(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Oh My Sister ♪SOULHEAD

91ea6845.jpg
日本を代表する黒音楽系姉妹・Soulheadの1st Albumです。姉妹の息の合ったコーラスワークはもちろんのこと、妹・TSUGUMIのラップもカッコイイ!!

EN VOGUE「Free Your Mind」のフレーズも登場する体が自然と踊りだすノリの良いパーティチューン「STEP TO THE NEW WORLD」、軽いノリが心地よい「BREAK UP」“QUEEN OF HIP HOP”と誇り高く歌い、ワックなMC達をメッタ斬りするHIP HOPチューン「TO DA FAKE MCS」、そこはかとなく哀愁を感じさせるスムースなミッド「PLAY BOY」、全編英語詞のバラッドナンバー「SECRET LOVE」Soulheadのテーマといっても差し支えないようなリリックのHIP HOPナンバー「WOO!」、ダーティーサウス系?でバウンシーな「TOO LATE」、ロック色やや強めな感じの「MOON SHINE」、タイトルどおり広々とした情景が浮かび上がってくる「空」、タイトルチューンの「OH MY SISTER」はミッドテンポのドリーミーな音使いが印象的なナンバー。個人的には、後にシングルカットされたREMIXの方が好きですw 「OH MY SISTER(REMIX)」のシングルには、このアルバム収録のInterlude「the air force」の中にちょこっとだけ登場した曲を1曲にして完成させた「I'm just going down」が収録されています。作詞/作曲はすべて姉妹による仕事。そして、サウンド面はSoulheadOCTOPUSSYがProduceを担当しています。「SECRET LOVE」は全英詞だけに、コーラスはいいんだけど、他の部分の歌がちょっと弱く感じるかなぁ。気になるのはそのへんぐらいで、全体的にかなりカッコイイ仕上がりになってるアルバムです。K-DUBにDISられたらきちんとアンサーするし、肝の据わったソウル姉妹です。
【最高位3位/214,545枚】
★★★★

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

TP.3 RELOADED ♪R.Kelly

ed586888.jpg
ステッパーズとゴスペルがメインとなったいい子ちゃんモード全開な2枚組アルバム『Happy People/U Saved Me』から約1年、その間にJAY-Zとのコラボアルバム『Unfinished Business』の発売&ツアーに関する一騒動もありつつ、驚異的なスピードで作品を発表し続けるR.Kellyの最新作『TP.3 RELOADED』です。タイトルどおり『12 Play』『TP-2.COM』につづく12Playシリーズ第3弾。SEXテープ事件の裁判の影響を受けて、しばらく鳴りを潜めていたR氏のエロエロモードが全開になった大変態アルバムになっています。いろいろ悩んだ結果、対訳・解説&日本語字幕入りDVD付きの3300円(ぼったくり価格・・・?)の国内盤を買ってみました。

1曲目から飛ばしまくります。Scott StorchがProduceし、The Gameをフィーチャーした「Player's Only」は、Scott Storch製の大ヒット曲、50CENT Feat.Olivia「Candy Shop」風なエスニックな香りのするナンバー。Snoop Doggを招いた「Happy Summertime」はゆる~い感じがたまらなく気持ちイイ。水滴ポチャンな音がキッチンで営み中なのを表現しているかのような「In The Kitchen」、自分のTシャツを彼女に着させてファxクしたがるド変態野郎の歌「Put My T-Shirt On」、男と女をVIDEO(DVD)デッキとリモコンに見立てたエロ表現が変態な「Remote Control」Elephant Man(通称:象男)参加のレゲエど真ん中「Reggae Bump Bump」、ママになった黒い小池栄子=Niveaがセクシーな歌声を聞かせる「Touchin'」、ベースラインが病みつきになるBaby客演の「Girls Go Crazy」SEXを連発する「Sex Weed」「(Sex)Love Is What We Makin'」、流行に乗ってレゲトンもやっちゃいましたぁ~的な「Burn It Up」など、エロを歌った曲ばかりがど~んと14曲。15曲目からは、軽い嫌がらせタイムに突入です。「Trapped In The Closet」という曲がChapter 1からChapter 5まで連続で収録されてますが、これが歌詞が違うだけで全部同じ曲('A`) 退屈ったらありゃしない。でも、この退屈さは、輸入盤やDVD付き国内盤に付属のDVDを見ることで、見事に解消されます。Chapter 1~5まで、凝ったミュージカル映画風のPVが製作され、それらがすべてDVDに収録されているのです。これがなかなか面白い。日本語字幕が入ってると、日本人には面白さ倍増↑ 浮気をした朝、浮気相手の旦那が部屋にやってきてしまい、慌ててクローゼットの中に隠れたことから話が始まります。そこからなぜかウホッ!!な方向に行ったり、思いっきりCGな運転してたらスピード違反で捕まったり(このシーン、結構重要!!)、本命の彼女が騎乗位でハッスル!!したりと見所満載♪しかも、Chapter 6~10がComing Soonとのことで・・・。はじめは、DVD(゚⊿゚)イラネって思ってたけど、やっぱ見てよかったですw
【最高位24位/42,432枚】
★★★☆

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

11 ♪UA

1111
(2005/09/22)
UA

商品詳細を見る

1996年に発表されたUAの1st Album『11』です。
ちょっぴり大胆なのに、エロさを感じさせないジャケの写真が、ブックレットでは背景違いで計11パターン使われてます。発売当時、自分は当時10歳でしたが、UAは、インパクトのある顔と声、名前の持つ二面性(スワヒリ語で「花」と「死」)などに魅かれて、恐る恐るだけど興味をそそられる存在でした。このアルバムも、恐る恐る発売日前日にフラゲした記憶が。

先行シングルで、大沢伸一がProduceした「リズム」は和やかなムードがものすごく心地良く、民族音楽風な「大きな木に甘えて」も独特なリズム感がなんとも言えない気持ち良さを運んできます。浮遊感のあるトラックと童謡のようなやさしいメロディがこれまた心地よい「落ちた星」、歌詞が異様に短いのに、クラブテイストなトラックが様々な展開を見せてカッコイイ「バラ色」、暗く乾いた退廃的なトラックに妖しく艶かしいUAのボーカルが絡みつく「ゼリー」、後にシングルカットされた朝本浩文が手掛けたドラマティックなメロが光る「雲がちぎれる時」、同じく朝本浩文が手掛け大ヒットした「情熱」“king wadada dub”と題されたAlbum Versionで収録。こちらはレゲエとダブの要素が詰め込まれたRemixになっています。オリジナルを期待している方は残念っ!!!(と、思いきや実は12曲目に・・・。)大人の子守唄のような「紅い花」、尺八の音なんかも登場する極上の癒しソング「水色」、アコーディオン奏者・cobaが作曲/Produceした「ランデブー」は意外?にもダンスナンバー。全曲、大変クオリティの高い楽曲が並んだ傑作に仕上がっています。発売からかなりの年月が経った今でも全く違和感なく聴けるカッコ良さは凄いです。ジャンルにとらわれず、その個性的な歌声でなにもかもを自分色に染め上げてしまうセンスには感服。
【最高位3位/814,890枚】
★★★★☆

テーマ:邦楽 - ジャンル:音楽

インソムニア ♪鬼束ちひろ

d9923c41.jpg
裸足の歌姫・鬼束ちひろの1st Album『インソムニア』です。タイトルの意味は“不眠症”ですが、このアルバムを聞くとだいたいは途中で気持ちよくなって寝てしまいます。自分にとっては癒される1枚です。

1曲目は鬼束ちひろの代表曲でもある「月光」。この曲はドラマ『トリック』の主題歌に起用され、ドラマとともに大ヒットを記録した言わずもがなの名曲。――ちょうどこの曲が出た頃は、絶望だらけの毎日を送っていた時期で、すごく病んでたんですw そんな時にふと耳にして、何気なく買ってきた「月光」のシングル。歌詞を見た時の衝撃は今も忘れません。「腐敗」「こんなもののために生まれたんじゃない」「How Do I Live On Such A Field?」・・・。自分の心境がそのまま綴られたような歌詞は、とても衝撃的で、なにより救いになりました。この曲と出会えたことは自分の人生の中でものすごく大きな事です。この曲をきっかけにして、“歌詞”をよく意識しながら音楽を聞くようにもなりました。そんな大切な曲「月光」以外にも、アルバムには素晴らしい曲はたくさん収録されていて、アレンジから前向きさが伝わる「We Can Go」、ピアノをバックに荘厳と歌う「BLACK DOOR」、マイナー調のロックナンバー「イノセンス」、力強い歌に圧倒されるデビュー曲「シャイン」(Album Version)、重たく暗いAメロに光を差し込むようなBメロ~サビが続く様が心地よい「螺旋」、ラストにはピアノの比率が増し、より神聖さが強まった感のある「月光」Album Versionといった曲が収録されています。彼女の書く曲はすべて詞先行。だから、歌詞がものすごく響いてきます。選ぶ言葉の鋭さや、痛いまでの表現技法は本当にすごいと思うし、それらの強烈な言葉先行でつけられた繊細なメロディも本当に見事としか言いようがないです。また、羽毛田丈史氏によるピアノを主体としたアレンジも“鬼束ちひろ”の作品において重要な位置を占めていると思います。
【最高位1位/1,344,726枚】
★★★★☆

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

VARIOUS ARTISTS FEATURING song+nation

song+nationsong+nation
(2002/01/23)
オムニバスKEIKO

商品詳細を見る

9・11の悲劇を受け、世界平和と子供達のためのチャリティー企画として、小室哲哉が曲を書き下ろし、avexの豪華アーティストが集結した企画アルバム。(元)小室ファミリーの面々はもちろんの事、初顔合わせとなるアーティストも参加した面白いアルバムになっています。

アルバムに先立って第1弾シングルとして発売されたのが、avexの女王様・浜崎あゆみと後に小室夫人になるglobeKEIKOの2大歌姫の競演が話題を呼んだ「a song is born」。血管がぶち切れそうなくらいキーの高い最後のサビの2人の掛け合いがすごい・・・。ちなみに、小室作品でシングル1位を獲得したのはこの曲が最後です。第2弾シングルとしてドロップされた「the meaning of peace」では当時ブレイク前だった倖田來未BoAが競演。第3弾シングルは安室奈美恵m-floVERBALのコラボが実現したHIP HOP色の強い「lovin'it」。この曲がきっかけでのちにSUITE CHICへとつながっていったようなので、その意味でも重要な1曲です。意外な組み合わせなのが、Every Little Thing持田香織が参加した「in case of me」。宇宙的なサウンドと持田香織のちょっと舌足らず気味なボーカルが意外なほどマッチしていて◎(今の声は・・・_| ̄|○) また、Do As Infinity伴都美子がボーカルを取った「again」は、地球を優しく包み込むような歌声に母性を感じます。久々の小室楽曲となるhitomi「My Planet」は、Bメロなんて最高にいい感じなのに、サビが手抜きっぽいのが少々残念・・・。劣化版浜崎な印象ばかり残ったHΛLのボーカル・HΛLNAが歌う「DO OVER AGAIN」はメロディの展開が他の曲とはちょっと違ってやや変則的。HΛLNAがもうちょっとサラっと歌ってくれたらよかったかな。そして、奇跡の1曲がTRF「One Nation」!!!!!もう、この1曲のために買っても損はない!!ってくらい待ちわびたTRFの新曲!!しかも、小室曲!!ときたら興奮せずにはいられないでしょう(゚∀゚) 個人的にこのアルバムの中でも群を抜いて好きな1曲です。アルバム中唯一の既出曲がBALANCe「GET INTO YOU SUDDENLY」このアルバムが出た翌月に1st Albumが発売される予定だったのが、結局発売される事なく解散してしまった女性3人組。「NOW I'M HERE」とか好きだっただけに悔やまれます・・・。なお、メンバーの1人だったNaoはソロに転向し、ケツメイシRyojiのサポートなどを受けながら活躍。ラストに収録されたのは、KEIKOが1人でボーカルを取った「Lights brought the future」この曲はモロに9・11に影響されて書かれた曲だそう。MARCのラップも入ったglobe versionはアルバム『Lights』に収録されています。ちなみに、今作の番外編として『songnation 2 Trance』というRemix Albumが存在していますが、そちらの内容は1回聞いて埃被ってるレベルです・・・w
【最高位1位/155,060枚】
★★★★☆

テーマ:邦楽 - ジャンル:音楽

HIMAX! GREATEST HITS AND MORE ♪HIM

HIMAX

SPEEDを手掛けヒットメイカーとして名を上げた伊秩弘将の音楽プロジェクト・“HIM”の1st Albumにして、タイトル通りBESTといっても過言ではないほど充実した内容(※若干嘘w)のアルバム。HIMとは、Hiromasa Ijichi Melodiesの略だそうです。1999~2000年にかけて、旧ライジング(現VISION FACTORY)系のアーティスト達が、こぞってHIMのカバー曲を出しているので、HIM自体を知らない人も、曲を聞けばきっと「あっ!!これ聴いた事ある!!」と思うものがあるはずです。

アルバムの内容なんですが、語弊があるかもしれませんが、当時の人気アーティストのいいところ取りな感じで終始(・∀・)ニヤニヤモノの内容となっております。デビュー曲の「BECAUSE OF LOVE」はモロにtrf路線の「survival dAnce」風のダンスナンバー。2nd Single「NO MORE KISS,NO MORE CRY」は一転して、ZARDを彷彿とさせるビーイング系のポップナンバー。3枚目のシングル「AQUARIUS」は、MAX「銀河の誓い」というタイトルでカバーした♪アクエ~リアスッ って曲の原曲です。My Little Lover「Man & Woman」を意識したかのような4枚目のシングル「HEARTBEAT SNOW~THEME OF SNOW BEAT」など、シングル曲だけでもこれだけバラエティ豊富なパク・・・失礼、作風で楽しませてくれていますが、アルバム曲も様々なタイプの曲があって飽きさせません。決して上手いとは言えないaccessっぽい男性ボーカル曲「SOMEBODY STOP ME」、イントロがモロにglobe「Feel Like dance」「SEVENTEEN DANCE~I'VE BEEN LOOKIN' 4 U」(SPEED「アダムとイブ」というタイトルでカバー。)、deepsがカバーした「HEARTBREAK DIARY」、これまた上手いとは言えない男性ボーカルによるバラードナンバー「NOW AND FOREVER」の実質8曲+シングル曲の別バージョン&カラオケ収録で後半がかなり手抜きなのが残念ですが、それでも『GREATEST HITS AND MORE』というタイトルには偽りなしだと思います。
★★★☆

globe2 pop/rock ♪globe

c45ad02c.jpg
8月9日デビュー10周年を迎えたglobeの記念すべき10枚目のオリジナルアルバムは、413万枚という驚異的な売り上げを記録した1st Album「globe」の続編。原点回帰、王道サウンド復活をテーマに掲げた第2の1st Album的な内容になっています。

アルバムのリード曲「Love goes on!!」は、ロック色の強い感じ。そして、衝撃のネ申曲「EXPECTATION」 これはヤバイ・・・!!!!完全にイッちゃってますw KEIKOのボーカルは完全にアブナイ人だし、マークも妙にテンション高い。そしてなによりおかしい人はこんな曲を作ってしまった小室哲哉(・∀・)ニヤニヤ 原点回帰を歌った「Back 2 Be」は展開やメロがまさに王道を感じさせる仕上がり。先行シングルでアニメ「ブラックジャック」の主題歌にもなった「Here I am」小室氏のコーラスから始まり、“○○った”で韻を踏んでいくサビが耳に残るミディアムナンバー「LOST」小室パートの♪魅惑の媚薬が立ち込めている夜~のところが激しく気になる異国情緒漂う妖しげな「Asian night」、トランスアレンジに王道小室節を乗せた絶妙なさじ加減の「goodBye NOW」、大自然を感じさせるような伸びやかなサビが良い、マーク不参加の実質夫婦曲「Feel Like The Wind」Decade Tourの最後の方の公演で披露されていた「Judgement」安室奈美恵「LOVE2000」でも引用したバッハ「小フーガト短調」をアレンジの面だけでなく歌メロにも拝借してみた「SHIFT」、ラストを飾る意味深なタイトルのインスト「see the next page」など、王道復活!!のテーマどおり、これぞ小室哲哉!!なメロが詰まったアルバムになっています。今後は、TKKEIKOMARCの3人を“globe”と定義し、YOSHIKIを加えた形を“globe extream”、そして他のアーティストのコラボは“globe featuring~”という名義でさまざまな形態をとりながら精力的に活動していくとのことです。
【最高位5位/49,084枚】
★★★★★

テーマ:avex - ジャンル:音楽

Natalie ♪Natalie

76d7ad29.jpg
ここ最近は、Baby BashFrankie Jといったチカーノ(メキシコ系アメリカ人)のアーティストたちの活躍がめざましいですが、そんな勢いのあるチカーノアーティストからまた1人新星登場。それが、この女性シンガー・Natalie
先にあげたBaby BashFrankie Jと同じマネージメントに所属する期待の新人です。

アルバムは、Billboardで13位まで上昇するヒットを記録した「Goin' Crazy」をはじめとして、ドリーミーな清涼感溢れる歌声とサウンドが詰まった、癒し効果も期待できるような曲が収められた作品になっています。Baby Bashをフィーチャーした「Energy」は、ギターの音色が爽やかかつ哀愁を感じさせる好曲。ダンスホールっぽいリズムを取り入れたアップ「BETTER GET IT RIGHT」、少しウィスパー気味に艶かしいボーカルを聞かせるセクシーなスロウ「Ooh」、ヒップホップソウルが薫る「You Don't Love Me No More」ではNatalieがラップを披露。クールなエレクトロサウンドが最高にポップな「I Can't Wait」、アコースティックソウル調のギターとピアノの音が綺麗なスロウ「Stay」Baby Bashの作品などでおなじみの甘~い声を持つ♂シンガー兼プロデューサーRUSSELL LEEをフィーチャーした「Something About You」は、もろにAndre3000っぽい疾走感あふれるトラックが耳に残るアップ。アコースティックな質感の「Where Are You」では、♂シンガーJustin Romanをフィーチャー。ロリ声一歩手前な感じのNatalieの歌声と、Justin Romanの男前な歌声とのハーモニーが(・∀・)イイ!!「Goin' Crazy」のスペイン語ヴァージョン「ME FALTAS TU」Frankie Jがスペイン語に詞を翻訳。スペイン語の響きってやっぱ情熱的だね(*´Д`)

「Goin' Crazy」は、最初聞いたときは、なんて味の薄い曲なんだ!!と思ったけど、今ではすっかりお気に入り♪暑い時にはあっさり、さっぱりしたものが欲しくなるのと同じように、暑い日にはもってこいの清涼剤ソングです。他の曲も、基本は“爽やか”で、適度にバラエティに富んだサウンドが散りばめられてるので飽きることなく楽しめる作品だと思います。
【最高位38位/36,366枚】
★★★☆

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

hotel paper ♪Michelle Branch

dd75435a.jpg
先日、年の差20歳の夫・テディー・ランドー(42)との間の第1子を無事出産し(女の子でオーウェンちゃんと名付けたそうです。おめでとうございます!)、ママになったばかりのMichelle Branchの2nd Album『hotel paper』です。タイトルの由来は、収録曲のすべてがツアー中で泊まったホテルのメモ帳に書き溜めた曲たちだからという理由からこのタイトルが付けられたとのこと。

シリアスな面持ちで「あなたは幸せなの?」と問いかける「Are You Happy Now?」、サビのメロが覚えやすくていい「Find Your Way Back」、オーケストラも参加し、どんどん曲が発展していく「Empty Handed」、ピアノの伴奏を主体としたロックバラード「One Of These Days」、先輩SSWSheryl Crowとの共演が実現したキャッチーなメロディセンスの光る「LOVE ME LIKE THAT」、Bメロ~サビの一連の流れが開放的で気持ちいい「Breathe」、大阪でしゃぶしゃぶを食べに行く約束があったにもかかわらず、みんなを待たせて部屋で書き上げたというエピソードがある、運命の人を探し求める詞が女の子らしい「Where Are You Now?」といったツアーの中で生まれていった楽曲のほかに、サンタナとの共演で大ヒットした「The Game Of Love」もボーナストラックで収録されています。

今後はMichelleのバックボーカルを務めていたこともある友人・Jessica Harpとのユニット・The Wreckersの活動が本格的に展開していくようです。
【最高位8位/125,087枚】
★★★☆

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

ともえちゃんフォークゲリラ 坂崎幸之助商店~保田圭×安倍なつみ ジョイントコンサート

安倍&保田

昨日は8月8日。フジテレビの日でした(・∀・)ニヤニヤ というわけで、友達に誘われてお台場まで行ってきました!

友達が熱の入った保田圭ヲタで、この日ゲリラで行われるライブイベント「ともえちゃんフォークゲリラ 坂崎幸之助商店」の中で「保田圭×安倍なつみ ジョイントコンサート」というものがあるというので、それを見に行くことに。ゲリラライブなので、会場がどこになるかわからず、掲示板などを駆使して、情報収集をしていると、なにやら場所はフジテレビ1階の広場との情報が・・・。広場に向かってみると、全然ゲリラじゃないじゃ~ん('A`) 始まる前からかなり人いっぱいいたんですけど・・・(゚д゚) とりあえず場所を特定できたので観覧することに。ていうか、暑い!!うちわもタオルも持ってこなかったから体中汗でビショビショ、不快指数MAXの中、ライブの開始を待ちました。

15:40頃、いよいよライブ開始~♪まず、驚いたのがTHE ALFEE坂崎さんって若い!!なんか、今時のギャル男がそのまんま40代になりましたぁ~☆みたいな感じでカッコよかったですwあと、シノハラも顔ちっちゃい!!そして早くも、本日のお目当てのコーナーに!!( `.∀´)(●´ー`●)のご登場~♪2人とも(・∀・)キャワイイ!!坂崎さんと一緒に3人でRCサクセション「僕の好きな先生」を歌うと、次は( `.∀´)メインで坂崎さんと2人きりのコーナーに。 (●´ー`●)は一時退散だべ。( `.∀´)「シンシア」「妹よ」「心の旅」の3曲を熱唱。特に「妹よ」は、去年も歌ったお気に入りの曲らしく、歌にも心がしっかりこもっててよかったです。しかーし!!「心の旅」が始まった時に、虚弱体質な友人が体力的にギブアップしてしまったので退散することに・・・。本人はそれでも大満足らしいけど、自分的にはここまで見たら全部見たかったよ・・・。彼にはもっとタフになってもらいたい。。。

そんなわけで、非常に中途半端な形で会場を去ることになってしまいましたが、元モー娘。メンバーの中でも特に愛着のある2人が揃ったステージをタダで見られたので良かったです。

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

スーパーモデル ♪篠原ともえ

0911226d.jpg
シノラーこと篠原ともえの1st Albumです。小4の頃、「シノラー」が話題になり始めた時に“クラスの代表”として買ってみたアルバムですw

収録中最もよく聴いたのが、「クルクルミラクル」。毎日放課後になると、先生の目を盗んでクラスにあったラジカセの周りに10人ぐらいで集まって、この曲を何回も聞いて爆笑してましたw「みんな~、シノハラのこと、好き~?」「わたしは だ~いすき~~」っていうセリフ部分が、小学生の笑いのツボを直撃。モノマネさせられたりしたなぁ~(ノ∀`*) 他の収録曲で印象深いのは「チャタレイ婦人にあこがれて」。詞の世界がシュールすぎて、つい最近まで内容をよく理解できませんでしたw 夏休みに「蝶々夫人」「チャタレイ夫人」を間違えて読んでしまった子が、あまりの内容の深さに考えあぐねてしまい、花火をしている間も考え事をしていたら浴衣に火が…Σ(゚Д゚)!!!という衝撃的な歌です。進研ゼミのCMソングだった「やる気センセーション」や、幻想的な「アイ・ラブ・ユー、デ・ジャ・ヴ」、遊び心たっぷりの愉快な「篠原ともえのクレクレタコラ」ピエール瀧が作詞し、現在は浜崎あゆみの作品にも関与しているCMJKが作編曲した「メルヘン節」など、電気グルーヴ石野卓球がプロデュースを手掛けていただけあって完成度は高く、テクノサウンドとシノラーの電波キャラが見事にマッチしていて、とにかくポップで明るく賑やかなアルバムでした。
【最高位19位/52,710枚】
★★★★

テーマ:邦楽 - ジャンル:音楽

I GOTTA MAKE IT ♪TREY SONGZ

1807419f.jpg
60年もの歴史と伝統を誇るアトランティック・レコーズの創設者であり、社長でもあるアーメット・オーガン氏がべた褒めする期待の新人・Trey Songzのデビューアルバム『I GOTTA MAKE IT』です。正式なデビュー前にKevin Lyttleのアルバムにソングライターとして参加したり、MIX TAPEなどでしっかりと地ならしをしてきただけあって、その類稀なる才能が遺憾なく発揮された作品に仕上がっています。

冒頭からあのARETHA FRANKLINが登場して挨拶するんだから、レコード会社の凄まじい気合の入れようがビンビン伝わってきます。先行曲「GOTTA MAKE IT」は、蟹江っぽい早回しソウルナンバー。非蟹江曲ですが、「Slow Jamz」「Overnight Celebrity」といった蟹江製ヒット曲を持つTwistaがフィーチャーされていることで余計蟹江っぽく聞えます。ソウルネタが活きた懐かしい感触のミディアムナンバー「CHEAT ON YOU」、しっとり紳士っぽく聞かせるミディアムバラッド「GOTTA GO」Warryn Campbellが手掛けたちょっと土臭いアップ「Ooo」Scott Storch制作によるギターのフレーズが印象的なミッド「ALL THE IFS」Trey自らが手掛けたネプっぽさを感じるクールというよりコールドな感触の「UR BEHIND」、爪弾いたようなギターの音がいいスウィートなスロウ「KINDA LOVIN」Organaized NoizeがProduceしたオールドソウル色が濃く出た渋いミッド「COMIN' FOR YOU」、ネプっぽさ全開なアップ「JUST WANNA CUT」、まろやかな歌い口で聞かせるステッパーズ系ナンバー「MAKE LOVE TONIGHT」ARETHA FRANKLINJUVENILEが参加し、オリジナルとは全くの別曲に生まれ変わった「GOTTA MAKE IT REMIX」などかなり濃い内容になっています。
【最高位77位/15,084枚】
★★★☆

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

Naked ♪Marques Houston

481ad90a.jpg
Imxのメンバーであり、OmarionO'ryan兄弟の兄貴分(※実の兄弟ではない)としておなじみのイケメンMarques Houstonの2枚目のソロアルバム『Naked』 タイトルどおり、ジャケやVIDEOで惜しげもなく肉体美を披露してくれてます(*´Д`)ハァハァ ホント(゚д゚)ウマーないいカラダしてんなぁ~。相変わらずおへその位置が異様に高いのが気になるけど。

彼は『“個性”がないところが個性』みたいなところがあるので、今作も例に漏れず、R.KellyJustin Timberlakeといった同業者から、見事にパックンチョしてきてます。1番酷いと思ったのが「Something Else」 これ、まんまJustinじゃんwww まず、ネプ風トラックが明らかに狙ってるし、「ホーゥッ!!」とファルセット使って叫びまくって完全にJustinになりきってます・・・。最初に聞いたとき、あからさますぎて噴き出しましたw でも、白状するとこれが1番好きかも・・・(ノ∀`) Justin風といえば「I Like It」もまたスゴイ。「I'm Lovin'It」とカブるのもあるけど、それ以上にTimbalandみたいな低音コーラスにヤラれました。翳りのあるトラックもティンバっぽいし。タイトルからしてKing of 変態=R.Kellyさんっぽい「Sex Wit You」は、歌いだしが完全にケリーさん。(曲としては悪くないです。)Joe Buddenをフィーチャーしたアップ「12 O'Clock」もケリー唱法丸出しで、ある意味素晴らしいですw 美しいスロウ「Marriage」ではUsherを感じさせます。ここまでくると全曲が“○○風”と感じるようになってくるから不思議・・・。The Corna Boysが手掛けた「All Because of You」の華やかな感じは好感触でしたが、Omarionのアルバムにもこういうのあった気が・・・!? ひたすら裸体を晒しまくる変態PVが話題になったThe Underdogs制作のセクシーな「Naked」The Corna Boysが手掛けた早回し風の声ネタのループが印象的なミドルテンポのアップ「I Wasn't Ready」は普通にいい曲。

こんな感じで、オリジナル性は乏しいものの、楽曲のクオリティは非常に高く、さまざまなスタイルが取り入れられたアルバムに仕上がっております。個人的に、イケメン度では男性R&Bシンガーの中でもかなり上位だと思ってるので、あとは歌の方でガツンとヒット曲を出せるとイイネ♪
★★★☆

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

KAELA ♪木村カエラ

KAELA (初回盤 特典DVD付)KAELA (初回盤 特典DVD付)
(2004/12/08)
木村カエラ鈴木玲史

商品詳細を見る

『SAKUSAKU』に出演中の木村カエラの1st Album『KAELA』です。

このアルバムは彼女の大好きなロックサウンドが中心となっていて、個人的に1番お気に入りなのが2枚目のシングルでもある「happiness!!!」。これはメロディがすごく好きなだけでなく、それ以上にPVが神がかり的に可愛すぎ!!!初めて見た時は、本気でこの世で1番可愛い女の子だと思いました(*´∀`*) カエラを好きになったきっかけの1曲です。「INVENTOR」はのびのびしたボーカルが気持ち良い1曲。フォークな感じから始まる憂いを帯びたロックナンバー「D.T.S.」、激キャッチーなリフ&メロが印象的な「誰」、ドラマティックな展開にのせ、自分の弱さを吐き出す「weak」、戻らぬ過去に思いを馳せる「あの頃」、全英詞でちょっとパンキッシュな「You know you love me?」あたりもお気に入りの曲です。

ジャケットもかわいいし、中のアートワークもおしゃれでかわいいので満足ですが、もっとストレートヘアのカエラが見たかったかなぁ・・・。パーマやボンバーアフロも似合ってるけど、やっぱナチュラルな感じが1番カワイイ!
【最高位8位/149,187枚】
★★★★

テーマ:邦楽 - ジャンル:音楽

Complicated ♪Nivea

ccabf1d1.jpg
“黒い小池栄子”としてすっかりおなじみのNiveaさんの2nd Album『Complicated』です。Usher「Yeah!!」♪ATL~と歌い直したアトランタ賛歌「ATL」や、シングルCDとしても発売されたJuvenile「Slow motion」のトラックをそのまんま使い、RASHEEDAを招いた「YOU LIKE IT LIKE THAT」(シングルCD発売あり)など、プロモで出回っていた曲が変な替え歌ばっかりだったから、こんな曲ばっかり発表しててちゃんとアルバム出せるのか!?と本当に心配しました。しかし、さすがNiveaさんです。発売前の期待をいい意味で裏切る新作を届けてくれました。

1st Singleの「Okay」は、今やNo.1ヒット請負人となったLil’Jon制作で、日本人にとって親しみやすい「Sukiyaki」のメロを拝借(←Niveaさん本人は否定)したcRunk&B。(なんとNiveaさん、「Sukiyaki」知らなかったそうです・・・Σ(゚Д゚)ガーン!!)定番ネタStylistics「You're everything」を使用(←Niveaさん本人は否定)した「I Can't Mess With You」は、プロモ段階で「I Can't Fuck With You」というスゴイタイトルで出回っていた曲。それにしてもNiveaさん、“mess”という単語がお好きなようですね。。。これで3曲目。。。前作で名曲「Laundromat」を手掛けたR.Kellyは、今作でも彼の十八番の1つでもあるラテンフレーバーの「Gangsta Girl」で参加。「YOU LIKE IT LIKE THAT」に引き続き、再びRASHEEDAと組んだ「QUICKIE」の歌詞には思わず赤面(&爆笑)w “アナタのムスコはアタシのもの ヤリながら縛ってあげましょうか”のくだりはJanetさんの『Damita Jo』レベルのお下品対訳ですw 今作には愛しの旦那様“Dream”が手掛けた曲も多く収録されていて、中でも「Okay」のRemixは原曲とがガラッとイメージが変わった、なんともメロウな仕上がりで◎ こっちの方が(・∀・)イイ!!という人も多いのではないでしょうか。(しかし、後にMariahさんに訴えられることに…(ノ∀`) アチャー)

決して派手なアルバムではありませんが、長く楽しめる良曲がたくさん詰まったアルバムだと思います。
【最高位18位/44,196枚】
★★★☆

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

O ♪Omarion

458c1495.jpg
B2Kのフロントマン・Omarionのソロデビューアルバム。普段男性アーティストはあんまり聴かないのですが、B2Kは大好きだったので、解散後のOmarionの動向にも注目していました。

ところが、2月頃にこのアルバムのフル試聴が始まった時に聞いてみたら、イマイチ自分の中で“来る”ものがなかった・・・。ということで、ちょっと購入を見送ってたんです。ところが、大型CDショップでじっくりと試聴してみたら、あら、不思議。以前聞いた時とはガラッと印象が変わって聴こえて、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!な曲がいっぱい。ちょうどその店がWポイント期間中だったということもあって、買っちゃいました♪

冒頭を飾る爽やか系アップ曲「I Wish」でガチッとハートを掴まれ(アップ曲に弱いんです・・・)、はじめは無難なバラードにしか聴こえなかった先行シングルの「O」も、今ではとてつもなくいい曲に聞こえてきました。
(ΘΩΘ).。oO(おそらくVideoの中でOmarionが、ムキムキ筋肉ボディを見せびらかして、
女とイチャイチャベタベタしてるのが気に喰わなかったせいですな・・・。)
Rodney Jerkinsが手掛けた「Drop That Heater」はどっかで聞いたことがある!!と思ったら、入るのを諦めたダンスサークルの“新入生歓迎ダンスレッスン”でこの曲で踊ったことがあったんですね~。アガれる曲です。(ちなみに、ダンスレッスンは2回通って素質の無さを痛感して断念。。。)アップでは、変態系「Take It Off」も◎ BIG BOIが参加した「NEVER GONNA LET YOU GO」のファンクな感じも(・∀・)イイ!!日本盤ボーナストラックの「O URBAN MAIN MIX(FEAT.RAY CASH)」はオリジナルとガラッと変わったHIPHOPチューンに変わっていて、コレはコレでなかなかの出来です。

最初に聞いた時にあんまりパッとしなかったように、この作品は何度か繰り返し聞くことで味が出てくるアルバムだという印象を受けました。
【最高位44位/35,202枚】
★★★☆

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

Ragga Hop ♪TRINITI

525c2fea.jpg
ダンスホール・ビューティー、TRINITIのデビューアルバム『Ragga Hop』です。今年の2月ごろに輸入盤で出回っているのを試聴で気に入って購入したあと、日本盤のジャケの麗しさ+αに惹かれて結局2枚買ってしまった、そんなエピソードがあります。内容はタイトルが表しているとおり、レゲエ/ダンスホールとHIP-HOPがうまくブレンドされていて、非常に聴きやすいアルバムです。

Nina Sky「Move Ya Body」でおなじみの“Coolie Dance”使いの「Triniti Sound」は、「Yeah!!」の掛け声がUsherを彷彿とさせ、Sean Paul「Get Busy」Lumidee「Never Leave You」などのヒット曲を生んだ大人気の“Diwali”使いの「Big Ups」は、メロディーもSean Paul「Gimme The Light」風。「Uptown Top Rankin」Sean Paul「I'm Still In Love」とまんま同じリディムを使用。「Jupiter」(平原綾香のネ♪)meetsダンスホール みたいな「I Remember」、トラディッショナルなレゲエ色が強いカルチャークラブのカヴァー「Do You Really Want To Hurt Me」など、自然に体が動き出してしまうこれからの暑い季節にぴったりなサウンドが満載の1枚です。日本盤ボートラ曲は3曲。「Fields of Brown Sugar」は歌モノ度高めのラガR&Bナンバー。「Voodoo」はたたみかけるようなサビが印象的。唐突な男の低い声の♪ヴードゥー というフレーズで曲を〆るのはナイスアイデア☆もう1曲のボートラは「Mama Told Me(Reggae Mix)」です。

輸入盤のジャケは黒い背景に、荒い画質のTRINITI嬢が白いタンクトップでこちらを見ている、映画『リング』みたいなジャケットだったし、とにかく仕様が安っぽくて・・・。それに比べて日本盤はジャケもかわいい感じだし、ブックレットもしっかりしていてボートラ付き。お値段も1890円と超お買い得。しかも、日本盤のほうがマスタリングがしっかりしてて音が格段に良くなってます。買うなら断然日本盤がおすすめです!!
【最高位39位/36,290枚】
★★★★

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

神宮外苑花火大会@国立競技場

d218fbc4.jpgfa599147.JPG
昨日、友達(♂)と2人で国立競技場「神宮外苑花火大会」を見に行ってきました!!
ぶっちゃけ、花火よりもお目当てはミニライブのほうだったんだけど( ̄ー ̄)
16時半前に会場入りして、ミニライブが始まる17時半まで1時間以上、指定された席でダルダル気分で待ってました。その間、特別協賛の『DHC』のCMに出演している山川恵里佳藤崎奈々子ら5人の美女軍団が浴衣姿でステージ上に登場し、DHC製品をPR(告知チラシには“叶美香さん”もいたはずだったんですけど・・・。ドタキャン!?)する時間があった以外は、延々とスポンサー企業のCMが大画面に大音量で流れ続けるだけ・・・。(特にしつこかったのが♪競輪場に小池栄子~ のCMね。とにかくウザイ!!!)
[Read More...]

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽


ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。