(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ΘωΘ) merymer(ΘωΘ) AWARDS 2005

今日はついに来てしまった、2005年最後の日・大晦日です。おとといから公開してきた完全自己満企画 (ΘωΘ) merymer(ΘωΘ) AWARDSですが、今日はいよいよ今年、2005年度を発表したいと思います。賞レース形式だから、スポットの当たる作品、アーティストが少ないので、年明けにはまた別の形で2005年を振り返る企画を用意しているのでそちらもよかったら読んでくださいな。

645f0502.jpg
〓〓〓【主要4部門】〓〓〓
【SONG OF THE YEAR】
We Belong Together ♪Mariah Carey
【ALBUM OF THE YEAR】
The Emancipation of MIMI ♪Mariah Carey
【ARTIST OF THE YEAR】
倖田來未
【BEST NEW ARTIST】
M.I.A.


ジャンル別各賞の発表は続きで♪
[Read More...]
スポンサーサイト

(ΘωΘ) merymer(ΘωΘ) AWARDS 2004

引き続き、過去の自己満音楽賞= (ΘωΘ) merymer(ΘωΘ) AWARDS の結果を発表していきます。今日は去年、2004年です。Destiny's ChildGwen Stefaniが期間ギリギリで超名作を届けてくれたのが印象的な年でした。残念ながらGwenは選から漏れちゃったけど、本当に素晴らしいアルバムでした。あとは、今年大ブレイクした倖田さんが、一足早く賞レースで暴れているのにも注目かな。賞の名前に統一感がないのは気にしないで下さいw

4e02b6a0.bmp
〓〓〓【主要4部門】〓〓〓
【SONG OF THE YEAR】
群青日和 ♪東京事変
【ALBUM OF THE YEAR】
Destiny Fulfilled ♪Destiny's Child
【ARTIST OF THE YEAR】
安室奈美恵
【BEST NEW ARTIST】
加藤ミリヤ



ジャンル別各賞は続きを見てね♪
[Read More...]

(ΘωΘ) merymer(ΘωΘ) AWARDS 2003

88208ca1.jpg
そろそろ2005年も終わりを迎えようとしておりますね。来年の頭には、2005年の総括企画を用意しているのでどうぞお付き合い下さいな。今日と明日は、ブログを始める前から個人的にひっそりと開催していた完全自己満足企画『(ΘωΘ) merymer(ΘωΘ)AWARDS』の過去2年の受賞結果をダラ~ッと書いていこうかと思います。言ってみれば、レコ大/グラミー賞のパクリなんですけどね(ノ∀`)個人的な嗜好がかなり色濃く出てますので、この結果はいただけないと思う部分も多々あると思われますが、「あぁ~、この年はこんな曲があったねぇ~♪」ぐらいの気持ちで読んでもらえれば光栄です。

〓〓〓【主要4部門】〓〓〓
Christina Aguilera
【SONG OF THE YEAR】
Crazy In Love ♪Beyonce feat.Jay-Z
【ALBUM OF THE YEAR】
STYLE ♪安室奈美恵
【BEST ARTIST OF THE YEAR】
Christina Aguilera
【BEST NEW ARTIST】
玉置成実

その他、ジャンル別各賞は続きを読んでね♪
[Read More...]

(miss)understood ♪浜崎あゆみ

9c95fa83.jpg
おハマさんの通算7枚目のオリジナルアルバム『(miss)understood』です。今回のジャケットはちょっとどうなの?って感じですが(CDのみの写真、アレでよくOK出たね…。)、その分初回盤には、CDのみとDVD付で内容の異なるオールカラー写真集が付く豪華仕様となっています。DVDの内容も、10曲分のPVと6曲のメイキング映像が計80分も収録されていて大奮発って感じです。

まず、なんといってもこのアルバムを語る上で避けて通れないのが、衝撃の先行シングル「Bold & Delicious」でしょう。♪ヤヤヤヤガガガガダダダダヲヲヲヲのフレーズが強烈なインパクトを残すこの衝撃曲は、日本でも人気のユニットsweetboxのコンポーザー・GEOが手掛けた作品。賛否両論いろいろあることと思いますが、個人的には笑って許せる範囲ですね(・∀・)ニヤニヤ セールス的にも楽曲的にも安定期が長く続き、そろそろこういう大冒険が必要な時期だと思っていたので、ここでこう来たか~という目線で楽しませてもらいました。今回のアルバムでは、「Bold & Delicious」を手掛けたGEOが提供した曲の比率が高くなっていて、「Fly High」を彷彿とさせるラップパートもあるデジタルダンスナンバー「Ladies Night」、ストリングスの音をふんだんに使ったsweetbox色の強い「In The Corner」、バックコーラスが壮大なバラード曲「Pride」、雨の雫の音などが入った幻想的かつドラマティックな「rainy day」など、これまでの浜崎あゆみとは一味違う世界観を演出しています。その他、おなじみの作家陣によるアルバム曲は、「Moments」を手掛けた湯汲哲也作曲のロックテイストのタイトル曲「(miss)understood)」、物悲しさを漂わせるピアノの旋律からロックサウンドへの転調が印象的な「criminal」(原一博提供)と、tasukuCMJKによるインストが1曲ずつ収録されていて、他はすべて今年発売されたシングル曲。いい意味で軽いイメージのある夏曲「fairlyland」、おハマ式数え歌「STEP you」、イントロが某シャンプーのCM音楽風で、最後にサビがドーンと来る気合いの入ったバラード曲「HEAVEN」、和テイストの入った「魔女の宅急便」風な「Will」など、お得感たっぷりの1枚になっております。
【最高位1位/870,661枚】
★★★☆

テーマ:avex - ジャンル:音楽

& ♪一青窈

c61d1a79.jpg
ぇぇぃぃぁぁ。(←ただ書きたかっただけ。)
一青窈の3枚目のアルバム『&』です。彼女は、独特の言葉づかいをするすごく個性的なアーティストですよね。デビュー当時は、その言葉の使い方がちょっと癪に障って、毛嫌いしてた部分もあったんですが、自分が大人になったせいもあるのかな?今では、彼女独特のセンスが心地良いとすら思えるようになってきました。人って変わるもんだね・・・(ノ∀`)

アルバムの中身ですが、シングル曲の「影踏み」「かざぐるま」「うれしいこと。」のような美しいメロディを持ったわりとゆったりとした“これぞ一青窈!”といった感じの曲ももちろん素晴らしいのですが、♪あたしひととよう! のフレーズがなんか(・∀・)イイ!!ヒップホップの要素を取り入れた「Banana millfeuille」、和風なThe Neptunesみたいなトラックがいい「ホチKiss」のようなタイプの曲も入っていて、すごく面白い仕上がりになっています。その他の曲をざっと挙げると、小林武史が手掛けたロックナンバー「指切り」ヤイコ風な「アンモナイト」(ギターにヤイコ周辺のギタリスト・西川進が参加。)、ギター1本をバックに歌う小曲「Oh la la」、バンドサウンドにストリングスまで投入したいつもよりちょっと豪華な一青節全開の「さよならありがと」など、今回もいろんな一青ワールドが展開されている作品です。意味がわかるようでわかんない感じの歌詞も素敵です。
【最高位5位/209,845枚】
★★★

Taller In More Ways ♪SUGABABES

e3b4f9c2.jpg
先日、メンバーのMutyaが脱退、新メンバーAmelleが加入という電撃的なメンバー交代劇があったSugababesの4枚目のアルバムです。先日、某CDショップで輸入盤が1200円台で売られていたのを発見し、いつ出るかわかんない2000円ぐらいの日本盤より、目に前にある1200円の輸入盤を選ぶ方が賢明だろうと思い購入してきました(・∀・)♪

今回のアルバムにはDallas Austinが大きく関与しています。1st Singleで見事全英1位を3週連続で(σ・∀・)σゲッツ!!したキャッチーなPOPソング「Push The Button」、南部ヒップホップノリの「Gotta Be You」スガバベス「Unpretty」といった感じのメッセージソング「Ugly」、宇宙的なシンセの音にロックテイストを盛り込んだ「Obsession」、ねちっこいベースとシンセ音が絡み合う変態曲「It Ain't Easy」Dallas Austinによるお仕事。その他には、BjorkMadonnaらを手掛けてきたGuy SigsworthがProduceし、Cathy Dennis(Britney Spears「Toxic」など)がソングライティングに参加したキャッチーな「Bruised」、冷やかなオーケストラアレンジに微かなノイズ音が重なるミディアムテンポの「Follow Me Home」、賑やかなポップナンバー「Red Dress」、退廃的なビートとオーケストラの音が融合する「2 Hearts」など、Dallasを起用することでUS色を取り入れつつもUKらしさを失うことなく仕上げられたアルバムになっています。

噂によると、既に新体制の3人でこのアルバムの収録曲を数曲レコーディングし直したとの情報が…。日本盤は新しい3人で録り直したやつで出たりするのかな・・・(´・ω・`)ショボーン(※結局出ませんでした…( ゚д゚)、ペッ)
★★★☆

So Amazing: An All-Star Tribute to Luther Vandross

236db3fe.jpg
2年余りに及ぶ闘病生活の末、今年7月1日に54歳でこの世を去った偉大なR&Bシンガー・Luther Vandrossのトリビュートアルバムです。彼の病状の回復を祈るかたちで制作されていたというこのトリビュートアルバムですが、結果的には、彼を尊敬してやまないスター達が一堂に会し、彼の功績を讃える追悼盤になってしまいました。・゚・(ノД`)・゚・。

それにしても、このアルバムに参加している面子はとにかく豪華。参加アーティストを見るだけでも、いかにLuther Vandrossというアーティストが多くの人々から愛されていたのかがわかります。個人的に、Lutherの曲はあまり多く知らないのですが、そんな人でも十分に楽しめる内容になっています。ざっと収録内容を書き出すと、Mary J. Bligeが余裕たっぷりに歌う軽やかな「Never Too Much」、現在の♂R&Bシーンのトップを行くUsherによる「SUPERSTAR」Fantasiaのダイナミックな歌唱が気持ちいい「'TIL MY BABY COMES HOME」Aretha FranklinLutherへの思いを込めて歌っているのがひしひしと伝わってくる「A HOUSE IS NOT A HOME」、ダンスアレンジで仕上げてきたDonna Summerによる「POWER OF LOVE」Lutherの生前最後の共演者であるBeyonceは、妹のSolangeがソロアルバムの収録曲でネタ使いしていた「So Amazing」STEVIE WONDERとデュエット。Alicia Keysは、先日発売された『Unplugged』の中でも素晴らしい喉を聞かせてくれたバックコーラスのJermaine Paul「IF THIS WORLD WERE MINE」をデュエット。Elton JohnLutherの擬似デュエットの「ANYONE WHO HAD A HEART」Celine Dionがしっとりと言葉を噛み締めながら歌う晩年のヒット曲「DANCE WITH MY FATHER」、完全に自分の世界に染め上げてしまっているWyclef Jeanによる「ALWAYS AND FOREVER」John Legendが歌う極上のラヴソング「LOVE WON'T LET ME WAIT」など、各人がそれぞれの解釈でLutherが歌ってきた名曲の数々を披露しています。他には、Angie StoneJamie FoxxBabyfacePatti Labelleが参加。Producer陣も、Jam & LewisRaphael SaadiqThe Underdogsなど本当に豪華すぎる作品です。
【最高位87位/12,234枚】
★★★

LOVE & LIFE ♪LaToya London

aed18123.jpg

『American Idol』でファイナリストまで行った実力派シンガー・LaToya Londonのデビューアルバム『LOVE & LIFE』です。発売前から[欲しいCDリスト]に入れていたものの、金銭的な余裕もないし、なにしろ肝心の曲を聴いたことがないという理由からアルバムの購入を見送っていたんですが、先日、久々に大きなCDショップに立ち寄った際に「APPRECIATE」のシングルを試聴して一聴惚れ♪⇒即アルバムを購入(・∀・) いやぁ、コレ本当に買ってよかった。当たり作品です♪

個人的なお気に入り曲を挙げると、購入のきっかけになった先行カットでThe RootsBlack Thoughtをフィーチャーした清々しく突き抜けるようなアップ「APPRECIATE」Mariah Carey「Fantasy」Diana Ross「Upside Down」を彷彿とさせるベースラインがキモの「SCANDALOUS」Narada Michael Waldenが手掛けたギターの音が爽やかなミッドテンポの「EVERY PART OF ME」、同じくNarada Michael WaldenがProduceしたディズニー映画のテーマ曲に使われていてもおかしくなさそうなイメージの王道バラード「LEARN TO BREATHE」David Fosterも関与した大人のムード漂う熱唱系スロウ「STATE OF MY HEART」Barry J.Eastmondの手による終盤にかけて盛り上がっていく感じが(・∀・)イイ!!スケール感のあるバラード「WAITING FOR YOU」、ピアノときらりとしたアレンジが美しいしっとり&熱唱系バラード「I CAN'T HIDE(WHAT'S IN MY HEART)」Celine DionもカヴァーしたことがあるERIC CARMENの名曲「ALL BY MYSELF」のカヴァーなどなど。ジャケットからも想像がつくように、際立って目立つド派手な曲はないものの、味わい深い良曲が満載のアルバムに仕上がっています。最近、こういう一見地味だけど、アルバム1枚を通して聴くとどんどんイイ味が出てくるアルバムが好きな傾向にあるので、まさにツボなアルバムでした。
★★★★

プッチベスト6

3f4dcd94.jpg
ハロプロの年末恒例コンピ『プッチベスト』が今年も登場です。今回、2001年の『プッチベスト2~三・7・10~』以来、実に4年ぶりに新品で『プッチベスト』を買ってみました♪ というのも、今年のハロプロは去年、一昨年あたりと比べて、個人的当たり曲が多かったのです。今年は、ここ2~3年すっかり冷めていたハロプロ熱が再上昇してきた1年となりました(・∀・)

収録されているのは、どれもハロプロ勢がここ1年で放った代表曲ばかり。80年代後半のユーロビートっぽいアレンジが懐かしくてたまらないDFE.DIVA(安倍なつみ・後藤真希・松浦亜弥・石川梨華)の「好きすぎてバカみたい」、奈良の騒音B-Girl・Miy●coの名クラシック「HIP HOP SHIT」のリズムを引用した(?)石川梨華率いる美勇伝「紫陽花アイ愛物語」Miy●coにインスパイヤされた(?)がジャケットに布団たたきを持って登場したことでも話題となった、t.A.T.u.「Not Gonna Get Us」を彷彿とさせる仕上がりのW「Missラブ探偵」安倍なつみが歌う島谷ひとみ風な「恋の花」、第7期メンバー・久住小春を迎えたモーニング娘。による情熱的な「色っぽい じれったい」中澤裕子・飯田圭織・( `.∀´)・稲葉貴子という濃すぎるメンバーが集まったシャッフルユニット“プリプリピンク”の「人知れず 胸を奏でる 夜の秋」、本人が出演した「午後の紅茶」のCMソングとして話題になった松浦亜弥「気がつけば あなた」ベスト盤が出たばかりの後藤真希が歌うKAN作曲のバラード「スッピンと涙。」、小中学生ユニットBerryz工房「スッペシャル ジェネレーション」などなど。欲を言えば、ぁゃゃは紳士服のCMソングだった「ずっと好きでいいですか」ベリ工「なんちゅう恋をやってるぅ?YOU KNOW」の方が好きなので、そっちを収録して欲しかったな…。まぁそれでも、1枚で今年のハロプロを振り返ることが出来るナイスな内容になってるのでほぼ満足でした。
【最高位22位/16,199枚】
★★★

EXODUS ♪Ja Rule

01f61ac0.jpg
The Inc.の若頭、Ja RuleのBEST ALBUMが登場!!タイトルはUtadaの全米デビュー作と同じ『EXODUS』。何の因果があるのか知りませんが、Ja Rule『EXODUS』も全米チャートで初登場100位以内に入れませんでした(ノ∀`) アチャー まぁ、ベストだから仕方ないんだろうけどね...。このアルバムもAshanti同様、日本盤にボーナストラックが付く予定がなさそう(というか収録時間に余裕がない)なので輸入盤を購入。

まず、最初に不満ぶちまけていいですか?

何で「Between Me And You」が入ってないの(゚Д゚)?

我が愛しのChristina Milianをフィーチャーした大ヒット曲が入っていないとは、これいかがなものか。
( ´_ゝ`).。oO(まぁ、音源は持ってるから別にいいんだけどさ…)
まさか削られるとは思ってなかったから軽くショックでした…。不満は以上。

気を取り直して収録曲を掻い摘んで紹介していくと、J.Loのラテン曲を大胆にRemixして大ヒットした「Ain't It Funny(Murder Remix)Feat.J-Lo,Ja Rule & Caddilac Tah」Ashantiとの抜群の相性を見せ、全米チャートを制覇した「Always On Time」、再びAshantiと組んだ「Mesmerize」Bobby Brownをフィーチャーした「Thug Lovin'」Lil'Moの客演女王っぷりと落ち着いた雰囲気が心地よい「I Cry」、激キャッチーなフックを持つデビュー曲「HOLLA HOLLA」DMXJay-Zと濃い♂ラッパー3人が集まった「It's Murda」Vita客演のキラキラしたトラックが爽やかな「Put It On Me」Jaのスムースなマイク捌きが気持ちいいCase客演の「Livin' It Up」50CENTとのビーフ絡みの「Clap Back」「NEW YORK Feat.Fat Joe & Jadakiss」R.KellyAshantiを迎えた歌モノ度高めな「Wonderful」など、おなじみの曲が詰まったアルバムになっています。他にIntroとOutroを含めて新曲が3曲収録されています。
【最高位215位/2,420枚】
★★☆

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

Collectables by Ashanti ♪Ashanti

7586de44.jpg
The Inc.の悪評続きで、すっかり落ち目ムードが漂いつつあるAshantiさんのRemix曲&新曲4曲を収録した企画盤『Collectables by Ashanti』です。日本盤待ちしてたんですが、ボーナストラックが付く予定が無さそうなのに、2548円もするのは納得がいかない( ゚д゚)、ペッ と思い、輸入盤を買ってまいりました。Ashantiさんには、過去に『Ashanti's Christmas』の日本盤でもボッタクられましたからね…。もう同じ過ちは繰り返さないぞ!

そんなわけで、まずは今作に収録された新曲4曲について。リード曲の「Still On It」は、Paul WallMethod Manを迎えた無機質なビートがクールな1曲。新曲の中でも1番インパクトがあって悪くはない出来ですが、Ashantiさんがやる必要性があったのかを考えるとやや疑問が浮かぶかな…。好きだけどね。他3曲は、爽やかな歌声でI Love Youを連呼する清涼メロウチューン「I Love You」Chink SantanaIrv Gottiの手によるこれぞAshanti!!な安心感(≒マンネリ とも言う)がある「Show You」Full ForceIrvが手掛けたヴォーコーダー使いのメロウな「I Found It In You」と、どれも平均点以上の出来です。Remixの方は、まず、トラックを変えずにCaddillac TahMerceJa RuleBlack Childの雄々しい面子を投入した「Only U Remix」が(・∀・)イイ!!もともとオリジナルを聞いた時に、このトラックはシンガー1人でやるには不向きな曲だと思ったので、ラップが入ったことで曲が引き締まって、やっと完成形になったって感じを受けました。Ja RuleCharli BaltimoreHussein Fatalが参加した「Rain On Me Remix」はトラックと歌が微妙に合ってなさげなのが不穏なムードを醸し出してて、それが逆にいい感じです。Black Child客演&JBネタでカッコ良く生まれ変わった「Breakup 2 Makeup Remix」Michael Jackson「Rock With You」を弾き直して引用したセンスが光る「Rock Wit U(Awww Baby)Remix」、女性ラッパー・Freeのラップが入ってグッとシャープになった「Focus」など、好Remix満載で大満足な内容になっています。
【最高位155位/2,895枚】
★★★☆

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

LOVE COOK ♪大塚愛

539843c6.jpg
毎回アルバムタイトルがエロい隠語だったりする大塚愛の3枚目のアルバムです。今回のタイトルは『LOVE COOK』 普通に考えればどうってこと無さそうなタイトルですが、前2作の“前科”があるので、それを念頭に置くと今回もやっぱりエロが連想されるようにタイトルが付けられていると容易に想像つくことかと思われます。

アルバムの内容ですが、今年発売されたシングル曲(「黒毛(ry」を除く)と、『NANA』のトリビュート盤『LOVE for NANA~Only 1 Tribute~』に収録された「Cherish」といった既出曲5曲と、新曲7曲の計12曲入り。DVD付盤と、初回限定で絵本付盤、写真集付盤とCDのみの通常盤という商魂逞しい全4パターン、ジャケット3種類で発売されてます。ちなみに、自分はジャケが1番まともだと思った写真集付を購入。(絵本の方がよかったと軽く後悔。。。)曲の話になると、やはり1番の出来は「Cherish」 この曲は、彼女の曲の中で1番好きかも。こういう系統の曲を何曲か期待していたんですが、残念ながらこれを越すものはありませんでした。それどころか、この“ネ申 曲”の後に続く「ラーメン3分クッキング」、「Cherish」で感激した気分を一気にズッコケさせてくれるコミックソングでかなり萎え~(´Д`) まぁ、この急激な落とし方が大塚流なのかな…とどうにか自分を納得させてます。他の収録曲についてざっと紹介すると、スカパラっぽいアレンジがいい「東京ミッドナイト」、穏かに始まり、サビで炸裂する小曲「5:09a.m.」、某ゲームのテーマソング「素敵だ(ry」をインスパイヤした花火や尺八の音を取り入れた切ないラブソング「プラネタリウム」、ストリングスを取り入れたしっとりと流れるような「羽ありたまご」、初めて聞いた時、吉川ひなのが歌ってると素で勘違いした初のシングルチャート首位獲得曲「SMILY」、沖縄民謡っぽいコーラスが入ったコミカルな「U-ボート」など、お遊び全開なものから、シリアスなロックまで幅のある内容になっています。個人的には、お遊び抜きな明るい曲がもう少し欲しかったのと、「Cherish」路線がないのがやや不満な点でした。それだけに、なんだか中途半端な印象が拭えないんですが、おそらく大ヒットするであろうこのアルバムに「Cherish」が入ったことで、この曲がさらに多くの人に知れ渡るから、それならまぁいいかな~っといった感じです。
【最高位1位/837,851枚】
★★★

テーマ:avex - ジャンル:音楽

ひとりあそび ♪柴咲コウ

6f4963cb.jpg

女優としてはもちろん、歌手としても大活躍している柴咲コウの2nd Album『ひとりあそび』です。「月のしずく」「かたちあるもの」「Sweet Mom」など、バラードのイメージが強そうな彼女ですが、アルバムには実に様々なサウンドが散りばめられていて、聴き応えのある素晴らしい作品に仕上がっています。

ドラマ『世界の中心で愛をさけぶ』の主題歌で、60万枚を越す大ヒットを記録したシングル「かたちあるもの」がなぜか未収録なのが大変残念なのですが、その超名曲を抜きにしても全然問題ないほど素晴らしい楽曲が揃っていたので、結果的には大満足でした。R&Bテイストの入った「恋愛感染経路」、2ステップっぽいビートが心地いいクラブテイストの「不自然な空気と果実」、ドラムンベース調のリズムとストリングスの組み合わせが絶妙なトラックの上で甘ったるい歌声を聴かせる「Graybee」、凛とした歌声が活きた日本情緒溢れるバラード「合わせ鏡」、3拍子のジャジーで幻想的なバラード「Strange space」、ふわふわキラキラしたイメージのポップナンバー「Glitter」、全体的な暗くどんよりとした雰囲気と、サビで晴れ間が差すかのように登場するストリングスとの対比がいい「濡れた羽根」、和のテイストをアレンジにふんだんに取り入れた「漆黒、十五夜」、バラードの時とは一味違う明るいトーンの歌声を聴かせるアップテンポの「若手クリエーター」「月のしずく」の2番煎じ的な印象はあるものの、琴線に触れるメロディラインに心を動かされるバラード「Sweet Mom」など、クオリティの高い楽曲が並ぶ好盤です。
【最高位6位/113,063枚】
★★★☆

プレミアムベスト① ♪後藤真希

2571d36a.jpg
1999年、13歳モーニング娘。に加入。金髪中学生美少女という衝撃的なルックスが話題となり、モー娘。を一躍国民的アイドルの座へ押し上げた原動力となった後藤真希。そんな彼女も今年の9月で20歳を迎え、ここらで一区切りつけてみようということで初のベストアルバムが登場です。ただ単にシングル曲を並べただけではなく、新たなバージョンで収録された曲も多く、コアなファンからライトファンまで楽しめるアルバムになっています。

1曲目は、初登場1位を記録したソロデビュー曲の「愛のバカやろう(バカやろうVersion)」。サビ前に「バカやろう…」というセリフが入った特別バージョンになっています。(個人的にはセリフ(゚⊿゚)イラネw)大きくアレンジが変更されているのが、2nd Singleの「溢れちゃう...BE IN LOVE」。といっても、この曲はオリジナルがJessica Simpson「Irresistible」のパク(ry で話題になった曲なので、そのまま入れるのはさすがにマズイだろということで、大幅なアレンジ変更はやむを得なかったのかもしれません。このアルバムでは“プレミアムVersion”と題されて、すっかり大人しいアレンジになってます。大人っぽいしっとりとしたセクシーさが出てるので悪くはないですが、やっぱりオリジナルの尖った感じ、パ●リ丸出しな感じの方が個人的には好みかなぁ。オリジナルが聞きたい人はシングルのみ収録になっているので、中古で安く手に入れて下さい。その他には、安倍なつみ・松浦亜弥・石川梨華とのユニット『DEF.DIVA』「好きすぎてバカみたい」のソロバージョン、アグレッシヴなダンスナンバー「抱いてよ!PLEASE GO ON」の今年の夏のLIVE音源、ソロで初出場した紅白で歌った杏里の「オリビアを聴きながら」の2005Version、シャ乱Qはたけ提供のロックチューン「横浜蜃気楼」「愛は勝つ」でおなじみのKANが提供したバラード曲「スッピンと涙。」、タイトルを見て(ノ∀`) アチャーと思った「原色GAL 派手に行くべ!」、このアルバム用の新曲「二十歳のプレミア」といった楽曲が収録されています。個人的な欲を言えば、シングル曲は全部オリジナルのまま入れて欲しかったし、消したい過去なのか、はたまた権利関係の事情があるのかわからないけれど、「サントワマミー/君といつまでも」が入っていなかったのが残念に思いました。最近は、すっかり一般人の関心の対象外になってるハロプロ関連だと思いますが、何気に良曲が多いので是非聴いてみて下さいな♪
【最高位10位/29,627枚】
★★★☆

THE GREATEST HITS VIDEO COLLECTION ♪TLC

61aceb8c.jpg
今まで我慢してきた甲斐がありました(;´Д`)ハァハァ 90年代頂点を極めた最強のガールズグループ・TLCのビデオクリップを完全収録したDVDが出ました。2年前のGREATEST HITSの発売に合わせて出たDVDに未収録だった曲もちゃ~んと収録されています。過去に2作、PVを集めたDVDが出てますが、間違いなく今回のDVDがおすすめです!!(※おまけ映像はないけど…)今回は1曲ずつ観て、時には観ながら踊ったりして感じたことを曲ごとに述べていこうかと思います。

①Ain't 2 Proud 2 Beg
記念すべきデビューシングル。カラフルな色使いがまぶしく、男の子たちの角刈りヘアも時代を感じさせます。LISAのかぶってる変な形の大きな帽子がすごく気になる。ラストのお歯黒LISAが可愛すぎ!!

②Baby Baby Baby
メインボーカルのT-BOZの後ろで、ラップパートのないLISAがカラフルな変わったデザインのリュックを背負っておちゃめに動いてるのがたまらんとです。クマのぬいぐるみを持ったり、女の子っぽい表情を見せるCHILLIも可愛い♪

③What About YourFriends
「Ain't 2 Proud 2 Beg」の続編的な内容。原色がまぶしいカラフルな色使いや、ノリノリなダンサー(エキストラ)たちがとにかく賑やかなVIDEOです。LISAのかぶる帽子も種類が増え、奇抜度UP↑

④Hat 2 Da Back
原色だけでなくモノクロのシーンも織り込んだVIDEOです。2分9秒あたりでLISAレイザーラモンHGに・・・w 1stの頃はとにかく明るくて元気いっぱいなイメージで、見てて本当に踊りだしたくなりますね~(゚∀゚)ポゥ!ポゥ!!

⑤Creep
グッと大人っぽくなり、自然とセクシーさも出るようになった2nd Album「crazysexycool」からの1st Single。後にdosにパクられるシルクのパジャマ風衣装(CHILLIの動き(*´Д`)ハァハァ)や、T-BOZイケメンラッパ奏者のいい感じな雰囲気のシーン、モノクロのダンスシーンでの股をパカパカ開けた振り付けが目に焼きついて離れないVIDEOです。

⑥Red Light Special
カジノ?を舞台にしたVIDEO マッチョ野郎が大量に登場。鍛え上げられた肉体をエロ~くくねらせてます。落ち着いた曲調に合わせてか、モノクロのシーンが多いです。CHILLIの表情がセクシーすぎて鼻血注意法発令。T-BOZも男に足をぺろぺろされてます。

⑦Waterfalls
出ました、ネ申PV!!歌詞の内容に合わせたドラマ部分と、TLCがまるで大海原に立って歌っているかのような美しい広がりを感じる映像、そしてなんといってもメンバーが液体になって滝の前で踊るCG部分はインパクト大。

⑧Diggin' On You
大盛況のLIVE映像が使われたVIDEOです。ここでもLISAの可愛さが凄まじい(;´Д`)ハァハァ 是非、1度生で“LISAのいるTLC”を見たかったな・・・。

⑨NO SCRUBS
近未来的なアルバムジャケに合わせた無機質な空間の中で、3人が歌い、踊り、喧嘩?もするVIDEOです。赤毛のT-BOZが(・∀・)カッコイイ!!機械的な変な動きをするT-BOZLISAも良い。最後の方でバトルしてるのはどうみてもT-BOZ & CHILLI VS LISAという構図。実際もこんな感じになってたのかな…と勘繰ってしまいます(ノ∀`)

⑩Unpretty
この曲のVIDEOの見どころはなんといってもCHILLIの演技。彼氏のために豊胸手術を受けようと決意した女性が葛藤する様を見事に演じています。そりゃ、胸から食塩水取り出してるの見たら逃げ出したくもなるさ(´~`)T-BOZがいきなり男達と口論になるのがいまいちよくわかりません…。

⑪Dear Lie
LISAだけ衣装がワンパターンで扱いがよろしくない印象を受けますが、ウサギちゃん?みたいな髪型がすごく似合ってて可愛いです♪CHILLICrystal Kayに見えますw

⑫GIRL TALK
LISAを失ってしまったTLCが、彼女の遺志を引き継いで完成させた4th Album「3D」からの1st SingleのVIDEOは、TLCらしいダンスシーンが中心ながら、LISAへの追悼も盛り込んだ内容。LISAの明るい人柄を表すかのように追悼的な内容でも全然湿っぽくなってないのがいいです。「出口」「土産」などと書かれた看板が躍る偽東京も登場。

⑬DAMAGED
無職、浮気、DVと3拍子揃った最低夫に振り回される女性の苦悩と解放を描いたストーリー性のあるVIDEOです。こういうメッセージ性の強いVIDEOはTLCの十八番ですね。T-BOZの男っぽいロックな姿に惚れ惚れ。

⑭Hands Up
近未来的なストリップバーが舞台のセクシーな内容。セクシーといっても男が脱ぎまくってるんだけどw 変態マッチョ大量発生。

⑮Turntable過去のVIDEOの映像を切り貼りして繋ぎ合わせただけの手抜きVIDEOと言ってしまえばそれまでですが、心なしかLISAの映像が多めに使われている気がして、切なくなってくるVIDEOです。誰が何を言おうと、TLCはT-BOZとLISA、CHILLIの3人でなければTLCではないということを改めて思い知らせてくれます。

持ってて絶対に損はないDVDだと思うので、チェックしてみてください♪
★★★★★

ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。