FC2ブログ

(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

The Block ♪New Kids On The Block

New Kids On The Block
1984年に結成し、1986年にデビュー。“白人版New Edition”として、1991~92年には東京ドーム公演を行うなど絶大な人気を誇り、1994年に解散した5人組ボーカルグループ・New Kids On The Block。そんな彼らが約14年ぶりに再結成し、現代のヒットメーカーを多数迎えて制作した完全復活アルバム『The Block』です。(※1986年生まれのピタさんは彼らの活躍をリアルタイムでは一切知りません。)

【収録曲】
1. Click Click Click★★★☆
2. Single feat. Ne-Yo★★★★★
3. Big Girl Now feat. Lady Gaga★★★★☆
4. Summertime★★★★
5. 2 in the Morning★★★★
6. Grown Man feat. The Pussycat Dolls & Teddy Riley★★★☆
7. Dirty Dancing★★★★
8. Sexify My Love★★★☆
9. Twisted★★★★
10. Full Service feat. New Edition★★★★☆
11. Lights, Camera, Action★★★★
12. Put It on My Tab feat. Akon★★★★
13. Stare at You★★★☆
14. Close To You★★★★
15. One Song★★★★
16. Officially Over★★★★



復活第1弾シングルとして発表された現行意識の爽やかミドルチューン「Summertime」Ne-Yoがソングライト&客演した超絶美メロチューン「Single」(※Ne-Yoの最新作『Year Of The Gentleman』にはNe-Yoソロバージョンを収録。)、期待の新星・Lady GaGaをソングライトとゲストに迎え、流行のエレクトロなビートを用いたキャッチーな「Big Girl Now」、正統派なボーイズグループ的コーラスを聞かせる美しいミディアムナンバー「2 in the Morning」PCDTeddy Rileyが参加したレトロな空気を含んだ「Grown Man」、鍵盤がループするトラックに掛け声やダンダダダンダ♪というフレーズを盛り込んだ「Dirty Dance」Timbaland制作にしては明るめでポップな仕上がりの「Twisted」Chris Brown「Wall To Wall」をよりキャッチーにしたようなメロディが耳に残るNew Editionとの共演曲「Full Service」PCD『Doll Domination』の日本盤ボートラ曲の原型となるPolow Da Donプロデュースの「Lights, Camera, Action」、客演のAkonに喰われかけている感が否めないミドルチューン「Put It on My Tab」、本編のラストを美しく締めくくるバラードナンバー「Stare at You」、さらにシンプルでドラマティックなアレンジで聞かせるバラード「Close To You」、清々しいコーラスで“正式に\(^o^)/オワタ”と歌う「Officially Over」など、先鋭性は全く感じないものの、20年近く前に活躍していたグループが今の時代の音を携えて復活としたということに意義がある1枚なのではないでしょうか。
【最高位170位/876枚】
★★★★

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

2008年10月12~14日のお買い物

今日のお買い物
【2008年10月12日のお買い物】
■愛の意味を教えて! ♪W 105円
■デュオ U&U ♪W 250円
■PURE ♪佐々木ゆう子 250円
■GRACE ♪八反安未果 500円
■Gotta Tell You ♪Samantha Mumba 250円


臨時収入があったので調子に乗ってBOOK OFFを2軒はしごしてきました。
1軒目ではWのCDを2枚購入。5枚目のシングル「愛の意味を教えて!」が未開封で売っていたので買ってしまいましたw さらに、勢いで今まで中古で買うのを見送り続けていた1st Albumもついにゲット。買い物帰りに某交差点で信号待ちしていたら加護ちゃんの街頭CMが流れてきましたw
2軒目のBOOK OFFでは、アルバムを3枚買ってきました。1枚目はASAYAN出身の女性歌手・佐々木ゆう子の2nd Album『PURE』。1stは持ってたけど、たしか2ndは持ってなかったはず・・・というあやふやな記憶を信じて購入を決意しましたw 2枚目は八反安未果の2nd Album『GRACE』。これは昔から中古で探していて、売れなかったから中古で流れてないんだろうなぁ・・・と半ば諦めていた作品。作者クレジットを見たら葉山拓亮T2yaだらけでテンション上がりました(゚∀゚)↑↑ 最後は洋楽。Samantha Mumbaのデビューアルバムのリパッケージ盤の輸入盤を買いました。本当はコレの国内盤が欲しかったんですが、発売から7~8年経っても安い国内盤が見つからないので諦めましたw 何曲かStargateが参加してますよ(´∀`)

【2008年10月14日のお買い物】
■we can go anywhere(初回限定盤) ♪小柳ゆき
■we can go anywhere(通常盤) ♪小柳ゆき


今週買った新譜はコレだけ!!というか、コレに尽きます!!
7月の浜離宮でのライブでいち早く披露してくれた小柳ゆきUniversal移籍第1弾シングル「we can go anywhere」の初回限定盤と通常盤を買ってきました!友達の分も予約したので1人で4枚も購入w 初回盤はDVD付き、通常盤にはCD化が待ち望まれていた池田綾子とのコラボ曲「天球儀」を収録しています。今回久々に小柳ゆきとしての新曲がリリースされるのがすごく嬉しくて、自分が世界で1番好きなアーティストは“小柳ゆき”なんだなと改めて実感しています(´∀`)

PINKY RING ♪ROOKWOOD

Rookwood
IncognitoBlueyの秘蔵っ子(=Blueyの姪)といわれているUK出身の新人シンガーソングライター・ROOKWOODのデビューアルバム『PINKY RING』です。

【収録曲】
1. Pinky Ring★★★★
2. Follow me Follow me★★★★
3. Wotz Ure Name featuring Dynamite Mc★★★☆
4. Flowers featuring Killa Kela★★★☆
5. She Was A He★★★☆
6. Carefree★★★★
7. Lean★★★☆
8. Sounds Like This★★★★
9. Crack★★★☆
10. S'wat★★★★
11. The Jig★★★★
12. S.P.R.A.Y.★★★★




イマドキなエレクトロなサウンドを身に纏ったタイトルチューン「Pinky Ring」、歌い方やトラックなど全体的にM.I.A.っぽい「Follow me Follow me」Blueyが彼女の為に書いたという妖しくセクシーな「Flowers featuring Killa Kela」、彼氏が女装した男性と浮気をしているところを目撃して涙を呑む女性の心情を歌った「She Was A He」、ダイナミックなクラップビートに乗せ♪サワッサワー と歌う「Sounds Like This」、へヴィなサウンドで恋と罪悪感に落ちていく歌詞の世界を表現した「Crack」Christina Milianあたりに似合いそうな曲調のアップナンバー「S'wat」、ガチャガチャと騒がしいエレクトロビートなダンスナンバー「The Jig」、ベースの音がずっしりと響く電子系ミドルチューン「S.P.R.A.Y.」など、R&BともPOPSとも言い切れないジャンルレスで割りと暗めな感じのエレクトロ路線を基本とした作品になっています。
★★★★

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

PITACON新装復活のお知らせ+#1

当ブログを御覧の皆様、かつてこのblogに『PITACON』というコーナーがあったのを覚えているでしょうか?

よ~く覚えている方も、全く知らないという方もいらっしゃると思うので改めて説明をしますと、「PITACON」とは、自分のiTunes+iPodでの音楽再生回数を毎週地道に集計して発表していた再生回数ランキングのコーナーでした。

そんな自己満足の極みの様なコーナーも、パソコンの故障によってデータが全て消失してしまったことにより打ち切りをせざるを得ない状況に追い込まれ、7月下旬に泣く泣く更新を終了しました(´;ω;`)

その「PITACON」が今回から『PITA★CON』として生まれ変わります!!
このブログでは原則的に1日1枚、アルバムの感想文をアップしているのですが、シングルについて発言をする機会がないということに少し消化不良を感じていたので、今回『PITA★CON』では、新旧問わず、その時々に気になったシングルに焦点を当てて思ったことを綴れたらいいなと思っています。更新頻度はきまぐれ(´∀`)

では、早速第1回目を。

[Read More...]

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

The Best of melody. -Timeline- ♪melody.

melody.
今年でデビュー5周年を迎えたハワイ生まれのシンガー・melody.の初のベストアルバム『The Best of melody. -Timeline-』です。これまでリリースしてきた全てのシングル曲を収録しています。

【収録曲】
1. Dreamin' Away★★★★
洋楽度の高いポップでダンサブルなデビューシングル。サビで聞かせる優しく繊細なコーラスが魅力的。
【最高位33位/20,054枚】

2. Simple As That ★★★★☆
原一博作曲のライトでポップなR&Bチューン。こんなにさらっと聞けてしまう曲も珍しいってくらいの名曲。
【最高位29位/14,608枚】

3. Over The Rainbow ★★★★
『オズの魔法使い』のテーマ曲としておなじみの曲をダンサブルなトラックに乗せてカヴァー。

4. Crystal Love★★★★★
ギターのカッティングと鐘の音が運んでくるワクワク感と、melody.のクリスタルのように透明な歌声が寒くなる季節を彩るポップでキャッチーなウィンターソング。
【最高位34位/16,889枚】

5. Believe me★★★★
今回がアルバム初収録となる4th Single。これまでのシングル曲とは趣を変えた重量感のあるポップロックナンバー。Japanese VersionとEnglish Vesionの2種類が発売され、今作にはJapanese Versionを収録しています。
【最高位16位/17,539枚】(Japanese Version)
【最高位30位/11,950枚】(English Version)

6. So into You★★★★
「Believe me」と両A面でリリースされたPOP R&Bチューン。系統はやや異なるかもしれませんが、一時期のJanetのような雰囲気が感じられます。こちらもJapanese VersionとEnglish Versionでリリースされ、今回はJapanese Versionを収録。

7. Next to You★★★★★
原一博提供によるキャッチーなダンスナンバー。PVでもガンガン踊っています。(田中ロウマとの共演にデジャブを感じたのはこの曲の相手役ダンサーのせいか・・・。)
【最高位14位/21,876枚】

8. realize★★★★★
ドラマ『ドラゴン桜』の主題歌に起用されたmelody.にとって最大のヒット曲。タイアップの力だけでなく、超キャッチーでポップな楽曲の魅力あってこそのヒットナンバー。
【最高位6位/127,869枚】

9. Take a Chance★★★☆
「realize」と両A面扱いだったアコースティックなミディアムナンバー。

10. see you... ★★★★
m-flo☆Taku Takahashiが手掛けたミディアムチューン。良い曲だけど、せっかく「realize」のヒットでついた勢いをうまく利用できなかった印象強し。
【最高位19位/13,070枚】

11. Lovin' U★★★★
煌びやかな音色とギター、エッジーなビートが溶け合った洗練された印象のミドルチューン。
【最高位16位/15,434枚】

12. Finding My Road★★★★☆
自身が出演した自動車のCMソングに起用されていたクールで疾走感たっぷりなダンスナンバー。
【最高位13位/17,594枚】

13. My Dear★★★★
「Finding My Road」のカップリングに収録されていた曲。ストリングスアレンジと親しみやすいグルーヴが溶け合うR&Bナンバー。アルバム初収録。

14. Love Story★★★☆
melody.の実の妹・KURISが作った湿っぽいバラード。
【最高位21位/10,922枚】

15. 遥花~はるか~★★★★
ドラマ『だいすき!!』の主題歌だった優しく柔らかなバラードナンバー。沢尻エリカの楽曲を手掛けたシンガーソングライター・白鳥マイカが楽曲を提供。
【最高位10位/39,042枚】

16. miss you★★★★★
m-floのlovesシングル第2弾として発表された神曲。Drum'n'Bassを取り入れたビートを軽々とスムーズに乗りこなしていくRyoheiとの美男美女コンビぶりが素晴らしい!!
【最高位8位/70,901枚】



5年間という活動期間の中で、売上1万枚を切ったシングルがないというのは地味に凄いなと思いました。洋楽っぽさを意識したダンスナンバーから、J-POPの王道を行くポップナンバー、優しい歌声で聞き手を魅了するバラード・・・などなど、実に様々なタイプの作品を届けてきたmelody.の歴史が詰め込まれた素敵な1枚です。
【最高位4位/42,155枚】
★★★★

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

Girlicious ♪Girlicious

Girlicious
リアリティ番組『The Pussycat Dolls Present: Girlicious』から誕生したPCDの妹分といえるガールズグループ・Girliciousのデビューアルバム『Girlicious』です。

【収録曲】
1. Do About It★★★★
2. Baby Doll★★★★
3. Liar Liar feat. Flo-Rida★★★★
4. Save The World★★★☆
5. Here I Am★★★☆
6. Already Gone★★★★
7. I.O.U.1. feat. Kardinal Offishall★★★★
8. My Boo★★★★★
9. Radio★★★★
10. Still In Love feat. Sean Kingston★★★★☆
11. It's Mine★★★★
12. The Way We Were★★★★
13. Stupid Sh**★★★☆
14. Like Me★★★★



Diana Ross & The Supremes「Love Child」をネタ使いしたアッパーなオープニングトラック「Do About It」T.I.Rick Rossらを手掛けたThe Runners制作のアップ「Baby Doll」Flo-Rida客演のミステリアスな「Liar Liar」Andre Harris & Vidal Davisの手による幻想的でエレクトリックなミドルチューン「Save The World」、出だしのメロディがNe-Yo「Do You」と似ていて、後半から異様にギターがでしゃばってくる「Here I Am」、憂いのツボを的確に押さえ、シンセの味付けも忘れない今風ミッド「Already Gone」Jazze Phaプロデュースのスウィートでメロウな佳曲「My Boo」Sean Kingson(客演)×J.R.Rotem(Produce)コンビのキャラが色濃く反映されたメロディアスな「Still In Love」、急き立てられるような感覚を憶えるJazze Pha制作曲「It's Mine」J.R. Rotemが手掛けたsweetbox的なナンバー「The Way We Were」、姉貴分・PCDのような強気なスタンスを気取ってみた感のあるシングル曲「Stupid Sh**」、冒頭からJazze Pha制作なのが丸わかりなデビューシングル「Like Me」など、PCD姉さん達と比べるとまだまだ若くてオーラが未熟な感じがしますが、すっ飛ばしたくなる曲は特にないし、平均点以上の楽曲がたくさん並んでいてなかなか楽しめるアルバムだなと思いました。歌詞カードでメンバーのソロパートがそれぞれ色分けされて掲載されているのも良いですね(´∀`)
★★★★

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

Doll Domination ♪The Pussycat Dolls

The Pussycat Dolls
数多くのシングルヒットを生んだデビューアルバム『PCD』から約3年ぶりとなるThe Pussycat Dollsの2nd Album『Doll Domination』です。2枚組の輸入盤Deluxe Editionの感想文となります。

【収録曲】
1. When I Grow Up ★★★★★
2. Bottle Pop feat. Snoop Dogg★★★★
3. Whatcha Think About That feat. Missy Elliott★★★★☆
4. I Hate This Part★★★★☆
5. Takin' Over The World ★★★★
6. Out Of This Club feat. R. Kelly & Polow Da Don★★★★☆
7. Who's Gonna Love You★★★★★
8. Happily Never After★★★★☆
9. Magic★★★★☆
10. Halo★★★★
11. In Person★★★★
12. Elevator★★★★☆
13. Hush Hush★★★★☆
14. Love The Way You Love Me★★★★
15. Whatchamacallit★★★★
16. I'm Done★★★★



Rodney Jerkinsが手掛けたPCDの新展開を印象付けるアグレッシヴな先行シングル「When I Grow Up」、電子音が飛び交うSean Garrett制作/Snoop客演の無機質ポップ「Bottle Pop」、琴のような音がループするトラックが昔のMissyらしさを甦らせる「Whatcha Think About That feat. Missy Elliott」、ピアノのフレーズがちょっぴり切なげに響くミドルチューン「I Hate This Part」、しっとりと大人しくなったUsher「Love In This Club」みたいな印象の「Out Of This Club feat. R. Kelly & Polow Da Don」Nicoleが曲作りに大きく関与した様子が伺えるPolow Da Donプロデュースの流麗曲「Who's Gonna Love You」Nicoleのソロアルバムの収録曲候補だったNe-Yo関与曲「Happily Never After」Timbalandお得意の怪しげビートに乗せマジマジと連呼する「Magic」、より暗くて怪しい方向に走ったTimbaland曲その②「Halo」、他の曲と明らかに違うリードボーカルの弾けっぷりが気持ちいいTimbalandら制作のアッパーチューン「In Person」、憂いをたっぷりと含んだメロディに心魅かれるミッド「Hush Hush」、“イチ、ニ、サン、シ”という日本語が登場するなどエキゾチックな薫り漂う「Whatchamacallit」、本編をしっかりと締めくくってくれるバラードナンバー「I'm Done」など、良曲を前半に固めすぎてバランスが悪かった1stと比べるとかなり均質なイメージの作品になっています。また、飛びぬけて革新的だったり、異彩を放つ名曲がある!というわけではないものの、アップ~ミディアム~バラードと、トレンドをしっかりと押さえた楽曲が満載なので、全16曲でお腹いっぱいに楽しめるエンターテインメント性の高いアルバムになっていると思いました。

【Bonus Disc】の感想は続きを。


[Read More...]

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

2008/10/13付 oricon

oricon
■1位はNEWS「Happy Birthday」でした。今回はSEAMOが楽曲を提供。
■2位は声優・水樹奈々「Trickster」。自己最高初動を記録。
柴咲コウ福山雅治KOH+の第2弾シングル「最愛」が5位に初登場。前作「KISSして」が135位に再登場(累積145,236枚)。
GReeeeNBACK-ONらによるユニット・BAReeeeeeeeeeN「足跡」が7位に初登場。
Aqua Timez「夏のかけら」が8位にランクイン。7作連続のTOP10入り。
CHAGE & ASKAASKAのソロシングルが10位に初登場。CHAGEのソロ「waltz」が138位→88位にランクアップ(累積8,570枚)。
John-Hoon「You are not alone」が12位に初登場(初動11,835枚)。
■13位にエレファントカシマシ「新しい季節へキミと」が初登場(初動9,997枚)。
藤岡藤巻と大橋のぞみ「崖の上のポニョ」が30万枚突破(今週14位)。
■20位に『からくりテレビ』発の小5ロック少女・並木瑠璃のデビューシングル「学園天国」がランクイン。
GReeeeN「キセキ」が43位→24位に再浮上(累積472,612枚)。
■28位に中河内雅貴「Your Story/あの空へ」がランクイン(初動2,763枚)。
Spontania feat. JUJU「君のすべてに」が44位→29位にランクアップ(累積67,733枚)。
石原詢子「寿 契り酒」が105位→32位に急上昇(累積7,982枚)。
GIRL NEXT DOOR「偶然の確率」が5万枚突破(今週45位)。
鼠先輩「六本木~GIROPPON~」が122位→80位に再浮上(累積29,710枚)。
■110位にfaith「I believe」が初登場(初動613枚)。
■128位に吉幾三の「NDA![んだ!]」が初登場(初動488枚)。
GReeeeN「愛唄」が169位に再登場(累積246,340枚)。
鼠先輩「おいた」が173位に再登場(累積2,993枚)。
■194位にコブクロ「蕾」が再登場(累積505,135枚)。
倖田來未「MOON」が198位に再登場(累積137,168枚)。
■199位に木山裕策「home」が再登場(累積120,398枚)。

アルバムチャートは続きをご覧下さい。

[Read More...]

2008年10月7~8日のお買い物

今日のお買い物
【2008年10月7日のお買い物】
■TABOO ♪倖田來未
■Drive away/幸福の条件 ♪GIRL NEXT DOOR
■Girlicious ♪Girlicious


倖田さんの新曲「TABOO」と、GIRL NEXT DOORの2nd Single「Drive away/幸福の条件」をポイントを使って購入。DVDは別に気にならないのでどちらもCDのみを買いました。(※GIRL NEXT DOORはこっちのダサいジャケットの方が好きだったしw) さらに、何気なく立ち寄った店でGirliciousのデビューアルバムが1500円で売られているのを発見!店頭で全然見かけなくて、ネット上では3000円以上で売られていたので「これはお買い得!」と思い、即購入(゚∀゚) いいもの見つけました(・∀・)

【2008年10月8日のお届け物】
■The Best of melody. Timeline(初回限定盤) ♪melody.

ネット通販で頼んでいたmelody.のベストアルバムが届きました♪PVを収録した初回限定盤DVD付きを購入。(ジャケットをよく見ると目の下あたりの化粧ノリが悪そうに見えるのは気のせいでしょうか・・・?w)

SEX and the CITY VOLUME 2

SEX AND THE CITY
映画『SEX and the CITY』のサウンドトラックに収録されなかったものの劇中で使われていた曲たちを中心とした続編的な内容のサントラ『SEX and the CITY VOLUME 2』です。

【収録曲】
1. Click Flash ♪Ciara★★★★
2. My First Love ♪Craig David★★★☆
3. 2Nite ♪Janet Jackson★★★★☆
4. Beautiful ♪Goldfrapp★★★★
5. Real Girl ♪Mutya Buena★★★★☆
6. Pretty Please (Love Me) ♪Estelle feat. Cee-Lo★★★★
7. Trouble ♪Bitter:Sweet★★★☆
8. Dangerous ♪Elijah Kelley★★★★
9. Look at You Now ♪Katie Herzig★★★★
10. Little Romance ♪Ingrid Michaelson★★★☆
11. We Got Love ♪Ryan Shaw★★★☆
12. Fool's Gold ♪Amy Winehouse★★★
13. Mockingbird ♪Allison Moorer★★★
14. Hey Baby ♪The Champagne Flutes★★☆
15. You Look So Good ♪Owen Brady★★★




Fergie「Glamorous」にも似た雰囲気を感じるCiaraの未発表曲「Click Flash」、今風のアップナンバーに仕上がったSalaam Remiが手掛けたCraig Davidの新曲「My First Love」Janetの最新作『Discipline』収録のStargateプロデュースのダンスチューン「2nite」、元SugababesMutya BuenaによるLenny Kravitzネタのソロヒット「Real Girl」、最新作『Shine』にも収録されているEstelleCee-Loによるほのぼのとしたソウルナンバー「Pretty Please (Love Me)」Elijah Kelleyが歌うChris Brownっぽい“You”連呼のアップ「Dangerous」、独特の幻想的な雰囲気を持ったKatie Herzigのダンスチューン「Look at You Now」、耳に優しい素朴なサウンドを聞かせるIngrid Michaelson「Little Romance」、熱くソウルフルな歌声が良いRyan Shaw「We Got Love」Amy Winehouseのしっとり系ナンバー「Fool's Gold」、カントリーシンガー・Allison Moorerのよるフォーキーなバラード「Mockingbird」など、先にリリースされたサントラと同様に、有名無名問わず様々なジャンルのアーティストの楽曲が収録されています。
★★★

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

SEX and the CITY

SEX AND THE CITY
NYに住む4人の独身女性の生き方を、過激でリアルな性生活やスタイリッシュなファッションを交えて描いた人気ドラマ『SEX and the CITY』の映画版のサウンドトラック第1弾です。

【収録曲】
1. Labels or Love ♪Fergie★★★★
2. All Dressed in Love ♪Jennifer Hudson★★★★☆
3. Mercy ♪Duffy★★★★
4. The Look of Love [Madison Park vs Lenny B Remix] ♪Nina Simone★★★☆
5. New York Girls ♪Morningwood★★★☆
6. All This Beauty ♪The Weepies★★★☆
7. I Like the Way ♪Kaskade★★★☆
8. It's Amazing ♪Jem★★★☆
9. How Deep Is Your Love ♪The Bird & The Bee★★★☆
10. The Heart of the Matter ♪India. Arie★★★☆
11. Auld Lang Syne ♪Mairi Campbell & Dave Francis★★★
12. Kissing ♪Bliss★★
13. How Can You Mend a Broken Heart ♪Al Green feat. Joss Stone★★★
14. Walk This Way ♪Run D.M.C. feat. Steve Tyler & Joe D.M.C. feat. Steve Tyler & Joe Perry of Aerosmith★★★★
15. Sex and the City Movie Theme ♪The Peeifer Broz. Orchestra★★★




ドラマのテーマ曲をネタ使いしたFergie「Labels or Love」、映画にも女優として出演したJennifer Hudsonが歌う持ち前の歌唱力を生かしたゴージャスな楽曲「All Dressed in Love」、個性的な歌声とレトロなサウンドが受け、UKで大ヒットを記録したDuffy「Mercy」、性別不詳な歌声が魅力の伝説のジャズシンガー・Nina Simoneの楽曲をクールなサウンドで現代に甦らせた「The Look of Love [Madison Park vs Lenny B Remix] 」Morningwoodによるエキセントリックなロックナンバー「New York Girls」、都会的な洗練されたクラブサウンドに酔いしれるKaskade「I Like the Way」、ジャンルレスなスタイルが頼もしいUKのシンガーソングライター・Jemの歌う「It's Amazing」、優しく素朴な歌声で聴き易いThe Bird & The BeeによるBee Geesのカバー「How Deep Is Your Love」、ROCKとHIP HOPの融合を実現したエポックメイキングな1曲として歴史に名を残したRun D.M.C.Aerosmith「Walk This Way」、オーケストラによる映画用のテーマ曲「Sex and the City Movie Theme」など、時代やジャンルを超えた選曲になっていてアルバムとしてのまとまりが全く無いものの、このバラバラさが物語のテーマである“様々な女性の生き様”を投影しているかのようにも思えたのでした。
【最高位22位/39,864枚】
★★★

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

Fearless ♪Jazmine Sullivan

Jazmine Sullivan
地元・フィリーの有名イベント“Black Lily”にて天才少女として注目を浴び、同郷の夫婦デュオ・Kindred The Family Soulの2003年作『Surrender To Love』に参加し、圧倒的な存在感を放っていた現在21歳の新人アーティスト・Jazmine Sullivanのデビューアルバム『Fearless』です。

【収録曲】
1. Bust Your Windows★★★★☆
2. Need U Bad★★★★☆
3. My Foolish Heart★★★★
4. Lions, Tigers and Bears★★★★
5. Call Me Guilty★★★★☆
6. One Night Stand★★★★☆
7. After The Hurricane★★★★☆
8. Dream Big★★★★☆
9. Live A Lie★★★★☆
10. Fear★★★★☆
11. In Love With Another Man★★★★
12. Switch!★★★★



古い映画音楽のようなレトロな雰囲気とJazmineの貫禄のある歌声の組み合わせが見事な「Bust Your Windows」、レゲエトラックかと思いきやサビになるとMissy流のソウルマナーが露顕する「Need U Bad」、ストリングスを敷いたシンプルなトラックがJazmineの歌ぢからをより引き立たせる美麗スロウ「Lions, Tigers and Bears」Alicia Keys『As I Am』で聞かせたような生音重視のソウルをより明るくキャッチーに再解釈した「One Night Stand」Stargateプロデュースの美メロ系ミッド「After The Hurricane」Missy Elliottらしい一筋縄ではいかないグルーヴィーなトラックが愉快な「Dream Big」、アナログな雰囲気とシンプルなビートが奏でるグルーヴ感が心地良い「Live A Lie」、自らが恐れるものを列挙していくスケール感のあるスロウ「Fear」、コーラスとピアノだけを従えたシンプルなバラード「In Love With Another Man」など、21歳らしい若々しさは(いい意味で)ほとんど感じられず、実年齢の2~3倍ぐらい年齢詐称してるんじゃないかと思うくらいに、熟成されたソウルフルな歌声と大物の貫禄が既に備わっていて聴き応えたっぷりの1枚になっています。
★★★★☆

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

松浦亜弥コンサートツアー2008 春 『AYA The Witch』

松浦亜弥
『あやや』の愛称で親しまれているアイドル・松浦亜弥の2008年春のコンサートツアーの模様を収めたLIVE DVDです。

今回のDVDの見どころはなんといっても
はるな愛の飛び入り参加シーン。

残念ながら本編ではなく特典映像に約17分間収録されているのですが、間違いなく今作で最も“売り”になる部分だと思います!それだけに、パッケージではるな愛との共演をもっと全面にアピールしなかったのがとても惜しく感じます。(まぁ、本家が物真似してる側の人気に頼ってる感じを出しちゃうのもいかがなものかとも思いますが・・・。)

はるな愛がサプライズゲストとして登場したのはあややの誕生日に行われたLIVEのアンコール。いきなり地声で「LOVE涙色」を歌って登場したはるな愛に、あややは驚くと同時に爆笑www 2人でバースデーケーキに顔を突っ込んだり、あややの生歌に合わせてはるな愛「Yeah!めっちゃホリディ」を長めにパフォーマンスする“生エアあやや”など、いつになく面白い内容になっています。また、ラストに歌った「笑顔に涙~THANK YOU! DEAR MY FRIENDS~」では感極まってまさに“笑顔に涙”な中で歌う感動的なあややの姿も見ることが出来、この日の公演を本編にしてもよかったんじゃないかとすら思いました。

さて、本編の内容に話を移しますが、今回は過去のアルバム曲からの選曲が多いので、はるな愛ブームであややのコンサートに興味を持った人には少々キツイ内容なのかもしれません。ハロプロでは珍しい生バンドを従えたスタイルで、余裕のある表情で安定した歌唱力を披露するあややの姿からはベテランアイドルの貫禄を感じます。「ソウルメイト」「女 Day by Day」「The 美学」などであややと一緒に踊りながら歌うコーラス2人の頑張りには拍手をあげたいくらいです。MCでは、衣装チェンジの合間の朗読劇があったり、“ファンの方から受けた重大な相談”について話したり、客席全員に“伸び”をさせたり・・・と、今後はるな愛のネタにされることが期待できる内容でした。「可能性の道」では歌詞を初っ端から飛ばして歌いなおすハプニングが。ラストの曲「笑顔に涙~THANK YOU!DEAR MY FRIENDS~」は本編では本当に楽しそうな表情で歌っています。最後は、はるな愛の真似をして乳首を指しながら「松浦亜弥でした~w」と挨拶して舞台上を去っていきましたw

今までとは違った感じの豪華な特典映像が付いて楽しいLIVE DVDでした。
★★★★

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

2008年9月25日~10月3日のお買い物

今日のお買い物
【2008年9月25日のお届け物】
■Fearless ♪Jazmine Sullivan

Amazonで頼んでいたJazmine Sullivanのデビューアルバム『Fearless』が到着。彼女のことは“フィリー界隈で注目されている娘”として3年前ぐらいから名前は知ってたので、まさかMissy絡みで出てくるとは思ってもいませんでした。

【2008年9月26日のお買い物】
■Doll Domination(Deluxe Edition) ♪The Pussycat Dolls
■カバー・モーニング娘。ハロー!プロジェクト! 180円


PCDの2nd Albumの輸入盤の2枚組Deluxe Editionを買ってきました!本当なら国内盤を買うつもりだったんですが、各メンバーのソロ曲が入ってるし、まだ社販も使えるからこっちの方がお買い得かなと思って購入。他にも、RECOfanでハロプロソングの洋楽カバーアルバム第2弾を発見したのでゲットしてきました(・∀・)

【2008年9月27日のお買い物】
■SEX and THE CITY
■SEX and THE CITY VOLUME 2


最後の社販をしてきました。
買ってきたのは映画『SEX and THE CITY』のサントラ2タイトル。ドラマは1回しか見たことないし、映画も見る気はあまりないのですがサントラには魅かれていたので思いきって買ってきました。

【2008年9月28日のプレゼント】
■松浦亜弥コンサートツアー2008 春 AYA The Witch ♪松浦亜弥

この日、無事に約1年3ヶ月間続けたCDショップでのアルバイトを卒業しました。最後に、1番仲の良かった子からあややの最新LIVE DVDをプレゼントしてもらっちゃいました(´∀`)

【2008年10月3日のお届け物】
■Colby O ♪Colby O' Donis

Amazonで注文したCDをコンビニに引き取りに行ってきました。Akonの主宰するレーベル“Kon Live”に所属する新人・Colby O'Donis君のデビューアルバムです。見た目がものすごい普通で冴えないんだけど、これからだんだん垢抜けてくるのかな…(´∀`;)

2008/10/6付 oricon

oricon
■1位はEXILE「The Birthday~Ti Amo~」でした。
絢香コブクロのコラボシングル第2弾が2位にランクイン。前作「WINDING ROAD」が83位に再登場(累積355,773枚)。
モーニング娘。によるピンクレディーのカバー曲が3位に初登場。
BREAKERZ「世界は踊る/灼熱」が6位に初登場。自己最高位を更新。前作「SUMMER PARTY/LAST EMOTION」が154位に再登場(累積26,796枚)。
加藤ミリヤ「SAYONARAベイベー/恋シテル」が9位にランクイン。
■男装アイドルユニット・腐男塾「男坂」が12位に初登場(初動7,320枚)。
SHAKALABITTS「Walk Over the Rainbow」が13位にランクイン(初動6,502枚)。
■計6種類発売したM「Sing a song forever」が14位に初登場(初動5,569枚)。
悲愴感「悲愴感」が20位→16位にランクアップ(累積68,455枚)。
■17位に鈴木亜美「can't stop the DISCO」がランクイン(初動4,655枚)。
■18位に高橋直純「パレット」が初登場(初動4,496枚)。
音速ライン「ポラリスの涙」が19位に初登場(初動4,219枚)。
■31位にフィルハーモユニーク「みちしるべ」が初登場(初動3,258枚)。
■42位にチェウニ「オリエンタル・ララバイ」が初登場(初動2,622枚)。
SMAP「この瞬間(とき)、きっと夢じゃない」が58位→50位に再浮上(累積130,902枚)。
■59位に五木ひろし「テネシーワルツ」が初登場(初動1,618枚)。
SKB「elegy train」が63位に初登場(初動1,551枚)。
■65位に高杉さと美「RELATION~あの風を辿って~」が初登場(初動1,458枚)。
AAA「MUSIC!!!/ZERO」(今週90位)、Every Little Thing「あたらしい日々/黄金の月」(今週98位)がそれぞれ累積3万枚を突破。
スターダストレビュー「夢伝説」が169位→102位にランクアップ(累積7,255枚)。
天野月子「ゼロの調律」が137位に再登場(累積3,803枚)。
■175位にアグネス・チャン「この良き日に」が初登場(初動395枚)。

アルバムチャートは続きをご覧ください。

[Read More...]

Year Of The Gentleman ♪Ne-Yo

Ne-Yo
人気と実力を兼ね備えたシンガーソングライターとして確固たる地位を築き上げたNe-Yoの3rd Album『Year Of The Gentleman』です。前2作ではジャケットでお世辞にもグッドルッキングとはいえないお顔を全面に押し出してましたが、3枚目の今作では全面に押し出すどころか帽子を被り、下を向いて自重。これも“ジェントルマン”な態度の表れなんでしょうか?

【収録曲】
1.Closer★★★★☆
2.Nobody★★★★
3.Single★★★★☆
4.Mad★★★★
5.Miss Independent★★★★
6.Why Does She Stay★★★
7.Fade Into The Background★★★
8.So You Can Cry★★★☆
9.Part Of The List★★★★
10.Back To What You Know★★★☆
11.Lie To Me★★★☆
12.Stop This World★★★☆
13.What's The Matter★★★★
14.She Got Her Own feat. Jamie Foxx & Fabolous★★★



ハウスの要素を取り入れ新たな一面をアピールした1st Single「Closer」New Kids On The Blockに提供した楽曲のセルフカヴァーとなるPolow Da Donプロデュースのメロウな「Single」、ピアノの旋律にStargateらしいビートを敷いてNe-Yoメロディを乗せた無難に美しい仕上がりの「Mad」「So Sick」的な要素を残しつつアップテンポに仕上げた「Miss Independent」、失恋した女友達をキザっぽく慰める曲「So You Can Cry」、哀愁漂うマイナーなメロディが切なく染みる「Part Of The List」「嘘をついてくれ」としつこく歌い現実逃避に走る鬱気味ソング「Lie To Me」、ストリングスに彩られた大衆的ポップバラードな趣のある「Stop This World」Ne-YoよりJamie Foxxの歌ぢからに改めて魅力を感じてしまったボーナス曲「She Got Her Own feat. Jamie Foxx & Fabolous」など、「Closer」が出た時点でもっとジャンルレスなアルバムになることを想像していたので、確かにこれまでのNe-Yoの定番的な音は鳴りを潜めた感はあるものの意外と地味にまとまってしまったなぁという感想を持ちました。テーマが“ジェントルマン”なのであまり騒がしいアルバムにするわけにもいかなかったんでしょうが。
【最高位2位/212,548枚】
★★★☆

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽


ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)