FC2ブログ

(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

25~ヴァンサンク~ ♪安倍なつみ

安倍なつみ

歌以外にも、舞台やドラマ、バラエティ番組など幅広く活躍中の元・モーニング娘。のマザーシップ=安倍なつみの初のミニアルバム『25~ヴァンサンク~』です。タイトルは自身の年齢と、2.5枚目のアルバムということから名付けられたとか…?ちなみに、つんく♂は1曲も関わっておりません。

【収録曲】
1.愛しき人
★★★
楽曲自体は特筆することもない凡曲ですが、明らかに娘。時代からボーカルの表現力が進化したことがわかります。ストリングスアレンジが曲のスケールをより膨らませています。

2.スイートホリック★★★
昨年4月に発売されたシングル曲。島谷ひとみなどの楽曲提供で知られるBULGEが全面プロデュースしています。ラップっぽい部分もありつつ、全体的にはほんわかとしたやわらかな印象が残るポップナンバーです。

3.大人へのエレベーター★★★
一昔前のZARDを彷彿とさせるような爽やかなガールポップナンバーです。歌詞はあと2~3歳若い時なら違和感なかっただろうけど、25歳が歌うのはちょっと年齢オーバーに感じるかな…。

4.25~ヴァンサンク~★★★
ドラマティックなストリングスアレンジによるしっとりとしたタイトル曲。コンサートでやったらヲタは静まるしかない感じw

5.くちびるで止めて★★★
ギターの小気味よいカッティングが心地良い爽やかなアップナンバー。ちなみに読み方は『くちびるでめて』です。「やめて」じゃありません。

6.月色の光★★★
タイトルから想像される通りの、ほのかに和を感じさせる美しいバラードナンバーです。

7.甘すぎた果実★★★★
去年、10月に発売された最新シングル。7つ年下の男と付き合っているという設定の歌。年の差を気にして素直になれない年上女の複雑な気持ちを情熱的なメロディに乗せて歌っています。

耳に残らないタイプの平凡な曲が多いけれど、すごくいいボーカリストになったな~ということを感じる1枚でした。コンセプトに合わせてつんく♂を全く関与させなかったのも正解です。
【最高位21位/12,825枚】
★★☆

テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

a girl can mack ♪3LW

3LW

ポストDestiny's Childの最右翼”との声が高いにもかかわらず活動停滞中のガールズグループ、3LWの2nd Album『a girl can mack』です。今作発表前後には、マッシュポテトを皿ごと投げつけるなど壮絶なバトルの末、メンバーのNaturiが脱退するという事件が起こり話題となりました。現在は、新メンバー・Jessicaを迎え、再び3人組となりましたが、オリジナルメンバーの2名がディズニーチャンネルの人気映画の中で活躍するグループThe Cheetah Girlsに参加し、そっちの方がヒットしてしまい本末転倒状態です(ノ∀`)アチャー

【収録曲】
1.I Do (Wanna Get Close To You) feat. Loon★★★★★
2.Neva Get Enuf (feat. Lil' Wayne)★★★★☆
3.I Need That (I Want That) feat. Lil' Kim★★★★☆
4.Ain't No Maybe ★★★★
5.Ghetto Love and Heartbreak★★★★
6.Good Good Girl★★★★
7.Put Em Up★★★★★
8.This Goes Out★★★★
9.Leave Wit You (I Think I Wanna)★★★★☆
10.Crazy★★★☆
11.Funny★★★☆
12.One More Time★★★☆
13.Be Like That★★★★
14.More Than Friends★★★☆
15.High Fashion★★★☆


I Do (Wanna Get Close To You) feat. Loon ♪3LW


(・∀・)イェ~イ アハッ♪のフレーズが印象的なMario WinansP.Diddy制作による小悪魔的な魅力が詰まったシングル曲「I Do (Wanna Get Close To You)」Full Force制作/Lil' Kim客演の妖艶で強気な「I Need That (I Want That)」、甘くメロウに聴かせるスロウ「Ain't No Maybe」、艶かしく歌う「Leave Wit You (I Think I Wanna)」Montell Jordanがボーカルアレンジを担当した極上のスロウ「Good Good Girl」Naughty by NatureTreachが客演したしなやかなアップ「Put Em Up」、控えめなボーカルの中にも可愛らしさを感じるミッドナンバー「Crazy」、ギターを前面に押し出したPOP寄りなサウンドのミディアムナンバー「One More Time」、脱退したNaturiがリードを取ったスロウナンバー「More Than Friends」など、キャッチーで親しみやすいR&Bチューンが満載の傑作アルバムになっています。
【最高位74位/15,703枚】
★★★★☆

Sensuous ♪Elisha La 'Verne

センシュアス センシュアス
エリーシャ・ラヴァーン (2002/03/20)
カッティング・エッジ
この商品の詳細を見る

T.Kuraのプロデュースの下、1996年にデビューを果たしたUK出身のR&Bシンガー・Elisha La 'Verneの4th Album『Sensuous』です。これまで日本人クリエイターとの作業が多かった彼女ですが、今作では自らがアルバムのトータルプロデュースを担当し、UK~USのプロデューサー達とのコラボレーションの中から生まれた作品が収録されています。

【収録曲】
1.Come On★★★★
2.If I★★★★
3.Creepin' Out(Full Crew Mix)★★★★
4.Skin★★★★☆
5.Birds★★★★★
6.He's Real★★★★
7.Morning After The Night Before★★★☆
8.Poetry★★
9.What Would You Do★★★☆
10.Brighter Side★★★★
11.High★★★★
12.Issues★★★☆
13.Caught Up★★★
14.Woman's World★★★☆
15.Love Divine★★★☆
16.Skin(brownsugar Mix)★★★★
17.Skin(Urbanstar Mix)★★★☆


Skin ♪Elisha La 'Verne

スマートで洒落た雰囲気が心地良いアップ「Come On」、アコギとストリングスによる清々しいサウンドに心を洗われるミッド「If I」、洗練された都会的な雰囲気に魅了されるスムースチューン「Skin」、90年代初頭のBabyface作品のような正統派美メロナンバー「Birds」India.Arieを思わせる「He's Real」Elisha自身がポエトリーのイベントで声を掛けたという無名詩人による語り「Poetry」、Hip-Hopビートに乗せラップも交えた今風アップ「What Would You Do」、ファンキーなアップナンバー「Brighter Side」、気怠く重たげな空気が漂うスロウ「Issues」、他の収録曲と比べ、歌声に力強さを感じる「Woman's World」など、派手さはないものの、お洒落で洗練されたクールなR&Bが楽しめる1枚になっています。
【最高位79位/4,380枚】
★★★★

Because I Love It Vol.1 ♪Amerie

Amerie

来月、日本とヨーロッパ先行で3rd Album『Because I Love It』を発売予定のAmerieのOfficial Mix CD『Because I Love It Vol.1』です。ホスト役にDJ Clueを迎え、新作に収録予定の曲や、比較的最近のヒット曲のトラックに独自のメロディを乗せて歌った、Mix CDだからこそ聞くことが出来るナンバーが収録されています。

【収録曲】(※は語り)
1.Because I Love It★★★☆
2.Kept My Head Down※
3.Push It★★★☆
4.Who's Loving You★★★★☆
5.That's What You Are★★★☆
6.Take Control★★★☆
7.Make It Rain★★★☆
8.The Money※
9.Money In The Bank★★★★
10.Get Gone★★★★
11.Same Thing※
12.Blow★★★★
13.Money Maker★★★★
14.Reminisce Witcha★★★
15.Rest Of My Life★★★★
16.Weekend Girl★★★☆
17.Outro※
18.Make It Rain Remix★★★☆


エキゾチックなBusta Rhymes「Get You Some」のトラックを使った「Because I Love It」Rick Ross「Push It」使いでグイグイと力強く歌い進む「Push It」Jay-Z「Show Me What You Got」のトラックを使用した激ヤバチューン「Who's Loving You」、2nd Singleに予定されている艶やかなミッドナンバー「That's What You Are」、だいぶ前から公開されているCee-Loが手掛けた1st Single「Take Control」Fat Joe「Make It Rain」ネタの「Make It Rain」Lil' Scrappy「Money In The Bank」を歌モノに昇華したAmerie「Money In The Bank」Ludacris「Money Maker」のトラックを使い、ラップに近い歌い回しを披露する「Money Maker」Pharrell「Number One」に全く別のメロディをつけた「Reminisce Witcha」、自身も参加したNas「Rest Of My Life」のリメイク版「Rest Of My Life」など、MIX CDなのでフル音源が収録されているわけではありませんが(※「Make It Rain Remix」のみフル音源)、R&B/HIP-HOP好きなら(・∀・)ニヤニヤしながら楽しめる1枚になっていると思います。個人的には「Who's Loving You」が本家のJay-Zより好きですw
★★★

BEYONCE JAPAN TOUR 2007@東京ドーム

Beyonce

日本を皮切りに始まったBeyonceのワールドツアーのまさに初日、4月10日(火)の東京ドーム公演を観に行ってきました!!3万円以上するファンクラブの“SILVER PACKAGE”の席だったので、なんと、アリーナ席ど真ん中のA10ブロックの前から5列目という素晴らしすぎるポジションで見ることが出来ました(゚∀゚)

以下、ネタバレにつき自己判断でお読み下さいm(_ _)m


[Read More...]

B'DAY -Deluxe Edition- ♪Beyonce

Beyonce

去年の9月4日、Beyonceの誕生日に発売された大ヒットアルバム『B'DAY』Deluxe Editionです。ジャケット・曲順を一新し、新たに新曲が5曲追加された他、全12曲のPVを収録したDVDが付く超豪華盤となっています。

【収録曲】
1.Beautiful Liar
★★★★
新たに1曲目に配置されたのはDeluxe Editionの目玉とも言えるラテン歌姫・Shakiraとの共演曲。両者の活躍するフィールドにうまく合わせたラテンR&Bナンバーとなっています。PVでは髪形まで同じにしてまるで双子のよう。2人とも腰の動きが人間離れしてますw


2.Irreplaceable★★★★☆
驚異の10週連続No.1という大ヒットを記録した今作からの3rd Single。
↓下着姿で頭にカーラー巻いてる部分(゚⊿゚)イラネw


3.Green Light★★★★☆
当初は3rd Singleに予定されていたThe Neptunesプロデュース曲。個人的には「Irreplaceable」よりこっちの方が好き。
↓化粧濃すぎて(・A・)イクナイ!!


4.Kitty Kat★★★☆
同じくThe Neptunes絡みの曲ですが、こっちはあんまり聴いてなかったなぁ…。
PVが短い上にシュールすぎるw


5.Welcome To Hollywood feat.Jay-Z★★★★
恋人・Jay-Zの復帰作『Kingdom Come』に収録されていた「Hollywood」Beyonce用にリメイクしたもの。

6.Upgrade U feat.Jay-Z★★★★
ユーモアのつもりなんだろうけど、Jay-Zに扮したBeyonceJay-B?がちょっと気持ち悪いですw

7.Flaws And All★★★
新たに追加された新曲。一応Ne-Yoが関与してますが、地味~な凡曲です。曲の雰囲気に合わせるが如く、VIDEOもモノクロでOFF SHOTの寄せ集め系。変顔も満載。やっぱり素顔に近い方が可愛いね。「Green Light」みたいな厚化粧だとバケモ(ry

8.If★★★★
新たに追加された新曲。もちろんデスチャ「If」とは同名異曲。StargateBeyonceの共同プロデュースで、Ne-Yo関与の哀愁漂うバラード曲です。

9.Get Me Bodied(Extended Mix)★★★★
Destiny's ChildKellyMichelle、そして妹のSolangeのVIDEO出演が話題の1曲。何度観てもMichelleを目で追ってしまうのはここだけの秘密w 曲自体は、もともと好きな方だったので、これを機に評価が上がってくれればな~と思います。

10.Freakum Dress★★★★☆
マンネRichさんが作ったファンキーなパーティーチューン。歌詞の内容に合わせ、様々な色のドレスを着て歌い踊っています。1コマごとにドレスが変わるのが観てて楽しいです。

11.Suga Mama★★★★
マンネRichソング。VIDEOは嫌煙家からのクレーム必至な喫煙シーンから始まる全編モノクロの作品になりました。最後はロデオボーイに乗りながら発狂⇒落馬w

12.Deja Vu feat.Jay-Z★★★★★
ビヨバウワーHG風コスチューム、アホの坂田…と公開当初から話題に事欠かなかった名(迷)作。新装にあたって、1曲目から後半へと大幅に曲順がずれ込みました。

13.Ring The Alarm★★★☆
警報が鳴り響き、Beyonceが怒り狂う狂気の1曲。何度観ても、途中の取り調べ受けてるみたいなシーンは、ドラッグでハイになったWhitneyのパロディにしか見えませんw

14.RESENTMENT★★★
恐ろしいほどに印象が薄い1曲。聴けば思い出すんですけどね。ちょいとノイズ交じりのアコースティックな1曲です。

15.Listen★★★★★
映画『Dreamgirls』の主題歌であり、泣き所の1つでもある超~名バラード。映画を観てから歌詞の内容をかみしめると感動もひとしお。

16.Check On It feat.Bun B & Slim Thug★★★★☆
(・∀・)<チャカポニ♪
(※DVDにPVは収録されていません。)

17.Creole★★★★☆
Rich HarrisonBeyonceの手による日本盤ボーナストラック。最初に感想を書いた時は、「(全体のバランスを考えて)マンネRichな曲を減らせ(#゚Д゚)ゴルァ!!」的なことを書きましたが、結局、アルバム全体を通して好きだったのはマンネRichな曲ばっかりでしたw
,、'`,、'`,、'`,、'`,、(ノ∀`)'`,、'`,、'`,、'`,、'`,、

18.World Wide Woman★★★★
新たに追加収録された日本盤のみのボーナストラック。Rodney JerkinsBeyonceの共同プロデュース曲です。サビで♪WWW~と歌われると、時期的にどうしても加護(ry

【最高位5位/112,781枚】
★★★★★

Turning Point ♪Mario

Mario

弱冠15歳でデビューし、今作からの第1弾シングル「Let Me Love You」でトップシンガーの仲間入りを果たしたMarioの2nd Album『Turning Point』です。

【収録曲】
1.18 featuring Cassidy★★★
2.Let Me Love You★★★
3.Couldn't Say No★★★
4.Boom featuring Juvenile★★★☆
5.How Could You★★★☆
6.Girl I Need featuring Cham★★★
7.Call The Cops★★★☆
8.Here I Go Again★★★☆
9.Nikes Fresh Out The Box★★★☆
10.Directions★★★☆
11.Like Me Real Hard★★☆
12.Shakedown★★★
13.Let Me Love You(Remix) featuring Jadakiss & T.I.★★★☆


Here I Go Again ♪Mario

Usherを微妙に挑発しつつ、若くして成功した自らを誇らしげに歌う「18」Ne-Yoのソングライターとしての株を爆上げさせた大ヒットナンバー「Let Me Love You」、ホチャポチャした音がループするSean Garrett関与の「Couldn't Say No」Usherへの対抗意識丸出しとしか思えないLil' Jonプロデュースの「Boom」The Underdogs制作のミッドチューン「How Could You」Chamをフィーチャーした穏やかなレゲエ風ナンバー「Girl I Need」Scott Storch制作のクラブチューン「Call The Cops」、ロッキッシュな「Here I Go Again」、年相応のキュートな少年らしさを覗かせる「Nikes Fresh Out The Box」、ピーーーーーッ!と鳴り響くホイッスルや掛け声などで妙に賑やかな「Shakedown」JadakissT.I.を迎えてcRUNK & B風になった「Let Me Love You(Remix)」など、結局「Let Me Love You」しか大きなヒットが出なかったアルバムですが、個人的には「Let Me Love You」なんかよりも優れた曲がたくさん入ってるアルバムだと思っています。
【最高位63位/34,837枚】
★★★☆

More Than A Woman ♪Toni Braxton

Toni Braxton

ここ数年の間に可哀相なくらいBEST盤を乱発して(させられて?)いるToni Braxtonの、ARISTA在籍時代最後のオリジナルアルバム『More Than A Woman』です。

【収録曲】
1.Let Me Show You The Way(Out)★★★★
2.Give It Back featuring The Big Tymers★★★☆
3.A Better Man★★★
4.Hit The Freeway featuring Loon★★★☆
5.Lies, Lies, Lies★★☆
6.Rock Me, Roll Me★★☆
7.Selfish★★★☆
8.Do You Remember When★★★☆
9.Me & My Boyfriend★★★★
10.Tell Me★★☆
11.And I Love You★★★
12.Always★★★


Hit The Freeway featuring Loon ♪Toni Braxton

Curtis Mayfield「Love's Happening」をサンプリングしたKanye Westの師匠・No I.D.制作のオープニングナンバー「Let Me Show You The Way(Out)」Manny Fresh制作のNeptunes風ナンバー「Give It Back」、本家The Neptunesが手掛けたシングル曲「Hit The Freeway」、夫・Keri Lewisが手掛けたロッキッシュな異色作「Lies, Lies, Lies」Toni自身、夫、そして妹のTamerと身内3人で書き上げたスピリチュアルな雰囲気を湛えたスロウナンバー「Rock Me, Roll Me」Brandyも曲作りに携わったミッドナンバー「Selfish」Rodney Jerkins制作のポコポコ前衛姿勢のミッドチューン「Do You Remember When」、同時期リリースのJay-Z & Beyonce「'03 Bonnie & Clyde」と見事にネタが被って揉めた悲劇の1曲「Me & My Boyfriend」Babyfaceが手掛けたスロウナンバー「And I Love You」など、決して悪くはない出来ではあるものの、これまでのキャリアから考えるとどこか精彩を欠いた印象を禁じえない1枚でした。これが成功していたら、今のBEST盤乱発状態も回避できていたことでしょう…。
【最高位114位/6,957枚】
★★★

桜咲く街物語 ♪いきものがかり

いきものがかり

ピタの現住所と比較的近い神奈川県厚木市~海老名市をホームベースとし、全国区へと名を上げた男女3人組グループ・いきものがかりのメジャー1st Album『桜咲く街物語』です。

【収録曲】
1.SAKURA★★★★
2.KIRA★KIRA★TRAIN★★★★
3.HANABI★★★★
4.君と歩いた季節★★★☆
5.コイスルオトメ★★★★☆
6.流星ミラクル★★★★
7.青春のとびら★★★★
8.ひなげし★★★★
9.ホットミルク★★★★
10.いろはにほへと★★★
11.うるわしきひと★★★★
12.夏・コイ★★★☆
13.タユムコトナキナガレノカカデ★★★
[Bonus Track]
14.SAKURA -acoustic version-★★★★


桜の季節の定番曲になりつつある今なおロングヒット中のデビューシングル「SAKURA」、どことなくTHE YELLOW MONKEYっぽいメロディラインが耳に残る「KIRA★KIRA★TRAIN」、オリコンTOP5入りのヒットを記録した2nd Single「HANABI」、恋する女の子の気持ちを可愛らしく描いた胸キュンバラード「コイスルオトメ」、躍動感あふれる先行シングル「青春のとびら」、マイナー調の歌謡曲テイストのメロディが新鮮な「ひなげし」、明るくフォーキーな「ホットミルク」、メンバー全員で歌う「夏・コイ」など、ポップスに特化した卓越したメロディセンスによって、とても聴き易く親しみやすいアルバムになっていると思います。
【最高位4位/248,489枚】
★★★☆

テーマ:j-pop - ジャンル:音楽

TIMBALAND presents SHOCK VALUE ♪Timbaland

Timbaland

常に音楽シーンをリードし、革新的な音を生み出し続けるスーパープロデューサー・Timbalandのソロアルバム『TIMBALAND presents SHOCK VALUE』です。R&B/HIP HOP畑だけに留まらず、ROCK方面からもゲストを招いたジャンルを飛び越えた衝撃作となっています。

【収録曲】
1.Oh Timbaland★★★☆
2.Give It To Me feat.Nelly Furtado & Justin Timberlake★★★★
3.Release feat.Justin Timberlake★★★★
4.The Way I Are feat.Keri Hilson & D.O.E.★★★★
5.Bounce feat.Dr.Dre, Missy Elliott & Justin Timberlake★★★☆
6.Come And Get Me feat.50 Cent & Tony Yayo★★★
7.Kill Yourself feat.Sebastian & Attitude★★★★
8.Boardmeeting feat.Magoo★★★☆
9.Fantasy feat.Money★★★★
10.Scream feat.Keri Hilson & Nicole Scherzinger★★★★
11.Miscommunication feat.Keri Hilson & Sebastian★★★★
12.Bombay feat.Amar & Jim Beanz★★★★
13.Throw It On Me feat.The Hives★★★★
14.Time feat.She Wants Revenge★★★★
15.One And Only feat.Fallout Boy★★★★☆
16.Apologize feat.One Republic★★★☆
17.2 Man Show feat.Elton John★★★☆
18.Hello feat.Keri Hilson & Attitude★★★
19.Come Around feat.MIA★★★★


最初の1曲「Oh Timbaland」を除けば、ほかは全て客演モノ。それもかなり多彩なゲストが参加しているので、好みは人それぞれに違うと思います。自分が特に気に入っている曲を挙げていくと…、昨年、Timbalandとガッツリ組んだことにより商業的な大成功を収めた2組、Nelly FurtadoJustin Timberlakeが客演したTimbalandワールド炸裂の摩訶不思議で居心地の悪さすら感じる変態ビートの先行曲「Give It To Me」、男ボーカル版「Maneater」のようなJustin Timberlake客演の「Release」Justin Timberlake「My Love」をよりスムースでスペーシーに発展させたような「The Way I Are」、ピアノとオペラ風コーラスの神聖な雰囲気の中でAttitude、そして実弟のSebastianと共にディスを飛ばしまくる「Kill Yourself」Walter Milsap ⅢのプロデュースでMoneyと名乗る女性シンガーをフィーチャーした歌モノ「Fantasy」Timbalandのレーベルからデビューを控えるお抱えシンガーKeri HilsonThe Pussycat DollsNicole嬢が“共艶”した「Scream」Justin「Summer Love」を少しテンポアップさせたようなトラックでTimbalandが歌う「Miscommunication」、インド歌謡な「Bombay」The Hivesと違和感なくコラボレートしたエネルギッシュなラップロック「Throw It On Me」Timbalandの毒気とFallout Boyの痛快さが最高に気持ちイイ「One And Only」、相手がTimbalandであろうとお構いなしに(゚∀゚)<ダンダダダンダダダンダダダンダン♪M.I.A.ワールドを炸裂させる「Come Around」(M.I.A.は普段の曲の方がぶっ飛んでるね…w)など。他の曲も、まあ悪くはないんだけど、普段ゴリゴリのHip Hopを聞くタイプの人間ではないので、やっぱり歌モノ&女性モノに魅かれてしまいます(*ノ∀`*) 後半のRock系も全く違和感なく聴けたし、さすがTimbalandだなと感心しました。
【最高位40位/19,712枚】
★★★★

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

LUV 2 SHY Ⅰ ♪LUV 2 SHY

LUV 2 SHY

m.c.A・Tの中の人で、DA PUMP安室奈美恵などを手掛けてきた音楽プロデューサー・富樫明生が、Black Musicを日本のリスナーにわかりやすく伝えるために始めたプロジェクト・LUV 2 SHYの1st Album『LUV 2 SHY Ⅰ』です。現在、安室奈美恵などの振付師として活躍しているIZUMIや、ASAYAN出身で“第2の安室”と期待されていた石井ゆきなどが参加しています。

【収録曲】
1.Intro.★★
2.What's Your Name?xxx★★★★
3.Phantom Of Love★★★
4.花椿★★★
5.Lovergirl In Summer(Full Length)★★★☆
6.I'm Female, UR Male.★★★
7.Nobody Hurts Me(like this before)★★★
8.風に誘われて★★☆
9.Date
10.Baby Cool!★★★☆
11.MINT MIND★★★★
12.My Sweet Home Town★★★
13.Instant M.★★
14.Love, too shy★★★
15.New Soul

※1,9,13,15はInterlude


某下着メーカーのCMソングに起用されスマッシュヒットを記録した「What's Your Name?xxx」、ラップ風のパートも織り込んだメロウなミッドチューン「Phantom Of Love」、儚げなボーカルが味わい深い「花椿」、Hip-Hop Soul調のミドルチューン「Lovergirl In Summer(Full Length)」、低めのボーカルで歌う「I'm Female, UR Male.」、約8割が英語詞のミディアムナンバー「Nobody Hurts Me(like this before)」石井ゆきがボーカルを務めた若さ溢れる「Baby Cool!」久保田利伸が手掛けたファンキーなR&Bチューン「MINT MIND」、アコースティックソウル路線「My Sweet Home Town」、プロジェクト参加者全員で歌う「Love, too shy」など、J-R&Bシーンが成熟してきた今聞いてみると、参加者のボーカルが拙過ぎる印象は拭えませんが、富樫明生の作る黒々とした音世界から彼のBlack Musicへの思いの強さが伝わってくる1枚になっています。
【最高位35位/26,520枚】
★★☆

Limelite, Luv & Niteclubz ♪Da Brat

Da Brat

Jermaine Dupriに発掘され、女性ラッパーの代表格として活躍してきたDa Bratの2003年発表の4th Album『Limelite, Luv & Niteclubz』です。

【収録曲】
1.World Premire featuring Jermaine Dupri,Q Da Kid & M.O.P.★★★
2.In Love Wit Chu featuring Cherish★★★★
3.Ain't Got Time To Waste★★★
4.Gotta Thing For You featuring Mariah Carey★★★
5.Who I Am★★★☆
6.Boom★★★★
7.Got It Poppin'★★★
8.Chuch featuring Cee-Lo★★★★
9.Get Somebody featuring Keisha Jackson★★★☆
10.I Was The One featuring Anthony Hamilton★★★
11.Gushy Wushy★★★☆


In Love Wit Chu featuring Cherish ♪Da Brat

男達に混ざりながら紅一点でお得意の高速フロウを披露するフリースタイル風の「World Premire」、去年、「Do It,To It」をヒットさせ、念願のアルバムデビューを晴たした4姉妹・Cherishをフィーチャーした爽やかでラブリーな「In Love Wit Chu」、何かと共演作の多いMariah Careyを迎えた「Gotta Thing For You」The Neptunesの作風をインスパイヤしたのが丸分かりなJD制作の「Who I Am」、下品でキャッチーなフックが耳に残るバウンシーな淫乱曲「Boom」、超個性的な歌声の持ち主・Cee-Loによるフックが魅力的な「Chuch」、ソウルシンガー・Millie Jacksonの娘・Keisha Jacksonが母親譲りの渋い歌声を披露する「Get Somebody」、散々なリリックの内容と相反するAnthony Hamiltonの優しく包容力のある歌声が虚しさを誘う「I Was The One」など、曲数は少なめながらも随所に大物ゲストを迎えた意外と豪華な作品になっています。
【最高位249位/1,835枚】
★★★

Street Love ♪Lloyd

Lloyd

N-Toonのメンバーで、2004年にAshantiJa Ruleを擁するThe Inc.からソロデビューを果たしたナヨ声シンガー・Lloydの2nd Album『Street Love』です。
■デビューアルバム『Southside』の感想文は⇒【こちら】

【収録曲】
1.Lloyd(Intro)★★★☆
2.You feat.Lil Wayne★★★★
3.Certified★★★★
4.I Don't Mind★★★
5.Get It Shawty★★★★
6.Incredible★★★
7.Valentine★★★☆
8.Hazel★★★
9.Player's Prayer★★★★
10.Killing Me★★★★
11.Take You Home★★★★
12.What You Wanna Do★★★
13.Street Love★★★
14.One For Me★★★
15.I Want You Remix feat.Andre3000 & Nas★★★☆


Lil Wayneを迎え、自身初のTOP10ヒットとなったスウィートな先行曲「You」Jazze Phaが手掛けたメロウなミッドチューン「Certified」Johnta Austinが関与した「I Don't Mind」、スペーシーなシンセ音を散りばめたYung Joc客演の2nd Single「Get It Shawty」、ファルセットで歌うアコギの鳴る癒し系な「Valentine」Sammieの復活作でも手腕を奮っていたJasper制作の上質スロウ「Player's Prayer」Cassie「Me & U」チックなシンセフレーズがループする「Killing Me」Omarion『21』で活躍した若手プロデューサー・Eric Hudsonが手掛けた「Take You Home」、スクリュー声&オペラなコーラスが独特の雰囲気を醸し出す「What You Wanna Do」Irv Gotti7 Aureliusが手掛けた冷たく硬質な「One For Me」Andre3000Nasの客演で生まれ変わった「You」のRemixバージョン「I Want You Remix」など、甘くてナヨナヨな声を堪能できる1枚となっています。
【最高位149位/6,101枚】
★★★☆

COMO AMA UNA MUJER ♪Jennifer Lopez

Jennifer Lopez

歌手、女優、実業家とマルチな才能を発揮し続けるセレブアーティスト、Jennifer Lopezの初のスペイン語アルバム『COMO AMA UNA MUJER』(邦題「ジェニファーの愛の11カ条~コモ・アーマ・ウナ・ムヘール~」)です。夫であるラテンポップシンガー・Marc Anthonyらの協力を得て完成させたJenniferにとって重要な意味を持つ作品となりました。

【収録曲】(※原題/邦題)
1.QUE HICISTE/明日に向かって★★☆
2.ME HACES FALTA/本当の愛★★☆
3.COMO AMA UNA MUJER/愛のかたち★★★
4.TE VOY A QUERER/愛の確信★★★
5.POR QUE TE MARCHAS/去っていくあなた★★☆
6.POR ARRIESGARNOS/愛の絆★★★
7.TU/あなた★★
8.AMARTE ES TODO/愛がすべて★★☆
9.APRESURATE/急いでちょうだい★★★
10.SOLA/ひとりぼっち★★☆
11.ADIOS/さよなら★★☆


アルバムの方向性を端的に表した先行曲「QUE HICISTE」、ロック寄りのアプローチを試みた「ME HACES FALTA」、韓国ドラマの中で流れてきそうなメロディのバラード曲「COMO AMA UNA MUJER」、レゲトン風のビートを用いた民族音楽色の強い「TE VOY A QUERER」、4th Album『Rebirth』収録の旦那との共作曲「(Can't Believe)This Is Me」のスペイン語版「POR QUE TE MARCHAS」、夫と共に歌う美しく愛に満ちた「POR ARRIESGARNOS」、ピアノとストリングスによるドラマティックな「AMARTE ES TODO」、淋しげに響き渡る鍵盤の音が印象的な「SOLA」、LIVE録音風で大団円を迎える「ADIOS」など、これまでの英語アルバムとは全く違う作風になっているので、従来の路線を好む一リスナーとしての率直な感想は、『Jennifer Lopezに求めているものはこういったものではない( ゚д゚)、ペッ』というのが正直なところでした。「Ain't It Funny」のようなキャッチーな曲があれば抵抗も少なく受け入れられたような気がしますが、そういった曲も一切無いので、英語でR&B/Popを歌うJennifer Lopezとは同名異人だと考えた方がいいです。自らのルーツに立ち返ってこのようなアルバムを制作することは、本人にとってはものすごく意義深いことだったと思いますけどね。
【最高位60位/8,618枚】
★★

Dignity ♪Hilary Duff

Hilary Duff

アメリカの国民的人気アイドル・Hilary Duffの4th Album『Dignity』です。これまで、キャッチーなPOP/ROCK路線でファンを開拓してきたHilaryですが、今作ではよりアーバンなDANCE/POP路線に挑戦しています。

【収録曲】
1.STRANGER★★★★
2.DIGNITY★★★★
3.WITH LOVE★★★★☆
4.DANGER★★★★☆
5.GYPSY WOMAN★★★★☆
6.NEVER STOP★★★★
7.NO WORK, ALL PLAY★★★
8.BETWEEN YOU AND ME★★★★☆
9.DREAMER★★★★
10.HAPPY★★★★
11.BURNED★★★☆
12.OUTSIDE OF YOU★★★★☆
13.I WISH★★★☆
14.PLAY WITH FIRE★★★☆
[JAPAN BONUS TRACK]
15. WITH LOVE DJ KAYA REMIX★★★


オリエンタルな香りのするオープニングナンバー「STRANGER」、ダンサブルなディスコロック調のタイトル曲「DIGNITY」、CRUNKライクなシンセ音が飛び交う「WITH LOVE」Madonna『Confessions On A Dancefloor』に入っていても違和感がなさそうな「DANGER」、インドのお経みたいな声ネタがループする妖艶な「GYPSY WOMAN」、激ポップで激キャッチーな「NEVER STOP」Gwen Stefaniのように弾ける「BETWEEN YOU AND ME」P!NKが関与したメロディアスなポップロックナンバー「OUTSIDE OF YOU」will.i.amが曲作りに携わった「PLAY WITH FIRE」など、従来のPOP/ROCK路線を好んでいた人には不満が残るかもしれませんが、個人的には今回のような程よいダンスポップ路線の方が好きなので、この路線変更は大歓迎でした。
【最高位12位/50,751枚】
★★★★

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽


ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)