(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月間音楽BEST 1月の巻

TRF1

いつも遊びに行かせてもらってる木津健さん企画に乗ってみました♪
こういうの大好き(・∀・)ニヤニヤ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


『楽曲部門』


No.1:Where to begin ♪TRF
No.2:Lies ♪倖田來未
No.3:You ♪木村カエラ
No.4:Be without you ♪Mary J. Blige
No.5:Shake It Up ♪倖田來未
No.6:Everlasting ♪BoA
No.7:(・∀・)チャカポニ♪ ♪Beyonce feat.Slim Thug
No.8:supernova ♪BUMP OF CHICKEN
No.9:透明人間 ♪東京事変
No.10:I Found My Everything ♪Mary J.Blige


楽曲部門の主な選出理由をどうぞ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
TRF最高ーーーー!!!!
D.D.D.よりユアマバッボーの方が好きになってしまいました。
カエラは♪●●だぁ~~、You~ ってところの♪You~ の絶妙なタイミングが好きw
BUMPはカラオケで歌いやすいから◎

sonicstageで聞いた回数が基本で、
それに曲のネ申具合を加味して(オヤジ化進行中。。。)選びました。

あと、選外で
「ハグしちゃお」♪夏川りみ

バイト中に流れてる有線で1番洗脳された曲。
今年の紅白はぜひコレでお願いします。(無理!?)


『アルバム部門』


No.1:The Breakthrough ♪Mary J. Blige
No.2:OH MY DARLIN’~Girls Having Fun~ ♪中ノ森BAND
No.3:大人 ♪椎名林檎
No.4:(miss)understood ♪浜崎あゆみ
No.5:D-Rock with U ♪三浦大知
No.6:Still Only One ♪YA-KYIM
No.7:Rose ♪加藤ミリヤ
No.8:Chris Brown ♪Chris Brown
No.9:mihimalife ♪mihimaru GT
No.10:The Emancipation of MIMI‐ULTRA PLATINUM EDITION‐ ♪Mariah Carey


アルバム部門の主な選出理由をどうぞ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
MJBさんは断トツで1位
中ノ森BAND(・∀・)イイヨー!!大当たりです◎
事変も、かなり素敵です。
㍉ヤは昨日聴いたら、やっぱものすごく良いアルバムだと思ったので入れちゃいました。
K,Yoshikaは惜しくも漏れ。
いいアルバムだったんだけど、ちょっと印象が薄かったかな。。。

総評をどうぞ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
1月は年初めだから、リリースがそんなに多くなかったから、
結構スカスカな印象でした。
相変わらず女性上位継続中っと...。

スポンサーサイト

DREAMER FC EVENT@渋谷 o-west

dc395617.jpg
長年のファンである小柳ゆきのファンクラブイベントがあったので、友達と2人で行ってきました。すっごくいい体験してきましたよ(・∀・)ニヤニヤ

イベントの内容は、LIVE⇒質問コーナー⇒プレゼント抽選会⇒2ショット写真撮影!!というファンクラブイベントならではのスペシャルな内容でした(´∀`)
LIVEのセットリストはたぶんこうだったハズ。。。
①Super Sexy Woman
②Hot Stuff(Donna Summerのカヴァー)
【MC】
===客によるゆき姫へのHappy Birthday♪===
③永遠
④remain~心の鍵
【MC】
⑤Somebody Else's Guy(Jocelyn Brownのカヴァー)
⑥cross colors
⑦愛情
⑧prove my heart
【MC】
⑨あなたのキスを数えましょう~You were mine~
⑩fairwind


ロックでワイルドなオープニング2曲の迫力も凄かったけど、圧巻だったのは、この前の競艇記者発表の時も素晴らしかった「remain~心の鍵」と、ずっとカヴァーしたかったと言っていたハウスディーヴァ・Jocelyn Brown「Somebody Else's Guy」のカヴァー。特に後者は、冒頭の部分がまさにソウルディーヴァといった感じで、かなり熱が入っててカッコ良すぎでした!MJBさんArethaが乗り移ったのかと思ったよ。「愛情」では珍しく観客にマイクを向けて、みんなで合唱。こういうことが出来るのもファンクラブイベントならではですなぁ~。現在、競艇のCMソングでOA中の今春発売予定の新曲「fairwind」ももちろん歌ってくれました。やっぱ生小柳は最高ですよ!

LIVEの後は、質問コーナーです。LIVEの途中のMCでもそうだったんだけど、小柳氏はやたらと“アレ”という言葉を使って、いろいろ誤魔化しますw 最後の曲の時とか、「これで最後のアレなんで、この後はあんまり楽しくないアレがあるんで、そういう感じでアレして下さい。。。」みたいな感じで、“アレ”を連発。でも、この言葉、結構使えそう。なんかハッキリ言いたくない時とか、面倒臭くなった時には使うようにしようっと。プレゼントの抽選会はカスリもしませんでした( ´_ゝ`)フーン

そして、最後はお待ちかねの写真撮影です!! 1人2枚撮影できて、2ショットで1枚と、友達と3ショットで1枚撮ってもらいましたv(・∀・)v 2人で撮った方は、自分の手が顔にアザみたいな陰を作っちゃってあんまりよく撮れてなかった_| ̄|○ 撮影の時に、小柳氏から「お若いですね~」とお褒めの言葉(?)を戴きました(・∀・) その他に軽~く上●高校話もしたりして、最後には握手をして、撮影は終了。最後の最後、会場を出る時に直筆サイン入りの“アレ”を戴いて、帰りました。あ~、いい日だったー!!

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

Chris Brown ♪Chris Brown

34541215.jpg
デビュー曲「Run It!」がいきなりBillboard Hot1005週連続1位を獲得する大ヒットを記録した16歳の超大型新人・Chris Brownのデビューアルバム『Chris Brown』を買ってまいりました。

アルバムの内容は、ヤングな男の子だから元気な曲が多いのかな~と思いきや、ミディアム~スロウテンポの曲が多かったです。やっぱ“スロウ(゚д゚)ウマー=実力派”っていう風潮が強いのかなぁ…。そんなの歳を重ねてからで徐々に見せていけばいいのに…。若い今だからこそ、終始アゲアゲで行ってもらいたかった、というのが本音です。アップ大好き人間だから、ちょっと物足りなさが残りました。それでも、なかなか楽しめましたけどね♪アップと言えるのは、Scott Storchが手掛けたUsher以降の空気感たっぷりのクランク&Bチューン「Run It!」(Juelz Sanatana客演)と、小っさいオッサン=Jermaine DupriBow Wowを引き連れ、別スタイルを提示した「Run It!Remix featuring Bow Wow & Jermaine Dupri」、ボーナストラックでゴスペル風味の効いたピースフルなラブソング「So Glad」ぐらい。あとは、比較的落ち着いてます。ドラマティックなクラシック風ループにクランク風味を絡ませたScott Storch制作の「Gimmie That」Andre Harris & Vidal Davisによる落ち着いた中にも暖かみを感じる2nd Single曲「Yo(Excuse Me Miss)」The UnderdogsがProduceした純粋で真摯な態度が伝わってくるラブソング「Young Love」、同じくThe Underdogsによる心地良さ満点のミディアムナンバー「Ya Man Ain't Me」、アコースティックな佇まいとキラキラ幻想的なサウンドが同居した「Just Fine」Bryan-Michael CoxKendrick "Wyldcard" Deanによるドラマティックな美曲「Say Goodbye」、他の楽曲群とは一味違う“重み”を感じる「Seen The Light featuring Rico Love」、若年シンガーの1st Albumにはお決まりの題材で、とにかく感謝しまくりな「Thank You」など、制作陣もかなり豪華で、1曲1曲しっかり作られているので聴き応えのある1枚だと思います。
【最高位29位/52,067枚】
★★★☆

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

Dynamite out ♪東京事変

f938ced9.jpg
椎名林檎率いる個性派揃いのバンド・東京事変の初の全国ツアー「Dynamite!」の名古屋公演の模様を収めたLIVE DVD『Dynamite out』を、購入から約5ヶ月経った今、やっと最後まで見終えました。やっぱり、DVDの放置プレーは(・A・)イクナイ!!よね…。

収録されているのは、東京事変の1st Album『教育』の収録曲を中心に、椎名林檎ソロ時代の楽曲やカバー曲、そして新作『大人』にも収録されている新曲など計25曲のボリュームたっぷりの内容です。とにかく圧巻なのが、林檎姫の歌ですね~。貴婦人のような上品かつ艶のある佇まいが実に素晴らしい。楽譜通りに歌うだけの歌手とは一味もふた味も違う何とも言えない魅力的な歌唱には、歌い手というより舞台女優のような雰囲気を感じました。どこをどう切り取っても“椎名林檎の歌”でしかないって感じで、とにかく素敵です♪ということでどの曲も素晴らしいのですが、その中でも特に好きな曲を挙げていくと、H是都Mが間奏で「猫踏んじゃった」を弾き、終盤では手拍子で盛り上がる「母国情緒」林檎姫のこぶしの効いた歌い回しがカッコ良すぎる上に鍵盤ハーモニカまで演奏してしまう美空ひばり「車屋さん」のカバー、1人スポットライトを浴びながら客席に手を伸ばして熱唱する「同じ夜」亀田誠治がこのツアーのために書き下ろしたキャッチーな新曲「透明人間」(新作『大人』にも収録。)、拡声器を使って歌う「サービス」など。特に「透明人間」はアルバムに収録されているバージョンより、LIVEのアレンジの方が(・∀・)イイ!!なお、このツアーのドキュメント映像などを収録した『Dynamite in』というDVDも発売されておりますので、セットで楽しむことをおすすめ致します。って言ってる自分は『Dynamite in』の方は買いそびれてるんだけどね…(ノ∀`) アチャー 近いうちに買っておきます。。。
★★★☆

テーマ:東京事変 - ジャンル:音楽

大人 ♪東京事変

b99ad61f.jpg
鍵盤のH是都M、六弦の晝海幹音が脱退し、新たにギターに浮雲、キーボードに伊澤一葉が加入、第2期に突入した東京事変の弐発目のアルバム『大人』(“アダルト”と読みます。)です。ジャケットに香水の写真が使われているのに関連して、DVD付きの限定盤にはオリジナルの香りが付いてきます。開けたら匂ってくるんだけど、あんまりいい匂いじゃなかった…。なんとも表現し難い香りでした(ノ∀`) その他、限定盤にはアルバム収録曲「秘密」のLIVE映像が収録されたDVDが付き、ケースの仕様も豪華になってます。今回も曲順はシンメトリー。

収録曲をさーっと紹介すると、古いレコードの様なくぐもった音のイントロから一転、すたこらさっさと駆け抜けていく「喧嘩上等」、名曲「ギブス」「おだいじに」を掛け合わせた印象(あくまで個人的に…)な亀田誠治作曲の「スーパースター」、ドラマ『大奥~華の乱~』の主題歌だった「修羅場 adult ver.」、昭和歌謡のようなねちっこいサビから女の深い情念を感じる「雪国」、サビの最後の♪…のっさぁ~の声にゾクゾクする「ブラックアウト」、初披露されたツアーの時よりポップなアレンジに仕上げられた「透明人間」、ジャジーな「黄昏泣き」等々。。。自分が成長したせいか、林檎姫の作風の変化のせいかはわからないけど、歌詞の内容も深く理解できるようになりました。もともと椎名林檎の世界観が大好きな人間なので、今回のアルバムも満足な内容でした。
【最高位1位/293,604枚】
★★★★

テーマ:東京事変 - ジャンル:音楽

GREATEST HITS ♪★NSYNC

9b504e2e.jpg
アルバムが全世界で記録的な大ヒットを記録していながらも、日本での知名度はイマイチなボーイズ・グループ・★NSYNCのDVD付きの『GREATEST HITS』を買いました。日本盤はジャケットの背景が赤、輸入盤は青。曲数も各国で違うので、購入の際はよく確認してから買いましょう(・∀・)現在、グループとしての活動はお休み中で、今後再始動する予定もあるのかどうかイマイチよくわからない微妙な時期に出たこの『GREATEST HITS』全米初動セールス歴代1位のグループのベストなのに、まったく売れておりません_| ̄|○ ホントにアメリカはベストに厳しい国ですなぁ…。

自分が買ったのは日本盤なので日本盤について書きます。DVDにはCD収録曲のVIDEOが収録されていて、オマケみたいなRemixと、GLORIA ESTEFANJoeとの共演曲以外のCD収録曲はすべてDVDに映像で収録されているので、DVDを見たほうが断然楽しめます。メンバーが操り人形に扮し、美女(=ウザイ彼女)から逃げ回るストーリーが面白い「BYE BYE BYE」The Neptunesが手掛けNellyが客演というブラックミュージック寄りの「Girlfriend Remix」、ボーイズグループの王道をいくドラマティックなメロディと5人のハーモニーを生かしたバラードナンバー「This I Promise You」(Spanish Versionも収録)、日本人受けの良さそうなキャッチーなポップナンバー「It's Gonna Be Me」(フィギアに扮したVIDEOも面白い)、Max Martin制作のバリバリのアイドルポップ「I WANT YOU BACK」「TEARIN' UP MY HEART」(みんな若々しい…。)、Justinが制作に関与した斬新なダンスナンバー「POP」(Justinカッコ良すぎ!!)、Justinがチャップリンに扮したコミカルなオープニングから一転、彼女とのラブラブな日々を思い出して苦悩するJustinの姿が切ないスロウナンバー「GONE」(Spanish Versionも収録)、なぜか“シンキング・オブ・ユー”という邦題が付けられているミディアムナンバー「I DRIVE MY SELF CRAZY」(“クレイジー”なのでVIDEOでは精神病の設定)などがCDとDVDで楽しめる他、CDにはDiane Warrenがペンを執り、David Fosterがプロデュースという超王道の展開を行くGLORIA ESTEFANとの競演曲「MUSIC OF MY HEART」「Girlfriend」「GONE」RemixJoeとのデュエット曲「I BELIEVE IN YOU」が収録されています。個人的に、★NSYNCというよりJustinが大好きなので、Justinがたっぷり拝めるDVDはすごく楽しかったです。
★★★

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

D-ROCK with U ♪三浦大知

d7ea6535.jpg
安室奈美恵MAXSPEEDDA PUMPらを輩出した沖縄アクターズスクール出身のキッズグループ・Folderのメインボーカルとしてデビュー。変声期突入に伴うグループ消滅(女子メンバーのみのFolder5に)⇒休業期間を経て、ソロシンガーとして再デビューした三浦大知の1st Album『D-ROCK with U』です。“D-Rock”というのは彼の愛称みたいなもので、LIVEでは“D-ROCKゥーという女の子達の黄色い歓声が飛び交っています。

彼の魅力はなんといってもダンス!!1度、彼のLIVEを見に行ったことがあるんですが、本当に凄かった!!かなりハードに踊ってるのに全然歌がブレてないし(※口パクではありません。)、声の調子も安定していて、これには同じ男として敗北感が…。ここまでしっかりと歌って踊れる人は、日本のアーティストにはあんまりいないんじゃないかと思いました。アルバムを買うならPV4曲とLIVEのダイジェスト映像が収録されたDVD付がオススメです。収録されている楽曲の方は、復活の雄叫びを上げる「I'm Back~The theme of D-ROCK with U~」SOYSOULK-ONがラップで参加したデジタルロックダンスナンバー「No Limit」(※Rhymester宇多丸参加バージョンはシングルのみ収録です。)、今井了介Produceのやや前傾姿勢のトラックに乗せ、時にはファルセットも聞かせる「Make It Happen」、躍動感あふれるサウンドに思わず身体も動き出す「Open Your Heart」、LIVEではコンコンコンとドアをノックする動作がお約束の美しいバラードナンバー「Knock Knock Knock」Usher「Yeah!!」に関与したPatrick"J.Que"Smithによる本場のクランク&B「Word!」、どことなくNivea「Still in Love」を彷彿とさせるデビュー曲「Keep It Goin' On」、クセのある変態トラックの「Bad Day」、“歌いたかった それだけなんだ”という冒頭の歌詞から音楽に対する情熱が伝わってくる本人が作詞に挑戦したバラード曲「17 Ways」など、ボーカル面でやや単調に聞こえる部分もあるものの、今の日本にはなかなかいない本格的に歌って踊れる男性アーティスト”としての地位を確固たるものにすることは間違いなしの快作に仕上がっていると思います。

あと、三浦大知といえば忘れちゃいけないのがこのAA
大知クール

なんだかんだでアルバムの中では「Free Style」が1番好きなのです(・∀・)ニヤニヤ
【最高位18位/18,739枚】
★★★★

テーマ:avex - ジャンル:音楽

THE MASSACRE ♪50 cent

d4736b3e.jpg
言動、鼻、時々ガッツ石松に見えてくる顔など、個人的にあまり良い印象がないラッパー・50㌣の2nd Album『THE MASSACRE』です。好きじゃないのに何で買ったんだよ!!って話になりますが、当然の事ながらOlivia嬢参加のエロ曲「Candy Shop」の為だけに購入しました(-_-#)最近では倖田さん「Candy Shop」を見事にインス(ry…。 ちなみに、最初、このアルバムのタイトルがまさか「(゚Д゚)マッサカー」なんてふざけたタイトルだとは思ってもみなかったので、勝手に脳内でタイトルを「マッカサー」に書き換えてました。気付いた時はホントに(゚Д゚)マッサカーと目を疑ったものです。

このアルバムを買う大きな原動力になったのは、最初に言ったとおり何を隠そうOlivia嬢。(2nd Album早く出してください…。)Olivia嬢「Candy Shop」の他にも、「So Amazing」という爽やかラブソングでも爽快な歌声を聴かせてくれており、個人的にはこの2曲さえあればもうあとは(゚⊿゚)イラネって感じでした。っていうか、実際にこの2曲しか聴いてなかったんだけどね…(ノ∀`) アチャー それで、今回、改めてちゃんと聴き直してみました。まずは、「Hate It or Love It(G-Unit Remix)」がいいですね~♪1番好きなのはMJBさん版っていうのは変わりませんが、この曲のトラック大好きです。そして、NasKelisFat JoeJadakissらをDISった「Piggy Bank」はフックの声がなんと憎らしいことか!!DIS曲は嫌いだーヽ(`Д´)ノ!!Eminemを迎えた「Gatman And Robbin」は、Eminemがほぼノンストップでライムし続けるのが(・∀・)イイ!!流出したらそのまんまヒットしちゃった「Disco Inferno」(←あ、そういえばこの曲もよく聴いてました。)は、初めの方の「In Da Club」を思わせるところが好きです。他には、中国4000年の歴史を感じる「Just A Little Bit」、“俺はグッドルッキングだからしょうがないよな”というリリックに思わず失笑な「A Baltimore Love Thing」、ピアノの旋律がドラマティックな「Position Of Power」、冒頭の(*゜∀゜)アハァ?から気の抜けるユルさたっぷりの「Get In My Car」EminemがProduceした彼らしい根暗ムードたっぷりな「I'm Supposed To Die Tonight」などが印象に残りました。22曲も入ってるから、かなりだるくなります。自分がそんなに50㌣のことが好きじゃないっていうのもあるけど、好きな人でも多分飽きてくると思う。あと、「In Da Club」「21 Questions」など、前作からのシングルを越えるようなキャッチーな曲が見当たらないのに、ハードなイメージが強化されたのが自分としては受け容れ難い部分でした。でも、トラックはどれも完成度が高いし、全体的な印象としては聴きやすかったから買ったのは間違いではなかったのかな・・・!?
【最高位14位/88,887枚】
★★☆

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

REMIX CITY VOLUME 1 ♪R.Kelly

92f5995c.jpg
変態シンガー(←失礼)・R.KellyのRemix Albumです。Remix Best Albumと考えていいでしょうね。初めに言っておきますが、何を隠そう私、ロバートさんの曲あんまり知りません…(ノ∀`)アチャー だから原曲と比べてどうとか、そういうことは一切語れません(-×-)でもね、このアルバムすごく聴きやすかったし、夜に聴くとすごい気持ちいいです。同時期に購入したBritneyのRemix Albumと比べたら雲泥の差だったし、もしかしたら『TP.3 RELOADED』より好きかも・・・♪全米での売上はBritneyAshanti同様悲惨な結果に終わりました…_| ̄|○

収録されているのは、R.Kelly & Public Announcement時代の曲から、最新アルバム『TP.3 RELOADED』までの数多くの名曲、名Remixの中から厳選された14曲。普通に知ってたのは、バウンシーなトラックがたまらない大ヒット曲「Ignition-Remix」(AIにパクラれたね( ̄ー ̄)ニヤリ)、後に退屈なアルバム(←失言)を作り出すきっかけにもなった心地良いステッパーズ曲「Step In The Name Of Love-Remix」ぐらいでした。だから、正直何の期待感もなかったわけですが、コレ、全編最高に気持ちいいアルバムじゃないかー!!1曲目の「Slow Dance(Hey Mr.DJ)-After The Party's Over/Singin' Mix」からピタ昇天です(*´Д`)ハァーン 幼心に思い描いてた『都会的な大人』のイメージがそのまんま凝縮されたようなサウンドが懐かしさを誘います。ヴォーコーダー使いもいい味出してます。初めの6曲は、どれも綺麗な夜景が見えるバーが似合う感じの好Remixが並んでいて、どこか懐かしくもあり、それでいてすごく心地良いので、隣の家がメイクラブしてない日には夜のBGMとして毎晩流したいくらいに思いました。(※日頃から隣人の夜の営みの音に悩まされているのです…。)後半に収録されているRemixも素晴らしいものばかりで、アジアンテイストの「Feelin' On Yo Booty-Hypnosis Remix」Sean PaulAkonを招いてレゲエ曲に生まれ変わった「Slow Wind-Remix featuring Sean Paul and Akon」、新たにFat Joeを呼んできたレゲトン曲「Burn It Up-Remix featuring Fat Joe,Wisin and Yandell」YoungBloodz参加のお琴の音が日本人心をくすぐる「Feelin' On Yo Booty-Dirty South Mix featuring YoungBloodz」など、どれもRemixだと思って侮ってはいけない仕上がりです。
★★★☆

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

Beyond the Sea ♪K

d8e50124.jpg
韓国出身の男性シンガー・の1st Album『Beyond the Sea』です。ちょっとV6イノッチ(井ノ原快彦)似だよね(・∀・)CHEMISTRYらを手掛けた松尾“KC”潔がバックアップしてるということで、R&Bを柱にした作りのよく出来たアルバムでした。これまでに出した4枚のシングルが順調にヒットを飛ばしてるので、耳にしたことがある曲が多いのも魅力的です。

ドラマ『1リットルの涙』の主題歌(レミオロメン「粉雪」って挿入歌だったんだね~( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー)に起用され、20万枚近いヒットを記録した、苦難の中でも前に向かっていく希望を歌ったバラード曲「Only Human」、ドラマ『H2~君といた日々~』の主題歌だったストリングスが美しいデビュー曲「over...」"♪ダキシーメッテホッシーイ ていうか" のラインが気になってしょうがない「抱きしめたい」(歌いだしの“まっさらなMD”っていうのも、どうかと思う…。)、新進のR&Bシンガー・和田昌哉が制作に関与したファンクテイストの入ったアップ「Cover Girl」CHEMISTRY中島美嘉への楽曲提供や自らシンガーとしても作品を発表しているソングライター・川口大輔提供の「陸の上の舟」Mummy-Dを迎えたファンキーな「Play Another One」Luther Vandross「Never Too Much」を思わせる感じが心憎い「Fly Away」(作詞は古内東子)、友との別れを悲しみながらも前向きに明るく乗り越えていこう!といった感じで最後にはコーラスが出てきて大合唱になる「Bye My Friends」など、見た目から受ける優等生なイメージそのまんまの、安心して聴ける曲が詰まったアルバムです。悪く言えば、もっと弾けてもいいんじゃないの?ってことなんだけど、まだ1枚目だからこんなモンかな~と…。欲を言えば、全ての面でもう少し幅を利かせて欲しかったな~なんて思いました。と、男に厳しい姿勢なのでいろいろ言ってますが、平均点以上の良い出来だと思うので機会があれば聴いてみて下さいな。
【最高位2位/142,221枚】
★★☆

Timeless ♪YOSHIKA

f54c4459.jpg
m-floとのloves作「let go」「Loop In My Heart」の連続ヒットで名を揚げた女性シンガー・YOSHIKAの1st Full Album『Timeless』です。確かな歌唱力を持ちながらも、押し付けがましくないまっすぐな歌声が心地良い作品に仕上がってます。

全体的な印象はとにかく地味めで薄いんだけど、彼女の声質を生かしたサウンドプロダクションだと思うし、YOSHIKAの声の持つ成分が自然と身体に浸透していく感じが心地良いアルバムでした。全英詞の曲も半数以上あって、洋楽感覚でも聴けそうです。とにかく全てが瑞々しい「Happiness」Bonnie Pinkが提供した「Call Me」、サビのギターリフが耳に残る英詞曲「nothing」、手拍子を散りばめた音数少な目なサウンドがいいm-floVerbal客演の「Sunshine」YOSHIKAの歌声を耳元で聴いているような感覚が気持ち良い「STAY」、無機質に刻まれていくビートとジャジーでクラシカルなサウンドが組み合わさった「you & me」、サビのビートが3LWallureが歌った某曲風な「Just Us」B-BANDを迎えた攻撃的な姿勢のR&B曲「one day」、洋楽テイストたっぷりのムーディーなスロウ「human」TERIYAKI BOYZとしても活動中のWiseを迎えたギターが主体となったシンプルなサウンドが心地良い「alive」、名曲「let go」Acoustic Versionなど、地に足の着いた落ち着いた感じの曲が多いです。地味すぎて飽きるって人もいると思いますが、リラックスしたいときとか何も考えずにボケーっとしたい時など、ふとした時のBGMにはもってこいだと思います。問題点を挙げるとしたら定価3150円っていう良心的とはいえない価格ですかね…。
【最高位20位/20,955枚】
★★☆

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

B in the mix THE REMIXES ♪Britney Spears

46a3f75f.jpg
現在、胡散臭い旦那に手を焼きながら(?)育児に専念中のスーパースター・Britney Spearsの初のRemix Album『B in the mix THE REMIXES』です。休業中だけど何か出しとかなきゃなぁ…というレコード会社の思惑がミエミエな今作、ジャケットも『Britney』の頃の写真の使い回しっぽいし、ハッキリ言って大した内容じゃありませーん。ただ、新曲が入っていたりするのでファンなら思わず手を伸ばしてしまう憎たらしい作品です。(と言っても、本国ではTOP100にも入らない売上だったけど…)

アルバムの中身は、4th Album『IN THE ZONE』の収録曲を中心にBritneyの過去の全アルバムから厳選された12曲のRemixと、自らが手掛けた香水のキャンペーンソングの新曲「AND THEN WE KISS」(+日本盤ボーナストラック1曲)という構成になっていて、これまで発表されたRemixの中でもレアなものや、新たに制作されたバージョンが収録されています。オリジナルを越えた!!と思うほどのものがないんですが、その中でも個人的にいい感じだな~と思ったのを挙げていくと、メランコリックなスパニッシュギターがアクセントになり、原曲よりだいぶ軽やかな感じになった「I'M NOT A GIRL,NOT YET A WOMAN(METRO MIX)」、曲の展開に合わせたメリハリのあるダンスアレンジが気持ちいい「DON'T LET ME BE THE LAST TO KNOW(HEX HECTOR CLUB MIX)」、鍵盤を使って別解釈を打ち出した「EARLY MORNIN'(JASON NEVINS REMIX)」、地味めな印象のオリジナルをダンスポップに昇華した「SOMEDAY(I WILL UNDERSTAND)-HI-BIAS SIGNATURE RADIO REMIX-」など。他は、どうしても原曲の良さのほうが勝ってしまう印象でした。新曲の「AND THEN WE KISS」もパッとしない出来でちょっとガッカリ。多くの人がBritneyに求めているのはやっぱりダンス~ハウス系のRemixだろうから仕方ないとは思ったけど、1曲ぐらいは黒いやつも入れて欲しかったな~というのが本音でした。本人稼動がないから、そこまで豪華な内容には出来なかったんだろうけど…。日本盤にはMCUが参加した「SOMEDAY(I WILL UNDERSTAND)-GOTA RE-MIX FEAT.MCU」が収録されてます。
★★

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

The Emancipation of MIMI ♪Mariah Carey

e200164d.jpg
2005年を代表する名盤、Mariah Carey『The Emancipation of MIMI』ULTRA PLATINUM EDITION(DVD付)を買ってみました。こういう後出し品にはもう簡単には釣られないぞ!!と思ってたんですが、すごく好きなアルバムだし、新たに4曲も追加されて(日本盤は世界最多の全20曲収録!)、しかも5曲のPV付で3300円(税込)という内容に負けました…。全米でも見事500万枚突破。(今後、グラミー効果もあるだろうから600万枚、700万枚、もっと行っちゃうかもね( ̄ー ̄)ニヤリ)

The Emancipation of MIMI ♪Mariah Carey
元の内容の方は、もう皆さんご存知だと思いますが、一応このブログではまだ記事にしてなかったので書いていきます。今作では“小っさいオッサン”=Jermaine Dupriが大活躍♪2005年の代表曲となった名バラード「We Belong Together」♪脱腸~、脱腸~連発の1st Singleの「It's Like That」、地味めな印象ながら全米2位を記録するヒットとなった(・∀・)♪しぇけろ~「Shake It Off」小っさいオッサンがフックでNellyのモノマネをしてる(最初、素でNellyと間違えたし…(ノ∀`) アチャー)「Get Your Number」といったシングルカットされた曲全てを小っさいオッサンが手掛けています。本物のNellyThe Neptunesが手掛けた「To The Floor」で登場。偽Nellyの方がNellyっぽいので未だにこっちが本物だと思えてない自分がいます。もう1曲The Neptunesが手掛けた「Say Somethin'」にはSnoop Doggが参加。シンセの幻想的に流れてく感じとスネアの刻むリズムが気持ちいい曲です。Kanye Westが手掛けた「Stay The Night」はピアノのループが懐かしくも甘~い超名曲。「Your Girl」は早口気味に高揚していくサビが大好き♪Swizz Beatzが手掛けた日本盤ボーナストラックの「Secret Love」もとてもボーナストラックとは思えない出来で◎James Poyserを起用したバラード「Mine Again」での熱唱には初めて聴いた時からソッコーでK.O.されました。今作に収録されてるバラード曲はどれも本当に美しいし、声の調子もイイからすごく安心して聞けます。といった感じで、最初に出た内容は全16曲捨て曲無しの完璧なアルバムでした♪

で、ULTRA PLUTINUM EDITIONに追加された4曲の内容なんですが、正直な感想を言うとどれも凡曲です(-_-)だから、アルバムとしてのクオリティは追加前のほうが高かったと思う。追加曲の中から、これまた小っさいオッサンが手掛けたバラード「Don't Foget About Us」がカットされて全米1位を(σ・∀・)σゲッツ!!してますが、完全に「We Belong Together」の2番煎じ。クセのあるビートの「MAKIN' IT LAST ALL NIGHT(WHAT IT DO)」小っさいオッサンがでしゃばってるし、もうちょっとメロディにヒネリが欲しかった感じ。Rodney Jerkinsが手掛けたTwista客演の「SO LONELY」は、Twistaのアルバム『The Day After』に入ってます。JadakissStyles Pが参加した「We Belong Together REMIX」は、歌い直し&テンポアップして速唱気味になってるのがなかなかイイです。追加曲の中では1番好き。やっぱり原曲がいいからね。DVDの方は、修正がかなり入っているであろうMariahさんの美しい姿が拝見できる他に、Special Interviewも収録された充実の内容です。

2枚買うのは金銭的な事情もありますのであまり他人におすすめできませんが、どちらか1枚は絶対に持っているべき作品であることは間違いないので、まだ『The Emancipation of MIMI』を持っていないという方がいたら迷うことなく買って下さい。

【収録曲】
1.It's Like That★★★★★
2.We Belong Together★★★★★
3.Shake It Off★★★☆
4.Mine Again★★★★☆
5.Say Somethin' featuring Snoop Dogg★★★☆
6.Stay The Night★★★★☆
7.Get Your Number featuring Jermaine Dupri★★★★★
8.One And Only featuring Twista★★★☆
9.Circles★★★★
10.Your Girl★★★★★
11.I Wish You Knew★★★★
12.To The Floor featuring Nelly★★★★
13.Joy Ride★★★★
14.Fly Like A Bird★★★★
15.Sprung★★★★
16.Secretlove★★★★
※Ultra Platinum Edition※
17.Don't Forget About Us★★★
18.Makin' It Last All Night(What It Do)★★★
19.So Lonely(One & Only Part Ⅱ)★★★☆
20.We Belong Together Remix featuring Jadakiss & Styles P.★★★★☆


【最高位2位/267,121枚】
【最高位32位/34,257枚】(※Platinum Edition)

★★★★★

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

funky dory ♪Rachel Stevens

f5895859.jpg
UKのアイドルグループ・S CLUB 7の元メンバー、Rachel Stevensの1枚目のソロアルバム。最近は少し人気に翳りが見えてきているRachelさんですが、このアルバムは勢いのあった頃に出たアルバムで、3曲もUKチャートTOP3ヒットを生んでいます。UKアイドル好きはもちろんのこと、USモノしか聞かない人でもあれっ!?っと思う曲が収録されているので、聞いてみる価値アリですよ(・∀・)ニヤニヤ

まず先に、あれっ!?な部分の話をしちゃいましょう。このアルバムに収録されている「Glide」という曲があるのですが、実はコレ、Christina Milianの2nd Album『It's About Time』(後に出たInterational盤)に収録されている「I Need More」と同トラックの曲なんです。Rachelの方が先に世に出してます。個人的にはMilianの歌ってるほうが圧倒的に好きなんですが、全く違うメロディなので聞き比べてみるとすごく面白いです。そしてもう1曲。ソロデビューシングルで、全英2位を獲得した「Sweet Dreams My LA Ex」も。Bloodshy & Avantが手掛けたこの曲、実はBrooke Valentine「Blah Blah Blah feat. Dirt McGirt」のトラックの元ネタになっています。Brooke版は後からかなり手を加えた感じですが、基本構造は同じ。これも聞き比べてみると面白いです。その他の収録曲を紹介すると、R&Bフレーバーを取り入れたタイトル曲「Funky Dory」(皮肉にも今作中、唯一コケたシングル…)、RICHARD Xが手掛けた尖ったダンスサウンドにキャッチーなメロディが乗った全英2位ヒット「Some Girls」、“ポップ”としか形容できないくらい直球ど真ん中な明るいポップソング「More,More,More」、気だるい昼下がりにピッタリな癒し系ナンバー「blue afternoon」、爽やかギターポップ「Breathe In Breathe Out (SWAT Team Version)」、カントリー風なギターリフが耳に残る「Fools」、ピアノとストリングスが美しい繊細なバラードナンバー「Heaven Has To Wait」、哀愁を帯びたアコーディオンっぽいの音が耳に残るCathy DenisGuy Chambersの共作による「Little Secret」、ウィスパーで歌う部分や、鍵盤、ストリングスの音など全体的に冷たい質感を持った「silk」など、なかなかバラエティに富んだ内容になっています。基本はポップなので、普段よく聴くのがR&B寄りな自分的にはいまいちハマリきれなかった部分もあるけど、いろいろ発見もあったし楽しめるアルバムでした。
★★☆

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

OH MY DARLIN'~Girls Having Fun~ ♪中ノ森BAND

25a5aca7.jpg
ボーカル&ギターの中ノ森文子を中心とした女の子4人組バンド・中ノ森BANDの1st Album『OH MY DARLIN'~Girls Having Fun~』です。このバンド名、一応他の名前を公募してたらしいけど、仮称で付いてたものがそのまま使われちゃった模様。。。確かにバンドの実態を端的に表現してるからピッタリな名前だとは思うんだけど、他のメンバーの立場が…。

アルバムの内容は、ほとんどの曲に中ノ森文子が作詞及び作曲で関与していて、片思い/両思い/夢・・・など様々な視点から女の子の心情が綴られている印象が強く、女の子ならものすごく共感できるだろうし、男ならいい勉強になるアルバムだな~と思いました。中ノ森文子のハスキーがかった歌声もすごく(・∀・)イイ!!ドラマ『鬼嫁日記』の主題歌だった(・∀・)オマ ダ~リンダリン♪「Oh My Darlin’」、恋に落ちていく女の子の気持ちを歌った「クイックサンド」、早口気味なAメロとのびのびとしたサビの対比が面白い「smile & wild」、手拍子と気だるいギターリフに乗せハスキーなボーカルが活きる「ピンクモンスター」、疾走感たっぷりの2nd Single「Whatever」、歌詞に乗せなくても良さそうなところできちんと韻を踏んでいるのが素晴らしい「TOY」、以前からライブで披露してきたというアゲアゲなロックナンバー「空」、“I don't know わかんない”って歌詞がなんとなくツボな「ラブコントロール」、歌詞と連動するかのようにサビで速度を増していく「恋愛Express」w-inds.や元SPEED勢などへの楽曲提供でおなじみの葉山拓亮によるメッセージ性の強い「new world」、自然と身体に馴染んでくるメロディが秀逸なミディアムナンバー「ラズベリーパイ」など、どの曲もすごく聴きやすくてサラッと通して聴けるアルバムでした。歌詞が「男には絶対書けないな」って感じですごく面白いし、結構お気に入りです♪
【最高位10位/40,117枚】
★★★★☆

ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。