FC2ブログ

(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

Been Waiting ♪Jessica Mauboy 

Jessica Mauboy
オーストラリアのオーディション番組『Australian Idol』出身のシンガー/ソングライター・Jessica Mauboyの初のオリジナルアルバム『Been Wating』です。

【収録曲】
1. Running Back feat. Flo Rida★★★★
2. Been Wating★★★★
3. Burn★★★★
4. Used2B★★★★
5. Empty★★★★☆
6. Because★★★★
7. To The Floor★★★★
8. Time After Time★★★★
9. Back2U★★★★
10. Up/Down★★★★
11. Let Me Be Me★★★★


憂いを含んだビートが耳に残るFlo Ridaをフィーチャーした1st Single「Running Back」StargateTimbalandのサウンドをMIXさせてあっさりと仕上げたようなタイトルナンバー「Been Wating」、オーストラリアのチャートで2位を記録したエレクトロな2nd Single「Burn」、ほのかに「Irreplaceable」なミディアム「Used2B」Timbaland系のシンセサウンドで構築された「Empty」、シンセも鳴り響くピアノR&Bバラード「Because」、妖しい魅力を放つダンスチューン「To The Floor」Cassie風トラックに乗せて歌ったカバー曲の定番・Cindy Lauper「Time After Time」KwameがプロデュースしたPCD風アップ「Up/Down」など、圧倒的な個性は感じられないものの、手堅く制作された好楽曲が並ぶアルバムとなっています。
【最高位138位/2,585枚】
★★★★

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

2009/1/19付 oricon

oricon
新譜のリリースが極端に少なかったため、旧譜の再浮上と演歌勢の健闘が目立つチャートとなりました。
タッキーのソロデビューシングル「愛・革命」が見事初登場1位を獲得。
秋元順子「愛のままで・・・」が2位にランクアップ。
レミオロメンのavex移籍第1弾シングルが3位に初登場。
THEポッシボー「幸せの形」が4位に初登場。初のTOP5入り。
アンジェラ・アキ「手紙~拝啓 十五の君~」が2008年10月27日付以来、約3ヶ月ぶりにTOP10入り。
■12位にBEGIN with アホナスターズ「笑顔のまんま」が初登場(初動5,403枚)
■13位に坂本冬美「アジアの海賊」が初登場(初動4,860枚)
北島三郎「波乱万丈」が34位→14位にランクアップ(累積9,915枚)
水田竜子「風の宿」が33位→17位にランクアップ(累積9,104枚)
嵐「truth/風の向こうへ」が24位→18位に上昇。2008年10月13日付以来のTOP20入り。(累積633,338枚)
中村美津子「女の旅路」が60位→24位に急上昇(累積39,378枚)
■先週1位だった倖田來未「stay with me」が25位に急落\(^o^)/オワタ(累積61,325枚)
羞恥心「羞恥心」が40位→26位にランクアップ(累積484,283枚)
水森かおり「輪島朝市」が82位→31位に再浮上(累積131,479枚)
岡ゆう子「女の真実」が51位→32位にランクアップ(累積5,730枚)
木山裕策「home」が45位→34位にランクアップ(累積129,666枚)
神野美伽「汽笛」が59位→48位にランクアップ(累積4,348枚)
青山テルマ feat. Soulja「そばにいるね」が57位→50位に再浮上(累積462,550枚)
アラジン「陽は、また昇る」が74位→51位に浮上(累積273,262枚)
羞恥心「泣かないで」が90位→53位にランクアップ(累積340,084枚)
Perfume「love the world」が76位→55位に上昇(累積141,429枚)
森山直太朗「生きてることが辛いなら」が109位→61位にランクアップ(累積16,167枚)
東方神起「呪文-MIROTIC-」が98位→62位に再浮上(累積87,698枚)
Perfume「ポリリズム」が110位→71位にランクアップ。2008年7月21日付以来のTOP100入り。(累積75,531枚)
TOKIO「雨傘」が121位→86位に再浮上(累積66,729枚)
東方神起「Purple Line」が91位に突如再登場(累積47,961枚)
倖田來未「TABOO」が104位→93位にランクアップ(累積87,679枚)
NEWS「Happy Birthday」が131位→99位に再浮上(累積241,019枚)
秋元順子「マディソン郡の恋」が182位→100位に急上昇(累積19,492枚)
GIRL NEXT DOOR「偶然の確率」が141位→114位にランクアップ(累積57,825枚)
■140位にKAT-TUN「DON'T U EVER STOP」が再登場(累積447,652枚)
aiko「KissHug」が172位→145位にランクアップ(累積107,625枚)
山口百恵・三浦友和夫妻の長男がボーカルを務め、CMにも出演していると散々報道されたPeaky SALTのデビューシングル「イトシセツナナミダ」がやっと163位に初登場(初動364枚)
■171位に谷村奈南「JUNGLE DANCE」が再登場(累積39,595枚)
■172位にKinKi Kids「Secret Code」が再登場(累積223,795枚)
中川翔子「続く世界」が195位に再登場(累積49,368枚)
■200位はw-inds.「Everyday/CAN'T GET BACK」(累積60,075枚)

アルバムチャートは続きを御覧下さい。



[Read More...]

2009年1月5~14日のお買い物

今日のお買い物
【2009年1月5日のお買い物】
■Just Stand Up ♪Various Artists

今年初の“自分用”のお買い物です。
買おう買おうと思って全然買わなかった「Just Stand Up」のシングルCDが、某タワレコにて『初売り特価¥300』で売ってるのを発見。やっと買いました。

【2009年1月5日のお届け物】
■Yours, Mine and the Truth ♪Sterling Simms
■Brutha ♪Brutha

Amazonで頼んでいたCDをコンビニに受け取りに行ってきました。2枚とも800円以下で買えました。どっちもロクに試聴せず、単純に安さに魅かれて買ってしまったアルバム。

【2009年1月13日のお届け物】
■Chapter 4:Labor Pains ♪Syleena Johnson

JIVEを離脱し、自身のレーベルから発売されたSyleena Johnsonの新作『Chapter 4:Labor Pains』が届きました。涙流してますね。

【2009年1月14日に所有権を得たもの】
■Crazy ♪Britney Spears 250円

2009年1月3日に埼玉県の某BOOK OFFでポニー♂氏の為に買ってきてあげたBritney Spears「Crazy」の国内盤シングルですが、なんとこの日になって「持ってたwww」というメールをいただきました\(^o^)/ 「買い取ります(´∀`)」と言われましたが、せっかくなので自分のものにすることにしました。

カントリー娘。メガベスト ♪カントリー娘。

カントリー娘。
田中義剛プロデュースの“半農半芸アイドル”として誕生したカントリー娘。のベストアルバム『カントリー娘。メガベスト』です。

【収録曲】()内は在籍メンバー
1.二人の北海道★★★★
(りんね、柳原尋美、小林梓)
北海道限定でリリースされたインディーズデビューシングル。元気いっぱいな曲調で、北海道にちなんだフレーズを散りばめた作詞は森高千里が担当。しかし、CDデビューを目前に控えた1999年7月16日にメンバーの柳原尋美が交通事故で亡くなるという悲劇が・・・。さらに、ヘアヌードの過去が明らかになった小林梓が心労という理由で脱退し、波乱万丈のデビューとなりました(´Д`)

2.雪景色★★★☆
(りんね)
デビューから1ヶ月でりんね1人となってしまったカントリー娘。の第2弾シングル。この曲も作詞は森高千里が担当。軽快なカントリーフォーク調の楽曲にもかかわらず、何故か鬱っぽさが漂ってくる不思議。

3.北海道シャララ★★★★
(りんね)
追加メンバーの募集を行ったものの、合格者無しという結果に終わり、りんね1人体制が継続された状態でリリースされた第3弾シングル。哀愁を感じさせる楽曲と相まって鬱っぽさがさらに強まりました(´Д`)

4.恋がステキな季節★★★★
(りんね、あさみ)
新メンバー・あさみが加入し、2人組として再始動することとなった新生カントリー娘。第1弾シングル。りんねの落ち着きすぎて疲弊しているとも感じられる歌声とあさみのフレッシュな歌声のアンバランスな関係がステキなミディアムナンバー。

5.初めてのハッピーバースディ!★★★★
(りんね、あさみ、石川梨華)
モーニング娘。石川梨華を助っ人に迎えたカントリー娘。に石川梨華(モーニング娘。)名義でリリースされたメジャーデビューシングル。久々に明るい曲で幸先の良いスタートを切りました。3者3様の“Happy Birthday”の発音にも注目。
【最高位4位/142,340枚】

6.恋人は心の応援団★★★★
(りんね、あさみ、石川梨華)
カントリー娘。に石川梨華(モーニング娘。)としてリリースしたメジャー第2弾シングル。2期タンポポと若干カブる路線の明るい恋の歌です。
【最高位6位/93,070枚】

7.色っぽい女~SEXY BABY~★★★★★
(りんね、あさみ、里田まい、石川梨華)
新メンバーとして里田まいが加入し、4人体制でリリースされたカントリー娘。に石川梨華(モーニング娘。)として3枚目のシングル。カントリー娘。の素朴で爽やかなイメージとは180度異なるセクシー路線に走った迷曲。結成当時からカントリー娘。の看板を守り続けたりんねが、女豹のようなビッチ的な恥ずかしい振り付けに嫌気がさしたのではないかと容易に想像できる1曲。
【最高位4位/57,620枚】

8.BYE BYE 最後の夜★★★★☆
(あさみ、里田まい、石川梨華)
案の定、りんねが卒業し、3人体制でリリースされたカントリー娘。に石川梨華(モーニング娘。)として事実上のラストシングル。(残ったメンバーがアレなため、必然的に)里田まいの歌唱力の高さがかなり目立ちます。さすが、オーデ時に「モーニング娘。は歌が上手くない」と言い放った女です。
【最高位8位/31,093枚】

9.新しい恋の初デート★★★★
(りんね、あさみ、里田まい、石川梨華)
『プッチベスト3』に収録されていた楽曲。実はメジャー第3弾シングルに予定されていたのではないかと噂されていた曲です。

10.浮気なハニーパイ★★★★☆
(あさみ、里田まい、みうな、紺野あさ美、藤本美貴)
新メンバーにみうなを迎え、モーニング娘。からの助っ人として紺野あさ美藤本美貴が参加したカントリー娘。に紺野と藤本(モーニング娘。)名義での第1弾シングル。つんくの糞ラップやハニパーイ!!という合いの手ワロスなハイテンションでお送りするユーロビートナンバー。
【最高位7位/41,324枚】

11.先輩~LOVE AGAIN~★★★★☆
(あさみ、里田まい、みうな、紺野あさ美、藤本美貴)
カントリー娘。に紺野と藤本(モーニング娘。)の第2弾シングル。もはやカントリーとか一切関係なくR&Bです。1番の聴き所はミキティによる長台詞。結構真剣なセリフなので笑いは禁物。(最初聴いたとき爆笑したけどwww)
【最高位15位/23,577枚】

12.シャイニング 愛しき貴方★★★★
(あさみ、里田まい、みうな、紺野あさ美、藤本美貴)
カントリー娘。に紺野と藤本(モーニング娘。)として3枚目となるシングル曲。ラッツ&スターのようなムーディーなドゥーワップ調ナンバー。助っ人であるはずのミキティがおいしいパートを全部任されております。
【最高位13位/16,450枚】

13.革命チックKISS★★★★☆
(あさみ、里田まい、みうな)
2nd Album『カントリー娘。大全集②』に収録された新曲。バンジョーの音が陽気にループするダンスナンバー。2nd Albumのリリース後、あさみみうなが卒業することが発表され、カントリー娘。里田まい1人体制へ。

14.オヤジの心に灯った小さな火~デュエットバージョン~★★★★
(里田まい with 藤岡藤巻)
ヘキサゴンでブレイクし始めていた里田まいと、ポニョを手掛ける前の藤岡藤巻が組み、全く売れなかった黒歴史シングル。派遣社員のOL・まいちゃんと課長、互いのすれ違いまくりな本心を歌にしたデュエットソング。
【最高位116位/1,074枚】



【最高位171位/1,073枚】
★★★★

テーマ:邦楽 - ジャンル:音楽

Magic Time ♪中川翔子

中川翔子
しょこたん”こと中川翔子のオリジナルとしては2作目となるアルバム『Magic Time』です。

【収録曲】※=インスト
1. your “Magic Time”
2. Spiral★★★☆
3. through the looking glass★★★★☆
4. 続く世界★★★★
5. シャーベット色の時間★★★☆
6. マカロンホリディ★★★★
7. Brand-new day★★★★☆
8. Shiny GATE★★★★
9. 冬の遊園地★★★★
10. 綺麗ア・ラ・モード★★★★
11. Ivy★★★★
12. 空色デイズ -天元突破EDITION-★★★★



“自分探し”をテーマにしたポップロックチューン「Spiral」、懐かしくキュートなアイドルポップス風ナンバー「through the looking glass」、オリコン初登場5位を記録したギザカッコよく歌い上げるロックナンバー「続く世界」、大御所・松本隆×筒美京平コンビによる麗しのバラード「綺麗ア・ラ・モード」、アグレッシヴなサウンドで突き抜けるアップナンバー「Shiny GATE」筒美京平作曲のキュートで甘く爽やかなポップチューン「シャーベット色の時間」、女の子らしい可愛らしい歌詞が耳に残るポップロックナンバー「マカロンホリディ」、センチメンタルなバラードナンバー「冬の遊園地」、“ありがとう”の気持ちを込めたポップな「Ivy」、ボーカルを新たに録り直し、「calling location」など自身の曲をサンプリングしてアレンジ面でも進化を遂げた「空色デイズ -天元突破EDITION-」など、「空色デイズ」路線のロックナンバーはもちろん、筒美京平先生による楽曲やバラードなど、なかなか楽しくて聴きやすいアルバムに仕上がっています。
【最高位11位/40,015枚】
★★★★

テーマ:邦楽 - ジャンル:音楽

ハロー!プロジェクト シャッフルユニット メガベスト

ハロー!プロジェクト シャッフルユニット メガベスト
Hello!Projectの恒例企画であったシャッフルユニットの楽曲をPV付きで完全収録したベストアルバム『ハロー!プロジェクト シャッフルユニット メガベスト』です。

【収録曲】※()内は参加メンバー。
1. 黄色いお空で BOOM BOOM BOOM ♪黄色5★★★★★
(平家みちよ、安倍なつみ、保田圭、RuRu、アヤカ)
歌唱力に定評のあるメンバーを集めた黄色5の楽曲は第1回目のシャッフルユニットの中で最もアイドルポップ度の高いアップテンポの楽曲。歌詞の意味を深く考えてはいけません。考えれば考えるほどわけわかんなくなります。
【最高位3位/475,970枚】

2. 青いスポーツカーの男 ♪青色7★★★★☆
(飯田圭織、矢口真里、市井紗耶香、稲葉貴子、小湊美和、ミカ、レフア)
初期シャッフルユニットの中で最も大人数となる青色7の楽曲は、ダメ男に渇を入れるロックナンバー。PVにはシャ乱Qまことが友情出演。残念ながら、あかの中では売り上げ最下位になってしまいました。
【最高位4位/385,540枚】

3. 赤い日記帳 ♪あか組4★★★★★
(中澤裕子、後藤真希、信田美帆、ダニエル)
後藤真希がメインを務めたシャッフルユニット最大のヒット曲。歌詞に共感し思わず涙した中澤姐さんの感情のこもった歌声や、ダニエルのダイナミックな歌唱力も聴き所。
【最高位2位/507,850枚】

4. チュッ!夏パ~ティ ♪三人祭★★★★★
(石川梨華、加護亜依、松浦亜弥)
ピンクのヅラと見せパンが他ユニットのメンバーから失笑・嘲笑された一方で、その強烈な個性に憧れを抱かれた衝撃ユニット。加護ちゃんのはっちゃけっぷりはもちろん、デビューして間もないあややのサイボーグっぷりがすごいw
【最高位5位/308,870枚】

5. サマーれげぇ!レインボー ♪7人祭★★★☆
(平家みちよ、矢口真里、後藤真希、アヤカ、レフア、柴田あゆみ、あさみ)
およよ”“ブンバリバリ”など独特のフレーズが登場するレゲエナンバー。衣装はカラフルでも祭ユニットの中では一番地味な印象。
【最高位6位/226,190枚】

6. ダンシング!夏祭り ♪10人祭★★★★
(安倍なつみ、飯田圭織、保田圭、吉澤ひとみ、辻希美、りんね、ミカ、村田めぐみ、大谷雅恵、斉藤瞳)
10人の大所帯による正統派な日本的お祭りソング。構成員は余りもの的な感じに思えますが、ちゃんが楽しそうにしてたのが印象的。わっしょい!わっしょい!
【最高位7位/202,660枚】

7. 幸せビーム!好き好きビーム! ♪ハッピー7★★★★
(加護亜依、小川麻琴、新垣里沙、高橋愛、ミカ、あさみ、斉藤瞳)
メロン記念日斉藤さんだけが明らかに浮いているフレッシュな若年ユニット。斉藤さん以外のメンバーの若さゆえの痛々しさも凄まじかったのを覚えています。
【最高位3位/108,430枚】

8. 幸せですか ♪セクシー8★★★★☆
(平家みちよ、矢口真里、後藤真希、石川梨華、吉澤ひとみ、アヤカ、大谷雅恵、里田まい)
AKIRAが編曲を担当したセクシーなR&Bナンバー。恋人が自分と同じくらい幸せなのかを不安がる女心を歌っています。平家みちよ後藤真希里田まいが在籍しているというのが今考えるとすごい。
【最高位2位/101,870枚】

9. 幸せきょうりゅう音頭 ♪おどる11★★★☆
(安倍なつみ、飯田圭織、保田圭、辻希美、紺野あさ美、松浦亜弥、藤本美貴、村田めぐみ、柴田あゆみ、りんね、石井リカ)
変なカツラをかぶって“はちゃめちゃ はちゃめちゃヨイヨイヨイ♪”“ドドンガドン♪”などと歌う罰ゲームにしか見えない珍ユニット。童謡のお姉さん・石井リカ(=元・Peachy)の異物感も忘れてはなりませんw
【最高位4位/72,070枚】

10. 壊れない愛がほしいの ♪7 AIR★★★★★
(稲葉貴子、石川梨華、新垣里沙、高橋愛、ミカ、大谷雅恵、里田まい)
ラップも入ったセクシーでクールなガラージR&B風ナンバー。元T&Cボンバー稲葉さんが久々にユニットに参加しています。
【最高位2位/113,994枚】(※7 AIR/SALT 5/11 WATERは同一CDに収録)

11. GET UP!ラッパー ♪SALT 5★★★★
(安倍なつみ、加護亜依、小川麻琴、松浦亜弥、前田有紀)
演歌歌手の“ゆきどん”こと前田有紀のシャッフル初参加ユニット。ダンスホール+HIP HOPのノリでパワフル&エキゾチックに聞かせるアッパーチューン。あやや加護ちゃんの歌い方が素敵。

12. BE ALL RIGHT! ♪11 WATER★★★☆
(飯田圭織、矢口真里、吉澤ひとみ、辻希美、紺野あさ美、村田めぐみ、斉藤瞳、柴田あゆみ、あさみ、アヤカ、藤本美貴)
11人の大所帯による宝塚×スカパラ的な方向性のユニット。個人的には最も印象の薄いユニットです・・・。

13. オンナ、哀しい、オトナ ♪セクシーオトナジャン★★★☆
(藤本美貴、夏焼雅、村上愛)
オトナなミキティが、まだまだコドモなハロプロキッズ出身の2人を従えた歳の差ユニット。曲調もオトナを意識したムーディーなスロウナンバーとなっています。
【最高位6位/34,587枚】(※セクシーオトナジャン/エレジーズ/プリプリピンクは同一CDに収録。)

14. 印象派 ルノアールのように ♪エレジーズ★★★★☆
(柴田あゆみ、高橋愛、田中れいな、里田まい)
歌唱力、ビジュアル共に安定したメンバーによるユニット。(安定しているが故に存在感は薄いかな・・・。) サビの歌詞がしりとりのようになっているのが個性的なダンスナンバーです。


15. 人知れず 胸を奏でる 夜の秋 ♪プリプリピンク★★★
(中澤裕子、飯田圭織、保田圭、稲葉貴子)
ハロプロ史上最も濃いメンツによるユニット。ユニット名と構成員のイメージにギャップありすぎwww これだけイジられ要素たっぷりのユニットなのに与えられた楽曲が地味過ぎなのがかなり残念。

【最高位164位/1,102枚】
★★★★☆

テーマ:邦楽 - ジャンル:音楽

Universal Mind Control ♪Common

Common
The NeptunesPharrellをExecutive Producerに迎えて制作したエレクトロサウンドをフィーチャーしたCommonの最新作『Universal Mind Control』です。

【収録曲】
1. Universal Mind Control (Umc)★★★★
2. Punch Drunk Love feat. Kanye West★★★★
3. Make My Day★★★★☆
4. Sex 4 Suga★★★★☆
5. Announcement feat. Pharrell★★★★
6. Gladiator★★★★☆
7. Changes feat. Muhsinah★★★★
8. Inhale★★★★☆
9. What a World★★★★
10. Everywhere feat. Martina Topley-Bird★★★★☆
11. Punch Drunk Love(Booty Shake Remix)★★★★



エレクトロな今作の内容を端的に表したフランス語の語りから始まるタイトルチューン「Universal Mind Control (Umc)」Kanye West客演の独特の浮遊感が漂うエロソング「Punch Drunk Love」Cee-Loの歌うキャッチーなフックが耳に残るゴキゲンナンバー「Make My Day」The Neptunesらしい妖しく簡素なトラックと囁きフックが印象的な「Sex 4 Suga」、自らのラップスキルを格闘に喩えて堂々とラップする「Gladiator」Muhsinahという女性がフックを歌う政治的なメッセージが込められた「Change」、スクラッチを効かせたトラックがCoolな「Inhale」、ヒップホップで成功を掴み取るまでのストーリーを語る「What a World」Martina Topley-Birdという女性のアンニュイな歌声に惹き込まれる近未来的サウンドのアッパーチューン「Everywhere」、原曲とは異なるまったりとした浮遊感が漂う日本盤ボーナストラック「Punch Drunk Love(Booty Shake Remix)」など、長年のファンからは「今更ネプでエレクトロかよ・・・。」との声も出ているようですが、自分は今作が初Commonだったので、先入観もなく気に入りました。The Neptunes好きやエレクトロなビートが好きな人にはウケが良さそうなアルバムだなぁと思います。
【最高位84位/7,385枚】
★★★★

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

太陽とシスコムーン/T&Cボンバー『太陽とシスコムーン/T&Cボンバー メガベスト』発売記念インストアイベント

太陽とシスコムーン/T&Cボンバー
太陽とシスコムーン/T&Cボンバーのベストアルバム『太陽とシスコムーン/T&Cボンバー メガベスト』の発売を記念して、HMV渋谷にて行われたインストアイベントに参加してきました!参加メンバーは、稲葉貴子・小湊美和・信田美帆の3名。ルルは海外在住の為、残念ながら不参加でした(´Д`)

参加券
諸事情により整理番号1番をゲットしてしまいました・・・w マジヲタのみなさん、どうもすみません(´∀`;)
というわけで、最前列で見てきました。

今回のイベントはトーク&握手会ということで、3人によるトークがメインでした。
たくさん面白い話が聴けたのですが、全部覚えているわけではないので、自分が覚えていることを箇条書きで紹介したいと思います。

■3人が登場。
稲葉さん→ボーダーのトップス、ピンクのホットパンツ、ブーツ、黒い帽子
小湊さん→銀と黒のキラキラした服、ブーツ
信田さん→金髪アフロのヅラwww(アフロは「蒸れる」とのことでオープニングトークの後、すぐ脱帽(?)しました。)
■お客さんを見て、信田「(金髪アフロに)出来ない方もいる」「(10年経って10歳も歳を取ったけど、会場には)明らかに私達よりお兄さんな方がいっぱいいる」発言w→小湊「言うよね~w」
■椅子に座るときに3人とも「よっこいしょういち」と言いながら着席。(※ルル「うたばん」内で発したギャグw)
■「太シスのLIVEがある日は必ず晴れていたのに、今日に限って雨。これはルルが今日会場にいないから?ルルは晴れ女だったんじゃないか。」
「メガベスト」の発売決定は3人とも事務所からの事後報告だった。
信田さんが「ズルイ女」のタイトルをど忘れwww(思い出そうとしてる時、信田さんに目で訴えられてた気がしますwww) 結局答えられずw
小湊&信田「ズルイ女をレコーディングした記憶がない。あってもコーラス入れ程度。」
稲葉さんが当時使っていた住友生命のピングーの手帳を持参。確認したところ、「ズルイ女」のレコーディングは1999年3月28日に行っていたことが発覚。
■突然、スピーカーからノイズが聞こえ、怪奇現象か!?と怯える。→上海にいるルルからの国際電話が入る。
■上海は晴れ=ルル晴れ女説確定!?
ルル「また日本に行けるように頑張ります。これからも応援よろしくね。」
小湊「ダンスはあっちゃん(稲葉)と、しのぴー(信田)に頼ってた。ルルは教えてくれなかったw」
信田「私は歌は2人に頼ってた」
「メガベスト」の付属DVDを見たのは信田さんのみ。他の2人は怖くて見ていない。稲葉さんは封すら開けていないw
「メガベスト」の発売にあたって、何かやりたいと小湊・信田の2人で事務所に直訴しにいった。→イベント決定&ブログ開始
■当時、街を歩いていたら「太陽とシスコムーンだーwww」と笑われた。
■4人でジョナサンで食事をしていたら、「稲葉、小湊・・・」とメンバーの名前を言っていた一般人に遭遇。当時、金髪でインパクトがあったにもかかわらず、信田さんは「マネージャー」だと言われるw
ルルは1人ジョナサン、1人焼肉によく行っていた。
「なんでT&Cボンバーに改名したのかは私達もよくわからない。」
ASAYANの収録で楽屋に入ると、マネージャーに真っ先に台本を隠されていた。
「再結成してーと書かれたボードを発見。「再結成ライブが実現したら見に来てくれる人!」と訊く→「手あげた人の数カウントしといて。来なかった人はわかりますからw」
信田「今でもバク転はできるが、たくさん回りすぎると病院行きになるw でも、1日2回公演なら可能。」
小湊「(他の2人と違ってPC用語が詳しいので)ヲタでごめんなさい。」
などなど、他にもたくさん貴重な面白いお話が聞けました。

この他に、最後には3人でデビュー曲の「月と太陽」を披露してくれるというサプライズもあって、すごく楽しいイベントでした。

握手会では、こういうイベントに慣れていないので相変わらず挙動不審な感じでロクに喋れなかったんですが、とりあえず3人とおはなしすることが出来ました。信田さんにはイベントが楽しかったという思いを伝えました。稲葉さんには「(ハロプロの)この手のイベントに参加するのは初めてなんです・・・。」ということを言ったら、笑顔で「また来てくださいね~」と答えてくれました。そして、何より握手の仕方がプロ!!w 客を剥がそうとスタッフが誘導しているから、もう手を離そうかなと思ってるのに稲葉さんの方がなかなか手を離してくれなくて、トップアイドル軍団の中に長い間いる人の握手とはこういうものなのか!!というものを初めて体感してちょっと感動してしまいました!!!小湊さんは「最前列にいましたよね~」と話しかけてくれて、「整理番号1番だったんです!」と言ったら「1番!!ありがとうございました!!!」と答えてくれました。他のお客さんはやっぱりこういう現場慣れしている人が多くて、もっといろいろ長く話してたり、顔覚えてもらってたり、お土産を手渡ししてたりしてたけど、自分は自分なりに楽しめたので良かったです。

本人達には再結成したいという意思はあるようなんですが、やはり需要があることが大切らしく、しきりに太陽とシスコムーンのブログでコメントをしてくれることなどをアピールしてましたw スタッフさんにメンバーとファンの意見がきちんと届いて、新たな展開があればいいなと密かに願っています。

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

太陽とシスコムーン/T&Cボンバー メガベスト ♪太陽とシスコムーン/T&Cボンバー

太陽とシスコムーン/T&Cボンバー
オーディション番組『ASAYAN』「つんくプロデュース芸能人新ユニットオーディション」によって選ばれた4人によるユニット・太陽とシスコムーン/T&Cボンバーのベストアルバム『太陽とシスコムーン/T&Cボンバー メガベスト』です。2000年の解散時にベストアルバムの発売が予定されていたものの発売中止になってしまったため、8年越しに実現した待望のベストアルバムになります。

【収録曲】
1.月と太陽★★★★★
「オリコン6位以上でなければ即解散」という条件を突き付けられ、見事初登場4位を記録したデビューシングル。
【最高位4位/188,860枚】

2.ガタメキラ★★★★★
男女の肉体関係を歌ったグルーヴィーな2nd Single。インパクトのあるタイトルは“Gotta Make it Love”の略。「女だって性欲強いのよ!!」と言わんばかりにセクシー&ファンキーな歌声が炸裂。つんく♪ダラッダ~ララ~がキモスw

【最高位6位/117,410枚】

3.宇宙でLa Ta Ta★★★★★
ルルの中国語の語りから始まる軽やかでグルーヴィーなダンスチューン。(腰に爆弾を抱えた)信田さんがバク宙をカマすパフォーマンスが印象的でした。(※DVDにLIVE映像が収録されてます。)
【最高位9位/73,680枚】

4.Everyday Everywhere★★★★★
ハロプロ史上最もハイクオリティなR&Bバラード。つんくが作ったとは思えないほどの本格的な仕上がり。実力のあるオトナの女4人が歌ったからこそのクオリティの高さです。
【最高位23位/33,550枚】

5.Magic of Love★★★★★
シングル4ヶ月連続リリースのフィナーレを飾るに相応しいゴージャスな雰囲気の1曲。煌びやかなワクワク感に彩られた最高級のダンスクラシック。

【最高位16位/41,020枚】

6.丸い太陽-winter ver.-★★★★
小湊美和を一時離脱させ、3人体制でリリースされた太陽とシスコムーンとしては最後のシングル曲。全編ユニゾンで歌っています。ボコーダー風のコーラスが入っているところに先見性を感じますw
【最高位25位/29,670枚】

7.DON'T STOP 恋愛中★★★★
小湊美和が復帰し、ユニット名をT&Cボンバーに改めての再始動第1弾シングル。メンバーの年齢的にややキツイ感もあるアイドルチックでポップな恋愛ソング。
【最高位23位/23,200枚】

8.HEY! 真昼の蜃気楼★★★★★
結果的にラストシングルとなってしまったT&Cボンバーとして2作目のシングル曲。中近東風のサウンドにワイルドで妖艶な歌声を乗せたエキゾチックな超絶名曲。
【最高位31位/18,440枚】

9.Get on my love★★★★☆
アルバム初収録となる「月と太陽」のカップリング曲。NJS系ビートが懐かしくもあるクールなR&Bチューン。

10.Versus★★★★☆
アルバム初収録となる「Magic of Love」のカップリング曲。メンバーそれぞれのセクシーで艶っぽい歌声が素敵な1曲。この色気を出せるのは太陽とシスコムーンしかいない。

11.ENDLESS LOVE~I Love You More~★★★★★
“恋の神様”に感謝を捧げるゴージャス且つ華麗な名曲。℃-uteがデビューアルバム『キューティークイーン Vol. 1』にてカバーしています。

12.YES! しあわせ★★★★☆
ラストアルバムとなってしまった2nd Album『2nd STAGE』の最後を飾っていた新たな門出を祝福するダンサブルな1曲。こちらも℃-uteがアルバム『キューティークイーン Vol. 1』にてカバーしています。

13.ズルい女(Unreleased Studio Recording Ver.)★★★★
今回初CD化が実現した未発表音源。シャ乱Qの大ヒット曲のカバーです。実力とイロモノ感を兼ね備えた彼女達だからこそ、原曲のイメージにピッタリとハマっています。

【最高位148位/1,172枚】
★★★★★

テーマ:j-pop - ジャンル:音楽

2009/1/12付 oricon

年末年始の2週間を合算したチャートです。

oricon
■1位は倖田來未「stay with me」。発売日を延期したことが功を奏し見事1位を獲得しましたが、売上枚数\(^o^)/オワタ
■紅白効果で秋元順子「愛のままで・・・」がTOP3入り。
平原綾香「ノクターン/カンパニュラの恋」が6位にランクアップ。最高位更新。
■第2弾シングルの発売が決定した矢島美容室のデビュー曲「ニホンノミカタ-ネバダカラキマシタ-」がTOP10に返り咲き。
■紅白初出場記念盤を発売した東方神起のシングル2タイトルが圏外からランクアップ。
11位 どうして君を好きになってしまったんだろう?(累積103,688枚)
12位 Beautiful you/千年恋歌(累積107,855枚)

■29位に近藤真彦「BANKA~男たちの挽歌~」が初登場(初動6,294枚)
愛内里菜「Friend/素顔のまま」が8位→73位に急落(累積12,048枚)
■174位にARIA「Color of Love」が初登場(初動876枚)
■その他、年末年始に再浮上した曲がたくさんあるのでまとめて紹介します。
<再浮上した主な作品>
40位→16位 手紙~拝啓 十五の君へ~ アンジェラ・アキ(累積156,405枚)
28位→18位 崖の上のポニョ 大橋のぞみと藤岡藤巻(累積363,273枚)
32位→24位 truth/風の向こうへ 嵐(累積629,582枚)
45位→25位 キセキ GReeeeN(累積504,286枚)
31位→27位 One Love 嵐(累積535,388枚)
48位→32位 海雪 ジェロ(累積270,149枚)
60位→37位 The Birthday~Ti Amo~ EXILE(累積311,303枚)
52位→40位 羞恥心 羞恥心(累積481,085枚)
98位→45位 home 木山裕策(累積127,427枚)
56位→46位 吾亦紅 すぎもとまさと(累積444,032枚)
72位→48位 無責任ヒーロー 関ジャニ∞(累積391,231枚)
55位→50位 あしたの空 SPEED(累積73,504枚)
87位→57位 そばにいるね 青山テルマ feat. Soulja(累積461,231枚)
105位→67位 おしゃれ番長 feat. ソイソース ORANGE RANGE(累積47,518枚)
85位→74位 陽は、また昇る アラジン(累積271,966枚)
131位→76位 love the world Perfume(累積140,232枚)
93位→80位 モノクロのキス シド(累積58,892枚)
173位→83位 Dreams come true Hey!Say!JUMP(累積251,421枚)
161位→84位 Your Seed/冒険ライダー Hey!Say!JUMP(累積210,544枚)
169位→86位 GIFT Mr.Children(累積338,281枚)
111位→90位 泣かないで 羞恥心(累積338,847枚)
126位→98位 呪文-MIROTIC- 東方神起(累積86,657枚)
圏外→104位 TABOO 倖田來未(累積87,034枚)
145位→105位 あなたと 絢香×コブクロ(累積151,175枚)
圏外→107位 虹 Aqua Timez(累積194,021枚)
圏外→109位 生きてることが辛いなら 森山直太朗(累積15,109枚)
圏外→110位 ポリリズム Perfume(累積74,673枚)
125位→113位 はじめて 一青窈(累積16,283枚)
192位→121位 雨傘 TOKIO(累積66,004枚)
圏外→123位 Ultra Music Power Hey!Say!JUMP(累積358,408枚)
146位→127位 愛唄 GReeeeN(累積253,600枚)
圏外→131位 Happy Birthday NEWS(累積240,433枚)
194位→132位 爪爪爪/「F」 マキシマムザホルモン(累積142,543枚)
165位→139位 ブルーバード いきものがかり(累積89,038枚)
圏外→141位 偶然の確率 GIRL NEXT DOOR(累積57,308枚)
195位→143位 愛NEED キマグレン(累積9,975枚)
圏外→146位 LIFE キマグレン(累積65,105枚)
171位→147位 Love so sweet 嵐(累積450,815枚)
181位→148位 I AM YOUR SINGER サザンオールスターズ(累積522,247枚)
圏外→156位 千の風になって 秋川雅史(累積1,234,666枚)
184位→171位 タンタンターン Milky Way(累積26,681枚)
圏外→172位 KissHug aiko(累積107,222枚)
圏外→175位 アイのうた 福井舞(累積27,672枚)
圏外→188位 「職業:アイドル。」 アイドリング!!!(累積18,574枚)
圏外→198位 ライオン May'n/中島愛(累積123,271枚)
圏外→199位 Happiness 嵐(累積286,482枚)


アルバムチャートは続きをご覧ください。

[Read More...]

タンポポ/プッチモニ メガベスト ♪タンポポ/プッチモニ

タンポポ/プッチモニ
モーニング娘。からの派生ユニットとして誕生したタンポポプッチモニの2組のシングル曲を完全収録した『タンポポ/プッチモニ メガベスト』です。

【収録曲】()内は在籍メンバー
1.ラストキッス ♪タンポポ★★★★★
(石黒彩、飯田圭織、矢口真里)
初のモーニング娘。内ユニットとして誕生したタンポポのデビューシングル。モーニング娘。より少し大人な雰囲気の楽曲。
【最高位2位/301,600枚】

2.Motto ♪タンポポ★★★★☆
(石黒彩、飯田圭織、矢口真里)
大人っぽさをさらに突き進めた2nd Single。吐息まじりの艶かしい世界観が貫かれたセクシーな1曲。
【最高位7位/85,520枚】

3.たんぽぽ(Single Version) ♪タンポポ★★★★★
(石黒彩、飯田圭織、矢口真里)
名盤と名高い1st Album『TANPOPO 1』からシングルカットされた“タンポポ”というユニットのテーマソングといえる名曲。
【最高位7位/112,320枚】

4.聖なる鐘がひびく夜 ♪タンポポ★★★★
(石黒彩、飯田圭織、矢口真里)
初期タンポポとしては最後のシングルとなった初のクリスマスソング。シングルのカップリングは各メンバーのソロバージョンでした。
【最高位2位/209,200枚】

5.乙女 パスタに感動 ♪タンポポ★★★★☆
(飯田圭織、矢口真里、石川梨華、加護亜依)
石黒彩の卒業に伴い、新たにモーニング娘。の4期メンバーの石川梨華加護亜依が加入した2期タンポポの第1弾シングル。心機一転、ブリティッシュ路線へと切り替わり、独自の世界観を作り出すことに成功。
【最高位3位/349,900枚】

6.恋をしちゃいました! ♪タンポポ★★★★★
(飯田圭織、矢口真里、石川梨華、加護亜依)
2期タンポポ第2弾シングル。メル友として知り合った男女の原宿での初デートの様子を歌った可愛らしいラブソング。しかし、「着いちゃった」「行っちゃった」「食っちゃった」「やっちゃった」などの歌詞が性的な隠語だと捉えられる事多し。
【最高位2位/386,830枚】

7.王子様と雪の夜 ♪タンポポ★★★★☆
(飯田圭織、矢口真里、石川梨華、加護亜依)
念願のチャート1位を獲得した2期タンポポとして最後のシングル曲。王子様みたいな彼氏との冬の恋物語を歌ったラブソング。
【最高位1位/201,040枚】

8.BE HAPPY 恋のやじろべえ ♪タンポポ★★★★
(石川梨華、新垣里沙、紺野あさ美、柴田あゆみ)
ハロマゲドン”により初期メンバー2人と加護ちゃんが強制卒業し、新たに3名が加わった3期タンポポのシングル曲。女の子らしい感じを大事にし、ユニットとしてのカラーをある程度死守した感はあるものの、糞ラップもどきが入って\(^o^)/オワタ
【最高位5位/60,450枚】

9.ちょこっとLOVE ♪プッチモニ★★★★★
(市井紗耶香、保田圭、後藤真希)
「LOVEマシーン」の大ヒットの中で結成されたプッチモニのデビューシングル。ゴマキフィーバーと当時の市井紗耶香が持っていた圧倒的なオーラ、楽曲のコミカルな世界観がウケ、ミリオンヒットとなりました。
【最高位1位/1,123,610枚】

10.青春時代1.2.3! ♪プッチモニ★★★★★
(保田圭、後藤真希、吉澤ひとみ)
市井紗耶香の卒業により、モーニング娘。の4期メンバーから吉澤ひとみが補充された2期プッチモニの第1弾シングル。大人っぽくクールなHip Hopナンバーに挑戦し、2作連続で1位を獲得。
【最高位1位/484,160枚】

11.BABY!恋にKNOCK OUT! ♪プッチモニ★★★★★
(保田圭、後藤真希、吉澤ひとみ)
ハイテンションなダンスチューン。通称「ベベ恋」。個人的にプッチモニで1番好きな曲です。( `.∀´)のキャラが立ち始め、ゾンビダンスやお花畑でわざとらしさ全開のアイドルっぷりを披露するPVが最高すぎです。
【最高位1位/429,270枚】

12.ぴったりしたいX'mas! ♪プッチモニ★★★★☆
(保田圭、後藤真希、吉澤ひとみ)
プッチモニにとって初のクリスマスソングであり、初めて1位を逃し、さらに事実上のラストシングルになってしまった曲。彼氏が欲しくてたまらない女の子の歌です。
【最高位2位/300,320枚】

13.WOW WOW WOW ♪プッチモニ★★★
(吉澤ひとみ、小川麻琴、アヤカ)
3期プッチモニ唯一のオリジナル曲。シングル化が予定されていたものの、結局発売には至らず、『プッチベスト4』に未CD化曲として初収録されました。プッチモニらしい元気な曲ですが、いかんせんメンバーに華がなさすぎで・・・。



【最高位168位/1,084枚】
★★★★☆

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

MEGA MELON ♪メロン記念日

メロン記念日
1999年に行われた「第2回モーニング娘。&平家みちよ妹分オーディション」の合格者によって結成され、2000年にデビュー。以降、Hello!Projectのユニットにしては珍しくメンバーチェンジを経験せず活動を続けてきたメロン記念日の全シングル曲を網羅したベストアルバム『MEGA MELON』です。

【収録曲】
1.甘いあなたの味★★★★
2.告白記念日★★★★☆
3.電話待っています★★★★☆
4.This is 運命★★★★★
5.さぁ! 恋人になろう★★★★★
6.夏の夜はデインジャー!★★★★
7.香水★★★★★
8.赤いフリージア★★★★★
9.チャンス of LOVE★★★★☆
10.MI DA RA 摩天楼★★★★★
11.かわいい彼★★★★☆
12.涙の太陽★★★★☆
13.シャンパンの恋★★★★★
14.肉体は正直なEROS★★★★★
15.アンフォゲッタブル★★★★★
16.お願い魅惑のターゲット ~マンゴープリン Mix~★★★☆
17.カリスマ・綺麗★★★★
18.GIVE ME UP★★★★




約1名のとんでもない音痴っぷりと、(帰りたくてしょうがなそうな感じで)「あーあ、帰りたくないなー」と言うセリフの棒読みっぷりに吹くデビュー曲「甘いあなたの味」、うさ耳付きウィッグを被りながら歌ったアイドルチックな2nd Single「告白記念日」、メンバーの表情/楽曲共に吹っ切れた感のある「This is 運命」、元彼からの突然の連絡に浮気心をくすぐられる様を歌った「夏の夜はデインジャー!」、完全に柴田あゆみ featuring メロン記念日状態なR&Bナンバー「香水」モーニング娘。6期メンバーのオーディション課題曲にもなったヒットナンバー「赤いフリージア」、サックスの音がアダルトな雰囲気を醸しだす「チャンス of LOVE」、サビの歌詞が露骨にエロいスパニッシュな「MI DA RA 摩天楼」、何も出来ないダメ彼氏のことを歌ったユーロビートナンバー「かわいい彼」、露骨なタイトルと艶かしいパフォーマンスでファンに衝撃を与えた“肉エロ”こと「肉体は正直なEROS」、某日焼け止め化粧品のCMソングに起用されたカバー曲「涙の太陽」、広東語?が飛び交うシャ乱QたいせいによるRemixバージョンの「お願い魅惑のターゲット ~マンゴープリン Mix~」コモリタミノル制作による“美の追求”をテーマにした「カリスマ・綺麗」など、アイドル色の強いポップナンバーからセクシー路線、カバー曲まで、何でもアリで変遷してきたメロン記念日の歴史が味わえるベストアルバムになっています。個人的には、デビュー曲から「香水」でメインを張るに至るまでの柴田あゆみの奇跡的ともいえる歌唱力の成長が本当にすごいと思いましたw
【最高位122位/1,477枚】
★★★★☆

テーマ:j-pop - ジャンル:音楽

CALL AND RESPONSE : THE REMIX ALBUM ♪Maroon 5

Maroon 5
Maroon 5の初のRemix Album『CALL AND RESPONSE : THE REMIX ALBUM』です。これまでリリースした2枚のアルバムからの代表曲を様々なフィールドで活躍するリミキサー陣が再構築しています。

【収録曲】(※[ ]内はRemixer)
1. If I Never See Your Face Again feat. Cross [Swizz Beatz]★★★★☆
2. Wake Up Call feat. Mary J. Blige [Mark Ronson]★★★★
3. Sunday Morning [Questlove]★★★★
4. Makes Me Wonder [Just Blaze]★★★★
5. This Love [C."Tricky"Stewart]★★★☆
6. She Will Be Loved [Pharrell Williams]★★★☆
7. Shiver [DJ Quik]★★★☆
8. Wake Up Call feat. David Banner [David Banner]★★★★
9. Harder To Breathe feat. The Cool Kids [The Cool Kids]★★★☆
10. Little Of Your Time [Bloodshy & Avant]★★★★
11. Little Of Your Time [Of Montreal]★★★☆
12. Goodnight Goodnight [Deerhoof]★★★☆
13. Not Falling Apart [Tiesto]★★★
14. Better That We Break [Ali Shaheed Muhammad & Doc]★★★★
15. Secret(Premire 5 Remix) [DJ Premire]★★★☆
16. Woman [Sam Farrar]★★★
17. This Love(Cut Copy Galactic Beach House Mix) [Cut Copy]★★☆
18. If I Never See Your Face Again feat. Rihanna [Paul Oakenfold]★★★



Run DMC「Peter Piper」使いという大胆なアイデアが光るSwizz Beatzによる「If I Never See Your Face Again」Mary J. Bligeが参加した「Wake Up Call」、キャッチーな原曲のイメージとは異なるシリアス系な装いに生まれ変わったJust Blazeの手による「Makes Me Wonder」Pharrellらしい幻想的なトラックを纏った「She Will Be Loved」David Bannerが手掛けたHip Hop仕様の「Wake Up Call」、ボーカルを弄りつつBloodshy & Avantお得意のエレクトロビートで彩られた「Little Of Your Time」、目まぐるしく展開が変わっていく「Little Of Your Time [Of Montreal]」Tiestoによる四つ打ちダンストラックの「Not Falling Apart」DJ Premireの手による飾り気の無いビートの「Secret(Premire 5 Remix)」など、R&B/HIP HOP系のプロデューサーやDance系のリミキサーを迎え、それぞれオリジナルとは違った印象の楽曲へと仕上がっています。個人的には、最後の方のダンス系RemixはEditしてくれた方が嬉しかったです…。 あとは、C."Tricky"StewartPharrellはもうちょっと派手に自分らしさを出しちゃっても良かったんじゃないかな~と思いました。
【最高位233位/795枚】
★★★☆

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

GIRL NEXT DOOR ♪GIRL NEXT DOOR

GIRL NEXT DOOR
avexが社運を賭けて売り出し、かつてないゴリ推しっぷりを見せてくれたGIRL NEXT DOORの全曲タイアップ付きの1st Album『GIRL NEXT DOOR』です。

【収録曲】※=インスト曲
1. Winter Game★★★★★
2. Drive away★★★★★
3. Power of love★★★★☆
4. 幸福の条件★★★★☆
5. WINTER MIRAGE★★★★
6. 情熱の代償★★★★★
7. Fine after rain★★★★
8. Breath★★★★☆
9. Day's...
10. ESCAPE★★★★☆
11. Winter Garden★★★★
12. Climber's high★★★★★
13. NEXT DOOR
14. 偶然の確率★★★★★



先行試聴回数200万回/CD売上5万枚を記録したデビューシングル「偶然の確率」千紗チャソのダンサーとしての実力をアピールした2nd Single「Drive away」、“元カノ”の面影に囚われ悲しい恋の結末を選ぶまでを切なくスリリングに聞かせる「情熱の代償」ELT「Rescue me」を彷彿とさせるリード曲「Winter Game」dat「My faith」がふと脳裏に浮かぶバラードナンバー「Breath」木村貴志風のAメロと“愛の力”について伸びやかに歌うサビが印象的な「Power of love」、軽やかなノリの「Winter Garden」、感情の昂ぶりを表現したアップナンバー「Climber's high」など、王道のavexサウンドで埋め尽くされた1枚です。個人的には、GIRL NEXT DOORの集大成!というよりは、『冬』をテーマにしたコンセプトアルバムという印象が強く残りました。季節感が固定されてしまうと1年通して聞きにくいよなぁ・・・なんて少し思ったり(´∀`;) それにしても、インスト曲にまでタイアップが付いてるのが凄い!
【最高位3位/212,411枚】
★★★★

テーマ:邦楽 - ジャンル:音楽

(ΘωΘ)meryland 2008 洋楽ALBUM 20 (ΘωΘ)

2008年を振り返ろう企画第4弾。最終回となる今回は個人的な『洋楽ALBUM TOP20』を発表します。
順位をつけるにあたって考慮した点は、以下の点。
(◎…最重要、○・・・重要、△・・・+α)
○・・・好きな曲がどれだけ多かったか
○・・・アルバム全体としての雰囲気
○・・・聞いた回数(単曲、アルバム単位)
△・・・コストパフォーマンス
△・・・アートワーク


原則としてベストアルバムは対象外です。
(※画像をクリックすると感想ページへと飛びます。)
それでは御覧下さい(・∀・)ノ


Leona Lewis1位 SPIRIT ♪Leona Lewis
近年稀に見る超優等生アルバム。ここまで徹底してトレンドと普遍的な要素を織り交ぜた作品は珍しく、逆に新鮮に感じられました。オーディションを勝ち抜いてきたLeonaの歌声も当然ながら超一級品。新曲を追加して出し直されても抵抗無く2枚目を買ってしまう程、お見事な傑作。


Brandy2位 Human ♪Brandy
レーベル離脱や弟との立場逆転劇、そして加害者となってしまった交通事故・・・と過酷な運命を背負ったBrandyが久々に音楽シーンに投じた会心の一作。トレンドセッターとしてではなく、あくまでも純粋に良い音楽を追求した姿勢に好感が持てる作品。特に、Rodney Jerkinsとの黄金タッグ復活ゾーンは神曲の洪水状態。


Mariah Carey3位 E=MC2 ♪Mariah Carey
完全復活作『The Emancipation Of Mimi』の続編としての意味を持つ作品。方向性としては前作を踏襲した形になっているので、目新しさを求めるのはナンセンス。「Touch My Body」「I'll Be Lovin' U Long Time」「I Stay In Love」など名曲揃いですが、やはり『The Emancipation Of Mimi』に一歩及ばないのは今作の宿命か。


The Pussycat Dolls4位 Doll Domination ♪The Pussycat Dolls
メンバーのソロ曲を収録した2枚組のDeluxe Editionが絶対オススメなPCDの2nd Album。飛びぬけて「コレはヤバイ!!」というレベルの曲はなくとも、全曲高品質で捨て曲はナシ。参加Producerも豪華で、コストパフォーマンスも非常に高い作品。


The Saturdays5位 Chasing Lights ♪The Saturdays
UKから登場したガールズグループのデビューアルバム。エレクトロポップな先行シングルに魅かれてアルバムを買ったものの、意外にも正統派なポップチューンが満載でいい意味で期待を裏切られた作品。満遍なく色々なサウンドを取り入れたとっても聴きやすいポップアルバム。


N★E★R★D6位 Seeing Sounds ♪N*E*R*D
自分にしては珍しく、アルバム全体の雰囲気がすごく気に入った作品。The Neptunesのクセのあるサウンドが、曲という単位を感じさせずにただただ単純に耳を楽しませてくれる1枚。Pharrellのソロアルバムのダメっぷりが嘘みたいww


MYA7位 Sugar & Spice ♪Mya
Mantattan Recordsと契約し、日本市場限定に都落ちしたと捉えられても致し方ない状況でリリースされたMyaの新作。しかし、決して侮る無かれ。US市場を意識した環境では生まれ得なかった良曲がたっぷりと収録された名盤ですよ、コレ。CDにMyaの直筆サインを頂いたので家宝にすると心に誓った1枚です。


Michelle Williams8位 Unexpected ♪Michelle Williams
Michelleの3作目にして初の非ゴスペルアルバムとなった今作は、今風のエレクトロなサウンドなどを取り入れたパーティーアルバム。BeyonceKellyなんかより全然面白い作品を届けてくれました。やっぱり元デスチャの中ではMichelleが1番好きだな。


Cascada9位 Perfect Day ♪Cascada
Avril「Sk8er Boi」P!nk「Just Like A Pill」のカバーを含みながらも、基本的にどの曲も同じに聞こえるという恐るべしCascadaクオリティなダンスアルバムwww なのに全然嫌な感じもしないし、むしろそれを楽しめてしまうというのがとっても不思議です。


Britney Spears10位 Circus ♪Britney Spears
完全復活を遂げたBritneyの6作目。中毒性のあった前作と比べると、随分とスッキリした印象で正直物足りない感じもありますが、健康的な今のBritneyにあんなデンジャラスな内容を再び求めてはいけませんね(´∀`;) 『IN THE ZONE』『BLACK OUT』の中間に位置するような作品。


11~20位は続きを。


[Read More...]

(ΘωΘ)meryland 2008 邦楽ALBUM 20 (ΘωΘ)

2008年を振り返ろう企画第3弾。今回は個人的な『邦楽ALBUM TOP20』を発表します。
順位をつけるにあたって考慮した点は、以下の4点。
(◎…最重要、○・・・重要、△・・・+α)
○・・・好きな曲がどれだけ多かったか
○・・・アルバム全体としての雰囲気
○・・・聞いた回数(単曲、アルバム単位)
△・・・アートワーク


ちなみに、ベストアルバムは対象外となります。
(※画像をクリックすると当該作品の感想ページに飛びます。)
それでは御覧下さい(・∀・)ノ


鈴木亜美1位 Supreme Show ♪鈴木亜美
中田ヤスタカ全面プロデュースによるデビュー10周年記念アルバム。いい意味で鈴木亜美らしくないオープニングナンバー「TEN」や、亜美の渡した詩を元に制作されたという可愛らしさ炸裂の神曲「LOVE MAIL」など良曲満載。Perfumeよりもクセになる1枚。


山田優2位 MYUSIC ♪山田優
沖縄アクターズスクール出身で元y'z factoryなモデル兼女優の山田優の初アルバムは、POP/R&B路線を基調とした非常に聞きやすい作品。しかも、完全にアルバム曲>>>>シングル曲ですw こういうPOPとR&Bが絶妙に同居した作品を今後もお願いしたいですね。でも、1番好きなのは王道J-POPなデビュー曲の「REAL YOU」だけどw


土屋アンナ3位 NUDY SHOW! ♪土屋アンナ
モデル・女優・母と様々な顔を持つロックシンガー・土屋アンナの2nd Album。CD発売前にLIVEでアルバム収録曲を体感できたことが高評価に大きく繋がりました。ボリュームたっぷりの収録内容のわりに、聞いててまったく疲れないのが(・∀・)イイ!!


Perfume4位 GAME ♪Perfume
大ブレイクを果たしたPerfumeの2nd Album。「シークレット シークレット」「セラミックガール」はシングル級の神曲。甘くてキュートな曲だけじゃなく、タイトル曲「GAME」のような尖った楽曲も収録し、バランスよく仕上がったアイドル/テクノポップの傑作。


Crystal Kay5位 Color Change! ♪Crystal Kay
Jam & LewisBloodshy & Avantという海外の大物Producerも参加したCrystal Kayの8枚目のオリジナルアルバム。シングルではロック調だったり、ポケモンだったりとR&Bサイドを見せてくれませんでしたが、アルバム曲にはクールなR&Bチューンが満載。初期を彷彿とさせる郷愁バラード「帰り道」も良し。


玉置成実 6位 Don't Stay ♪玉置成実
デビュー5周年の日に発売された玉置成実の4th Album。相変わらずの金太郎飴的似非avex風ナンバーはもちろんのこと、スピード感たっぷりのアッパーチューンやウィンターバラード、トランス/ユーロ系Remixなど、とことんJ-POP的なサウンドが詰め込まれたSony時代の集大成となった1枚。


加藤ミリヤ7位 TOKYO STAR ♪加藤ミリヤ
20代に突入した加藤ミリヤの3rd Album。モロにMJBさん「Just Fine」「Just Wanna Have Fun」安室奈美恵「SWEET 19 BLUES」ネタの「19 Memories」、別れを歌った切ないラブバラード「サヨナラ」「最後のI LOVE YOU」など、良くも悪くも個性溢れる名曲の宝庫。


KCO8位 O-CRAZY LUV ♪KCO
KCO初のソロアルバム。プロデュースはもちろん夫の小室哲哉被告。久々に小室サウンドを堪能できるアルバムとして楽しませて頂きました。本当なら今頃はglobeのシングル3ヶ月連続リリースを楽しんでるはずだったのになぁ・・・。


Buono!9位 Cafe Buono! ♪Buono!
Berryz工房嗣永桃子・夏焼雅℃-ute鈴木愛理によるユニット・Buono!の1st Album。あまりよく御存じで無い方にわかりやすく説明すると、今「PIZZA-LA」のCMに出てる3人組の女の子がBuono!です。つんく完全シャットアウトで制作されたフレッシュでキュートなアイドルポップロックアルバムです。


BoA10位 THE FACE ♪BoA
念願の全米進出を果たしたBoAが昨年2月に発売した日本向け作品としては6枚目となるオリジナルアルバム。粒揃いのバラード、ダンスナンバーをバランス良く収録し、DVDも2枚付けたお買い得商品。と言いつつ、DVDはまだ見てないけど・・・w


11~20位は続きをどうぞ。

[Read More...]

(ΘωΘ)meryland 2008 洋楽SINGLE 20(ΘωΘ)

2008年を振り返ろう企画第2弾。本日は個人的な『2008年洋楽シングル TOP20』を発表します。
順位をつけるにあたって考慮した点は、以下の4点。
(◎…最重要、○・・・重要、△・・・+α)
◎楽曲がどれだけ好きか
◎公式的にシングルとして数えられている
○再生回数
△PV

ちなみに、原則的に2008年発売のアルバムからのシングルカット曲ということにしています。

それでは御覧下さい(・∀・)ノ


M. Pokora1位 Dangerous feat. Timbaland & Sebastian ♪M.Pokora
別に革新性があるわけでもなく、むしろマンネリと受け取られる場合もあるであろうTimbaland制作のエレクトロ系ダンスナンバー。それでもリピートが止まらなかったのは、Justinに負けず劣らずのM.Pokoraのイケメンっぷりと、先を行き過ぎてしまったJustin曲よりも親しみやすいメロディとクセの少ない歌声のおかげ。


Mariah Carey2位 Touch My Body ♪Mariah Carey
アルバム『E=MC2』からの1st Single。曲自体に目新しさはなかったものの、上品なトラックにMariahのセクシーなシルキーボイスが乗っかる極上の仕上がりにうっとり。そんな音源のみでの感想をぶち壊すように制作されたMusic Videoの凄まじいインパクトも実にMariahらしくて素晴らしい。


Janet Jackson3位 Feedback ♪Janet
起死回生を狙ったアルバム『Discipline』の1st Singleとして解禁され、「こりゃダメだ・・・。」と多くの人が感じたであろうダンスナンバー。自分もはじめはその1人だったのですが・・・、ダメな子ほどかわいく思えてくるこの性格w 周りから不評の声を聞く度に好きになりましたw


Adele4位 chasing pavements ♪Adele
一聴しただけではわかりにくいかもしれないけれど、暖かく、じわじわとその素晴らしさが沁み込んでくる名曲。アルバムは買うに至らなかったけれど、こういうじわじわ来る感じの曲は長く聴き続けられそうでいいですね(´∀`)


Rihanna5位 Disturbia ♪Rihanna
(○Д○)<バンバンビラン バンバンビランバン♪
今や、変なフレーズを歌わせたら右に出るものがいないRihannaさん。白目剥いてこんな意味不明なこと歌ってたら、フツーの人なら即、病院送りです。


Britney Spears6位 Womanizer ♪Britney Spears
パパからSEX禁止令を出され、見事に更生したBritneyの完全復活シングル。全盛期の輝きを再び取り戻し、自分の中でもとても魅力的な存在へと返り咲きました。アルバムとしては『Circus』より『Blackout』の方が好きなんだけどw もうあんな痛々しい姿は晒さないでね(´・ω・`)


P!nk7位 So What ♪P!nk
離婚を経験し、ますます強くなった歌う神取忍。電動ノコギリで木を切り倒し、新婚カップル相手にモノを投げつけるなど形振り構わず暴れまくる姿に、Jessicaのビキニ洗車をパロッていた時のやりすぎ感の漂う痛々しさはありません。ただただ痛快にカッコ良くロックする姐さんの姿、チョー素敵ッス。チョリーッス。


Brandy8位 Long Distance ♪Brandy
Brandyの最新作『Human』からの2nd Single。美しくも繊細、かつ感動的な大バラード。1度聞いただけでその美しさと切ない世界観に惚れてしまった1曲です。


The Pussycat Dolls9位 When I Grow Up ♪The Pussycat Dolls
Nicoleのソロプロジェクトが難航し、ひとまずグループ活動を再開することになったPCDの2nd Album『Doll Domination』からの1st Single。変な曲、変な振り付けでインパクト勝負な感がアリアリな楽曲でしたが、結構飽きることなくよく聞いてました。


Beyonce10位 Single Ladies(Put A Ring On It) ♪Beyonce
「Get Me Bodied」「Crazy In Love」のオッオー要素を加えた感じのBeyonceらしいアップナンバー。新鮮味の無い音に公開当初は落胆の声も聞かれましたが、低予算系ヘンテコダンスPVのパワーで世間的支持率大幅アップ↑↑ 個人的には最初からこっち派だったので嬉しい逆転劇でした(・∀・)


11位~20位は続きを御覧下さい。

[Read More...]

ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)