(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MEMORIES-Kahara Covers- ♪華原朋美

華原朋美
華原朋美、完全復活2年目。

初のセルフカヴァーアルバム『DREAM-Self Cover Best-』で全盛期を越える歌唱力と表現力を披露し、自身の楽曲を見事に昇華させた後の戦略として仕掛けられたのは、UNIVERSAL MUSICお得意のカヴァーアルバム。ミポリンや工藤静香等、歌手として影響を受けた人気アーティストヒット曲を中心に、小室哲哉作品3曲も含んだ全10曲を収録した作品となりました。

1. DEPARTURES
華原朋美の報復。
自身の休業中に小室夫妻に「I'm proud」をTVで歌われた恨みを、KEIKO休業中に「DEPARTURES」を歌ってCD化するというこれ以上ないやり口で倍返し!!清々しいまでに凛とした佇まいで「DEPARTURES」を奪い取ろうとする様は、まるで復讐に燃える東海テレビの昼ドラのヒロインのようです!

2. 恋しさと せつなさと 心強さと
かつて「"with t.komuro"に憧れていた」と話していたこともある朋ちゃんが、without t.komuroで篠原涼子をカヴァー。どうしても恨み節感が拭えない「DEPARTURES」とは対照的に、純粋に小室楽曲との相性の良さを感じられる仕上がりになっています。

3. M
小室曲2連発の後に配されたのは、プリプリの失恋名バラード「M」。
歌詞が未練タラタラすぎて、TKのことを思いながら歌ったのかな?と思うととっても怖いです(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

♪いつまでもあなたしか見えない~ 私もぉぉぉぉ~~~~~
609d5dedef368b67179ad16ced7728a0_25285.jpg

4. やさしさで溢れるように
昨年の『FNS歌謡祭』ではTKとの共演以外に、JUJUとも共演していました。
その時にJUJUとのコラボで披露したのがこちらの曲。


醜女が健気に力強く歌い上げるオリジナルに対し、
Kahara ver.は美女が小奇麗にまとめました的な、オリジナルとは真逆の印象に仕上げています。

「あなたを愛し続けるよ」「離れてても そばにいるよ」っていうのが洒落にならない感じで怖いです。

5. 千流の雫
工藤静香の1990年のヒット曲をカヴァー。
他にも色々ヒット曲がある中で、埋もれがちなこの曲を選んだところにこだわりを感じますね(´∀`)
ビブラートをマスターするきっかけになった曲だとか。
ちなみにこの曲も失恋の歌。
なんだ、やっぱり選曲理由はTKへの未練(ry

6. my graduation
原曲は10代女子が歌う切ない青春の思い出への卒業表明でしたが、
Kahara Coversでは、“別れた後も忘れられない元彼への怨歌”へと見事に生まれ変わりました。

♪髪をかきあげるくせ 本当に愛してた~
小室哲哉

♪あなたと過ごした青春 輝きはずっと色褪せない~
my graduation


(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


7. You’re My Only Shinin’ Star
華原朋美が好きなミポリン曲と言えば「50/50」(小室哲哉作曲)だと公言していたにも関わらず、
今作には別のTK(角松敏生)が作ったこちらの楽曲が選ばれました。
(※歌詞をじっくり読んでみたら、やっぱりこの曲も当てつけみたいな選曲だと実感w)
AOR風のアレンジに乗せて、しっとりと歌い上げています。

8. UNSPEAKABLE
華原朋美、黒BUTAオールスターズの先輩・ELTの曲を歌う。
黒BUTAオールスターズの先輩である持田さん(2期メンバー)が、顔を歪ませ、首を傾けながら苦しそうに歌う姿しか想像できない名バラードを、後輩・遠峯ありさ(4期メンバー)が余裕たっぷりに感情を込めながら歌いあげています。

9. BRAND NEW TOMORROW
TK曲カヴァー3曲目はtrfです。ちょうど「I BELIEVE」と同時期にヒットチャートを賑わしていた曲。
幸せの絶頂だった頃の曲ってことで選ばれたんだろうか…。

10. PIECE OF MY WISH
ラストは武部聡志アレンジによる今井美樹のバラード曲のカヴァーでしっとりと。
この曲だけ、復帰当初に掲げていた“困難を乗り越えて復活を遂げた私”を歌で表現しているように感じます。


という全10曲。

もう完全に吹っ切れてますけど何か?と、涼しい顔をしながら
ほとんどの曲が過去の大失恋を連想させるという、女の執念深さ、恐ろしさを感じるカヴァーアルバムです。

かつての恋人の作った曲を歌うだけでなく、
他人が作った曲でも私怨を晴らそうという試みが実に画期的ですね(゚∀゚)
スポンサーサイト

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

DOOR ♪JUJU

JUJU
チャート1位2位を独占した2枚のベストアルバムや、高い評価を受けたJazzアルバムのリリース等を経て、オリジナル作品としては約2年8ヶ月ぶりとなったJUJUの5th Album『DOOR』です。

【収録曲】
1.ただいま
2.Door
3.くちづけ
4.春雪
5.星月夜
6.Hot Stuff
7.Heart Beat
8.sign
9.Distance
10.Who's Gonna Say It's Not
11.hero #51
12.ねえ
13.ありがとう-Beginning of Everything ver.-
14.守ってあげたい
15.Dreamer



前述のベスト盤に収録済のシングル曲が3曲(うち1曲は別ver.)、ベスト後のシングル収録曲が6曲、配信限定リリース曲1曲=計10曲が既出曲というライトユーザーにはたまらないタイアップソング満載の内容となった本作。
ドラマ主題歌となったハートウォーミングなミディアムバラード「ただいま」、同じくドラマ主題歌に起用された本作からの先行シングルでありタイトル曲でもある「Door」、スガシカオが詞を提供した煌びやかな夜の景色をイメージしたラジオフレンドリーなアップ「星月夜」、Donna Summerの同名曲を彷彿とさせる“Omankoくぱぁ~”系なアグレッシヴさに満ちたダンスロックチューン「Hot Stuff」、大沢伸一がプロデュースしたピアノハウス「Heart Beat」、切なさ全開の会いたいソング「sign」、不倫を連想させるバラードナンバー「Distance」、シングルとは異なるアレンジ&ヴォーカルテイクで聞かせる「ありがとう-Beginning of Everything ver.-」、ゆずの北川悠仁が書き下ろしたことで話題となった「守ってあげたい」、夢を追う人の背中を押す応援歌「Dreamer」と耳馴染みのある楽曲がたくさんあるので、ベスト盤感覚で聴ける1枚になっています。
アルバム曲では、彼女のルーツでもあるNYの雰囲気を閉じ込めたR&Bテイストの「hero #51」と、グルーヴィーなサウンドを聞かせる「Who's Gonna Say It's Not」など、パブリックイメージを打ち壊す楽曲も入れつつ、“バラードシンガー”としての持ち味を最大限に生かした「ねえ」「春雪」などのバラード楽曲も収録。
“JUJU=バラードやジャズなど、落ち着いたしっとりとした大人の歌を聞かせる人”というパブリックイメージへの挑戦が今作の1つのテーマでもあり、「Hot Stuff」は最もその意欲が顕著な1曲。ルーツを知るファンからしてみれば驚き要素は薄いのですが、アップナンバーやビートの効いた楽曲を入れることで、これまであまり知られていなかった意外な一面を見せてくれています。

そうそう、意外な一面と言えば、皆さん、JUJUって顔はアレですけど、実はかなりの美脚なんですよ。
ブックレットではその見事な美脚もしっかり披露していますので、今後はスラリと伸びた細くて長い脚にも注目してあげて下さいw

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

LOVELAND ♪加藤ミリヤ

加藤ミリヤ
今年でデビュー10周年を迎える“時代の代弁者”(←公式サイトより)加藤ミリヤの7枚目のアルバム『LOVELAND』です。

【収録曲】
1.Lonely Hearts
2.Shape of love
3.Love/Affection
4.UNIQUE
5.神様
6.The One
7.EMOTION
8.LOVER -Episode II-
9.PRIDE
10.You're Beautiful
11.RUN FREE / AI+MILIYAH+VERBAL
12.One Night Only
13.冷静と情熱のあいだ
14.Loveland




Official Site曰く『カタチにとらわれない“リアルな愛”の14曲』を収録している今作。
現役JKの気持ちに寄り添ったミリヤ流破滅型友情ソング「Lonely Hearts」、愛の形を定義づけるなんて糞!というメッセージを歌い上げるHip Hop Soul風な「Shape of love」、ミリヤの十八番『片想い』をテーマにした切なさ全開の先行シングル「Love/Affection」、“個性的で何が悪い!個性派万歳!!”と個性派推進委員会のマーチ的なパワーが漲る「UNIQUE」、最新著書と同タイトルで、同作を原作にした愛に飢えた女の物乞いのようなバラード「神様」、自分自身の生き様をしっかりと刻みつける様に歌うミリヤ流の自己愛ソング「The One」、DAISHI DANCEプロデュースのEDM系なトラックに乗せて“青春”を歌ったダンスドラマの主題歌「EMOTION」、ボーカリストとして参加したm-floの楽曲をリメイクした「LOVER -Episode II-」、官能的な表現も登場するレズビアンをテーマにした楽曲「PRIDE」、Beyonceの最新作『BEYONCE』の持つアンビエントな世界観を早くも取り入れた感のある「You're Beautiful」、AI+VERBALとのコラボによるReebokタイアップソング「RUN FREE」、久保田利伸提供による色気たっぷりなR&Bチューン「One Night Only」、スリリングかつ壮大なスケール感が作品中でも異質な存在感を放つ「冷静と情熱のあいだ」、AI「Story」を彷彿とさせるアレンジに乗せて幸せに満ちた愛を歌う温かみのあるタイトル曲「Loveland」と、公式サイト様のおっしゃる通り、多様なサウンドアプローチや歌詞のテーマ選びで、カタチにとらわれることなく様々な愛を表現した1枚に仕上がっております!

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

erika ♪梅田えりか

梅田えりか
ハロプロの人気グループ『℃-ute』のメンバーとして活躍し、2009年にモデルを目指す為にグループを卒業。その後はCM出演や「Girls Award」などの舞台に立つなど、モデルとしてのキャリアも着実に築いてきた"梅さん"こと梅田えりかが、℃-ute卒業4周年にあたる昨年10月に音楽活動再開を宣言。2014年2月、満を持して?(まさか?)のソロデビュー作『erika』が遂に完成しました。

元々、(いい意味で)アイドル離れした端正な顔立ちと抜群のスタイルの持ち主のため、ハロプロファンからの人気はいまひとつ伸び悩んでいた梅さん。当時のLIVEでは“テンションあげ子”というキャラを演じ、「使ったタオルぅ~!」等と意味不明なことを連呼しながらタオルを振り回したり、唯一のソロ曲のタイトルが「ドドンガドン音頭」だったりと、華々しい活動の裏でグループ内では地味な役回りを演じてきました。ジャケット写真の立ち位置がほとんど右端だったため、右端=“梅ポジ”という言葉まで生まれたほどです(´;ω;`)

そんな梅さんだからこそ、音楽活動に意欲を見せ、歴代℃-uteメンバーの中でまさか1番早くソロアルバムを出すことになるとは全く予想外の展開でした。グループ在籍時はメインを張れるポジションではなかったため、ろくにソロパートもなかった梅さん。歌声のイメージがほぼ残っていないため、ほとんどのリスナーは「梅さんってこんな風に歌うんだ~」という(再)発見をすることでしょう。

さて、そんな“ソロアーティスト・梅田えりか”のソロデビュー作『erika』の収録曲を1曲ずつ紹介していきましょう。

1.White Anniversary
オープニングを飾るのは、SPEEDを手掛けた名プロデューサー・伊秩弘将が作詞、MAX、KinKi Kidsなどの作品にも携わり、梅さんと同じ事務所に所属している音楽家・佐久間誠氏が作編曲を手掛けた切なくも力強いウィンターソング。Sony時代の玉置成実みたいな路線のポップナンバーです。

2.Crush on you!
近年では48グループなどに楽曲提供を行っている作家ユニット・YUMAが手掛けたボカロ系ポップチューン。今作のリード曲になります。アイドルっぽさ全開の片思いソングですな(´∀`)


3. キミはClione
こちらも同じくYUMAが手掛けたエレクトロポップチューン。なかなかに攻めたアレンジと、語感を大事にしたリリックが秀逸な一曲。

4.All for U!
ここでまさかのMOMO"mocha"N./U-Key zoneコンビ曲の登場です(゚Д゚)!!!
メイサ様の曲では有り得ないような、いつになくラブリーな歌詞に違和感を覚えつつw、アイドル上がりのキュートな梅さんのボーカルが、これまでのこのコンビの楽曲にはなかったキラキラ感を生み出しております!!

5.My Sunshine
まさかのMOMO"mocha"N./U-Key zoneコンビ曲Part Ⅱ
こちらも歌詞がいつになくラブラブでハッピー❤
『梅田えりか』という素材があったからこそ生まれた化学反応が面白いですな(・∀・)

6.Waitin' for your Love
伊秩弘将作詞・作曲による、SPEEDヲタも気に入るであろう切なくメロディアスな名曲の誕生です。こんなSPEEDっぽい曲書いてもらえるなんて、梅さん、アンタは幸せ者だよ(´;ω;`)

7.New Year's Song
かの香織作詞・作曲のバラードナンバー。とても気持ちよさそうに、伸び伸びと愛を歌い上げております。

といった具合の、豪華制作陣集結の全7曲入り。

歌がべらぼうに上手いわけでもないし、R&B寄りのテクニカルなボーカルを聞かせたりもしませんが、モデルの道を選んだ元トップアイドルが、再びソロアーティストとして羽ばたこうとする姿が、とても美しく、ドラマティックだなと思うのです(´∀`)

テーマ:ハロプロ - ジャンル:音楽

THE BEST OF YUKI KOYANAGI ETERNITY~15th Anniversary~ ♪小柳ゆき

小柳ゆき
1999年9月15日にシングル「あなたのキスを数えましょう~You were mine~」で衝撃的なデビューを果たした小柳ゆき。そんな彼女も今年の9月でデビュー15年目を迎えました。今作はデビュー15周年を祝う企画盤としてリリースされた小柳ゆきにとって3枚目のベストアルバム。(※バラードバストとSAで売ってるような非公認廉価版ベストを除く。)一見、手抜きのように見えるCDジャケットは、実は収録曲のPVやアートワークからインスパイヤされたエッセンスにより構成され、小柳ゆきの歴史を表現しています。

ここで1点気になるのが、今作がデビューから2007年まで在籍していたWarner Music Japanから発売されているということ。今年7月に発売された最新シングル「ひまわり」まではUniversal Musicからの発売だったので、15年目突入のタイミングで古巣Warnerへと戻ったのでしょうか?それとも、契約枚数がまだ消化しきれてなかったとか??10月には7年前のアルバムに収録されていた曲「One in a million」を今更シングルカットするし、どんな大人の事情があるのか、きちんと知りたいところです。

さて、内容に話を戻しましょう。
収録曲は以下の通り。
1.あなたのキスを数えましょう ~You were mine~
2.愛情
3.can’t hold me back
4.be alive
5.DEEP DEEP
6.beautiful world
7.my all..
8.remain~心の鍵
9.HIT ON
10.Endless
11.Lovin’ you
12.ON THE RADIO <日本語ヴァージョン>
13.恋のフーガ
14.誓い
15.Sunrise
16.あなたのキスを数えましょう -Orchestra Version-


1~13曲目までは2004年発売のPV集付き初ベスト「MY ALL」に収録済。ベスト初収録は14、16のみだし、前述の大人の事情もあってUniversal移籍後のシングルは未収録という、ファンとしては何の魅力も旨味も感じない内容というのが正直なところ。ですが、全盛期(初期)の曲しか知らないという方への【入門編】には最適な内容であると思います。

コアなファンへの訴求ポイントは16曲目の「あなたのキスを数えましょう -Orchestra Version-」…と言いたいところなんですが、コレ『Koyanagi the COVERS PRODUCT 1』のボーナストラックですよね。どうも声が若いと思った…。「Sunrise」もライブで聴きすぎたせいで、CDのオリジナルのアレンジを忘れていて、一瞬「おっ!」と思ったんですが、確認したらオリジナルのまんまでしたw
ということで、やっぱりコアなファンにとっては内容云々じゃなく、“出たから買う”“ご祝儀”の意味が強いかも。

より“今”の小柳ゆきを堪能したい人には、今年3月に発売された『YUKI KOYANAGI LIVE TOUR 2012 「Believe in yourself」 Best Selection』がオススメ。最前列でニヤつくピタ氏も観れるDVD付のLIVE盤です。
YUKI KOYANAGI LIVE TOUR 2012 Believe in yourself Best Selection(DVD付)YUKI KOYANAGI LIVE TOUR 2012 Believe in yourself Best Selection(DVD付)
(2013/03/27)
小柳ゆき

商品詳細を見る


テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

Love Collection~pink~/~mint~ ♪西野カナ

配信時代のNo.1歌姫・西野カナのデビュー5周年を記念した待望のベストアルバム『Love Collection』が発売されました。
CD2枚組で収めればいいものをわざわざ2タイトルに分けるというSONY独特の売り方で登場した今作。デビュー曲「I」から最新シングル「涙色」までの全シングルに加え、各オリジナルアルバムからのリード曲と新曲4曲を『~pink~』『~mint~』と題した2作品にランダムに振り分けた、親切なのか商魂逞しいのかよくわからんベストアルバムです。
西野カナ
『Love Collection~pink~』
1. GO FOR IT!!
Madonna「Give Me All Your Luvin'」をさらっとパクッてみた元気いっぱいな告白ソング。恋する女子たちは励まされ、告白される側の男子は(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブルになること必至。

2.Best Friend
後に発表された「私たち」とも通じる、中高生から多くの共感を呼んだであろう厚~く堅~い友情ソング。
こういう存在がいるって素敵なことですな(´∀`)
くれぐれも、同じ男を好きになって奪い合うことなんてないようにネ。

3.もっと…
西野カナの代名詞でもある「会いたい」のフレーズがこれでもかと登場する“会いたい病”全盛期の楽曲。
こんな糞面倒臭い女、重たすぎて無理(´Д`)っていうのが男の言い分だと思いますよ。

4.君に会いたくなるから
1st Album『LOVE one.』の先行シングルで、西野カナの『会いたいキャラ』を決定付けた1曲。

5.SAKURA,I love you?
理想的な彼氏をゲットしたはずなのに、元カレのことが頭から離れない…という糞ビッチな一面を見せてくれた桜ソング。

6.君って
どんな時も泣いたりしない強い「君」と、不器用で弱気な「私」を対比させながら、“ここにいるよ”“そばにいるよ”と青山テルマ的なスタンスで寄り添っていく決意を歌い上げたバラード。

7.涙色
冒頭から2人ことを思い出して泣き始め、I always cry~♪と歌い上げる、もはや一刻も早い心療内科の受診をオススメするレベルに涙が止まらぬ日々を送る女子が主人公の失恋ソング。

8.I
平井堅以来となる三重県出身の大物シンガー登場!という触れ込みもあった記念すべきデビュー曲。メーカーの営業さん曰く、音楽性は二の次で、歌が歌えてルックスもそこそこだからデビューさせたんだって。

9.Style.
そんなわけで音楽性をどこに定めていくのかさっぱりわからんままリリースされた3rd Single。PVでダンスに挑戦させられているところからも試行錯誤っぷりがうかがえます。

10.Join us!
今作用の新曲その①
ロッキッシュなパーティーチューン。

11.Esperanza
“真夏の恋が凍えてる”という新感覚のフレーズが話題を呼んだラテン系ナンバー。「あの子」へのメラメラと燃える嫉妬心が恐ろしい、ストーカーチューン。

12.MAYBE
ストーカー気質はこの曲でも遺憾なく発揮されています。私=君になりたいという危険な願望、過去の女への被害妄想的な嫉妬など、男子はこんな女と付き合ったら数か月で逃げたくなること必至!

13.君の声を feat.VERBAL(m-flo)
1st Album『LOVE one.』のリード曲。m-flo「let go」にも通じる世界観で、声を聞かせてと執拗に訴えまくります。

14.LIGHTS,CAMERA,ACTION
この女はディナーショーでもやろうとしてるのか?と勘繰りたくなるようなゴージャスなショータイムのテーマ曲のような趣の新曲。ayumi hamasakiさんが『Party Queen』の中盤でやってた世界観にヒントを得て、さらに上品に仕上げた感じ。

15.Alright
3rd Album『Thank you,Love』のリード曲。優等生的な応援歌ですな(´∀`)


西野カナ
『Love Collection~mint~』
1.Believe
「GO FOR IT!!」の2番煎じ感丸出しなアッパーチューン。こちらのネタ元はCarly Rae Jespen & Owl Cityの「Good Time」

2.私たち
女同士の友情をテーマにしたミディアムナンバー。親しい仲になると相手の方が自分のことを自分以上に知ってたり、また逆も然りっていうのは共感できますよね(´∀`)

3.会いたくて 会いたくて
「会いたくて会いたくて震える」という21世紀を代表すると言っても過言ではないパンチラインが登場する、西野カナの代表曲。震源地は西野カナ!

4.if
“会いたい病”の重たくて悲しい女のイメージを払拭すべく、運命や未来をテーマに現在進行形の恋愛を歌ったラブバラード。

5.Distance
【悲報】西野カナ、ストーカー化のお知らせ。
(ストーカー化は次作「Esperanza」まで続くのであった…。)

6.glowly days
初々しさの残る2nd Single。ロックがやりたいのかポップスがやりたいのか絶賛迷走中~。

7.MAKE UP
まだまだ方向性を模索中の4th Single。女子力に着目し、メイクをテーマにした楽曲を作ってみたよ☆

8.遠くても feat. WISE
着うたでヒットを記録した5th Single。ここでようやくその後の路線を確定できた模様。

9.Dear…
「遠くても」の遠くないバージョン。2曲とも伝えたいのは“Always love you”ってコト。

10.たとえ どんなに…
後悔と未練でいっぱいの失恋ソング。
このメンタルのまま、新しい彼氏を見つけた結果が「SAKURA I love you?」になります\(^o^)/

11.Be Strong
4th Album『Love Place』のリード曲。あの西野カナが成長した!!と世間を驚かせた詞の世界にご注目ください。これまでとは一味違った西野カナをお楽しみ頂けます。

12.Summer Girl feat. MINMI
2nd Album『To LOVE』のリード曲。ドライブにピッタリなサマーチューン。

13.Sweet Dreams
新曲その③
ポジティブな自己啓発系ポップチューン。

14.HAPPY HAPPY
新曲その④
タイトル通りハッピーな気持ちを精一杯に届けようというポップチューン。

15.Always
『愛』をテーマにした壮大なバラードナンバー。会いたくて震えたり、ストーカーしたり、“あの子”に嫉妬したりする西野カナはここにはいません!!ずいぶんと懐が深くなったようです。

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

DREAM-Self Cover Best- ♪華原朋美

華原朋美
怪作『nine cubes』発表後から現在に至るまで、
『活動休止』と『復帰』を幾度も繰り返してきた華原朋美。

ボロボロだった心と体を、しっかりと健全な状態に磨き上げ、
これまでで最も美しい姿で約6年ぶりに芸能界に帰ってきました。

今作『DREAM-Self Cover Best-』は、
"これが本当に最後の『完全復活』である"という華原朋美自身の強い思いと、
ファンの強い願いによって作り上げられた、
単なる「手抜き歌い直しベスト」なんかじゃない、とても意味のある作品ではないでしょうか。

全10曲のうち、復帰作となった「夢やぶれて-I DREAMED A DREAM-」と、
2004年にレコード大賞金賞を受賞したK-POPカバー「あなたがいれば」の2曲以外は、
TKプロデュース時代の大ヒット曲たち。

それらを武部聡志プロデュースのもと、オーケストラアレンジやバンドサウンドなどで、
歌詞の1行1行に想いを込めながら丁寧に歌い上げています。
一部の楽曲ではキーをオリジナルより下げているものの、
情感豊かで伸びやかな歌声は、全盛期(1995~1997年)と比べてみても、
明らかに『今』の方が上手くなっているのがわかります。

劣化した歌声を晒し、老いや衰えに対する"諦め"を感じさせるような
巷に溢れるセルフカバー集とは意味や次元が全然違うのです。

今作によって最も印象が変わったのが、「たのしく たのしく やさしくね」。
オリジナルはタイトル通りの明るいイメージの楽曲でしたが、
今作ではピアノ伴奏のシンプルなバラードになっています。
どうやらこの楽曲、本当はあまりハッピーな歌じゃないそうで、
楽曲の本質的な部分をきちんと伝えるという点でも、
今作はとても意義のある作品になっていると感じさせられます。

口パク禁止の風潮が強まる昨今のTV業界の中で、
“生歌でも安心して聴けるアーティスト”の代表格としても挙げられるほどになった朋ちゃん。

過去の清算はもう少し続きそうですが、
新しいオリジナル楽曲で、その素晴らしい歌声を存分に響かせてくれる日も楽しみにしています。

※【余談】
せっかく今回のセルフカバーがいい感じだったので、
今作で完全スルーされているWARNER時代の悲惨な楽曲を歌い直した
『NIGHTMARE-Self Cover Worst-』(仮)っていうのを出してみるのはいかがでしょうか。
・tumblin'dice
・here we are
・daily news
・needs somebody's love
・as A person
・be honest
・Believe In Future~真夜中のシンデレラ~
・PLEASURE などなど。

↑かなり歌い直し甲斐あると思うんだけどなぁ~。

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

REAL ♪中島美嘉

中島美嘉
中島美嘉、2年3カ月ぶりのオリジナルアルバム『REAL』。
耳管開放症による活動休止という、アーティストとしての大きな苦難を味わった元非行少女。
約半年の活動休止を経て、活動再開後は映画主題歌を連発してきました。

今作はそんな映画主題歌シングル3連発からスタート。
旬の俳優陣が出演するベタな恋愛映画の主題歌となった最新シングル「初恋」、活動再開シングルとなった「Dear」、アンテッド美嘉としてハリウッドでも堂々たる存在感を見せつけた出演作の主題歌「明日世界が終わるなら」とタイプの異なるバラードが続き、4曲目にはロックなアルバム曲「PASSION」が登場。アルバムにはこの他に、Katy Perry風のファンキーダンスポップチューン「BE REAL」、歌詞のやさぐれっぷりが良い歌謡ロック「SUPREME」、♪ただ恋をしたかっただけなのに~というサビ部分で何故か峯岸みなみの顔が浮かんでくる悲哀ナンバー「ピアス」、活動休止期間中の心境を痛々しいほど赤裸々に綴った衝撃作「LETTER」といった新曲を収録。
また、今作もこれまでのアルバムと同様、カップリング曲も全て詰め込んだ内容となっており、是非ともKATEのCMに使って欲しかった「You Knocked Me Out」、こちらもKATE向けな歌謡ロック「SUPER WOMAN」、本人出演の某時計のCMソングとなっているA面級バラード「記憶」もしっかり収録されています。

活動再開後、シングルの売上が落ち着いてきていたので、アルバムの内容も地味に落ち着いてしまうことも懸念していたのですが、心配御無用。捨て曲なしで、全ての曲が際立った個性を持った1枚に仕上がっております。

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

2U ♪松下優也

松下優也
左サイドは極力映さず、右サイドの横顔を映すのがデフォなイケメン俳優兼歌手、松下優也の2nd Album『2U』です。

【収録曲】
1. Theme of 2U
2. SUPER DRIVE
3. Naturally
4. Beautiful Days
5. INTERLUDEI
6. 4 Seasons
7. Paradise
8. Life in the dark
9. INTERLUDEII
10. Last Dance'06
11. 2 of Us
12. キミへのラブソング ~10年先も~
13. Bird
14. A Song For You
15. Beauty & Beast
16. Secret Love feat.BRIGHT,SHUN
17. Step by Step


Britney Spears「Womanizer」の影響を多分に受けたダンスチューン「SUPER DRIVE」、歌とラップの両刀使いで片思いの彼女への想いを綴るR&Bチューン「Naturally」、NJSに挑戦した爽やかな「Beautiful Days」(・∀・)♪ビンマイラービンマイラーと軽いノリ全開で歌うサマーチューン「4 Seasons」、自身が出演したドラマの主題歌だった包容力高めなシングル曲「Paradise」、全英語詞で歌い上げるミディアムスロウ「Last Dance'06」、強烈なEXILE臭を放つ「2 of Us」、着うた世代好みのストレートなラブソング「キミへのラブソング ~10年先も~」、壮大なバラードナンバーでありながらPVでは踊りまくりな「Bird」、自作ラップパートもある激キャッチーな「Beauty & Beast」、地元の盟友たちとのアッパーなコラボ作「Secret Love feat.BRIGHT,SHUN」など、インタールードを挟んだ全17曲というフルボリュームの力作となった2月22日発売の2nd Albumです!

また、今作の初回限定盤Aに付属のDVDには、PVとライブドキュメンタリーを収録。特に、ライブドキュメンタリー映像は、PVやアルバムブックレットのビジュアルから受ける彼のイメージを大きく裏切ること必至w 伸びやかな歌声とクールなダンスで心を鷲掴みにした黒髪の美形好青年が、金髪でDQNっぽいB系ファッションに身を包み、CDとは全く違うアレンジの五月蠅いバンドサウンドで荒々しく歌う姿は、CDとしてパッケージされた“松下優也”像に心奪われた俄かファンをどん底に突き落とすことでしょう\(^o^)/

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

UNLOCKED ♪黒木メイサ

黒木メイサ
一時は交際を否定したお相手とその数週間後に電撃結婚し、世間を騒然とさせた黒木メイサ(本名:赤西さつき)様の2nd Full Album『UNLOCKED』です。

【収録曲】
1. Hit the Road
2. Shake it Off
3. Wired Life
4. One More Drama
5. Take Me Away
6. Flash Light
7. Woman's Worth
8. Breeze Out
9. LAST CODE
10. Happy to be Me
11. PARADE
12. S.O.S-ワタシサガサナイデクダサイ-
13. UPGRADE U!
14. 曖昧で贅沢な欲望


フラメンコDVD発売の余韻を感じるラテンなシングル曲「One More Drama」、メイサ版「Dr.」との呼び声高いNao'ymtプロデュースのヴォーギングチューン「Wired Life」、ゴキゲンなウーマンアンセム「Woman's Worth」、スターの抱える心の葛藤を歌ったBENIっぽいと評判なミディアムチューン「Flash Light」、ライブ映えするポップナンバー「UPGRADE U!」、クールな一面を打ち出した「LAST CODE」三浦大知「The Answer」を彷彿とさせる同曲と同じ制作陣によるミディアムナンバー「Take Me Away」、2012年度版「Are ya Ready?」といった印象の「Shake it Off」、“宇宙人”カミカオルメイサ様が魅惑のエレクトリカルパレードへと聴き手を誘う「PARADE」、ドラムンベース×ファンクな異色作「S.O.S-ワタシサガサナイデクダサイ-」、シンプルなサウンドでアルバムの最後を締めくくるバラード「曖昧で贅沢な欲望」など、本人が前作『MAGAZINE』越えを宣言するほどの充実作となっていらっしゃいます。


が、個人的には対『MAGAZINE』比で80%くらいの出来かな~という印象。
よく出来たアルバムだとは思うのですが、“メイサ版●●”といった感じで言い換え可能な曲が目立つのと、結婚報道のアレコレで興醒めしてしまった部分も正直あったりで、期待値に今一歩及ばずという感想に落ち着きました。

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

ONE for YOU! ♪吉川友

吉川友
ハロプロエッグ出身のソロアイドル・吉川友の1st Album『ONE for YOU!』です。

【収録曲】
1. ~Ignition~
2. こんな私でよかったら
3. Sweetie
4. きっかけはYOU!
5. Knight Flight
6. Time to zone
7. 会いたくなったら
8. 水色
9. ヒラヒラ星
10. さよなら涙
11. ありのままの I LOVE YOU!
12. ハピラピ~Sunrise~
13. ハコの中のブルー
14. Make YOU!



自身の名前をもじった王道アイドルソングなデビュー曲「きっかけはYOU!」、“朝のアイドル”をコンセプトにした爽やかな2nd Single「ハピラピ~Sunrise~」、かつて浅倉大介プロデュースで活動していたシンガーソングライター・サカノウエヨースケが提供した先行シングル「こんな私でよかったら」、甘くポップな歌声を聴かせる「Sweetie」、しっとりと切ない思いを歌い上げるバラードナンバー「Knight Flight」、キャッチーなエレクトロポップの「ヒラヒラ星」、片思い中の女の子の気持ちを歌ったセツナ系バラード「会いたくなったら」、デビュー前にHello!Projectのライブで披露してきた「さよなら涙」、R&Bフレーバーの効いた大人びたミディアムチューン「ありのままの I LOVE YOU!」、攻撃的なロックチューン「ハコの中のブルー」など、アイドル系ポップナンバーはもちろん、メロディアスなバラードも充実し、可愛いだけじゃない、確かな歌唱力と表現力を兼ね備えた“吉川友”の魅力がぎゅっと詰め込まれた作品に仕上がっています!

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

color bars ♪東京事変

東京事変
2012年2月29日を以て解散することを発表した東京事変の最初で最後のミニアルバム『color bars』。メンバー各人が書き下ろした新曲を1曲ずつ収録した、各々の個性が色濃く表れた全5曲入りの作品です。

【収録曲】
1.今夜はから騒ぎ
1曲目は椎名林檎書き下ろしによる東京事変らしい王道の安定供給型ロックナンバー。

2. 怪ホラーダスト
今作における問題曲其の壱。伊澤一葉書き下ろし、歌唱によるダークな衝撃作。伊澤氏のヴォーカルの気持ち悪さが次第にクセになっていく1曲。

3. タイムカプセル
師匠こと亀田誠治書き下ろしによるバラードナンバー。名曲「スーパースター」の焼き直し的、ギブス的な薫りのする穏やかな1曲。

4. sa_i_ta
浮雲書き下ろしによるファンクロックチューン。軽快かつスタイリッシュな仕上がり。

5. ほんとのところ
今作における…、否、東京事変史上最大級の問題作。畑利樹メンバー書き下ろし、歌唱による狂気に満ちた1曲。感情をストレートに表現したヴォーカル、命の重みを考えさせられるストレートなリリックがじわじわと脳を支配していく衝撃のラストソング。
( ゚Д゚)<う!ち!の!ね!こ!が!た!か!に!く!わ!れ!た!ん!だ!

以上、俄かファンはドン引き必至な衝撃作を含む、個性の強すぎる楽曲が並んだ東京事変最後のオリジナル作品集。椎名林檎だけでなく、メンバー全員が才能あふれる人間だということを改めて世の中に示す1枚となっています。

テーマ:j-pop - ジャンル:音楽

OVER THE RAINBOW ♪倉木麻衣

倉木麻衣
倉木麻衣の10作目となるオリジナルアルバム『OVER THE RAINBOW』です。

オフィシャルサイトによると…
表題曲がない今作は、象徴的な1曲だけでなく、多くの個性的な曲が詰まった作品=様々な色(曲)が集まり、橋となり、そこから次へと進んで行く・・・というメッセージが込められています。
とのこと。

表題曲でコレオグラファーとしての才能を開花させた前作『FUTURE KISS』以降にリリースしたシングル収録曲6曲をぶち込んだ色鮮やかな収録内容を御紹介致しましょう。

まずはシングル曲から。

あやや、GLAY、ドリカムらを桁違いで上回る接吻回数を記録した(・∀・)イセーンマンカイノキース♪というダサいフレーズを携えた哀愁漂うナンバー「1000万回のキス」


そしてそのc/w曲である爽やかなロックテイストの“会いたい”ソング「さよならは まだ言わないで」はalbum ver.での収録。

昼ドラ主題歌に起用されたワンコインシングル「もう一度」はドラマの陰気でドロッとした雰囲気を受け継いだバラードナンバー。


秋口には西野カナの楽曲で知られるGIORGIO CANCEMIを作家として起用し、西野カナの雰囲気を多分に意識したと思われるミディアムバラード「Your Best Friend」を発表。


c/wは軽快なポップナンバー「step by step」。こちらもGIORGIO CANCEMIによる作曲。

GIORGIO CANCEMIはさらにドラマタイアップ曲「Strong Heart」も提供。連続TOP10入り記録が絶たれることを懸念された今作は、発売直前に急遽“DVDシングル”に仕様が変更されたワケアリ感漂う楽曲。

以上の既出曲に加え、大野愛果提供のカッコイイ系ポップナンバー「another day*another world」、サンリオとのタイアップで全編アニメーションのPVを制作したほんわか系ミディアムチューン「Stay the same」Alex Ruとの日中交流デュエットナンバー「Brave your heart」GIORGIO CANCEMI提供のミディアムR&Bバラード「Sun will shine on u」Michael Africk提供の大自然の雰囲気漂う大陸系ナンバー「Love one another」、アルバムを情熱的で陽気なテンションで締めくくる「ラララ*ラ」といった公式説明に偽りナシの様々な楽曲を収録。

アルバム全体をビシッと纏める象徴的な楽曲がないのでやや散漫な印象も残りますが、Mai Kクオリティを楽しめる1枚となっております。

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

Fortune ♪BENI

BENI
BENIの4th Album『Fortune』です。

【収録曲】
1. Fortune Intro
2. Darlin’
3. 好きだから。
4. LAST SONG
5. MEMORY
6. My World
7. crazy girl
8. One In A Million
9. 声を聞かせて
10. secret
11. YES or NO?
12. Oh Yeah!
13. 運命の人
14. ONLY ONE



陰気な鬱バラード「声を聞かせて」や、ミリヤ化したリリックが薄っぺらく聞こえた凡庸ミッド「好きだから。」など、ここ最近、シングル曲が今一つパッとしなかった印象の彼女。制作陣を見てもおなじみのクレジットばかりで、いささか出来に不安を覚える作品でしたが、全体的には目を見張る曲も多く、安定のクオリティで仕上げてきました。新婚の小森純をPVに引っ張り出してきた先行シングル「Darlin'」、切ないメロディラインが印象的なミディアムナンバー「MEMORY」、過去のシングル曲のタイトルを歌詞に散りばめたバウンシーなアップ「My World」、抜けの良いエレクトロアッパー「crazy girl」、スリリングなエレクトロPOP/R&B「YES or NO?」、LIVE映えしそうな開放的なアップチューン「Oh Yeah!」など、半数以上の曲をプロデュースしたDaisuke "D.I" Imaiの見事なバランス感覚は健在。ド派手なアップを3曲提供したSTYの冴えた仕事ぶりも光る1枚となっています。

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

BubbleMan Engine ♪MAA

MAA
「神は彼女に何を与えた…」

「幻想の世界に舞い降りた 噂のサイコシンデレラ」

「前代未聞の衝撃がここに… シーンを改革する破天荒なポップアイコン!!」


などなど、リスナーの興味を掻き立てる斬新なキャッチコピーで攻めまくる美形女性シンガー・MAAの1st Full Album『BubbleMan Engine』が完成しました。

【収録曲】
1. FREEウィルス ZONE
2. モンキーボーン・シティー
3. GOLD LION
4. F.B
5. King&Queen&Kiz
6. Mayday
7. ノーブラsleep walk
8. ベビーシッター罠
9. ハングオーバー・ペイバック
10. New Moon
11. バレリーナ・ブレインシステム
12. OKay
13. Tomorrow @ Your Kingdom(THE LOWBROWS remix)
14. come again



昨年末にリリースしたミニアルバム『Monkey Kingdom』からの再収録曲も含む今作。サウンドプロデュースは引き続き、THE COMPANYRickyが担当しています。曲目を見てまず目を引くのが、「ノーブラsleep walk」「ベビーシッター罠」じゃないでしょうかw 今作ではm-floのカバー「come again」を除く全曲をMAA自身が作詞しており、一読(聴)しただけでは到底理解不能、感覚で理解していくしかない独特な詞の世界観が炸裂。その一端が曲タイトルにもハッキリと表れているのです。しかしながら、サウンドは至ってキャッチーなエレクトロJ-POP。件の「ベビーシッター罠」なんかはモロにKe$ha「TiK ToK」を彷彿とさせる出来で、親しみやすさ抜群。「ノーブラsleep walk」も、チープで妖しげなテクノビートが酩酊状態での深夜徘徊のピッタリなテンポ感を演出した佳曲だと思います。その他にも、クレイジーな言葉遊び×エッジーなサウンドが高濃度の中毒性でリスナーに迫る「King&Queen&Kiz」、エキゾティックなポップチューン「Mayday」、歌詞に突如Gwen Stefaniが登場し、曲の最後にはゲロを吐く「F.B」、3rd Singleとしてリリースされたミディアムナンバー「Okay」など、妖艶なビジュアルと歌声、メンヘラ寄りなリリックで独自のスタイルを確立し、商業的成功の部分を抜きに考えるとして“和製Lady Gaga”的な立ち位置をより盤石なものにしたと言えるのではないでしょうか。

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽


ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。