(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sex Dreams And Denim Jeans ♪Uffie

Uffie
2006年のデビューから約4年の時を経て、満を持してリリースされたUffieの1st Album『Sex Dreams And Denim Jeans』です。ちなみに彼女、デビューから今作をリリースするまでの間に結婚・離婚・出産を経験しています。

【収録曲】
1. Pop The Glock
2. Art of Uff
3. ADD SUV (feat. Pharrell Williams)
4. Give It Away
5. MCs Can Kiss
6. Difficult
7. First Love
8. Sex Dreams & Denim Jeans
9. Our Song
10. Illusion of Love (feat. Mattie Safer)
11. Neuneu
12. Brand New Car
13. Hong Kong Garden
14. Ricky
15. Pop The Glock(Felix Da Housecat "Pink Enemy" Remix)
16. MCs Can Kiss(Mike D Remix)
17. ADD SUV(Armand Van Helden Remix Vocal)
18. ADD SUV(Hudson Mohawke's Spam Fajita Remix)



クールで無機質なボーカルエフェクトと淡々としたフロウが印象的な2006年発表のデビュー曲「Pop The Glock」、ダークで怪しげなトラックが特徴的な「Art of Uff」、キャッチーなエレクトロサウンドとは裏腹に『お薬中毒』を話題にしたPharrell参加の「ADD SUV」、けだるいヘタうま歌唱を披露する幻想的な「Give It Away」、溌剌としたビートとマイク捌きが痛快な「MCs Can Kiss」、初恋の思い出を甘ったるい声で歌う「First Love」Velvet Underground「Rock & Roll」をサンプリングし、レトロでロックな雰囲気を取り入れたタイトルチューン「Sex Dreams & Denim Jeans」、元カレであるプロデューサーのFeadzと共に自分たちの“別れ”について曲にしたというアコースティックな質感の「Our Song」、幻想的なサウンドとメロディーで聴き手を魅惑の世界へと引き込む「Illusion of Love」、次から次へと飛び出す賑やかなサウンドが楽しいパーティーチューン「Neuneu」など、チャートを賑わす“キャッチーなエレクトロポップ”とは一線を画す、よりエレクトロ/クラブ寄りなアプローチの歌モノあり、ラップありの作品となっています。歌唱力があったり、ラップが上手いといった類のアーティストではないと思うので、ガーリーな声質とそのキュートでちょっと小悪魔的なルックスで魅了するタイプのアーティストかなぁ。

スポンサーサイト

Flesh Tone ♪Kelis

Kelis
かつて仲睦まじく青姦ソングを歌ったNasとの泥沼離婚を経て、ますますアーティストとしての攻撃性を増したKelisの最新作『Flesh Tone』です。

【収録曲】
1. Intro
2. 22nd Century/Segue 1
3. 4th of July (Fireworks)/Segue 2
4. Home/Segue 3
5. Acapella/Segue 4
6. Scream
7. Emancipate/Segue 5
8. Brave/Segue 6
9. Song For The Baby
10. Acapella(Benny Benassi Remix)


ボーナストラックを除くと全9曲というコンパクトな内容となった今作。音楽性もこれまでのフューチャリスティックな変態R&Bから一気に振り切って、アルバム全編を通してエレクトロ/ダンスミュージックに挑戦しています。終盤にちょっとしたInterludeがくっ付いている曲もあるので、ちゃんと曲単位で聴きたいという人にはちょっと厄介かもしれないCDです。(※iTunesではちゃんと分離して販売中)アルバムはまず、「Intro」と題された3分半の妖艶なエレクトロナンバーから始まり、リスナーを22世紀へと誘うダンスチューン「22nd Century」、鍵盤の音とKelisの解放的なボーカルが印象的な「4th of July (Fireworks)」、Electro畑だけでなくジャンルを飛び越えて売れっ子プロデューサーとなったDavid Guettaプロデュースによる尖った1st Single「Acapella」、繰り返される♪Emancipate yourselfのフレーズが耳に残って離れなくなること必至の「Emancipate」、攻撃的なサウンドが印象的なwill.i.am関与曲「Brave」、息子への愛を歌ったポップな「Song For The Baby」など、ド派手なサウンドで最初から最後まで一気に聞かせてしまうダンスアルバムとなっています。これまでのKelisの作品とは全く違ったジャンルの作品となっていますが、この手のアルバムとしては非常にわかりやすくて聴きやすいものになっているんじゃないかと思います。サウンドに埋もれて、Kelis自身の個性が失われているというわけでもありませんしね(´∀`)

Head First ♪Goldfrapp

Goldfrapp
Allison GoldfrappWill Gregoryによるエレクトロユニット・Goldfrappの5作目となるアルバム『Head First』です。

【収録曲】
1. Rocket
2. Believer
3. Alive
4. Dreaming
5. Head First
6. Hunt
7. Shiny And Warm
8. I Wanna Life
9. Voicething


ヒーリング要素が強く、朝帰りした早朝にピッタリだった(←あくまでも個人的な印象ですw)前作『Seventh Tree』と比べると、今作はわかりやすくポップな曲が並ぶ作品となりました。80年代風のシンセサウンドが懐かしくもある先行シングル「Rocket」「Rocket」よりもBMPを上げ爽快に駆け抜けていく「Believer」、ポップなサウンドと爽やかなコーラスが清々しく響き渡る「Alive」、聴き手を妖しげな魅惑の世界へと誘うミステリアスチューン「Dreaming」、ニューウェイヴ路線の「Shiny And Warm」、80年代のMadonna風のポップナンバー「I Wanna Life」、ある意味カオスな癒し系トラック「Voicething」など、時代の最先端を行く尖った音ではなく、懐かしさを感じるシンセサウンド全開のポップチューンや、彼ららしい癒し系なエレクトロサウンドを収録した短時間で心地良く聴けるアルバムに仕上がっています。

Don't Stop ♪Annie

Annie
ノルウェー出身のポップアーティスト・Annieの2nd Album『Don't Stop』です。

【収録曲】
1. Hey Annie★★★★
2. My Love Is Better★★★★
3. Bad Times★★★★
4. Don't Stop★★★★
5. I Don't Like Your Band★★★★★
6. Songs Remind Me Of You★★★★★
7. Marie Cherie★★★☆
8. Take You Home★★★☆
9. The Breakfast Song★★★★★
10. Loco★★★★
11. When The Night★★★★☆
12. Heaven And Hell★★★★



Xenomaniaが手掛けたいかにもUKポップ的な「My Love Is Better」、同じくXenomaniaの手によるバンドサウンドを強調したトラックにクールなAnnieの歌声を乗せたポップナンバー「Bad Times」、タイトル曲になっているクールなピコピコポップ「Don't Stop」、グルーヴィーなエレクトロアッパー「I Don't Like Your Band」、Richard XプロデュースによるDead Or Alive風のクールなエレクトロディスコチューン「Songs Remind Me Of You」、コミカルで弾けた一面を見せる今作におけるインパクト大賞「The Breakfast Song」、ミステリアスな“陰”のエレクトロナンバー「Take You Home」、ドリーミーなサウンドとAnnieの囁くような歌声が絶妙に溶け合うスロウナンバー「When The Night」、ポップでハッピーなサウンドでアルバムを締めくくる(※歌詞は決してハッピーではない)「Heaven And Hell」など、Xenomaniaの手による典型的UK POPな楽曲や、遊び心・チャレンジ精神を感じるエレクトロナンバー、心地良い睡眠を約束すること必至のバラードなどなど、バラエティに富んだ内容となっています。

さらに、Special Editionにはアルバム未収録曲5曲入りの『ALL NIGHT EP』と題されたBonus CDが付いています。

【『ALL NIGHT EP』収録曲】
1. All Night★★★★
2. I Know Ur Girlfriend Hates Me★★★★☆
3. Anthonio★★★★
4. I Can't Let Go★★★★
5. Sweet
★★★★

ボーカルエフェクトのかかった男性コーラスを入れたタイトルナンバーとなっているミドルチューン「All Night」♪ディンギ ディンギディギ ディンディンディンのフレーズが耳に残る本編から外されたのが謎なシングル曲「I Know Ur Girlfriend Hates Me」、イントロの80'sなシンセ音がほのかな懐かしさを運ぶ彼氏に捧げたラブソング「Anthonio」Datarockという同郷のエレクトロロックバンドのメンバー・Fredrik Saroeaとの電子ロックなデュエットソング「I Can't Let Go」、爽やかなポップナンバー「Sweet」といった、本編に入れても何ら差し障りのないクオリティの楽曲を収録しています。
★★★★

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

Rokstarr ♪Taio Cruz

Taio Cruz
最近ではCheryl Coleのアルバムにも参加している“UKのNe-Yo”的存在のシンガーソングライター・Taio Cruzの2nd Album『Rokstarr』です。

【収録曲】
1. Break Your Heart★★★★☆
2. Dirty Picture★★★★
3. No Other One★★★★☆
4. Forever Love★★★★
5. Take Me Back★★★★
6. Best Girl★★★★
7. I'll Never Love Again★★★★
8. Only You★★★★
9. Falling In Love★★★★
10. Keep Going★★★★
11. Feel Again★★★★
12. The 11th Hour★★★★


自身初の全英No.1ヒットとなった先行シングル「Break Your Heart」Ke$haがfeaturingで参加したトランス/エレクトロなアップ「Dirty Picture」「Break Your Heart」を踏襲した同系統のエレクトロナンバー「No Other One」、ファルセットを使いながらダンストラックに挑んだ「Forever Love」Tinchy Stryder feat. Taio Cruz名義で発表されたエレクトロヒップホップなヒットシングル「Take Me Back」と、前半5曲はR&B的要素皆無の完全なるエレクトロ/ダンスミュージック仕様。民族的な薫りを匂わすオートチューン使いのミッド「Best Girl」、物寂しげなメロディの控えめエレクトロミッド「I'll Never Love Again」、ピアノから始まり、バンドサウンドにシンセを絡めていく「Falling In Love」、メロディアスで伸びやかな歌声が印象的なポップバラード「Feel Again」、ボーナストラックとして収録されたトランス系ナンバー「The 11th Hour」など、後半にはR&B寄りなTaio Cruzが若干戻ってきますが、それでも昨今のトレンドを反映してかエレクトロに傾倒したサウンドが終始繰り広げられます。よって、「最近のエレクトロなR&B/R&Bのエレクトロ化にはうんざり!」という人にはオススメができませんw 前半なんか完全にエレクトロポップのアーティストのアルバムだし、「R&Bだと思って聞くな!」を教訓にして聞いて頂きたいくらいですw 後半でちょっと大人しくなるのですが、個人的には、もう前半で思い切ってR&Bを捨てているんだから、後半で妙に大人しくならずに、最後まで前半のスタンスを貫いた方がスッキリと聞けるかもと思いました。
★★★★

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

Evacuate The Dancefloor ♪Cascada

Cascada
「Everytime We Touch」「What Hurts The Most」など、独特の似たり寄ったりな曲調の楽曲を量産し続けるダンスポップユニット・Cascadaの3rd Album『Evacuate The Dancefloor』です。

【収録曲】
1. Evacuate The Dancefloor★★★★☆
2. Hold On★★★★
3. Everytime I Hear Your Name★★★★
4. Ready Or Not★★★★☆
5. Fever★★★★
6. Hold Your Hands Up ★★★★
7. Breathless★★★★
8. Dangerous★★★★☆
9. Why You Had To Leave★★★★
10. What About Me★★★★
11. Draw The Line (Yanou's Candlelight Mix)★★★★
12. Fated(Wideboys Electro Radio Edit)★★★★
13. Evacuate The Dancefloor(Ultrabeat Radio Edit)★★★★
14. Evacuate The Dancefloor(PH Elektro Radio Edit)★★★★
15. Evacuate The Dancefloor(The Standard Club vs. Jewel Remix Radio Edit)★★★☆



冒頭で、似たり寄ったりの(ryなんて書きましたが、今回のCascadaは一味違います!タイトル曲であり、今作からの1st Singleである「Evacuate The Dancefloor」は、どう聴いてもガガ様「Just Dance」です。本当にありがとうございました的な、まさに今が旬!なサウンドのエレクトロポップチューン。RedOneの手を借りず、自分たちでここまでやってしまって、挙句の果てに全英1位を獲ってしまったのだから素晴らしすぎです。こんなパ●リ芸も見事にやってのけてしまう器用さに驚かされるわけですが、2曲目「Hold On」から早速いつもの調子に戻り始めますwww 以降、四つ打ちエレクトロなダンスチューン「Everytime I Hear Your Name」、過去のアルバムに何曲も入ってただろ的な異常な既聴感に襲われる超王道系ナンバー「Ready Or Not」ガガ様意識なエレクトロポップその②「Fever」、ダンスサウンドから完全に切り離された、ギターの音色が爽やかなミディアムチューン「Hold Your Hands Up」、エレクトロをほのかにまぶしたポップロック調の「Breathless」、2nd Singleに選ばれている安心品質のトランスポップ「Dangerous」、毎度おなじみYanouの手によるしっとりバラード(バージョン)「Draw The Line (Yanou's Candlelight Mix)」Wideboysの手による先鋭エレクトロチューン「Fated(Wideboys Electro Radio Edit)」、BPMを上げて、いつものCascadaっぽくなった「Evacuate The Dancefloor(Ultrabeat Radio Edit)」など、王道と新機軸を織り交ぜながら、最後のRemix連発地帯まで楽しく聴けるダンスポップアルバムに仕上がっています。
【最高位136位/2,290枚】
★★★★

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

ONE LOVE ♪David Guetta

David Guetta
全米シングルチャートを独走中の大ヒットナンバー、BLACK EYED PEAS「I Gotta Feeling」をプロデュースしたフランスのDJ、David Guettaの最新アルバム『ONE LOVE』です。USの人気R&B/HIP HOPアーティストをゲストに迎えたダンスアルバムとなっています。

【収録曲】
1. When Love Takes Over Feat. Kelly Rowland ★★★★
2. Gettin' Over Feat. Chris Willis ★★★☆
3. Sexy Bitch Feat. Akon★★★★
4. Memories Feat. Kid Cudi★★★☆
5. On the Dancefloor Feat. will.i.am & Apl De Ap★★★
6. It's The Way You Love Me Feat. Kelly Rowland★★★☆
7. Missing You Feat. Novel★★★
8. Choose Feat. Ne-Yo & Kelly Rowland★★★★
9. How Soon Is Now (Dirty South Featuring Julie McKnight) ★★★☆
10. I Gotta Feeling (FMIF remix edit)★★★☆
11. One Love Feat. Estelle★★★☆
12. I Wanna Go Crazy Feat. will.i.am ★★★
13. Sound of Letting Go Feat. Chris Willis★★★
14. Toyfriend Feat. Wynter Gordon★★★☆
15. If We Ever Feat. Makeba★★★☆



全英No.1を獲得し、ボーカリストを務めたKelly Rowlandも上機嫌なヒットシングル「When Love Takes Over」、“「I Gotta Feeling」応用編かよwww”と突っ込みたくなるイントロからバキバキのエレクトロへと進化を遂げる「Gettin' Over」Akonをフィーチャーしたスペーシーなダンスチューン「Sexy Bitch」、今年度期待の新人ラッパー・Kid Cudiがシンガーとして歌声を聴かせる「Memories」、ヨーロッパでの再起を賭けるKelly Rowland参加曲2曲目「It's The Way You Love Me」Ne-YoKelly Rowlandの2組を迎えた中毒性たっぷりのダンスチューン「Choose」、自身が手掛けたBEPの大ヒットチューンを今作用に弄った「I Gotta Feeling (FMIF remix edit」、ダンスディーヴァとしての素質十分なEstelleの歌声が映えるディスコハウスなタイトル曲「One Love」Flo Rida「Sugar」の客演で知られるシンガー・Wynter Gordonがエキゾチックな歌声を聴かせる「Toyfriend」など、3~4分で終わるコンパクトな歌モノダンスチューンで構成された1枚になっています。参加アーティストが豪華な割に、メロがいまいち弱かったりするので、個人的には今一つ物足りない印象です。
【最高位146位/2,010枚】
★★★☆

テーマ:DJ/CLUB - ジャンル:音楽

FLASH BEST ♪capsule

capsule
Perfume、MEGらを手掛ける売れっ子プロデューサー=中田ヤスタカの活動母体・capsuleの初のベストアルバム『FLASH BEST』です。

【収録曲】
1. jelly (rmx ver.)★★★★
2. JUMPER (Live mix)★★★★
3. グライダー (rmx ver./Live edit)★★★★
4. FLASH BACK (Extended-Live mix)★★★★
5. Starry Sky★★★★
6. FRUITS CLiPPER★★★★☆
7. レトロメモリー★★★★☆
8. more more more★★★★★
9. dreamin dreamin★★★★★
10. Eternity★★★★★
11. I’m Feeling You★★★★☆
12. 空飛ぶ都市計画★★★★
13. 人類の進歩と調和
14. Sugarless GiRL★★★★★



最新作『more!more!more!』からのリード曲だったバキバキのエレクトロチューン「JUMPER (Live mix)」、現在のcapsuleの方向性を決定付けた象徴ともいえるインスト曲「FLASH BACK (Extended-Live mix)」、様々な表情を見せるボーカルとギターサウンドが印象的な「FRUITS CLiPPER」、異物感がハンパないジャジーでオシャレな佳曲「レトロメモリー」、某シャンプーのCMで流れまくった「more more more」、後にMEGヤスタカProduce作『BEAM』の中でカバーした「dreamin dreamin」、アンニュイな雰囲気を醸し出す歌モノ「I’m Feeling You」、爽やかなハミングが心地良い近未来的ピコピコトラック「空飛ぶ都市計画」、キャッチーさでは群を抜く名曲「Sugarless GiRL」など、これまでのキャリアの総括というよりは、ここ2~3年のテクノ/エレクトロポップブームの文脈で中田ヤスタカ/capsuleを知った人に向けての入門編としての意味合いが強い内容となっています。
【最高位7位/34,578枚】
★★★★

テーマ:DJ/CLUB - ジャンル:音楽

La Roux ♪La Roux

La Roux
BBC SOUND of 2009で第5位に選ばれるなど今年度の注目株となっている、Elly Jackson(Vo.)とBen Langmaid(Producer)の2人によるユニット・La Rouxのデビューアルバム『La Roux』です。

【収録曲】
1. In For The Kill★★★★
2. Tigerlily★★★★
3. Quicksand★★★★
4. Bulletproof★★★★★
5. Colourless Colour★★★★
6. I'm Not Your Toy★★★★
7. Cover My Eyes★★★★
8. As If By Magic★★★★
9. Fascination★★★☆
10. Reflections Are Protection★★★☆
11. Armour Love★★★★
12. Growing Pains★★★☆
13. Finally My Saviour★★★☆
14. In For The Kill(Skream's Let's Get Ravey Remix)★★★☆
15. Bulletproof(Tepr Tsunamee Remix)★★★☆



全英2位を記録した魅惑的なファルセットボイスで歌い上げるエレクトロポップチューン「In For The Kill」、ボーカル・Ellyの父によるMichael Jackson「Thriller」を思わせるナレーションが入る「Tigerlily」『KITSUNE MAISON 6』に収録され、La Rouxの名を世に知らしめたデビューシングル「Quicksand」Ellyの溌剌としたボーカルが光る全英No.1ソング「Bulletproof」、憂いのエレクトロバラード「Cover My Eyes」Ellyの表情豊かなボーカル表現が味わえるミディアムナンバー「As If By Magic」、心地良い癒しのエレクトロスロウ「Armour Love」、余計な音を削ぎ落とし、ボーカルだけが力強く響き渡るボーナスRemix「In For The Kill(Skream's Let's Get Ravey Remix)」Teprの手による大沢伸一チックなエレクトロRemix「Bulletproof(Tepr Tsunamee Remix)」など、声楽的ともいえるファルセットで歌い切る曲もあれば、地声で力強くエレクトロサウンドと張り合う曲もありで、ボーカル表現のバリエーションを楽しめる刺激的でキャッチーなエレクトロポップアルバムに仕上がっています。
★★★★

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

Parle Parle, Jase Jase ♪Donzelle

Donzelle
フランス語によるハレンチな歌詞が炸裂する“カナダの過激エレクトロクイーン”ことDonzelleの日本上陸作品『Parle Parle, Jase Jase』です。タイトルは「パルル・パルル、ジャズ・ジャズ」と読みます。

【収録曲】(※=評価対象外)
1. Test
2. Kebeoke★★★☆
3. All Dick No Balls (Feat. Giselle Numba One)★★★★
4. Baby Boomer (Feat. Poney P.)★★★★☆
5. Michel (Feat. J.Jones)★★★★☆
6. Libido Macro★★★★
7. Pedigree★★★☆
8. D.D. Danse Luso (Feat. Sexychien)★★★
9. Fachos Du Timbre (Feat. The World Provider)★★★★
10. Frencher (Feat. Omnikrom)★★★★
11. Serpents★★★
12. Hottentote★★★☆
13. Zebra Kiss (Feat. Spoek Mathambo)★★★★
14. La Biere Sur Les Gamines (Feat. Numero#)★★★★
15. Michel (Gooseflesh Remix)★★★☆
16. Toutes Les Chaines★★★☆
17. D.D. Danse Luso (Bossa Muira Style - Feat. Krista L.L. Muir)★★★☆




「あなたのエッフェル塔を突っ込んで」と懇願する淫乱ソング「Kebeoke」「玉なしディック男」という驚愕の邦題が付けられた「All Dick No Balls (Feat. Giselle Numba One)」、中年男との援助交際を題材にしたTimbalandっぽいヒップホップトラック「Baby Boomer」、親しみやすいフックが耳に残るMissy風の「Michel」、ウィスパーボイスで「アナ●、ア●ル、●ナル」と連呼する「Libido Macro」、露骨なエロを抑えシリアスに切り込むエレクトロな「Pedigree」、アッパーなエレクトロヒップホップチューン「Frencher」、怪しげな雰囲気に包まれる「Serpents」、作品中最もエレクトロに尖ったサウンドでSpoek Mathamboと掛け合う「Zebra Kiss」、ロッキッシュなパーティーチューン「La Biere Sur Les Gamines」、アンビエントな「Toutes Les Chaines」、ボサノバ風にアレンジされ、曲が終わるとしばらく謎の無音状態が続くボーナストラック「D.D. Danse Luso (Bossa Muira Style - Feat. Krista L.L. Muir)」など、フランス語の上品な発音で下品な言葉を連呼するギャップや、エレクトロを軸にして様々なサウンドを取り込んだ雑食性が楽しい、オシャレでエロくてマニアックな作品です。
★★★★

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

Soundboy Rock ♪Groove Armada

Groove Armada
Tom FinleyAndy Catoの2人によるUKのクラブミュージック製造音楽艦隊・Groove Armadaが、デビュー10周年を迎えた2007年にリリースした通算5枚目のオリジナルアルバム『Soundboy Rock』です。

【収録曲】(※=評価対象外)
1. Hasta Luego Mr. Fab (Interlude)
2. Get Down★★★★
3. Things That We Could Share★★★★
4. Save My Soul★★★☆
5. What's Your Version?★★★★
6. Paris★★★☆
7. Love Sweet Sound★★★★
8. The Girls Say★★★★
9. Lightsonic★★★☆
10. Soundboy Rock★★★☆
11. Drop That Thing★★★★
12. Song 4 Mutya (Out of Control)★★★★☆
13. From the Rooftops ★★★☆
14. See What You Get★★★☆
15. Feel the Same★★★☆
16. Hands Up★★★☆
17. Get Down (Calvin Harris Remix Edit) ★★★☆




冒頭に偽Sean Kingstonが登場し、M.I.A.を彷彿とさせるStashのグライム系フロウとエレクトロなビートが掛け合う1st Single「Get Down」、エレクトロディスコロックといった趣の「Things That We Could Share」、癒しと倦怠感が同居するスロウナンバー「What's Your Version?」、ストリングスを使った優雅なサウンドを軸に展開していく「Paris」、キャッチーなエレクトロヒップホップの「The Girls Say」、トラディショナルなレゲエナンバーという意外性が面白いタイトル曲「Soundboy Rock」、再びStushが参加した攻撃的なビートのダンストラック「Drop That Thing」、元SugababesMutyaが参加し、彼女のソロアルバムにも収録されたヒットナンバー「Song 4 Mutya (Out of Control)」、幻想的でクールなアンビエントトラック「From the Rooftops」Angie Stoneがボーカルを務めたドリーミーなハウスナンバー「Feel the Same」など、ハウス、ロック、ヒップホップ、レゲエなど様々なジャンルを取り込むと同時に、ジャンルの垣根を超越した個性的なダンスミュージックを次々と聞かせてくれる、全くの統一感のなさが楽しいアルバムになっています。
★★★★

テーマ: DJ/CLUB - ジャンル:音楽

HOT LIKE WOW ♪Nadia Oh

Nadia Oh
SPACE COWBOYが全面プロデュースしたキュートでセクシーなエレクトロポップアイコン・Nadia Ohのデビューアルバム『HOT LIKE WOW』です。

【収録曲】
1. HOT LIKE WOW★★★★
2. MY EGYPTIAN LOVER★★★★
3. HOT MALE★★★★
4. BOUNCE★★★★
5. CITY NIGHTS★★★★
6. RIP IT UP★★★★
7. THAT KIND OF GIRL★★★★
8. GOT YOUR NUMBER★★★★★
9. N.A.D.I.A. O.H.★★★★☆
10. SHAKE IT★★★★
11. S.E.X.★★★★☆
12. SOMETHING 4 THE WEEKEND★★★★
13. FREAK★★★★
14. MY EGYPTIAN LOVER (LOOSE CANNONS LUXORIOUS REMIX)★★★☆



インド風な音階を取り入れたセクシーで刺激的なタイトルナンバー「HOT LIKE WOW」、尖ったエレクトロビートにエキゾチックな要素を絡めたSPACE COWBOY feat. Nadia Oh名義で発表された事実上のデビュー曲「MY EGYPTIAN LOVER」Cassie「Me & U」を彷彿とさせるミステリアスなトラックにクールな歌声を乗せた「BOUNCE」SPACE COWBOY「Big City Nights」をそのまま使ったというディスコチューン「CITY NIGHTS」、たった4行のフレーズをひたすら繰り返すだけというユニークな構成のロッキッシュなダンストラック「RIP IT UP」、キュートに小悪魔的な魅力を振りまく「THAT KIND OF GIRL」、グルーヴィーなエレクトロポップチューン「GOT YOUR NUMBER」、自己紹介をカマすHIP HOPトラック「N.A.D.I.A. O.H.」、イントロにバッハを登場させインパクトを与えるエキゾチックな「SHAKE IT」、タイトルどおりSEXについて歌ったフリーキーなエレクトロチューン「S.E.X.」など、キュートかつクールなラップ/ボーカルを聞かせるその姿は『エレクトロ版Cassie』といった感じ。どのトラックもすごくキャッチーで、しかも2~3分台で終わる短めの曲が多いので、とても聞きやすい鮮やかなエレクトロポップアルバムに仕上がっています。
★★★★

テーマ: DJ/CLUB - ジャンル:音楽

Good Girl Gone Bad: The Remixes ♪Rihanna

Rihanna
数多くのヒット曲を生んだRihannaの大ヒットアルバム『Good Girl Gone Bad』の収録曲のリミックスアルバム『Good Girl Gone Bad: The Remixes』です。

【収録曲】
1. Umbrella featuring JAY-Z - Seamus Haji & Paul Emanuel★★★☆
2. Disturbia - Jody den Broeder★★★☆
3. Shut Up and Drive - The Wideboys★★★
4. Don't Stop The Music - Jody den Broeder★★★☆
5. Take A Bow - Tony Moran & Warren Riggs★★★★
6. Breakin' Dishes - Soul Seekerz★★★★
7. Hate That I Love You featuring Ne-Yo - K-Klassic ★★★☆
8. Question Existing - The Wideboys★★★☆
9. Push Up On Me - Moto Blanco★★★★
10. Good Girl Gone Bad - Soul Seekerz★★★
11. Say It - Soul Seekerz★★★☆
12. Umbrella featuring JAY-Z - Lindbergh Palace★★★☆



全12曲中8曲は、既に『Good Girl Gone Bad Deluxe Edition feat. Dance Remix』のRemix CDに基となるトラックが収録されていて、今回新たに収録されたトラックは計4曲。「Disturbia - Jody den Broeder」「Don't Stop The Music - Jody den Broeder」「Take A Bow - Tony Moran & Warren Riggs」「Umbrella featuring JAY-Z - Lindbergh Palace」『-feat. Dance Remix』から差し替えられた4曲です。基本的には全曲Dance Remixで、『-feat. Dance Remix』では5分以上の長いバージョンで収録されていましたが、今作ではどれも3~4分台に収まるRadio Editで収録されていて、とてもすっきりと聞きやすくなっています。個人的には、オリジナルが地味もしくは退屈に感じていた「Take A Bow」「Question Existing」などは、ダンスサウンドに生まれ変わったことで、起伏のある曲展開が楽しめて好感を持てました。購入当初は、収録曲が既発のDance Remixとかなり被ってるし、どうせ長ったらしいトラック満載で“リミッ糞アルバム”に違いないなどと思って、何の期待もせず完全に惰性で購入したのですが、既発版と全く同じではなく「4分程度のRadio Editで収録してほしかった」という『-feat. Dance Remix』発売当初の自分の希望通りの姿に変わっていて少し感動しましたw 新たな角度から『Good Girl Gone Bad』を楽しめる作品になっています。
★★★☆

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

BOOMBOX ● THE REMIX ALBUM 2000-2009 ♪Kylie Minogue

Kylie Minogue
2000年以降のヒット曲から選曲されたKylie MinogueのRemix Album『BOOMBOX ● THE REMIX ALBUM 2000-2009』です。

【収録曲】
1. Can't Get Blue Monday Out Of My Head★★★★
2. Spinning Around(7th District Club Mental Mix)★★★☆
3. Wow(Death Metal Disco Scene Mix)★★★☆
4. Love At First Sight(Kid Creme Vocal Dub)★★★☆
5. Slow(Chemical Brothers Remix)★★★★
6. Come Into My World(Fischerspooner Mix)★★★☆
7. Red Blooded Woman(Whitney Mix)★★★☆
8. I Believe In You(Mylo Vocal)★★★★
9. In Your Eyes(Knuckleheadz Mix)★★★☆
10. 2 Hearts(Mark Brown's Pacha Ibiza Upper Terrace Mix)★★★
11. On A Night Like This(Bini & Martini Club Mix)★★★★
12. Giving You Up(Riton Re-Rub Vox)★★★
13. In My Arms(Sebastien Legar Vocal Mix)★★★☆
14. The One(Britrocka Remix)★★★☆
15. Your Disco Needs You(Casino Radio & Club Remix)★★★★
16. Boombox(LA Riots Remix)★★★★
17. All I See feat. Mims★★★★
18. Wow(CSS Remix)★★★★
19. Can't Get You Out Of My Head(Greg Kurstin Remix)★★★☆



New Order「Blue Monday」と合体させたブート発祥の好Remix「Can't Get Blue Monday Out Of My Head」ワウワウワウワーウの部分をループさせたロック寄りなダンスサウンドの「Wow(Death Metal Disco Scene Mix)」、男のラップのような声が入ったグルーヴィーなダンストラック「Love At First Sight(Kid Creme Vocal Dub)」Chemical Brothersによるワイルド且つ妖しさたっぷりのテクノリミックス「Slow(Chemical Brothers Remix)」、3分20秒あたりからKylieが喘ぎ始める「Come Into My World(Fischerspooner Mix)」、ロックなギターサウンドとエレクトロなウワモノが融合した「Red Blooded Woman(Whitney Mix)」、チープな電子音が鳴り響き、Kylieのセクシーなウィスパーボイスをたっぷりとフィーチャーした「I Believe In You(Mylo Vocal)」、テンポがかなり早めなハードハウス仕様の「In Your Eyes(Knuckleheadz Mix)」、刺激的なエレクトロサウンドに身を包んだ新曲「Boombox(LA Riots Remix)」、US市場向けに制作されたMims客演版の「All I See feat. Mims」CSSによるファンタスティックな「Wow(CSS Remix)」など、全19曲というトラック数の多さと、どれも4分前後という適度な長さなのが嬉しい一方で、やはり曲数が多すぎるため通して聴くには少し疲れ、だんだん耳が麻痺してきますw お好みのRemixを見つけることが出来れば嬉しい1枚です。
【最高位146位/1,173枚】
★★★☆

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

MORE! MORE! MORE! ♪capsule

capsule
Perfume鈴木亜美を手掛ける音楽クリエイター・中田ヤスタカの活動母体であるcapsuleの最新アルバム『MORE! MORE! MORE!』です。

【収録曲】(※=評価対象外)
1. runway
2. more more more★★★★☆
3. the Time is Now★★★★
4. JUMPER★★★★☆
5. Phantom★★★★
6. gateway
7. Pleasure ground★★★★
8. the mutations of life★★★★
9. e.d.i.t.★★★★
10. Adventure★★★★



(´∀`)モワモワモワ~♪というフレーズが耳に残る某シャンプーのCMソングとしておなじみの「more more more」、デジタルなビートの中でエフェクトをかけられた英語ラップが冴え渡る「the Time is Now」、前作『FLASH BACK』の路線を引き継いだ攻撃的なサウンドを聞かせる「JUMPER」、無意識にカラダを揺らすキャッチーなビートにロボットボイスを乗せた「Phantom」、アジエンス的な美しい鍵盤の音が微かに加えられたキャッチーな歌モノ「Pleasure ground」、他の曲と比べるとシンプルな音で構成されたビートが醸し出すアンニュイな空気に少しの攻撃性を持たせた「the mutations of life」、サイレンのようなビートと楽器の一部として機能するボーカル、尖ったサウンドがカッコイイフロアチューン「e.d.i.t.」「Sound of Silence」を彷彿とさせる可愛らしいビートが印象的なポジティブナンバー「Adventure」など、capsuleでしか見せないコアで攻撃的なサウンドをより進化させつつ、キャッチーで可愛らしい歌モノも適度に収録した、「今」の中田ヤスタカが表現したい音が詰まった1枚です。例によって今回も歌詞カードなし。Perfumeなどと違い「歌を聴く」というよりは、単純に「音」capsuleの音楽がある「空間」を楽しむといったほうが適切かもしれません。
【最高位6位/67,309枚】
★★★★

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽


ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。