(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Santa Claus Lane ♪Hilary Duff

2de44574.jpg
Hilary Duffのクリスマスアルバムです。正式な歌手デビュー(『Metamorphosis』)前に出してたアルバムですね。このアルバムを買ったのは、特別Hilaryのことが好きだからというわけではなく・・・。うすうす感付いてる方も居られるかと思いますが、、、、、、。そうです、このアルバムも我が愛しのChristina Milianちゃんが参加したたった1曲のためだけに思い切って購入に踏み切ったアルバムなのであります!!

Milianちゃんが参加したのは「I Heard Santa on the Radio」 この曲で、MilianちゃんとHilaryの夢の競演が実現されています。曲の方なんですが、普段のMilian作品では聴くことのないちょっぴりロックなテイストの入ったポップなクリスマスソングになっています。しかし!!不覚にも声の分別がイマイチよくつかない…。まぁ、なんとなくわかってますけどね!!(←強がり)Milianちゃん以外にもゲストを招いた曲が2曲。1つはLil'Romeoを招いた「Tell Me a Story」。鈴の音が鳴り響くやはりロックテイストの入った1曲。もう1曲はお姉様のHaylie DuffをFeaturingという形で迎えた「Same Old Christmas」。従来のHilaryらしいポップロックサウンドの曲です。他は、スタンダード曲とオリジナルを交えたソロ曲が収録されています。ピアノロックな「Sleigh Ride」、オルゴールの音から始まる元気ハツラツ!ロック全開な「Wonderful Christmas」や、Wham!「Last Christmas」のカバーなど、耳馴染みのある曲があるのはやっぱり聴きやすいです。正直な感想を言ってしまえば、Milianちゃんとの曲がちょっと期待ハズレでがっかり・・・_| ̄|○な気持ちが大部分を占めるアルバムなんですが、こういうポップ/ロックフィールドの人のクリスマスアルバムは持ってなかったので(だいたいBLACK系が多い)新鮮に聴けたっていうのもあるので、買ってよかったと思ってます。意外とこのMilian仕事を落としてる人も多いので、是非チェックを。
【最高位134位/2,517枚】
★★

A FAITHFUL CHRISTMAS ♪Faith Evans

d3eb2afa.jpg
去年の頭にドラッグ所持で夫婦揃ってタイ━━━━||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||━━━━ホ!!!され、今年タイ━━━━||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||━━━━ホ!!!後初となるオリジナルアルバム『THE FIRST LADY』を発表して、華々しく復活を遂げたFaith Evansさんから届けられたクリスマスアルバム『A FAITHFUL CHRISTMAS』です。1年に2枚もアルバムを出してくれるとはファンとしては嬉しい限り(・∀・)日本盤はボーナストラックで『THE FIRST LADY』からのシングル曲「AGAIN」「MESMERIZED」のVIDEOがCD-EXTRAで収録されて1980円とお買い得。(『THE FIRST LADY』の日本盤がCCCDだったから、お詫びの意味でお得な内容にしてくれたのかな?)いかにもクリスマスって感じのジャケットも素敵です。

アルバムは、オリジナルのクリスマスソングが2曲と有名クリスマスソングのカヴァー9曲の全11曲で構成されています。オリジナル曲の1つ「HAPPY HOLIDAY」はゆったりとしたテンポが心地よいまったり系クリスマスソング。もう1つのオリジナル曲「CHRISTMAS WISH」James Brown「Merry Christmas Baby」をサンプリングしたHIP HOP SOUL仕様な1曲です。カヴァーでは、濃ゆいソウル歌唱を聴かせる「THE DAY THAT LOVE BEGAN」(原曲:Stevie Wonder)、熱くファンキーなFaithが超絶にカッコイイ「SOULFUL CHRISTMAS」(原曲:James Brown)、甘~く色っぽい歌声にクラクラする「SANTA BABY」、ミュージカル風なアレンジが可愛らしい「MISTLETOE AND HOLLY」、メロディを崩し気味に歌う「WHITE CHRISTMAS」など、どれも定番曲と侮るなかれ、歌い方の幅を感じられる素晴らしい内容になっています。個人的にはオリジナル曲より、定番曲を歌うFaithの方がイキイキとしている印象を受けました。特に「SOULFUL CHRISTMAS」はホントにヤバイです!!この曲では、Faithさんがラップまで披露してます。完璧に惚れました♬
★★★

MERRY CHRISTMAS ♪Mariah Carey

ef4cb0cf.jpg
日本でも大ヒット(オリコン最高1位約210万枚のセールスを記録)したMariah Careyのクリスマスアルバム『Merry Christmas』です。ジャケット見て思ったんだけど、このサンタの格好、結構薄着じゃない?寒くないのかな・・・?w 余計な心配はさておき、実は、今までこのアルバム持ってませんでした。中古で買えば500円もしないし、新品でも輸入盤なら1000円以下で買えるアルバムでしたが、どうせ今買うならDVD付の1番豪華なヤツを買っちゃえ!!と思って、おもいきって先月出たDVD付スペシャルエディションを買ってみました~v(・∀・)v

やっぱり1番気になるのがDVDの内容ですよね。DVDには、MUSIC VIDEOやLIVE映像など計8曲が収録されています。まず、未発表映像として収録されたのが音源としても未発表だった「Santa Claus Is Comin' To Town(Anniversary Mix)」のVIDEO。全編アニメーションになっていて、クリスマスをテーマにした可愛らしい内容になっています。アニメのMariahは、顔半分が目って感じであんまり似てないけど・・・。他には、雪の中ではしゃぎまわるMariahの楽しそうな表情がたまらない大ヒット曲「All I Want For Christmas Is You」のVIDEO、「All I Want~」の続編的な仕上がりで、夕暮れから夜にかけての映像が使われた(途中、季節感を無視した映像も登場)「Miss You Want(At Christmas Time)」、プライベート映像を集めて制作された「Joy To The World(Celebration Mix Video)」、クリスマス仕様に飾り付けられた教会で、バンドと聖歌隊を従えて熱唱する「O Holy Night」、前髪を下ろした可愛いMariahが、歌番組風のセットで歌うレトロなモノクロ映像の「All I Want For Christmas Is You(Black & White Video Version)」聖ジョン・ザ・ディヴァイン教会でのLIVEの模様を収めた「Joy To The World」など、なかなか楽しめる内容でした。1番気に入ったのは全編アニメーションの「All I Want For Christmas Is You(J.D.Remix Animated)」。黒人親子とサンタに扮したMariah&本物のサンタとの交流が描かれた内容なのですが、オチ?が黒人らしい現実的な感じで(・∀・)イイ!!(Lil')BowWowが子供役で声優としてちょこっと参加してます。このRemixがCDの方に入ってないのが残念。。。どうせなら惜しまずに全部ぶち込んで欲しかった。CDの方は、日本でオリコン最高位2位約110万枚の大ヒットを記録した「All I Want For Christmas Is You(邦題:恋人たちのクリスマス)」、某女性シンガーのバージョンに馴れてしまった耳には、随分と忠実に歌っているように聞こえる「Silent Night」、ゴスペルクワイアを従え、ダンサブルに仕上げられた「Joy To The World」、子供達のコーラスをバックに歌う荘厳かつ壮大なオリジナル曲「Jesus Born On This Day」、「All I Want~」と似せたアレンジに心躍る「Santa Claus Is Comin' To Town」、アカペラナンバー「God Rest Ye Merry,Gentlemen」など、全体的にゴスペル色が色濃く出ていて、Mariahの素晴らしい歌声がクリスマスムードを一気に高めてくれる素敵な内容になっています。
通常盤⇒【最高位1位/2,090,244枚】
DVD付スペシャルエディション⇒【最高位198位/4,003枚】
★★★

Naughty or Nice ♪3LW

070d7e57.jpg
ナチュリの壮絶な?脱退劇の直後に、何事もなかったかのように2人組ジャケで登場した3LWのクリスマスアルバムです。3人で写ってた『A Girl Can Mack』からわずか2ヵ月後にコレですから…。ちょっとビックリw それにしてもこのジャケ可愛すぎです♬

肝心のアルバムの内容なんですが、普通のスタンダード曲を歌ったファミリー向けホリデイ・アルバムを期待していてはナメられます!!収録曲の9割が書き下ろしのオリジナル曲で、どれも『A Girl Can Mack』に収録されていてもなんら違和感のない佳曲ばかり。歌詞を気にしなければ、ほとんどオリジナルアルバムといっても過言ではない仕上がりになっています。オープニングの「Xmas In The Hood」からして尖ってます。リズムが取りにくそうな瑞々しいアコースティックなループがクセになる「Naughty on Xmas」Naughty by NatureTreachを迎えた電子音ピコピコ系「Christmas Party」、きらびやかなスロウ「This Year(It's All About You)」、彼氏からのプレゼントを「サイアク!!」と罵る歌詞が面白い陰湿なビートのアップ「Ahh Hell Nah」、イントロで「ジングルベル」が登場するポップな「Santa's Coming」、アコースティックギターをバックに歌う本作唯一のスタンダート曲「Have Yourself A Merry Little Christmas」など、前半は攻撃的に、後半はスロウでしっとりという流れが心地よく、普通のクリスマスアルバムっぽくないのが素晴らしいクリスマスアルバムです。今まで、何組ものアーティストのクリスマスアルバムを買ってきましたが、何度も自発的に繰り返して聴きたいと思って聴きまくった覚えがあるのはこのアルバムだけ!!クリスマスアルバムなんて、所詮季節モノだし、聞いてて正直かったるい(゚⊿゚)って人には是非オススメしたいアルバムです。前半だけでも聞き物ですよ♪

その後、3LWはオーディションで新メンバーのジェシカを迎え、再び3人組になったのですが、いまだに新生3LWのアルバムは登場せず…。(格安のベストアルバムが出てるらしい・・・。)しかも、現在、オリジナルメンバーのキーリーエイドリアンが、ディズニーチャンネルがバックアップするCheetah Girlsというグループで活動しており、そっちの活動の方が脂が乗っていて、最近ではCheetah Girlsとしてクリスマスアルバムを発表。3LWとしてのNEW ALBUMが届けられるのかが心配な状況になっています。
★★★★

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜【Merry☆Christmas】゚・*:.。..。.:*・゜゚・*

c1a2ddbe.jpg
もうすぐ楽しいクリスマスですね~(・∀・)ニヤニヤ
今年は、バイトでサンタの格好をするのを何より楽しみにしてたのに、シフトに入れてもらえなかった。・゚・(ノД`)・゚・。1人ぼっちで過ごすことがほぼ確定だよ・・・('A`)そんなわけで、もうクリスマスなんか正直どうでもよくなっちゃってるわけですが、結構前から企画してたことなんで一応やってしまおうと思います。今日はクリスマスのうた特集です。自分にとって印象深いクリスマスソングを紹介したいと思います♪ちなみに1番上の画像はバイト終わりに描いたサンタクローストナカイの絵です。こんなの描くから、罰が当たったんだろうね・・・(ノ∀`) アチャー

★☆「あわてんぼうのサンタクロース」☆★
この歌は幼稚園の時に教えてもらって、よく歌ってました。「ジングルベル」とか「赤鼻のトナカイ」とか、幼稚園の頃っていろんなクリスマスソングをこの時期になると教室のおともだちと一緒に先生の弾くピアノに合わせて歌ってたけど、1番この歌が好きだった。タイトルがインパクトあって(・∀・)イイ!!歌詞もドジな感じが可愛くて、おひげのおじいさんなのに萌えてしまいます(*´Д`)ハァハァ 小林亜星が作曲なんだよね~♪

クリスマスイブ★☆「クリスマスイブ」♪山下達郎☆★
これはもう日本人なら定番ですね。物心ついたときから家にCDがあった。母親がJR東海のCMが大好きで、毎年キャーキャー言ってたのが印象深い曲です。“きっと君は来ない 一人きりのクリスマスイブ”・・・“君”にあたる人すらいないのはどうしたらいいのか・・・。_| ̄|○


Koyanagi the Christmas★☆「Koyanagi the Christmas」♪小柳ゆき☆★
尊敬してやまない高校の大先輩、小柳ゆきのクリスマスシングル。「Silent Night」「White Christmas」のメドレー、「I Saw Mommy Kissing Santa Claus」とスタンダード曲を歌っているのですが、「Silent Night~White Christmas」がいろんな意味で凄い。原曲のメロディをほとんど無視してるんじゃないかと思うほど、メロディを崩しまくってます。まさに衝撃作。BOOK OFFでは間違いなく105円で買えますので是非!!名盤『EXPANSION』のメガミックスも入っててお得です。


恋人たちのクリスマス★☆「恋人たちのクリスマス」♪Mariah Carey☆★
邦楽の定番が山下達郎なら、洋楽はMariahでしょう。ワム!派の方もいらっしゃると思いますが、自分は断然マライア派!!実は、これが初めて買った洋楽シングルでもあるのです♪山口智子松下由樹柳葉敏郎が出てたドラマ「29歳のクリスマス」の主題歌で、毎週欠かさず見てたなぁ。当時小2かぁ・・・。随分とませてたなぁ、自分( ´∀`)σ)∀`)


White Light★☆「White Light」♪安室奈美恵☆★
そして今年、2005年のクリスマスソングといたらコレ♪歌詞に共感できる部分が何1つとしてありませんが、奈美恵さんの声を聴いてるだけで凍えていた心が嘘みたいに解かれて(←あら、ここ共感できるじゃんw)、心が暖かくなります。1人寂しいバイト帰りとか、深夜で誰も見ていないのをいい事に、ヘッドフォンで「White Light」を聞きながらPVの奈美恵になりきって口をパクパクしてる気持ち悪い男です・・・('A`)(←だから1人なんだよ・・・。)

そんなわけで、今日からちょこっとクリスマスっぽい流れにしていこうかと思ってるんで、お付き合いの程よろしくお願いしまーす♪

Lady Generation~淑女の時代~ ♪篠原涼子

c8aca20c.jpg

祝・結婚

今月8日に24歳年上の俳優・市村正親と入籍した篠原涼子が、10年前に発表した小室哲哉プロデュースのソロアルバムです。

収録されているのは、女性アーティスト初の200万枚突破シングルとなった歴史的大ヒット曲「恋しさとせつなさと心強さと」はもちろんのこと、あの華原朋美もお気に入りで、曲の誕生の一部始終を側で見ていたという「もっともっと・・・」小室プロデュース3枚目にして初めてアーティスト表記からwith t.komuroが外れたタイトル曲「Lady Generation」東京パフォーマンスドール時代の楽曲のソロバージョンで、サビがH Jungle with t「WOW WAR TONIGHT」に激似(というかそのまんま)な「Sanctuary~淋しいだけじゃない~」売野雅勇による詞の独特な世界感が広がる「青空の降る少年」“小室哲哉の右腕”こと久保こーじによるアイドルポップス風な「だいじょうぶ」、王道小室サウンドに大人っぽい小悪魔的な詞が乗る「Summer Holiday」、「恋しさと~」のカップリングで、映画『ストリートファイターⅡ』の挿入歌に起用されていたスケール感のあるバラード「GooD LucK」篠原涼子本人も作詞に参加した温かな愛を感じるバラード「にくらしいあなたへ」など小室好きには必須、篠原涼子=女優 のイメージしかない人には是非聞いてもらいたい内容になっています。BOOK OFFに行けばおそらく大量にあると思いますので、結婚記念ということで1枚いかがでしょうか♪女優のイメージしかない人には、コレと合わせて『ごっつええ感じ』のDVDも見て頂きたいですな( ̄ー ̄)ニヤリ 何はともあれ、ご結婚おめでとう御座います!末永くお幸せに(・∀・)ニヤニヤ
【最高位1位/535,060枚】
★★★☆

OH!Mikey 8th.

a5901a80.jpg
大人気のマネキンショートドラマ?『OH!Mikey』のDVDの第8弾が登場!!初期からのマイキーヲタ故に当然の事ながら今回も買わせて頂きました。

今回収録されているのは、今年の4~9月にテレビ(深夜)とネットで公開された12話と、DVDでしか見る事の出来ない1話の全13話+静止画キャラクター紹介。深夜になってからは、ほとんど見てなかったので待望のDVD化でした。注目はなんと言っても、ジャケットにも使われている「マイキーの江戸時代」 あんまり書くとネタバレになるので控えておきますが、某有名時代劇をパロったりしているブラックユーモアあふれるお話です。他にも、いつも窓から手しか出さず絶対に外に出ようとしないヒッキー君に、何に対しても「なんで?」とウザイくらいしつこく聞き返すナンデ君が質問しまくる「ナンデ君 VS ヒッキー君」マイキー一家に対し、どんな些細なことにもライバル心を燃やすカナダ人のニック一家の意外な住まい事情が発覚する「ニック家へようこそ」、天才になったマイキー“相対性理論”“インポテンツ”の解説をし始める「天才マイキー」ローラの女心にグッと来る「ローラの入院」、公園で立ちションしたマイキーを逮捕し、犯罪歴を自白させようと拳銃を突きつけ脅す「鬼警官ロックウェル」など、わかる人にはわかる、面白い内容になってます。単にしつこくてウザイだけの存在だったナンデ君が、今回かなりイイ活躍をしてて好感度が大幅UP↑ 残念なのは大好きなトレイシー先生が出てないことかな・・・(´・ω・`)ショボーン なお、『OH!Mikey 8th.』HMVで買うと特典でシールチップが付いてきます。購入はお早めに!!あと、画像だと黄色いけど、実物は背景が金色です。
★★★★

Nivea ♪Nivea

3b181191.jpg
現在、TVドラマ『大奥~華の乱~』お伝の方役で出演中のNiveaさん(←嘘)の1st Album『Nivea』について書きたいと思います。ホントに小池栄子顔だよね~。毎週『大奥』見るとつくづくそう思います。

このアルバムは本国USで発売される前に、まずヨーロッパ圏で発売されました。EU盤とUS盤では収録曲が若干異なっています。♪スティ~ルインラァァ~という早回し風ループと鍵盤の音が印象的なミッド「Still in love」は、Christina Milian「Dip It Low」をヒットさせたPoli PaulTeedra Mosesのコンビによる楽曲。(※三浦大知のソロデビュー曲が、ちょっとこの曲にヒントもらってるっぽい感じ。)レーベルメイトであるR.Kelly制作の「Ya Ya Ya」はお得意のスパニッシュ路線。当時の恋人・Lil'Wayneがフィーチャーされています。もう1つのR.Kelly制作曲で、R氏とのデュエットが実現した「Laundromat」は文句ナシの名曲。ムッチリとしたNiveaさんがコインランドリーで踊るこの曲のVideoがまた素晴らしい!!(ムチムチ具合がたまらない(;´Д`)ハァハァ)
R氏はこの他に「The One For Me」でもAdditional ProductionとRapで参加しています。Jagged Edgeとの「Don't Mess With My Man」は、アタシの彼(彼女)に手ェ出すんじゃねーよ(怒)!!!と警告を促しまくる大ヒット曲。The Neptunesが手掛けた「Runaway」はポコポコしたウワモノがいかにもネプらしい仕上がり。これらの曲以外にも、Teddy BishopOrganized Noiseら豪華プロデューサーが集結し、バラエティ豊かな曲が揃った傑作アルバムに仕上がっています。

内容もバラエティ豊かなら、ジャケットもバラエティ豊か。オーストラリア盤、UK/US盤、日本盤、タワレコ限定盤・・・。何種類ものジャケットで発売されました。まんまと戦略にハマって3枚も買っちゃったよ...(ノ∀`)アチャー
【最高位37位/42,332枚】
★★★★

CURTAIN CALL THE HITS ♪EMINEM

c70e4667.jpg
どうやら自分の周りには嫌いな人が多いことが発覚したEminemのBEST ALBUM『CURTAIN CALL THE HITS』です。自分は、ホントに俄かファンって感じですかね。顔はラッパーの中でも1番好き♬白人顔って綺麗だからいいよね。憧れます。

今回のBEST ALBUMは自分のような俄かファンには本当にもってこいの内容だと思いました。今までEminem関連のアルバムは3作ほど買ったことがあるんですが、『THE EMINEM SHOW』(←すぐに売り飛ばした)、『8mile』のサントラ(←話題性に負けた)、『ENCORE』(←ろくに聞いてない)と散々な扱いをしてきてしまいました。しかし、彼の曲には耳に残る曲が多いのも事実で、そういう強く印象に残っている曲がまとめて入っているのはすごくお買い得でした。「Stan」とか、今までCDで持っていなかったけどよく知っている曲を、ようやくCD音源として持てたというのもBESTを買った甲斐があったというものです。1番好きなのは、お決まりの「Lose Yourself」なんですが、この曲のせいで大好きなMissy Elliott「Work It」がBillboard1位を獲れずに、10週間も2位になったということを考えるとちょっと憎たらしい曲でもあります。個人的にEminem「Without Me」「Just Lose It」みたいなおふざけの入った感じの方が実は好きだったりするので、そういった面で新曲3曲の中では「Fack」が1番好感触。Eminemらしい低俗極まりないお下品なリリック(というより日本訳)が最高です( ̄ー ̄) Nate Doggを迎えた「Shake That」Nateの曲として考えれば(・∀・)イイ!!んだけど、Eminem名義になるとどうも萎えるのは何でだろう…?シリアス系の曲ではDidoの暖かな歌声がいい「Stan」や、Martikaの名曲「Toy Soldiers」(Kirariの日本語カバーも(・∀・)イイヨ!!)ネタの「Like Toy Soldiers」Aerosmith「Dream On」をサンプリングした「Sing For The Moment」、“ゴメンなママ”と歌っておきながら結局母親をDISってる「Cleaning Out My Closet」、ピアノの物悲しい音色が響く「Mockingbird」なんかが好きです。というか、このアルバムに入ってる曲はヒット曲ばっかりだからほとんど耳馴染みあるから好印象なんですけどね。ただし、新曲の「When I'm Gone」は苦手な部類に入りますが。

最近は引退説が出たり、睡眠薬依存で入院したりとなにやら心配なニュースが続いていましたが、BESTの発売を機に、心機一転、また新たな章をスタートさせていってほしいです。
【最高位3位/425,938枚】

★★★★

BEST ♪中島美嘉

7dd3eaae.jpg
主演映画『NANA』が大ヒット、そしてNANA starring MIKA NAKASHIMAとして歌った『NANA』の主題歌「GLAMOROUS SKY」で初のシングルチャート1位を獲得と、今年も大活躍だった中島美嘉の初のベストアルバムです。デビューから現在まで発売された16枚のシングル、3枚のアルバム、2枚のミニアルバムの中から厳選された全14曲が収録されているのですが、個人的には不満が残る選曲。。。なんで「ONE SURVIVE」「Helpless Rain」が入ってないんだよーヽ(`Д´)ノウワァァン!!「ONE SURVIVE」なんて名曲中の名曲なのにねぇ…。そんな不満もありますが、今回は大目に見てやりましょう( ̄ー ̄)

まず、今回のBEST ALBUM用に新録された曲が2曲あります。1つはデビュー作『傷だらけのラブソング』で演じた非行少女・島崎未来が劇中で歌っていた「Amazing Grace」 綾戸智絵によるボーカル・プロデュースが行われ、歌い方がすっかり綾戸節に。頑張って歌ってるのが十分に伝わってくるのですが・・・。う~ん(´~`) 綾戸さん、他人に自分の歌い方刷り込むより自分で歌った方が断然カッコイイんだから、そこまで彼女に綾戸色を出させなくても・・・と思ってしまいました。もう1つはデビュー曲の「STARS」 いっぱいいっぱいな感じだったデビュー当時の音源に比べ、余裕を持って歌っている感じが出ていて、4年間の成長の跡を見ることが出来ます。意外に思う人もいるかもしれないけど、この曲が中島美嘉最大のヒット曲です。あとは、もうおなじみの曲がおなじみの音源のまんま収録されております。ドラマの最終回で披露⇒ジャケット2種類・10万枚限定で発売され即日完売した2nd Single「CRESCENT MOON」「STARS」の制作陣が再集結した珠玉のバラードナンバー「WILL」、枚数限定生産ですぐに売切れてしまったミニアルバムからタイトル曲の「RESISTANCE」“愛して(い)る”という言葉が17回も出てくるその名もズバリ「愛してる」“SEX依存症”をテーマに本人が作詞し、大沢伸一が作曲/プロデュースを手掛けた7分にもおよぶ高速ジャズナンバー「Love Addict」、ガンダムのテーマソングに起用されたスローナンバー「FIND THE WAY」、棒がチョコを(・∀・)チューチュー吸い上げる様を呆然と眺めるCMでおなじみの冬の名バラード「雪の華」COLDFEETが手掛けた「SEVEN」「LEGEND」葉加瀬太郎との競演が実現、日本古来の名曲に新たなパートを付け加えて歌った「朧月夜~祈り」、シンガーソングライター・川江美奈子が提供した儚さの中にもかすかな希望を感じるバラード曲「桜色舞うころ」、そして今年大ヒットした主演映画『NANA』の主題歌で、『NANA』の原作者・矢沢あいが詞を、L'Arc~en~CielHYDEが楽曲提供したことでも話題となったロックナンバー「GLAMOROUS SKY」の全14曲、1つの枠に捉えることのできない中島美嘉の魅力を堪能できる1枚になっております。
【最高位1位/1,204,996枚】
★★★★

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

Usher Presents 『In The Mix』

9c7b9e2a.jpg
Usherの主演映画『In The Mix』のサントラです。Usher本人のソロ曲は収録されていないものの、客演やソングライティングを手掛け、エグゼクティヴプロデューサーとして制作に関与しています。

まず、最初に白状しておきますと、このサントラを買った理由はUsher云々の理由ではございません!!(キッパリ!!)ニカウさんなんてどうでもいいんです。1番の購入動機はChristina Milianの新曲が収録されていること♪Milianのために金を出したと言っても過言ではない( ̄ー ̄)ニヤリ そんなChristina Milianの新曲「BE WHAT IT'S GONNA BE」なんですが、なんとこの曲のソングライティングにはUsherが参加。Milianの大人の色香を感じるセクシーな歌い方が生きた好ミッドに仕上がっています。確実に表現力の幅が広がってます!お目当てのMilian以外にもなかなかいい感じの曲が多かったので紹介すると、現在「Run It!」が全米No.1ヒットを記録中のChris Brownが甘酸っぱいボーカルでしなやかに乗りこなす幻想的なアップ「WHICH ONE」Rico Loveという可愛らしい名前を持つ男ラッパー(名前見て女性シンガーだと思い込んでた・・・)による、フックのエロいロリ声女性ボーカルがイイTHE CORNABOYZ提供の「SETTLE DOWN」ONE CHANCEという男性コーラスグループが歌うMike City制作の流れるようなサビが耳に残るミッド「THAT'S MY WORD」(Usherがボーカルアレンジを担当)、ゲームの効果音っぽい音がループされているクールなトラックが印象的なKeri Hilson「HANDS & FEET」Usherが客演したRico Love「SWEAT」、シタールがエキゾチックな雰囲気を醸し出す男性シンガー・Ryon Lovettによる「GET ACQUAINTED」THE CORNABOYZによる愛らしいトラックが素敵なONE CHANCE「COLD THIS BE LOVE」(ONE CHANCEはこっちの曲の方が好き♪)、Andre Harris & Vidal Davisによる生っぽさとキラキラ感が素敵な落ち着いた印象のトラックとAnthony Hamiltonの味わい深いボーカルが絶妙な「SOME KIND OF WONDERFUL」、繊細な歌声を持つ男性シンガー・Robin Thickeによる独特な世界観をもつスロウ「AGAINST THE WORLD」など、Milian以外が散々だった『Be Cool』のサントラと比べたらかなり満足度の高い内容でした。
★★

I'll be there ♪清貴

00a9c4c5.jpg
小柳ゆきを見出した中崎英也氏によって発掘された天才R&Bシンガー・清貴の1st Album『I'll be there』です。Mariah Careyをコピーしたデモテープがきっかけでメジャーデビューを勝ち取ったというエピソードはあまりにも有名。5オクターブも出るといわれるその歌声には憧れずにはいられません。

収録曲のすべての作詞を本人が手掛け、作曲・アレンジはTJ Fisher(←実体不明)が担当(一部、清貴との共作曲あり)。ガッツリ組んでる感じがいいです。収録曲の中でも1番有名で必聴なのが、20万枚を越えるヒットとなった3rd Single「The Only One」でしょう。サビで一気に盛り上がるツボを心得たメロディが美しいバラードナンバーで、曲中ではMariahよろしくホイッスルも聞かせてくれます。残念なのが、アルバムだとInterludeと地続きになっちゃってることですかね…。Interludeが邪魔だ!!という方はシングルが安く中古で出回ってると思うのでそちらをドゾー。また、感動的なムードがよりいっそう高まった「The Only One(Orchestra ver.)」も収録されていますが、これまたその後に地続きで隠しトラック(Aretha Franklin「Chain of Fools」のアカペラカヴァー)が入ってます。きちんと分けてほしかったなぁ・・・(´~`) 文句垂れるのはこれぐらいにして、ささっと他の収録曲について説明すると、街角で「Chain of Fools」をセッションする1分間の「Opening」、2nd Singleとなった傷心のバラード「VANISHING」、サックスが大人っぽいムードを演出する全英詞の大味のスロウ「You're not alone」、物悲しいピアノの音に後悔の念を歌う「Dear Friend」など、スロウ曲では英語の発音やフェイクなどにまだまだ成長の余地が見られたりする場面もありますが、女性シンガー顔負けのホイッスルからドスの効いたソウルフルな歌い方まで出来る器用さは圧巻です。アップではN'syncあたりを彷彿とさせるPOP寄りのR&Bチューン「No No No」など、全体の印象として全盛期のRodney Jerkins風な結構ありがちな感じのPOP/R&B曲が多く見られますが、決して出来が悪いというわけではなく、あふれる若さでしなやかに歌いこなしている様が印象残る好曲揃いの内容になっています。日本人受けしそうなメロディーラインの曲が多いし、R&B好きの人にも親しみやすい内容だと思います。

最近ではあまり名前を聞かなくなってしまいましたが、今も地道に活動を続けているようです⇒KIYOTAKA OFFICIAL WEBSITE デビューした時はまだ高校生でしたが、現在ではしっかりとした大人の男になっています。
【最高位7位/128,770枚】
★★★☆

Mary Mary ♪Mary Mary

be48f18c.jpg
SONY BMGXCP入りCDとして発売され、交換・回収商品リストに載ってしまったMary Maryの3rd Album『Mary Mary』を御紹介。本来なら返品しておくべきなんだろうけど、いろいろ準備とかが面倒臭いのでしばらく手元に置いておく事にしました。XCP CDについてはまとめサイトにいろいろ詳しく載ってるので、心配な方はぜひ見ておいてください。

そんな大変な騒動に巻き込まれてしまったこのアルバムなんですが、コレが返品に応じるなんて絶対に嫌!!と思ってしまう素晴らしい出来!!デビュー以来、彼女達の曲を多数手掛けてきたWarryn Campbellが手掛けたオープニング曲「BELIEVER」から美しいコーラスと熱い歌声が炸裂。気持ちいいくらいに歌い上げてくれるゴスペルってやっぱり素敵(´∀`人) ジャズっぽい雰囲気の入った小曲「BIGGEST,GREATEST THING」は、昔の海外のホームドラマのオープニングに使われてる曲みたいなあったかくて懐かしい雰囲気が(・∀・)イイ!!ホーンとハンドクラップでアゲアゲなファンキーなディスコチューン「THE REAL PARTY(Trevon's Birthday)」Warryn CampbellBaby Dubbとしてラップで参加した麗しいループが印象に残るミッド「Save Me」、ピアノをバックに力強く歌うソウルが滲み出たバラード「Yesterday」Steve Huffが手掛けたピアノの旋律が切なく胸を締め付ける「WHAT IS THIS」、姉妹の息の合ったコーラスに思わずうっとり&迫力のある歌声に(゚д゚)ウマーと感激してしまう涼やかな中にも“熱さ”を感じるミッド「STAND STILL」、ゴスペルシンガーのKirk Franklinを招いた柔らかなコーラスが心地よい「AND I」、ピアノをバックにした王道を行く〆のしっとりとしたゴスペルナンバー「SPEAK TO ME」と、全曲文句のつけようがない素晴らしい歌声が堪能できる名盤になっております。現在はXCPの入っていない安全な盤が発売されていると思うのでぜひ聴いてみて下さい♪
★★★★

Oral Fixation vol.2 ♪Shakira

22b85c2f.jpg
今年前半に発売されたスペイン語アルバム『Fijacion Oral vol.1』が、ビルボート初登場4位スペイン語アルバムとしては史上最高の週間売上を記録という素晴らしい成績を修めたShakiraさん。前作『Fijacion Oral vol.1』から半年も経たないうちに続編となる英語アルバム『Oral Fixation vol.2』が登場です。葉っぱで大事なところを隠したジャケ(*´Д`)ハァハァ

前作からの1st Single「La Tourtura」が、曲もVIDEOもかなりインパクトのある作品だったので、今回のアルバムからのシングルもアッと驚くようなのが来るのかと期待してたんですが、今作からの1st Singleとなった「Don't Bother」は意外と普通な感じのロックナンバーでした。それでもVIDEOの内容は相変わらずセクシー(*´Д`)ハァハァ 後半から内容がちょっと意味不明になるのも素敵です。まだ見たことがない方はぜひ御覧下さい⇒「Don't Bother」のVIDEO 前作はフランス語のウィスパーボイスから始まりましたが、今作は聖歌のような荘厳なコーラスから始まります。オープニング曲「How Do You Do」は、聖書からの引用っぽいフレーズを散りばめてあるのがユニークなロックナンバー。前作のオープニング曲だった「En Tus Pupilas」は、「Something」とタイトルを変え終盤に登場。同じく前作収録曲の「Dia Especial」「The Day And The Time」というタイトルで英語詞バージョンに生まれ変わっています。Carlos Santanaとの競演が実現したミディアムテンポの「Illegal」、情熱的なラテンロックナンバー「Animal City」、昔懐かしい感じのするロックナンバー「Hey You」、ストリングスとバンドサウンドが交互に登場した美しい仕上がりの「Your Embrace」、歌詞、サウンドともに強気な感じが出た「Costumes Makes The Clown」、子供達のコーラスが入ったリズミカルな曲調に社会的なメッセージを投げ入れた「Timor」など、ロックを基調としながらも様々な要素を取り入れたShakiraワールドが全開の作品に仕上げられています。
【最高位69位/30,416枚】
★★★

Wonderful ♪DOUBLE

dba1d3c3.jpg
約2年ぶりのNEW SINGLE『ROCK THE PARTY』をリリースしたばかりのDOUBLE『Wonderful』です。ジャケットは結構ナチュラルメイクな感じだけど、中の写真の、メイクも衣装もバッチリ決めたゴージャスなTAKAKO姐さんがメチャクチャかっこいいです!

アルバムの中身の方も、ゴージャスでセレブな感じ且つ刺激的な要素も含んだR&B曲が詰まったまさにWonderfulな仕上がりになってます。個人的に一番のお気に入りは先行シングルにもなった「Destiny」 キラキラしたトラックと曲が持つドラマティックな雰囲気が最高です♪Toni Braxtonの名曲「Breathe Again」のカバーでは清楚で繊細なボーカルを聴かせ、Toniが歌うオリジナルとの比較が面白い仕上がりになっています。また、AIの名盤『ORIGINAL A.I.』収録の名バラードのRemixに客演した「My Friend [l'arpege noir mix with AI]」では、日本を代表するR&B歌姫の夢の競演が実現。必聴です!!その他、(・∀・)♪スグイカナクチャ のフレーズのループが効いたバウンシーな「Souljah」、ギターの音が爽やかで、麗しく上品な印象のスロウ「Betcha」、惜しくも昨年この世を去ってしまったラッパー・TOKONA-Xをフィーチャーした「Disturbance」、レゲエテイストも入った妖しく艶かしい「On the double」Trackboyzが原型となるトラックを提供した最高にカッコイイパーティーチューン「Rollin' on」、耳元で優しく囁かれているような感覚が気持ちいいスロウ「Okaeri」、尖った変態トラックが面白い「Had to」など、適度に尖ってるのに優雅で品があってクールな印象を受ける、そんなアルバムに仕上がっています。
【最高位4位/165,685枚】
★★★☆

ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。