(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A CHANGE IS GONNA COME ♪Leela James

68d56a04.jpg
話題の新人ソウルシンガー・Leela Jamesのデビューアルバム。ジャケに写ったダイナミックなアフロが表しているかのように、豪華なプロデューサー陣が大量投入されたアルバムです。彼女、すごいイイ声してます♪黒い感じが最高です。

まずは、「INTRO」に続く先行曲「MUSIC」での吠えっぷりが凄まじい!!デビュー曲であり、スクラッチも効いた活きのいいパーティーチューン「GOOD TIME」でのソウルフルなコール&レスポンスもカッコイイ!!FugeesWyclef JeanJerry DuplessisがProduceしたファンクナンバー「GHETTO」も濃い!!カントリー調のインタールードを挟んで登場するのがこれまた黒いファンクチューン「SOUL FOOD」手掛けたのはRaphael Saadiq 。続く「RAIN」Raphaelが関与した1曲。骨が丈夫そうなベースラインとクラップ音の比較的簡素なトラックのミッドナンバーです。Al Cooperネタのソウル曲「WHEN YOU LOVE SOMEBODY」で聞かせる憂いのあるボーカルも素晴らしい。そして、斬新なのがNO DOUBTのカヴァーである「Don't Speak」これ、見事にLeela色に染め上げてますね。オリジナルを知ってる人でも、なかなかカバーだと気付きにくいんじゃないかな?オリジナルとは全く異なった魅力がいっぱい詰まった名カヴァーです。そして、出たー!!ソウルを感じさせるトラックならお手の物・蟹江がProduceした「IT'S ALRIGHT」「DIDN'T」の2連発!!「IT'S ALRIGHT」の方は地味ながらも味わい深い1曲、「DIDN'T」の方は電話の音?みたいなのが入ったちょっと風変わりなアップナンバー。個人的には後者のほうが好きかな。Chucky Thompsonが小奇麗に纏めた感のある「PRAYER」は後半のシャウトが迫力たっぷり。タイトル曲でもあるSAM COOKEのカヴァー「A CHANGE IS GONNA COME」は、思うが侭に歌っている感じがしてこれまた好感度アップ。 ラストの「LONG TIME COMING」は、ホーンが鳴り響く濃ゆいファンクナンバー。Beanie Sigel「The Truth」をネタ使いしていて、間接的ながら蟹江も関与しています。

力強くて、なによりソウルを感じさせる歌唱がとても気に入りました。古いソウルのレコードを聞いているような懐かしい感覚に時折陥ったりするのは、まさに時代を超越した声をもつ逸材であることの証明。アメリカでのセールスは正直あまりよろしくないようですが、作品としては間違いなく完成度の高い仕上がりになっているので必聴です!!
★★★☆
スポンサーサイト

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

GOODIES:THE VIDEO & MORE ♪Ciara

3a239939.jpg
Billboard Hot1007週連続1位を独走した特大ヒット曲「Goodies」Missy Elliottをフィーチャーし最高2位をマークした「1,2 STEP」Ludacrisをフィーチャーし、これまた最高2位まで上り詰めた最新ヒット「Oh」のVIDEOを収録したCiara初のDVD作品『GOODIES:THE VIDEOS & MORE』です。“MORE”の部分も結構充実しているお得なDVDです。

Usher「Yeah!!」と共にcRUNK & Bの先駆けとなった「Goodies」のVIDEOは、先輩シンガーであるMonicaが友情出演したことも話題に。お世辞にも豊満とは言いがたい胸の谷間にばかり目が行ってしまうあの衣装、歌うと歪む顔、そして独特のクネクネとした動き・・・。VIDEOの冒頭でCiaraに電話を掛けてきたおデブちゃんがJazze Phaです。(彼は全VIDEOに出演)おまけでマルチアングルヴァージョンも収録されています。「1,2 STEP」のVIDEOはMissyの動きがカワイイ♪Ciaraがキッズとダンスするシーンも微笑ましいです。この曲はメイキングも収録されています。監督がなかなかイケメン(*´Д`)ハァハァ「Oh」は前後に腰をスライドさせたり、クネクネさせたり、とにかく腰を使った振り付けが印象的。Ludacrisがラップする後ろで、車の上に乗って奇怪な動きをするシーンは必見。この曲もメイキングが収録されています。冒頭で登場する女の子=ちびCiaraがカワイイ!

“MORE”の部分は、これら3曲のVIDEOを見ながらCiara本人がコメントしたり、「1,2 STEP」のステップ講座、「Oh」の別バージョンのほかに、SOUL TRAIN AWARDS 2005の楽屋でのメイク中のインタビューやステージでのリハの模様や、ダンスリハーサルの模様が収録されています。ダンスリハのシーンではスッピンが見れます・・・。正直ちょっとキツかった・・・。やっぱ、化粧って大事ね~。これらが収められたDVDのほかに、今作にはBONUS CDも付いてます。CDの内容は「1,2 STEP」のレゲトンREMIX(無難な仕上がりか・・・)、「Oh」の“SOUTH BEACH”REMIX(ファミコンっぽい音が印象的)、デビューアルバム『GOODIES』の日本盤ボーナストラックだった「CRAZY」、未発表曲「REPRESENT ME」(涼やかなナンバー。悪くないけどさすがに地味すぎる感じ。)の4曲です。インタビューやメイキング、VIDEO解説など結構Ciaraが喋る部分が多いから、字幕がないとキツイと感じることも多いと思うので、英語わかんない( TДT)って人は日本盤のほうがオススメかも。ま、英語わかんないのに安さに負けて輸入盤買ったけど十分楽しめましたが♪
★★★☆

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

MIKA NAKASHIMA 『LET'S MUSIC TOUR 2005』

5c8ea847.jpg
有楽町にある東京国際フォーラムで行われた中島美嘉のLIVEに行ってきました♪彼女は以前からず~っとLIVEが観たいっ!!と思っていたアーティストの1人だったのですが、出演するはずのイベントを急遽キャンセルしたり、チケットが取れなかったりでかれこれ3年ぐらい見たくても見れないという状況が続いていました。それが、ついに今回東京公演のチケットを(σ・∀・)σゲッツ!!晴れて“生美嘉”を体験できることと相成りました♪

[Read More...]

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

nine cubes ♪華原朋美

9e4a3e0e.jpg
小室作品の中でも、狂気問題作として名高いのが朋ちゃんの3rd Album『nine cubes』です。当時の2人の関係の危うさがそのまま音に表れている(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブルものの怪作です。

Album Versionとして狂気度を増した「tumblin' dice」、レゲエっぽい陽気なサウンドと明らかに歌いきれていないボーカルに居心地の悪さを覚えずにはいられない「daily news」「daily news」の進化系ともいえる最狂曲「needs somebody's love」、ダークな雰囲気の「さがしもの」、ラブラブな歌詞がかえって痛々しく聴こえる「Storytelling」など、嫌がらせとしか思えないヘンテコなメロディに、当て付けではないかと勘繰りたくなるような意味深な歌詞の怪曲が満載です。その一方で、安心して聴ける良曲もあります。シングルの「here we are」田中美佐子桃井かおりが主演したドラマ『ランデブー』の主題歌として、小室氏が気合いを入れて作った曲。「Winding Road」もいつもの小室節が全開で、歌も正気を取り戻してのびのびと歌ってます。

このアルバムはほとんど一発録りだったらしく、朋ちゃんの歌が恐ろしいことになってますw(小室氏の歌っているデモの歌い方のモノマネにしか聴こえないw)歌詞もいろいろと深読みできる部分がたくさんあるんで恐れを捨てて聞いてみてください。
【最高位5位/261,170枚】
★★★★

NINA SKY ♪NINA SKY

Nina SkyNina Sky
(2004/06/29)
Nina Sky

商品詳細を見る

去年、Coolie Dance使いのサマーアンセム「Move Your Body」がチャートを騒がせた双子姉妹・Nina Skyのデビューアルバム。「Move Your Body」がヒットしたせいで、レゲエ/ダンスホールのイメージがどうしても強くなってしまいますが、アルバム全体の印象としては意外にもR&B/SOUL色の強い内容となっています。

意外にも「Move Your Body」と同系統のダンスホール曲は「TURNIN' ME ON」1曲のみ。落ち着きのあるソウルナンバーから、ヘンテコなビートが面白いアップまで、バラエティに富んだ内容になっています。大御所・Betty Wrightの円熟味のある歌声とNina Skyの若々しい歌声が絡みあう「YOU DESERVE」、淡々と突き進んでいくファンク風味の「LET IT GO」Inez Foxx「Let Me Down Easy」をネタ使いした懐かしい響きのソウルナンバー「YOUR TIME」、冷たい質感がする「RUNAWAY」、クランクを取り入れ、モコモコしたトラックが面白い「IN A DREAM(REMIX)」Al Green「Something」ネタの「SURELY MISSED」は哀愁を帯びた渋い仕上がり。超絶ドラマティックな美メロスロウ曲「TEMPERATURE'S RISING」、ちょっぴりダンスホールテイストも覗かせる機械的なHIP HOPチューン「HOLLA BACK」、ギターと音が篭った感じのドラムによる比較的簡素なトラックの「FADED MEMORIES」、ボーナストラックで収録された「GET UP AND DANCE(REMIX)」はどっかで聞いたことのあるギターのフレーズが印象的なロックテイストを取り込んだ1曲。個人的には「IN A DREAM(REMIX)」以降の後半の曲がお気に入りです。

Nina Skyのいい意味であっさりとしたコーラスは、聞いていて疲れないというか、肩肘張らずにリラックスできる感じがしていいです。「Move Your Body」が苦手だったり、( ´,_ゝ`)プッ所詮一発屋でしょ?という人には先入観を取っ払ってもらってぜひ聞いてもらいたい1枚です。
★★★★

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

0304 ♪JEWEL

d0cd29ac.jpg
鬼束ちひろに強く影響を与えたというシンガーソングライター・JEWELの4枚目のアルバム『0304』です。JEWELといえば、アコースティック主体のシンプルなサウンドが印象的なアーティストでしたが、このアルバムではまるですっかり別人になったかのように、R&B/HIP HOPやDANCE MUSICの要素をふんだんに取り入れています。

ほんのりと和っぽさがプラスされたエレクトロヒップホップ調の「Stand」、疾走感のあるダンスビートが気持ち良い「Run 2 U」、HIP HOP調のビートにアコーディオンを組み込んだ「Intuition」、艶かしいボーカルでセクシーに迫る「Leave The Lights On」、心の底から元気が湧き出てきそうな爽やかなポップナンバー「Doin'Fine」ロビー・ウィリアムスとの仕事でおなじみのGuy Chambersとのコラボが実現した「2 Become 1」A Touch Of JazzAnthony Bellとの共作「Fragile Heart」、キャッチーなメロディとほどよいポップ感覚が耳に心地よい「Sweet Temptation」、ロックテイストが前面に押し出された激キャッチーな「Yes U Can」、アメリカという国に対する愛と皮肉を交えたエレポップナンバー「America」、ダークで怪しい雰囲気を漂わせる「Haunted」では歌詞をストーカーの視点で描き、Holly Valanceのために書いた曲という80's風ポップナンバー「U & Me=Love」では、ラップ調の歌も披露しています。従来のJEWELっぽさが1番強いのが「2 Find U」でしょうか。

サウンド面での変化が著しいですが、メロディや歌詞の面においては、従来のJEWELらしいクオリティの高い作品が収録されています。古くからのファンには戸惑いがある作品だと思いますが、先入観のないファンには、すんなりと受け入れられる作品でしょう。
【最高位40位/10,116枚】
★★★☆

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

LOOP#1999 ♪TRF

f68794e6.jpg
TRFの現時点(※2005年7月26日)での最新アルバムです。最新といってももう6年以上も前の作品なんですよね・・・。このアルバムはDJ KOOこと高瀬浩一が作詞・作曲/アレンジに大幅に関与した楽曲が増え、これまでの“プロデュースされてる感”が薄まり、自分たちで作り上げたアルバムのイメージが強い作品になっていると思います。

シングル曲「BE FREE」はボーカルにフィルターがかけられまくったアルバムバージョンになっていますが、これはさすがにやりすぎな印象。悪くはないんだけど、これはRemix Albumでやってもらいたい域に達している感じです。朝本浩文が手掛けた「Sign of the Innocence」はオシャレなクラブテイストがカッコイイ!!DJ KOOが手腕を奮った「You're my soul」はスクラッチが効果的に鳴り響くHIP-HOPナンバー。TAZなるラッパーが参加していますが、RAPといえばやっぱKOOちゃん本人にやってもらいたかった・・・。大映ドラマ『仮面の女』(雛形あきこ石田純一主演の陸上モノ。衝撃の問題作!!!)の主題歌だった「embrace」もアルバムバージョンで収録されてますが、やっぱりオリジナルの方が好きです。SAMが衝(笑)撃的な歌詞を書いた第2の「FUNKY M」的な「we can do that sit everything」は、SAMKOOの掛け合いがお遊び&おふざけ感丸出しな1曲。名バラード「JOY」は黒人コーラスが幅を利かせて壮大さをアップさせています。レゲエテイストのDJ KOO「Lookin' for the Paradise!」では、SAMETSU姐さんCHIHARU姐さんも歌を披露しています。DJ KOOETSU姐さんが詞を共作したダンサブルな「Stand up and Dance」は、歌詞カードを見ると一見全英詞に見えますが、実は半分はローマ字。続く「CLOSE TO THE END」YU-KIが艶かしいボーカルを聞かせるミディアムナンバー。オーケストラをバックにしたロックテイストの強いシングル曲「WIRED」はAlbum Full Versionで収録。このアルバムバージョンは(・∀・)イイ!!「He Lives in You」『ライオンキングⅡ』のテーマソングとしておなじみの曲。DJ KOO「The Song Remains the Earth」は少しTKっぽさが感じられるダンスミュージカル風な1曲。ラストを飾る「Breath」は自然の息遣いを感じる美しい1曲です。

お遊びの部分では思いっきり遊んで、なおかつ実験的なこともしている。そんな印象が強いアルバムです。
【最高位5位/90,420枚】
★★☆

テーマ:avex - ジャンル:音楽

Kamasutra ♪Adassa

2df8e853.jpg
“プリンセス・オブ・レゲトン!!”ことAdassa嬢の2nd Album『Kamasutra』(邦題『Adassa(アダーサ)』)です。(※写真は輸入盤)アルバムにはスペイン語の曲と英語の曲が収められています。

哀愁漂うラテンっぽいメロが印象的な「Cada Vez Que Te Veo」、これぞレゲトン!なイメージの「De Tra」、軽快な手拍子と宇宙的なウワモノの組み合わせが楽しい「Dadi」、バウンシーなトラックの「Tu」、銃声から始まるレゲトンナンバー「Bang Bang」Coolie Dance使い?の「Kamasutra」では、Coolie Danceの使い手の1人としておなじみPitbullをフィーチャー。インド風味も効いた妖しくセクシーな1曲となっております。こちらもTruth Hurts以降のインド志向を取り入れた「Dime Mamacita」では、艶かしいラップを披露。クランク風な「Ya No Soy Tu Mujer」ではLisa M.というレゲトン界に欠かせない存在といわれる女性ラッパーをフィーチャー。これまたインドっぽいサビが印象的です。アゲアゲな曲がほとんどだから、終盤に用意されたミッドナンバー「Without You」は余計に胸にグッときちゃいます。ラストの「Vas A Regresar」もミッドテンポのナンバー。こちらはJeanという男性シンガーをフィーチャーしていて、息の合った2人のコーラスが踊り疲れた身体をそっと癒してくれます。

『レゲトン』というカテゴリで売り出されている作品ではあるものの、クランクだったり、R&B、HIP-HOP、ダンスホールといった様々な要素が取り入れられた作品になっています。Adassa嬢自身も、「目指しているのはレゲトン、ダンスホール、R&B、HIP-HOPの要素がすべて詰まったアーバンポップ」だと言っているようなので、その目標がいい感じで達成された仕上がりになっていると思います。
【最高位228位/3,541枚】
★★★

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

Fijacion Oral vol.1 ♪Shakira

aa5677db.jpg
初の英語アルバム『Laundry Service』で、世界的な大成功を収めたShakiraが約3年半ぶりにドロップした新作アルバムは、彼女の原点であるスペイン語アルバム。Billboardアルバムチャートでは初登場4位を獲得し、同時にスペイン語アルバムの歴代最高週間セールスを記録したそうです。

爽やかなフランス語のウィスパーボイスから始まる「En Tus Pupilas」、力強さを増すサビが良いエレクトロ風味が新鮮な「La Pared」(ボーナストラックにはこの曲のアコースティックバージョンを収録。メロディのよさがさらに引き立った仕上がりです。)、スペインのスーパースター・Alejandro Sanzを迎えた情熱的でエロティックなレゲトンナンバー「La Tourtura」、キャッチーなラテンロックチューン「Escondite Ingles」(邦題が「だるまさんがころんだ」って・・・_| ̄|○)、昔の映画音楽みたいな懐かしい雰囲気を持った「Obterner Un Si」、サビの掛け合いが印象的なポップナンバー「Las De La Intuicion」、女性らしい柔らかな表情を見せる「Dia De Enero」、随所に取り込まれた機械的なプロダクションが退廃的なムードを感じさせる「Lo Imprescindible」など、曲ごとによってさまざまな表情が見られるのがとっても魅力的で、スペイン語が全然わからなくても、その表情豊かな歌声で十分に楽しめる作品になっています。なお、『Vol.2』は英語アルバムとなり、楽曲も本作とは異なった内容になっていて年内にも発売される予定とのこと。こちらも楽しみです♪
【最高位71位/15,519枚】
★★★

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

La Bella Mafia ♪Lil' Kim

23ea9411.jpg
見るたびに毎回変わってる素敵なお顔と、誰にも真似できない斬新過ぎるメイク、乳首を出さなければ何でもアリ(でも時々チョロっと出ちゃってたりする)な過激なファッションで、常に人々を視覚的に楽しませてくれるLil’Kimさんの3rd Album『La Bella Mafia』です。このジャケットも最高ですね♪(横幅の修正が入ってるのがバレバレでも構いません!!)

冒頭のIntroで故・ビギーにひたすら「キムは自分でライムを書くんだ」と言わせたり(にもかかわらず“ゴーストライター”に約束された報酬が支払われていないって訴えられたね・・・(ノ∀`) アチャー)、Timbaland制作で元・ロストボーイズMr.Cheeksをフィーチャーした「The Jump Off」では、ティンバの反対を押し切ってLost Boyz「Jeeps,Lex Coups,Bimaz & Bentz」のフックを歌い込み、FULL FORCE制作の「CAN'T F**K WITH QUEEN BEE」ではDeniece Williamsの名曲「Free」を㌧でもない歌詞にしてフックに引用し、自らの女王っぷリを主張(Eveへの口撃?もあり)、「This Is A Warning」では唐突にR.Kellyの「Woman's Threat」の替え歌を披露するなど、アルバムの中でも我が道を行くヤリたい放題ぶりを発揮しています。子供たちと歌をうたうスキット「HOLLYHOOD SKIT」で見せる“キム先生”の一面は、普段のゴージャス&セクシャルなイメージとはかけ離れた意外なキャラで面白いですw これに続く「SHAKE YA BUM BUM」♪バンチキチキバン☆チキバンバン という声ネタのループが印象的。(この曲でフィーチャーされてるLil'Shaniceってまだ子供声なんだけど、Kimと一緒に仕事することを親御さんは心配してないの?w) 50 CENTとの共演で大ヒットしたエロ曲「Magic Stick」もこのアルバムに収録されていますが、曲終わりにスキットが入っちゃってるのが少々不便。50と揉めたためにSINGLEもVIDEOも制作されていないといういわくつきのヒットナンバーです。蟹江Produceの「CAME BACK FOR YOU」では犬猿の中のFoxy Brown“う○こ・ブラウン”とこき下ろしちゃってます。他にもこのアルバムには、Missy ElliottTWISTASTYLES Pなどの豪華ゲスト、SWIZZ BEATZ、元カレのScott Storchなどの豪華プロデューサー陣が参加しています。
【最高位33位/32,039枚】
★★★☆

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

The Cookbook ♪Missy Elliott

8145d178.jpg
Missy6枚目のアルバム『The Cookbook』です。前作『This Is Not A Test』がセールス的に奮わなかったことや、その内容の中途半端さが否めなかったことから、果たして今回は大丈夫なのか・・・と心配をしていたものの、う~ん、なかなかよく出来てるんじゃない!?このアルバム。
盟友・Timbalandとの楽曲が冒頭2曲だけという大幅カットぶりが多少淋しい気もするけど、下手にたくさん組んでマンネリ作品出されても困るし、いろいろなProducerと組んだのは正解だったと思いました。

その冒頭のティンバ曲「Joy」では、自ら携帯番号を晒したプロモーションで話題沸騰中のラッパー・Mike Jonesをフィーチャー。♪ジョ~イ という可愛らしくも冷たい質感の声ネタのループが印象的です。もう1つのティンバ曲「Partytime」は、ドスの利いたMissy「What time is it!!??」の叫び声がカッコイイ!!コーラスもおちゃめな感じで(・∀・)イイ!!
Timbaland以外のProducerと組んだ楽曲たちも、Missyならではのアイデア溢れる楽曲やオールドスクール回帰がテーマになった曲でいっぱい。SLICK RICK「Lick The Balls」ネタでSLICK RICK本人を迎えた「IRRESISTIBLE DELICIOUS」は、表記はされてないもののTweetっぽいコーラスがすごく気持ちいい。Mary J.Blige「What's the 411?」のトラックでRAPを披露する「MY STRUGGLES」は、GRAND PUBAも迎え「What's the 411?」の再来を見事に表現。Scott StorchがProduceした歌とラップの両刀使い曲「MELTDOWN」はMagic stickを連発していることから察することができるようにエロエロな内容。BeyonceJay-Zの名前がラブラブ状態の代名詞として何度も出てきます。オールドスクールの雰囲気たっぷりなパーティーチューン「We Run This」のキャッチーさもたまりません♪Missy本人によるProduceの「REMEMBER WHEN」Missyの手癖が色濃く出たソウルナンバー。こういうのも1曲ぐらいあっても悪くはないです。American Idol優勝者のFantasia(Missyも楽曲提供済)をフィーチャーした「4 MY MAN」は、Fantasiaのちょっぴり嗄れた歌声に痺れる1曲。Rich Harrisonが手掛けた「CAN'T STOP」Beyonce feat.Jay-Z「Crazy in Love」以降の彼の王道スタイルとなったホーンと鍋底チャカポコな音のゴーゴー系トラック。Missy本人が「今作の中で1番のお気に入り」と語っているのがWarryn Campbellが手掛けた「TEARY EYED」切ないメロディラインとTweetのコーラス、もの悲しい雰囲気のピアノの音・・・。なにか胸にぐっと迫るものがあります。1st Singleの「LOSE CONTROL」ではCiaraFAT MAN SCOOPを迎え、変態エレクトロヒップホップを完成。CiaraにRAPさせてます。Neptunes制作の「On & On」は浮遊感たっぷりのトラックとPharrell♪アッアッア~ンという妙に色っぽいフックが中毒性たっぷり。人気レゲエDJ・VYBEZ CARTELとMissyのお墨付きの期待の新人・M.I.A.をフィーチャーした「BAD MAN」M.I.A.の持つ(ある種)野蛮なテイストが取り入れられていて新鮮。(VYBEZ CARTEL「馬鹿ッ!馬鹿ッ!!」と空耳アワー。)


こんな感じで、イマイチハマりきれなかった前作と比べて、今回の『The Cookbook』は個人的には満足の出来です。Timbalandとの曲がもっとほしかったという声もわかるけどね。欲を言えば、3rdの頃のようなブッ飛んだ変態性が最近のMissyには欠けている気がする。「LOSE CONTROL」路線をもうちょっと増やして欲しかったかなぁ。
【最高位16位/52,123枚】
★★★★

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

Queen of Hip-Pop ♪安室奈美恵

66d837a2.jpg
オリコン初登場2位を獲得し、再びアーティストとしての勢いを盛り返した感のある安室奈美恵の最新作『Queen of Hip-Pop』です。

今作の重要人物となるNao'ymtが手掛けた強気なタイトルチューン「Queen of Hip-Pop」michicoによる刺激の強い歌詞とバングラ風のエキゾチックなトラックが衝撃的な「WANT ME,WANT ME」、後半でマーチングバンド風に転調し、♪ウ ウ ワー ワーというキャッチーなフレーズとPVでのチアガール姿が可愛らしいリード曲「WoWa」、重厚なビートに乗せアンチを一蹴し、ファンへの思いを歌うT.Kura&michico夫妻制作の「I Wanna Show You My Love」、同じくT.Kura&michico夫妻によるガーリーなヒットシングル「GIRL TALK」Nao'ymt制作で安室本人が作詞を担当したcRUNK & B風の「FREE」LL BROTHERSLil' Jonのモノマネに思わず( ̄ー ̄)ニヤリとするクランクチューン「My Darling」安室奈美恵史上初となるデュエット曲でNao'ymtを相手に迎えた心地良さ満点の「Ups&Downs」C.“Tricky”StewartがProduceした爽やかポップナンバー「I LOVE YOU」、ヒットメイカー・松本良喜が手掛けた珠玉のバラードナンバー「ALL FOR YOU」、硬質な印象とクールさを兼ね備えた人気曲「ALARM」、煽動的でアグレッシブな「No」「No」の後にシークレットトラックとして収録されている原曲とはガラッと趣を変えたメロウチューン「No pt.2」と、まさに“Queen of Hip-Pop”を名乗るに相応しい傑作に仕上がっています。
【最高位2位/455,428枚】
★★★★★

テーマ:安室奈美恵 - ジャンル:音楽

2004 A.I. ♪AI

9399c886.jpg
新作『MIC-A-HOLIC A.I.』が絶好調なDef Jam JapanのB-Girl、AIの3枚目(Def Jam Japanに移籍してからは2枚目)のオリジナルアルバムです。

先行シングルとしてリリースされた「E.O.」は、ドラマティックかつ重みのあるトラックに、AI自身が書いた前向きなメッセージが載る応援ソング。タイトルの「E.O.」とは「Everything's Ok」の略だそう。「Summer Time」R.Kelly「Ignition(Remix)」そのまんまなトラックに思わずニンマリ。Aaliyah「Miss You」風な「I'm Sorry」にもまた( ̄ ̄ー ̄ ̄)ニヤリ ♪100%恋してる~というリリックのとおり、恋する女の子の昂る気持ちがいっぱい詰まったアップ曲「100%」「E.O.」と同趣の前向きな歌詞に元気付けられるアップ「無限」BOY-KENとハジけまくるダンスホール調の「エンジェル」Afraのヒューマンビートボックスが炸裂するラップ曲「WATCH OUT!」など彼女の元気印なキャラがそのまんま投影された曲はどれも文句なしで◎ ピアノのループが生きるネオソウル曲「Listen 2 Da Music」は、AIの音楽に対する真摯な思いや愛情を感じ取れる個人的イチオシ曲。

「Summer Time」はさすがにやりすぎだと思ったのか、後に「Summer Breeze」として改変されています。(『MIC-A-HOLIC A.I.』にも収録。)
【最高位3位/112,664枚】
★★★★☆

Laundry Service ♪Shakira

fa2332f8.jpg
Beyonce「Crazy In Love」での腰つきもかなりSEXY~でヤラれてしまいましたが、“悩殺腰振りダンス”といったらやはりBeyonceよりこの人でしょう!!コロンビアが生んだセクシー腰振り女王・Shakiraさんです☆ ラテン・アメリカ圏では既にスーパースターの地位を収めていたShakiraが、初めて挑戦した英語アルバム『Laundry Service』は全曲素晴らしすぎる出来の最高傑作です♪

超絶セクシーな「Whenever,Wherever」のVIDEOに魅せられてアルバムを買ったのですが(激しい腰つきもさることながら、腕をクロスさせる振り付けが妙にツボだった)、普段、殆ど聴くことのなかったラテン・ミュージックが実はこんなにも素晴らしいものなのか!!と感服させられました。Tangoなイントロからの転調がたまらない「Objection(Tango)」や、「Eyes Like Yours」の持つラテンの情熱的なリズムがもう最高!!バングルス「Eternal Frame」のカバー?と途中まで思ってしまう「Underneath Your Clothe」や、ポップロック調の「Rules」「Fool」などはメロディーラインが覚えやすくて何度も聴きたくなります♪Shakiraさんの声にはホントにいろいろな表情があって、それを瞬時にして自由自在に使い分けられているのが凄い魅力的だと思います。野太い声と猫なで声がスムーズに切り替わる瞬間はホントに声だけでイカされる感覚に陥ります。見た目も声も、すべてがセクシーな女性ってカッコイイなぁ~(*´Д`)ハァハァ
【最高位21位/101,720枚】
★★★★★

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

Nodesha ♪Nodesha

13273aef.jpg
大御所プロデューサー Jam & Lewisの秘蔵っ子として彼らのレーベル「Flyte Tyme」からデビューしたNodeshaのデビューアルバム。見方によっては、時折チリ人妻・ア○ータを彷彿とさせるルックスと、Janetをお手本としたキレのあるダンスが魅力の女性アーティストです。

このアルバムは大半の曲をJam & Lewisが手掛けていて、同じく長年Jam & Lewisとガッチリと組んで絶妙なケミストリーを生み出し続けているJanet Jacksonの諸作品にも通ずる、洗練されたR&Bとほどよいポップさが同居した完成度の高いアルバムになっています。デビュー曲となった「Get While It's Hot」は、まさに次世代のJanet登場!!といいたくなるようなポップでメロディアスなダンスナンバー。2nd Singleとしてカットされた「That's Crazy」は偉大なる先輩・Janetの恋人でもあるJermaine DupriがProducerした胸キュンなメロが激ツボな名曲!!VIDEOではキスシーンも披露してくれました。2PacJoeUsherTyreseGinuineなどの大物アーティストの名前が続々と登場する「Kinda Guy I Like」は、タイトル通りNodeshaのタイプの男性像を歌ったミディアムナンバー。Dallas AustinJam & Lewisが手掛けた軽快なポップナンバー「Will He Ever Love Me Back」は、某CKちゃんの最新アルバムの中で超そっくりな曲を発見♪( ̄ー ̄)ニヤリ

Jam & Lewisの手掛けた作品は、サウンドの奇抜さには欠ける部分もありますが、どれもメロディーがしっかりしていて、完成度が高く、聴いていると安心感がありますね。彼ら自身やメディアの期待の大きさに反して、セールス面では結果を残せなかった作品ですが、Jam & Lewisの音世界にどっぷりと浸かるにはもってこいのアルバムだと思います。
【最高位27位/47,872枚】
★★★★☆

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

GREATEST HITS ♪MIS-TEEQ

ba0d2e5e.jpg
2ステップが大旋風を巻き起こしていた2001年、『UKからデスチャへの回答』なんてキャッチフレーズとともにシーンに登場したUKのガールズグループMIS-TEEQが、先日、残念ながら解散してしまいました...(´・ω・`)ショボーン。理由は所属レコード会社の消滅や、USへの本格進出に際してUSに移住することをメンバーが拒んだことによるとも言われています。(決して喧嘩別れしたわけではなく、あくまでも友好的な解散だとのこと。)解散の衝撃がいまだ収まらない中、短くも濃い4年間の集大成であるベストアルバムが発売されました。デビューから4年間で発表したアルバムはたったの2枚だけでしたが、彼女たちが残した名曲は多く、日本盤には新曲、ボーナストラック含め計17曲が収録されています。(DVD付きの輸入盤もあり)

BillboardでもTOP40ヒットとなったサイレン音が鳴り響くへヴィなR&Bナンバー「SCANDALOUS」(ボーナストラックにはこの曲のダンスホール調のRemixを収録)、Rodney Jerkinsの作品と言われても納得してしまいそうなつんのめりビートの「MY SONG」、賑やかなガラージナンバー「ALL I WANT(SUNSHIP TADIO EDIT)」Salaam Remiが手掛けた転調の多いユニークな2ステップ曲「ALL IN THE DAY」Justin Timberlake「Like I Love You」のイントロを彷彿とさせるスパニッシュギターのフレーズが印象的な「CAN'T GET IT BACK(IGNORANTS RADIO MIX)」、USの人気男性R&Bシンガー・JOEが手掛けたミディアムナンバー「HOME TONIGHT FEAT.JOE」、思わず身体が動きだすブギーな「ROLL ON(BLACKSMITH DUB)」などなど、2ステップ/ガラージまっしぐらな曲もあれば、US産R&Bっぽい刺激的な曲、両方のイイトコ取りな(゚д゚)ウマーな曲といったようにさまざまな曲が収録されています。(そういえば初期の曲はRemixでは、ガラージRemixとR&B Remixが用意されていました。)新曲「SHOO SHOO BABY」は1940年代に活躍したアンドリューズ・シスターズというアメリカの3姉妹グループのカバーだそう。純粋な新曲とは言い切れない上に、曲調のせいかお遊びっぽい出来なのがちょっと残念な気もします。
【最高位181位/3,723枚】
★★★☆

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽


ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。