたサウンドと渋い歌声が異色かつ落ち着きを与えてくれる「Girls Just Wanna Have Fun」Macy Greyが歌う癒しのバラード「Don't Foget Me」など、全体的にフレッシュな女性アーティストによる派手目な楽曲が多く、終盤に落ち着いて聞きたいタイプの楽曲が収録されています。とにかく参加アーティストが豪華で、楽曲にもわりと力が入っている印象を受けたのでかなり面白いサントラになっていると思います。
★★★★

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

SEX and the CITY VOLUME 2

SEX AND THE CITY
映画『SEX and the CITY』のサウンドトラックに収録されなかったものの劇中で使われていた曲たちを中心とした続編的な内容のサントラ『SEX and the CITY VOLUME 2』です。

【収録曲】
1. Click Flash ♪Ciara★★★★
2. My First Love ♪Craig David★★★☆
3. 2Nite ♪Janet Jackson★★★★☆
4. Beautiful ♪Goldfrapp★★★★
5. Real Girl ♪Mutya Buena★★★★☆
6. Pretty Please (Love Me) ♪Estelle feat. Cee-Lo★★★★
7. Trouble ♪Bitter:Sweet★★★☆
8. Dangerous ♪Elijah Kelley★★★★
9. Look at You Now ♪Katie Herzig★★★★
10. Little Romance ♪Ingrid Michaelson★★★☆
11. We Got Love ♪Ryan Shaw★★★☆
12. Fool's Gold ♪Amy Winehouse★★★
13. Mockingbird ♪Allison Moorer★★★
14. Hey Baby ♪The Champagne Flutes★★☆
15. You Look So Good ♪Owen Brady★★★




Fergie「Glamorous」にも似た雰囲気を感じるCiaraの未発表曲「Click Flash」、今風のアップナンバーに仕上がったSalaam Remiが手掛けたCraig Davidの新曲「My First Love」Janetの最新作『Discipline』収録のStargateプロデュースのダンスチューン「2nite」、元SugababesMutya BuenaによるLenny Kravitzネタのソロヒット「Real Girl」、最新作『Shine』にも収録されているEstelleCee-Loによるほのぼのとしたソウルナンバー「Pretty Please (Love Me)」Elijah Kelleyが歌うChris Brownっぽい“You”連呼のアップ「Dangerous」、独特の幻想的な雰囲気を持ったKatie Herzigのダンスチューン「Look at You Now」、耳に優しい素朴なサウンドを聞かせるIngrid Michaelson「Little Romance」、熱くソウルフルな歌声が良いRyan Shaw「We Got Love」Amy Winehouseのしっとり系ナンバー「Fool's Gold」、カントリーシンガー・Allison Moorerのよるフォーキーなバラード「Mockingbird」など、先にリリースされたサントラと同様に、有名無名問わず様々なジャンルのアーティストの楽曲が収録されています。
★★★

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

SEX and the CITY

SEX AND THE CITY
NYに住む4人の独身女性の生き方を、過激でリアルな性生活やスタイリッシュなファッションを交えて描いた人気ドラマ『SEX and the CITY』の映画版のサウンドトラック第1弾です。

【収録曲】
1. Labels or Love ♪Fergie★★★★
2. All Dressed in Love ♪Jennifer Hudson★★★★☆
3. Mercy ♪Duffy★★★★
4. The Look of Love [Madison Park vs Lenny B Remix] ♪Nina Simone★★★☆
5. New York Girls ♪Morningwood★★★☆
6. All This Beauty ♪The Weepies★★★☆
7. I Like the Way ♪Kaskade★★★☆
8. It's Amazing ♪Jem★★★☆
9. How Deep Is Your Love ♪The Bird & The Bee★★★☆
10. The Heart of the Matter ♪India. Arie★★★☆
11. Auld Lang Syne ♪Mairi Campbell & Dave Francis★★★
12. Kissing ♪Bliss★★
13. How Can You Mend a Broken Heart ♪Al Green feat. Joss Stone★★★
14. Walk This Way ♪Run D.M.C. feat. Steve Tyler & Joe D.M.C. feat. Steve Tyler & Joe Perry of Aerosmith★★★★
15. Sex and the City Movie Theme ♪The Peeifer Broz. Orchestra★★★




ドラマのテーマ曲をネタ使いしたFergie「Labels or Love」、映画にも女優として出演したJennifer Hudsonが歌う持ち前の歌唱力を生かしたゴージャスな楽曲「All Dressed in Love」、個性的な歌声とレトロなサウンドが受け、UKで大ヒットを記録したDuffy「Mercy」、性別不詳な歌声が魅力の伝説のジャズシンガー・Nina Simoneの楽曲をクールなサウンドで現代に甦らせた「The Look of Love [Madison Park vs Lenny B Remix] 」Morningwoodによるエキセントリックなロックナンバー「New York Girls」、都会的な洗練されたクラブサウンドに酔いしれるKaskade「I Like the Way」、ジャンルレスなスタイルが頼もしいUKのシンガーソングライター・Jemの歌う「It's Amazing」、優しく素朴な歌声で聴き易いThe Bird & The BeeによるBee Geesのカバー「How Deep Is Your Love」、ROCKとHIP HOPの融合を実現したエポックメイキングな1曲として歴史に名を残したRun D.M.C.Aerosmith「Walk This Way」、オーケストラによる映画用のテーマ曲「Sex and the City Movie Theme」など、時代やジャンルを超えた選曲になっていてアルバムとしてのまとまりが全く無いものの、このバラバラさが物語のテーマである“様々な女性の生き様”を投影しているかのようにも思えたのでした。
【最高位22位/39,864枚】
★★★

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

Tyler Perry's Meet the Browns

MEET THE BROWNS

喜劇作家や映画監督、俳優・コメディアンとしても活躍している黒人マルチエンターテイナー・Tyler Perry作の新作映画『Meet The Browns』のサントラです。彼の映画のサントラは、毎回R&B/SOUL界の豪華アーティストが多数参加していることで有名です。

【収録曲】
1. People Everyday(Metamorphosis Mix) ♪Musiq Soulchild feat. Estelle★★★☆
2. Face To Face ♪Case & Coko★★★☆
3. Sweeter ♪Gerald Levert★★★☆
4. Dig This ♪Brandy★★★☆
5. I'll Take You There ♪Kelly Price★★★☆
6. Love Again ♪Kelly Rowland★★★☆
7. This Gift ♪Deborah Cox★★★★
8. Angel ♪Chaka Khan★★★☆
9. Alright ♪Ledisi★★★
10. Unify ♪Wynter Gordon★★★★
11. My Love ♪Jill Scott★★☆
12. Hallelujah(Live) ♪Tamela Mann★★★★



Estelleが客演したMusiqの懐かしくラフなノリのHip Hop Soulナンバー「People Everyday(Metamorphosis Mix)」CaseCokoによるまろやかなデュエット曲「Face To Face」、2006年に亡くなったR&Bシンガー・Gerald Levertの遺作『In My Songs』収録の極上メロウナンバー「Sweeter」、災難続きだったBrandyから届けられたEric Hudsonプロデュースによる久々の新曲「Dig This」Kelly Priceによるゴスペルナンバー「I'll Take You There」『Ms.Kelly』の新装版にも収録されているKelly Rowlandのスロウナンバー「Love Again」、軽くシンセの音をプラスし今っぽさを感じさせるDeborah Coxの美メロバラッド「This Gift」、トレンドの音を巧みに咀嚼した音楽センスに期待がかかる新人・Wynter GordonTimbalandチックな「Unify」Chaka Khanのパワフルな歌いっぷりが味わえる最新作『Funk This』収録のバラード「Angel」Jill Scottの最新作からしっとりJazzyな「My Love」、豪快な熱唱が気持ちいいTamela MannのゴスペルLIVE音源「Hallelujah(Live)」など、今が旬の人というよりかは一昔前に活躍した中堅どころが多数参加したミッド~バラードが中心のサントラとなっています。
★★★

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

STEP UP 2 THE STREETS

STEP UP 2

2006年に全米で公開された青春ダンス映画『STEP UP』の続編となる映画『STEP UP 2 THE STREETS』のサントラです。Ciara「Get Up」Sean Paul feat. Keyshia Cole「Give It Up To Me」などのヒットを送り出した前作同様、今作もヒットポテンシャル大のR&B/HIP HOPナンバーが満載の1枚となっています。

【収録曲】
1. Low ♪Flo Rida feat. T-Pain★★★
2. Shake Your Pom Pom ♪Missy Elliott★★★★
3. Killa ♪Cherish feat. Yung Joc★★★☆
4. Hypnotized ♪Plies feat. Akon★★★☆
5. Is It You ♪Cassie★★★☆
6. Can't Help But Wait(Remix) ♪Trey Songz feat. Plies★★★
7. Church ♪T-Pain feat. Teddy Verseti★★★☆
8. Ching-A-Ling ♪Missy Elliott★★★★
9. Push ♪Enrique Iglesias★★★☆
10. 3-6-9 ♪Cupid feat. B.O.B★★★☆
11. Impossible ♪Bayje★★★☆
12. Lives In Da Club ♪Sophia Fresh feat. Jay Lyriq★★★☆
13. Girl You Know ♪Scarface feat Trey Songz★★★☆
14. Say Cheese ♪KC★★★☆
15. Let It Go ♪Brit & Alex★★★☆
16. Ain't No Stressin ♪Montana Tucker, Sikora and Denial★★★☆


T-Pain効果もあってかいきなり全米No.1の大ヒットを記録しているフロリダ出身ラッパー・Flo Ridaのデビュー曲「Low」Timbalandとのコンビ復活によるMissy Elliottの新曲「Shake Your Pom Pom」、新作アルバムの発売を控えたアトランタのR&B四姉妹の新曲「Killa」、おなじみの収監音から始まるAkon制作/客演によるPlies「Hypnotized」(※Clean Version)、Bad Boyの歌姫・Cassieによるミニマムなポップロック調の「Is It You」、トラック同じでただPliesが客演しただけのTrey Songz「Can't Help But Wait(Remix)」、高速ラップと♪アメーン(゚∀゚)というフックのスピード感が痛快なT-Pain feat. Teddy Verseti「Church」、ラテンの貴公子・Enrique Iglesiasが歌うR&Bチューン「Push」(※Lil' Wayne排除バージョン)、Danjaが単独で制作し、Usher系の声質をもつ男性シンガー・KCが歌うアップナンバー「Say Cheese」、新人R&Bシンガー・Bayjeが歌うDanja「Impossible」T-Painプロデュースのクラップ音多用のバウンシーなSophia Fresh feat. Jay Lyriq「Lives In Da Club」、双子姉妹・Brit & Alexが歌う♪レリゴーレリゴーレリゴー(・∀・)というコーラスが印象的な「Let It Go」、オーディションによって選ばれたという男女シンガー&ラッパー3人によるcRUNK & Bナンバー「Ain't No Stressin」など、新人から今をときめく超人気アーティストまで幅広く参加したR&B/HIP HOPコンピレーションとなっています。
【最高位122位/2,479枚】
★★★☆

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

BAD BOYS Ⅱ THE SOUNDTRACK

Bad Boys 2

2003年に公開されたMartin Lawrence/Will Smith主演の人気アクション映画のシリーズ第2弾『BAD BOYS Ⅱ』のサントラです。BAD BOYつながりで、Diddy率いるBAD BOY ENTERTAINMENTから発売されました。

【収録曲】(※は評価対象外)
1.Intro
2.Show Me Your Soul ♪P.Diddy, Lenny Kravitz, Pharrell Williams, Loon★★★☆
3.LA-LA-LA ♪Jay-Z★★★☆
4.Shake Ya Tailfeather ♪Nelly, P.Diddy & Murphy Lee★★★★
5.Girl I'm A Bad Boy ♪Fat Joe & P.Diddy feat.Dre★★★★
6.Keep Giving Your Love To Me ♪Beyonce★★★★
7.Realest N*ggas ♪Notorious B.I.G. & 50 CENT★★★☆
8.Flipside ♪Freeway★★★☆
9.Gangsta Sh*t ♪Snoop Dogg with Loon★★★
10.Pretty Girl Bullsh*t ♪Mario Winans feat. Foxy Brown★★★☆
11.Model(Interlude)
12.Love Don't Love Me ♪Justin Timberlake★★★☆
13.Relax Your Mind ♪Loon★★★
14.Didn't Mean ♪Mary J. Blige★★★★
15.God Sent You(Interlude)
16.Why ♪Da Band★★☆
17.Shot You(Interlude)
18.Wanna Be G's ♪M.O.P. feat. Sheritha Lynch★★☆


Shake Ya Tailfeather ♪Nelly, P.Diddy & Murphy Lee



The Neptunes制作でLenny Kravitzが吠えまくる「Show Me Your Soul」、同じくThe Neptunes制作による「Excuse Me Miss」のRemixとなるJay-Z「La-La-La」、全米チャートを制覇したNellyDiddyMurphy Leeの3者によるゴキゲンな「Shake Ya Tailfeather」Cool & Dre制作によるFat Joe & P.Diddyのギャル受け抜群のメロウラップ曲「Girl I'm A Bad Boy」DiddyRyan Leslieの共同プロデュースによるBeyonce「Keep Giving Your Love To Me」ビギー50 CENTの擬似競演曲「Realest N*ggas」Diddy/Mario Winansコンビ制作によるJustin「Love Don't Love Me」、琴の音を取り入れたLoon「Relax Your Mind」、当時発売直前だった新作『Love & Life』への期待感を一気に高めてくれたMJBさんの「Didn't Mean」など、参加アーティストが超豪華なので、R&B/HIP HOPファン・Bad Boyファンなら楽しめること間違いなしの1枚になっています!
【最高位77位/38,435枚】
★★★

DREAMGIRLS

Dreamgirls

The Supremesをモデルとし、ガールズグループの栄光と挫折を描いたブロードウェイミュージカル『Dreamgirls』の映画版『Dreamgirls』のサウンドトラックです。主演を務めるJamie FoxxBeyonceEddie Murphyといった錚々たる面子から、映画の中で圧倒的な存在感を放つAmerican Idol上がりの新人・Jennifer Hudsonらによる劇中歌が収録されています。
■映画の感想文は⇒【こちら】

【収録曲】
1.Move★★★☆
2.Fake Your Way To The Top★★★☆
3.Cadillac Car★★★☆
4.Steppin' To The Bad Side★★★☆
5.Love You I Do★★★☆
6.I Want You Baby★★★☆
7.Family★★★☆
8.Dreamgirls★★★☆
9.It's All Over★★★☆
10.And I Am Telling You I'm Not Going★★★★
11.When I First Saw You★★★
12.Patience★★★☆
13.I Am Changing★★★☆
14.I Meant You No Harm/Jimmy's Rap
15.One Night Only★★★★
16.One Night Only(Disco)★★★★☆
17.Listen★★★★★
18.Hard To Say Goodbye★★★☆
19.Dreamgirls(Finale)★★★☆
20.When I First Saw You(Duet)
★★★


特に印象に残った曲について、ストーリーの流れも交えつつ書いていきたいと思います。
【主な登場人物】
ディーナ(Beyonce)
The Dreamsのリードボーカル。
エフィ(Jennifer Hudson)…元リードボーカル。解雇される。
ジェイムス(Eddie Murphy)…ローカル人気の黒人歌手。ドリーメッツ=The Dreamsをバックコーラスに起用。
カーティス(Jamie Foxx)ジェイムス/The Dreamsのマネージャー
C.C.エフィの弟。ソングライター。


この辺を踏まえた上で読んで下さいm(_ _)m

『Cadillac Car』
ジェイムスが歌うC.C.制作のヒットナンバー。元々ジェイムス側にいた人間がC.C.の才能を認めるきっかけとなった曲。曲はローカルヒットとなったものの、すぐさま白人にパクられてしまい、C.C.らは苦汁を飲まされる結果に…。1曲の中で前半がジェイムス版オリジナル、後半が白人パクリ版です。


『Family』
ジェイムスのバックコーラスを辞め、グループとしてデビューすることが決まったThe Dreams。しかし、デビューに当たり、リードボーカルを歌が抜群に上手くてガタイのいいエフィから、容姿端麗なディーナに変更することがマネージャーのカーティスから告げられてしまいます。ショックを受けるエフィ。それを「グループが有名になるため」「みんなの夢を叶えるため」「俺達はファミリー」などと嘘くささ全開でC.C.や他のメンバー全員が歌いながらエフィを諭す場面で使われている曲です。かなり残酷な事を言っているのに、俺達は正論を言ってるんだよ(´∀`)と言わんばかりに丸め込もうとしているのが嫌な感じ~('A`)そんなわけで、偽善的な歌で総攻撃されて半ば強引に丸め込まれてしまったエフィの複雑な気持ちを考えて涙が(ry


『And I Am Telling You I'm Not Going』
メンバーや実弟のC.C.、さらには愛するマネージャー・カーティスからも罵倒され解雇を告げられたエフィが、カーティスに対して「私はあなたとここに残るわ」と激唱するエフィの最大の見せ場に使われている1曲。カーティスが目の前からいなくなってもひたすら歌い続ける姿に思わず目頭が(ry

『One Night Only』『One Night Only(Disco)』
カーティスのやり方にウンザリしたC.C.が、クラブで再起をかけ歌い始めたエフィと再会。リードボーカル変更事件の際にした「いつかまたエフィのために曲を書く」という約束通り、C.C.エフィのために書き上げた楽曲で、エフィはローカル限定でレコードを発売。上々の評判を得ますが、それをカーティスが耳にし、同じ曲をディーナに歌わせようと画策。圧力でエフィのレコードを潰し、華やかなディスコバージョンに仕立て直してディーナに歌わせます。かつての仲間から奪った曲を何も知らずに歌うディーナ…。かつて愛した男に再起のきっかけを潰されたエフィ…。そんなことを思うと涙が(ry


『Listen』
Beyonceのアルバム『B'DAY』にも収録されていた大バラードナンバー。しかし、実際はBeyonceではなく明らかにディーナのための曲でした。マネージャー兼夫であるカーティスの商業主義的なやり方に嫌気が差し(「君の声には個性がないから、ミキシングで調整してる」とまで言われる始末。)、これまで言われるがままにしてきた自らを葬り去り、これからは自分で自分の道を切り開いていくわと力強く宣言する楽曲で、映画を通してようやく曲の真意を知ることができ思わず(ry


そんな感じで、映画観てピタさん泣きまくりでした。・゚・(ノД`)・゚・。
新曲のお披露目の場として機能しがちなサントラとは違い、どれも劇中で使われている曲ばかりなので、映画を観た人なら絶対に楽しめるサントラだと思います!逆に、映画を観なければいまいちパッとしないかも…。とにかく映画とセットで楽しんで欲しいサントラです。ここで紹介したのは通常盤ですが、DVDも付いた3枚組のデラックスエディションも発売されています。
【最高位14位/108,745枚】
【最高位23位/50,400枚】
※デラックスエディション
★★★★

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

Shark Tale

Shark Tale

Dreamworks社が贈る海の世界を舞台にしたアニメーション作品『Shark Tale』のサントラです。R&B/HIP-HOP界隈の人気者が一堂に会した豪華なサントラになっています。

Christina AguileraMissy Elliottと組んでROSE ROYCEの同名曲を現代風にファンキーにリメイクした「Car Wash」Bob Marleyの同名曲をSean Paulと、Bob Marleyの息子・Ziggy Marleyがエキゾチックなダンスホールナンバーに仕上げた「Three Little Birds」、琴の音を大々的にフィーチャーした日本的な旋律に思わず( ̄ー ̄)ニヤリとするJustin Timberlake and Timberland「Good Foot」、哀愁を漂わせるギターの旋律をバックに真摯な歌声を聞かせるJoJo「Secret Love」Cheryl LynnのダンスクラシックをWill Smithを迎えて堂々とカヴァーしたMary J. Blige「Got To Be Real」Bobby Valentinoがフックを担当するThe Trak Starzが手掛けたLudacris feat.Bobby V and Lil'Fate「Gold Digger」、当時、まだマイナーだったThe Pussycat Dollsが提供した「We Went As Far As We Felt Like Going」、デビュー当時のTLCを彷彿とさせる奔放さが楽しいfan_3「Digits」Cheryl Lynnの久々の新曲で、Jam & Lewisが手掛けたムーディーなダンスチューン「Sweet Kind Of Life」など、ベテランから新人まで様々なR&B/HIP-HOPアクトの曲が楽しめる作品です。
【最高位180位/1,284枚】
★★★

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

Diary of a Mad Black Woman

32062ab9.jpg
全米興行成績ランキングで見事1位を獲得した映画『Diary of a Mad Black Woman』のサントラです。映画若手黒人劇作家・Tyler Perryの人気舞台のを映画化したもので、弁護士の夫から離婚を突きつけられすべてを失った主婦が、周囲の人々の協力を得ながら、自らの人生に再び向き合い、自分を捨てた夫を見返すために奮闘するというおはなしだそうです。サントラには原作者のTyler PerryとともにExecutive ProducerとしてDallas Austinが名を連ねており、Dallasと豪華女性アーティスト陣とのコラボが楽しめる1枚になっています。

India ArieDallasという意外な組み合わせが実現した「Purify Me」は、従来のIndia作品よりキャッチーさが増した感のある爽やかなアコースティックソウルナンバー。Dallasが手掛けたMonicaの新曲「Sick and Tired」は控えめな印象があるものの、Monicaの“歌”の魅力を引き出した良質のミッドナンバーに仕上がっています。DallasWarryn Campbellが手掛けたAngie Stone「Different Direction」は、重いベースラインと鍵盤の音のコントラストが絶妙なミッドナンバー。Tamia「Things I Collected」Dallas安室奈美恵に提供したスロウナンバーのカヴァー。あのDebra Killingsがソングライターとして名を連ねており、コーラスでも参加しています。80年代からFull Forceファミリーとして活躍していた、知っている人にはとても懐かしいであろう女性シンガー・Cheryl Pepsi Rileyは最多の3曲参加。彼女のソロ曲「I Wanna Sing」はポップな味付けが施されたジャズナンバー。CherylTiffany EvansTamala Mann、そして今話題の男性R&Bシンガー・Terrellの4人の競演による「Father Can You Hear Me」は、4人の歌が激しくぶつかり合う壮大で感動的なバラード。唯一男性アーティストとして参加したTerrellの奮闘ぶりを是非聴いてみてください。その他、Heather HeadleyNatalie ColePatti Labelleなど濃いソウルナンバーを得意とする女性アーティストたちがズラリと揃った贅沢なアルバムとなっています。
★★☆

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

STEP UP

STEP UP

日本でも来年の春に公開が予定されている映画『STEP UP』のサントラです。“2007年春 avexが送る史上最高のダンスムービー”とのことで、日本での公開にあたってはavexが大きく絡んでくるようです…⇒【詳細】

サントラの参加アーティストは、CiaraChris BrownKelisSean Paulなど、R&B/HIP-HOP勢を中心に豪華なメンツが集結しています。1番のお目当ては、(*´Д`)シアラた~ん でおなじみのCiara feat.Chamillionaire「GET UP」だったんですが、残念ながらこのサントラに収録されているバージョンには(*´Д`)シアラた~んも、いち、に、さん も入ってません(ノД`)若干テンポもPVより早くなってるし、VIDEO VERSIONのCD化希望です(`・ω・´) 他に印象的だった収録曲を紹介すると、新たにKeyshia Coleを迎えたSean Paul「(When You Gonna)Give It Up To Me」Kwame制作/3LW客演でドラマティックな転調部分が良いYung Joc「Bout It」Samantha Jadeが歌うWyclef Jean制作のHIP-POPなアップ「STEP UP」Anthony Hamiltonのシンプルなアコースティックソウルナンバー「DEAR LIFE」、女優やダンサーなど幅広い活動をしているシカゴ出身のDrew Sidoraと成長著しいMarioのデュエットナンバー「FOR THE LOVE」Drew Sidoraが歌うEarth Wind & Fire「Getaway」をネタ使いしたファンキーなアップ「TIL THE DAWN」、遅回しした声ネタをまぶした甘くメロウなDEEP SIDE「LOVELY」、サントラ中唯一のロックナンバーで異彩を放つJamie Scott「MADE」など。サントラなので、印象の薄い曲や興味の湧かない曲も何曲かあったけれど、満足行く程度に好きなアーティストや曲を見つけられたので良かったと思いました。
★★☆

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

BARBERSHOP 2 BACK IN THE BUSINESS

2dd07a31.jpg
ICE CUBE主演の床屋を舞台にした人気コメディー映画『Barbershop 2』のサントラです。残念ながら日本では公開はおろかDVD化もされていない(※Part 1はDVD化されてます。)映画ですが、サントラの方はとにかく参加アーティストが豪華&収録曲も粒揃いで大変素晴らしいオムニバス盤となっています。

まず、サントラからシングルカットされたのが、映画にも女性店員役で出演しているEveが客演したMJBさんMary J.Blige「Not Today」 この曲はDr.DreのProduce曲で、先にMJBさんのアルバム『Love & Life』に収録されていた既出曲。映画とリンクしたPVも製作されました。Madonna『「Holiday」のパクリじゃねーか(#゚Д゚) ゴルァ!!』と訴えられた曲です。(訴えるほどでもないと思ったけどなぁ~。)OUTKAST「The Way You Move」などの客演でおなじみSleepy Brownのソロ名義の「I Can't Wait」は、OUTKASTがフィーチャーされているので実質「The Way You Move Part.2」といった感じ。男性アーティストは普段ほとんど聴かないけど、この人の声は結構好きです。Mya「Fallen(ZONE 4 REMIX)」Myaの3rd Album『Moodring』収録曲のRemix。オリジナルはボサノヴァ曲使いでしたが、こちらのRemixにはChingyが参加し、トラックも夏向け爽やか仕様になってます。暑い日差しの下で聴きたい1曲。Keyshia Cole「Never」Luther Vandross「Never Too Much」使いで、このサントラ収録曲の中で最も話題になった1曲。この曲にもEveが参加しています。ロングヒット中のKeyshia Coleの1st Album『The Way It Is』にも収録。ジジジG-Unit!!!の「Unconditionally」は、後にG-Unitに加入することになるOliviaを客演に迎えたこのサントラ用の新曲。Oliviaはソロ名義でも「ALL」「PRIVATE PARTY」の2曲を提供。「ALL」Lil' Jonが手掛けて大ヒットしたYoungbloodz「Damn!」のビートをモロ使いしたcRunk&B、一方「PRIVATE PARTY」の方はインド~エスニック調のアップナンバーでビートの立った「Candy Shop」といった感じの曲。この2曲を聴いただけでもOlivia嬢の2nd Album(いつ出んのよ!?)に期待を抱いたものです。Avantと旦那を刺してタイ━━━━||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||━━━━ホ!!!されたKeke Wyattによる「Precious Love」は、Marvin Gaye & Tammi Terrell「Your Precious Love」のカヴァー。その他にも、Floetry Feat.Mos DefMya Feat.Sean PaulD12MOBB DEEPANTHONY HAMILTON3LWなど豪華な面子が集結しています。
★★★☆

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

Drumline

2ef43676.jpg
今回も見てない映画のサントラを紹介です…(-_-)夏休み中に、少しは“サントラ買ったけど映画自体は見てませ~ん”っていうのを減らしておこう…。今回は、先日ドラック所持でタイ━━━━||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||━━━━ホ!!!されてしまったDallas Austinが全面プロデュースしたマーチングバンドを舞台にした映画『Drumline』のサントラです。映画のより詳しい内容については【こちら】を御覧下さい。

大物人気プロデューサーのDallasが手掛ける映画のサントラだけあって、参加アーティストも豪華絢爛。中でも個人的に1番気に入ってるのがMonicaが歌う「Uh Oh」という曲。(・∀・)オッオー!オッオー!!というフレーズが印象的なアップナンバーで、どうもデスチャ臭いな~と思ったら、Kandiがソングライティングに参加してました。Monicaらしくないといえばそうだけど、ほとんどこの曲のためにサントラを買ったと言えるぐらいすごく好きな曲です。その他には、黒い小池栄子a.k.a.Nivea(←逆)がщ(゚Д゚щ)カモォォォン!カモォォォン!と歌う「What You Waitin' For」、1st Album収録のピアノ弾き語り曲を自らのクルーが原曲のムードを損なうことなくRemixしたキーズ氏「Butterflyz(Krucialkeys Remix)」Dallas Ausinが手掛けた打倒Justin!!の意気込みたっぷり(結果は見事に惨敗_| ̄|○)なN'SYNCJC Chasezのソロ曲「BLOWIN' ME UP(WITH HER LOVE)」Syleena Johnsonの渋声に痺れる清涼ナンバー「Faithful to you」Raheem DeVaughnが歌うメランコリックな「My Own Thing」JoeJadakissを迎えて贈るクールなアップ「I Want A Girl Like You」、マイケル曲を使い、JDが客演したQ"The Kid"「Been Away」、雄雄しいフックがインパクト大なTrick Daddy feat.Duece Poppi,Tre + 6 & Unda Presha「Let's Go」などなかなかの出来の曲が収録されているほか、サントラ収録曲などをマーチングバンドが演奏する「Marching Band Medley」と、見事なドラム演奏が聴ける「The Classic Drum Battle」といった映画の内容にきちっと即したトラックも収録されています。
★★★

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

嫌われ松子の歌たち

嫌われ松子の歌たち
現在大ヒット上映中の映画『嫌われ松子の一生』のサントラです。先週の日曜日に映画を観に行ったんですけど、すごく面白くて、なぜか涙が流れてきそうになる場面も多くて、感動も出来る映画でした。映画がすごく良かったので、自然とサントラも欲しくなってきたので買っちゃいました♪映画の内容はこちらで。


もともと、この映画に興味を持った理由が、木村カエラBONNIE PINKAIといった女性アーティストが出演しているからということでした。音楽が効果的に使われているミュージカルっぽい場面もある映画で、サントラには彼女達の曲はもちろんのこと、劇中で使われている歌が収録されています。映画のオープニングに登場する木村カエラはアルバム『Circle』収録の「トゥリル トゥリル リカー」を提供。トルコ嬢を演じたBONNIE PINKが歌うキャバレー歌謡風のテーマソング「LOVE IS BUBBLE」、主人公の獄中での生活を振り返る場面でAIが歌うHIP HOP調~慈愛に満ちたメロディへの展開が感動的な「What Is A Life」中谷美紀が幸せいっぱいに歌う踊るディズニー音楽っぽい「Happy Wendnesday」、幼い頃の松子が歌う「まげてのばして」、大人の松子=中谷美紀による「まげてのばして」など、映画でも印象的だった曲が全て収録されていて、映画の感動が自然と思い出される内容です。また、昭和が舞台の映画なので、和田アキ子「古い日記」中山千夏「あなたの心に」といった昭和の名曲が映画でも使われていて、それらと並んで新録曲として元dream阿井莉沙が劇中でデパートの屋上で歌う昭和テイストのアイドルソング「USO」も収録。1番最後に収録されている「Matsuko Medley」は、エンドロールで流れる収録曲のいいところを集めたメドレーで、映画とサントラの内容が4分間に凝縮されているのが良いです。是非、映画と併せて楽しんでほしい1枚です。
【最高位33位/23,620枚】
★★★★

ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。