(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

a-nation'10 powered by ウイダーinゼリー@味の素スタジアム

a-nation'10
毎年恒例、avex主催の大型野外音楽フェスティバル・『a-nation'10』のファイナルとなる東京公演2日目(2010年8月29日)を観に行ってきました!

【OPENING ACT】
miray
miray
パラソルスマイル

会場に入ると、新人レゲエアーティストのmirayがステージに立っていました。広いアリーナで自分の座席を探すのに精いっぱいで、残念ながらタオル回して~的なことを言ってたな~という印象しかありません(´Д`) 悪しからず。


坂詰美紗子
坂詰美紗子
1. きっと大丈夫
2. 恋におちたら


シンガーソングライター・坂詰美紗子が登場。バックバンドと共にキーボードを演奏しながらのLIVEで、トレードマークのメガネと、赤いリボンをしていたのが印象的でした。


【ACT DANCER STAGE】
1. Unite! The Night!

毎年恒例、全国各地のオーディションで選ばれたダンサーたちによるTRFの振り付け・監修のダンスパフォーマンス。今年はTRF「Unite! The Night!」で踊っていました。アフロのちょっと太った男の子がめちゃくちゃキレ良く踊っていたのが印象的w

これ以降は長くなるので続きを。

[Read More...]
スポンサーサイト

ゴールデン☆ベスト ♪雛形あきこ

雛形あきこ
グラビアアイドルのパイオニアであり、めちゃイケメンバーとしてバラエティでも活躍している女優・雛形あきこが歌手として発表した全楽曲と、シングルのc/wなどに収録されたRemixからいくつかを厳選して収録した初のベストアルバム『ゴールデン☆ベスト』です。

【収録曲】
1. 笑顔の予感
2. Wonder Girl
3. 揺れる恋 乙女色 
4. SIX COLORS BOY
5. Dream-self(original mix)
6. DESTINATION
7. Kitty Day ~仔猫になった日~
8. Ocean View ~海に降る雨~
9. FUNKY GAME
10. INVISIBLE…
11. REMAKE IT!
12. 笑顔の予感(Cute Mute Mix)
13. Wonder Girl(Cute Mute Mix)
14. 揺れる恋 乙女色("Deep"Night Mix)
15. SIX COLORS BOY(Cute Matt Mix)
16. Dream-self(summer scramble mix)
17. HINA BEATS COLLECTION by D.A.(笑顔の予感~揺れる恋 乙女色~Wonder Girl)



全曲、作曲・プロデュースは浅倉大介が担当。小室ファミリー全盛期の1995年~1996年の実質1年半弱の音楽活動の全てがこの1枚に纏められています!当初、事務所側が小室プロデュースを望んでいたことや、そもそもの浅倉氏の作風などの影響もあり、全体的に小室系の流れを汲んだ作品が多く残されています。眩しく初々しい輝きを放つデビュー曲「笑顔の予感」は、観月ありさ「Happy Wake Up!」を彷彿とさせる小室式のアイドルソングの流儀が感じられ、、セカンドシングルとなった「Wonder Girl」では初期MAXスーパーモンキーズ風のユーロビートに挑戦。切ないメロディをけなげに歌い上げた3rd Single「揺れる恋 乙女色」『クレヨンしんちゃん』の映画主題歌に起用され、印象に残っているキッズも多いであろう「SIX COLORS BOY」、炭酸飲料のCMソングに起用された爽やかな5th Single「Dream-self(original mix)」、女・TMR的な詞の世界観を不安定なボーカルで精一杯歌い切る「DESTINATION」といったわずか6枚のシングル曲に加え、歌よりも、途中に入る「ヒナが猫になったら、フツーの真っ茶っ茶の猫になる!」という恥ずかしいセリフ部分の方が堂々としていて上手いという珍現象が起きる「Kitty Day ~仔猫になった日~」、甘酸っぱい青春の一ページを切り取ったようなバラード「INVISIBLE…」、BPM高めのダンストラック「REMAKE IT!」といった『ヒナ・コレ』『ヒナ・コレ 2』という2枚のミニアルバムの収録曲も完全収録。音符を追いかけるので精一杯な拙いボーカルと、90年代J-POPの旨味が凝縮されたサウンドが印象的な、ボリュームたっぷりの一枚となっています。

Hurricane Venus ♪BoA

BoA
デビュー10周年を迎えて母国・韓国で約5年ぶりに活動を再開したBoAの韓国盤最新作『Hurricane Venus』です。

【収録曲】
1. GAME
2. Hurricane Venus
3. DANGEROUS
4. Stand By
5. M.E.P(My Electronic Piano)
6. LET ME
7. Implode
8. ADRENALINE
9. Ordinary Day
10. Don't Know What To Say
11. Romance


英語圏の作家陣による楽曲と、韓国人作家の作品で構成された今作。
全米デビュー作の路線を踏襲しつつ、さらに洗練された印象のエレクトロなダンスチューン「Hurricane Venus」、サイレンが鳴り響くサイバーなアップ「Dangerous」、壮大なアレンジで聴かせる美しいバラード「Stand By」、柔らかな光が差し込むようなサウンドがポップな「M.E.P(My Electronic Piano)」、アコースティックなサウンドとしっとりとしたボーカルが優しく響くバラード「Implode」Britneyライクなエレクトロアッパー「ADRENALINE」Stargateチックなミディアムナンバー「Ordinary Day」、シンプルなピアノ主体のアレンジで聴かせるバラード「Don't Know What To Say」、オトナな雰囲気が漂うJazzyなスロウ「Romance」など、ダンスナンバーのみで構成された全米デビュー作『BoA』で聴かせた前衛的なエレクトロダンスチューンはもちろんのこと、韓国の作家のペンによるバラードも収録し、セルフプロデュースに挑戦した日本での最新作『IDENTITY』とはまた一味違ったBoAが楽しめる作品となっています。全編英語交じりの韓国語で歌っていますが、日本語で聴き慣れた歌声なので、あまり韓国語に馴染みのない人でもすんなりと聴き込めるんじゃないかなと思います。

2010年8月22日、HMV渋谷閉店。

CIMG0476.jpg
既に各メディアの報道で御存じの方も多いと思いますが、去る2010年8月22日を以て、東京・渋谷区にあるHMVの国内1号店『HMV渋谷』が閉店しました。

CIMG0496.jpg
最終営業日となった22日には、たくさんの方がHMV渋谷の最後の姿を焼きつけようと、店内や店の外の写真を撮っていたり、インストアイベントを観覧したり、最後の買い物を楽しんだりと、最終的には入場制限がかかるほどの大盛況となりました。

CIMG0493.jpg
最後ということでMariah Careyのこのアルバムも100円で在庫処分の叩き売りwww

全ての音楽ファンや、音楽関係者にとって、今回のHMV渋谷の閉店はとても考えさせられるものがあったかと思います。

個人的には、高校生の頃からHMV渋谷にはお世話になっていて、高校生の時はよく2階(DANCE & SOUL)でレコードを試聴したり、地元のCDショップでは取り扱っていない洋楽のシングルを買ったり、幅広い品揃えと魅力的な売場展開でいつも新たな発見があるので、毎回通うのが楽しくて仕方がありませんでした。そして、大学時代には約1年3ヶ月という大変短い期間ではありましたが、ショップクルーとして働かせて頂き、“店員”という立場で貴重な経験をたくさんさせてもらいました。接客についてや音楽ビジネスに対する考えなど、いろんなことを勉強させてくれた場であり、大切な仲間も出来、本当に思い入れの深い場所となりました。

CIMG0481.jpg
そんな素敵な場所が無くなってしまったことはとても残念に思いますが、たくさんの人に愛されてきたHMV渋谷の思い出は、一人一人の心に、素晴らしい音楽とともに永遠に残り続けることでしょう。


CIMG0507.jpg
最後まで働いていたスタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした!

CIMG0513.jpg
記念に、1階の壁に落書きさせてもらいましたよん(・∀・)

Dondria Vs. Phatfffat ♪Dondria

Dondria
So So Defが送り出した新人女性R&Bシンガー・Dondriaのデビューアルバム『Dondria Vs. Phatfffat』です。

【収録曲】
1. You're The One
2. Saving Myself
3. Shawty Wus Up
4. Making Love
5. Can You Help Me
6. Where Did We Go Wrong
7. No More
8. Still Be With Me
9. You're The One(JD's Jeep Mix)
10. Believer
11. Kissed By The Sun



アルバムを聴いた人、誰もが持つであろう第一印象は、『この人、Beyonceの影響受け過ぎだろwww』というようなことだと思われますw それくらい、歌い方・声がBeyonceにそっくり。ほとんどの曲において、“貫禄と迫力が少し足りないBeyonceのそっくりさん”って感じの歌声を聴かせてくれます。Beyonce好きの人ならカチンとくるかもしれないし、似過ぎててワロタwwwと捉えることも出来るんじゃないでしょうか。収録曲について話を移していくと、JDBrian Michael-Coxの手による古典的なタイプのソウルバラッド「You're The One」JDらしい細やかなハイハットの入った涼やかミッド「Saving Myself」Johnta Austinと女性ラッパーのDiamondをフィーチャーしたサウス系アップ「Shawty Wus Up」、冒頭の喋りからBeyonceぶりが徹底されていてお見事としか言いようがない「Making Love」、メロウな「Where Did We Go Wrong」50 Cent「21 Qusetions」ネタの反則曲「No More」、しっとり美メロバラード「Still Be With Me」、原曲とは完全に別の曲に仕上がったJDらしいRemix「You're The One(JD's Jeep Mix)」、優しいメロディラインが耳に残る「Kissed By The Sun」など、Jermaine Dupriが大幅に関与しているだけあって、楽曲の質はどれも一級品。Beyonceに激似という点を肯定的に捉える事が出来れば、存分に楽しめる1枚になっていると思います。

We Are Born ♪Sia

Sia
Christina Aguileraの最新作『Bionic』に楽曲を提供し、注目度上昇中の女性シンガーソングライター・Siaのニューアルバム『We Are Born』です。

【収録曲】
1. The Fight
2. Clap Your Hands
3. Stop Trying
4. You've Changed
5. Be Good To Me
6. Bring Night
7. Hurting Me Now
8. Never Gonna Leave Me
9. Cloud
10. I'm In Here
11. The Co Dependent
12. Big Girl Little Girl
13. Oh Father
14. I'm In Here(Piano Vocal Version)



今作は、Kylie Minogueなどを手掛けるヒットメーカー・Greg KurstinがProduceを担当。子供たちの「ウィアボウィアボウィアボ」という声から始まるオープニングナンバー「The Fight」、呪文を唱えるようなサビが印象的なリードシングル「Clap Your Hands」、軽快なリズムのアップナンバー「Stop Trying」、ファンキーなポップチューン「You've Changed」♪オゥオッオッオ~ オゥオッオッオ~と歌うキャッチーなポップロックナンバー「Bring Night」、電子音を散りばめたダンサブルなロックサウンド+ピアノ弾き語りという二部構成がユニークな「Big Girl Little Girl」、繊細で物寂しげなバラード「I'm In Here」、よりシンプルで繊細なサウンドで構成されたボーナストラック「I'm In Here(Piano Vocal Version)」、など、Aguilera作品に提供した大人しめのサウンドとは打って変わって、ジャケットからも見てとれるような、カラフルで遊び心のあるキャッチーでメロディアスなPOP/ROCKサウンドが中心となったアルバムとなっています。

花束 ♪北乃きい

北乃きい
若手俳優の“かーくん”とのビジネスホテル宿泊&路上キスを写真週刊誌にすっぱ抜かれ、肉便きいという不名誉なあだ名を付けられてしまった北乃きいの2nd Single『花束』小室哲哉作詞作曲という話題で売ろうとしてたのに、一連のスキャンダルで見事にそんなネタもすっかり影に隠れてしまいましたね\(^o^)/

【収録曲】
1. 花束
小室哲哉作詞作曲の表題曲。デビュー曲の「サクラサク」の路線を踏襲した、しっとりとどこか切なげな印象を残す応援ソングに仕上がっています。


2. キセキ
ベ○チュー a.k.a. 玉置成実のSony在籍時代の楽曲を彷彿とさせる木村貴志系のavex臭いサウンドが展開される1曲。今は亡きベ○チューの似非avex路線は、avexに所属する路チュー肉便(ryに無事継承されていったのであります!

3. 思い出ありがとう
小室哲哉作詞、鈴木大輔(GIRL NEXT DOOR)作曲という意外かつ現在のavexの象徴ともいえる作家2組がタッグを組んだ作品。ガルネク丸出しなバラードナンバーに仕上がっています。


※4~6曲目は1~3曲目のInstrumental。

7. 花束-acoustic version-
シークレットトラック扱いとなっている1曲。ピアノ伴奏に合わせて歌っているバージョンです。

と、3曲とも実にavexらしいサウンドで、avex好きにはたまらない1枚となっているんじゃないでしょうか。世間的にはかなりイメージが悪くなっているようですが、前作の浅倉大介調の楽曲に続き、こうして充実した作品を届けてくれたことで、今後の歌手活動にさらに期待が高まりました♪

個人的には、相変わらず小室氏の書く歌詞には、明らかに文脈としておかしい部分や、そもそも日本語としてこんな表現あっていいの?っていうフレーズがあって、その妙な違和感が実に彼らしいなと思いました。

The Best Buono! ♪Buono!

Buono!
アニメ『しゅごキャラ!』のテーマソングを歌うという使命の下、Hello!ProjectからBerryz工房嗣永桃子夏焼雅℃-ute鈴木愛理の3人によって結成されたユニット・Buono!のベストアルバム『The Best Buono!』です。初回限定盤は、これまでのシングル・アルバムから厳選された全19曲を収録したDISC 1と、全カップリング曲を収録したDISC 2『Coupling Best』、そしてメイキング映像などを収めたDVDが付いた3枚組となっています。

【収録曲】
[ DISC 1 ]

01.We are Buono!~Buono!のテーマ
02.恋愛ライダー
03.Bravo☆Bravo
04.消失点-Vanishing Point-
05.ホントのじぶん
06.Take It Easy!
07.Kiss! Kiss! Kiss!
08.ロックの神様(2010 mix version)
09.I NEED YOU
10.ロッタラ ロッタラ
11.MY BOY
12.Café Buono!
13.泣き虫少年(2010 mix version)
14.Blue-Sky-Blue
15.Our Songs
16.Last Forever(2010 mix version)
17.OVER THE RAINBOW
18.カタオモイ。
19.ゴール


Buono!の魅力がギュッと凝縮された3rd Albumのタイトルチューン「We are Buono!~Buono!のテーマ、ロック路線を確立する前の初々しさが感じられるデビューシングル「ホントのじぶん」、発売直後に某メンバーのキス動画が流出するという事件に見舞われた皮肉なタイトルのシングル曲「Kiss! Kiss! Kiss!」夏焼雅がメインボーカルを務めた切ないメロディラインが沁みる名曲「消失点-Vanishing Point-」RIZEのメンバーが演奏に参加したパンキッシュなサビが印象的な「I NEED YOU」、女の子3人が文化祭に向けてバンドを結成するというけいおん!的な世界観を歌った「ロックの神様(2010 mix version)」、ハードなデジロックサウンドに挑戦したつんく♂作品「MY BOY」PRINCESS PRINCESS「Diamond」を彷彿とさせるサウンドが懐かしい1st Albumのタイトルチューン「Café Buono!」、苦しくて切ない恋心をポップに歌い上げた「カタオモイ。」Coldplay某曲を彷彿とさせる感動の大作「ゴール」など、全19曲、収録時間79分を越えるフルボリュームのDISC 1には、これまで発表したシングル10曲のうち8曲と、3枚のアルバムの中から人気曲11曲を収録。歌詞カードは全てメンバーの手書きです。どうせならシングル曲を優先して全部入れろや(´∀`)凸と言いたいですが、シングル曲を贔屓しないでBest of Bestな選曲をしましたよーという制作側の思惑も感じ取れますね。

[ DISC 2 ]『Coupling Best』
01.こころのたまご
02.じゃなきゃもったいないっ!
03.みんなだいすき
04.れでぃぱんさぁ
05.マイラブ
06.無敵の∞パワー
07.ワープ!
08.キライスキダイキライ
09.-Winter Story-
10.MIRACLE HAPPY LOVE SONG


初回限定盤のみ付属の『Coupling Best』には、これまで発表してきた全シングルのカップリング曲を完全収録。アニメ『しゅごキャラ!』の世界観を前面に押し出したポップチューン「こころのたまご」、アイドルロック路線を決定付けた2nd Singleのカップリング曲「じゃなきゃもったいないっ!」「ロックンロール県庁所在地」風なアレンジと、「しゅごキャラ!」寄りの歌詞で送るキュートなポップチューン「みんなだいすき」、華やかなホーンセクションのサウンドが特徴的な「マイラブ」、キャッチーな銀河系ポップロックチューン「ワープ!」、骨太ロックなウィンターソング「-Winter Story-」など、これまでアルバム未収録だった曲が一気に聴けるお得な1枚です。

[ DVD ]
1. Buono!3時のおやつ争奪 ババ抜き対決
2. ジャケット撮影・ババ抜き撮影メイキング


特典映像を収録したDVDには、メンバーが2人分しか用意されていないおやつを食べるためにババ抜きをしている映像と、ジャケット撮影のメイキング映像などを約34分収録。10代の女の子が内輪ノリ全開ではしゃいでいるだけって感じの映像なので、何度も見るような内容ではないと思いますwww

HEAVEN ♪加藤ミリヤ

加藤ミリヤ
加藤ミリヤの約1年ぶり、通算5作目となるオリジナルアルバム『HEAVEN』です。

【収録曲】
1. BYE BYE
夢を叶えるためにどこかへ旅立とうする彼との前向きな別れを歌ったシングル曲。男に捨てられる系or振り向いてもらえなくて発狂系の曲が多いミリヤにしては珍しい、両想いの良い恋愛をした末の別れの曲。

2. Last Love
先行シングルとなったバラードナンバー。失恋直後のショック状態からか、疑問形を連発する会いたい系失恋ソング。

3. I miss you
DAISHI DANCEが手掛けたドラマティックな展開が印象的なピアノダンスチューン。愛し合ってるはずなのに不安で、淋しくて、会いたいという典型的スイーツ(笑)脳な歌詞をさらっと聞かせることに成功しています。

4. X.O.X.O.
スピッツ「ロビンソン」をサンプリングしたリード曲。いい意味でネタ元の世界観を完全に無視した仕上がりは、さすがサンプリング女王・ミリヤ。甘くてシュールなおとぎの国へと誘うミディアムチューン。

5. HEAVEN
MiChiなどを手掛けるTomokazu"T.O.M."Matsuzawaが手掛けたタイトルチューン。ソウルクラシックをサンプリングしたかのようなスウィートなトラックに、ギターサウンドを絡めたミディアムチューン。

6. Baby I See You feat.VERBAL(m-flo)
VERBALをフィーチャーし、お得意の片想い系の歌詞が炸裂するストレートなラブソング。ストリングスやバンドサウンドで「LALALA」系の盛り上がりを見せる6分半の大作。

7. 空
田中直がプロデュースしたミディアムチューン。シンセのキラキラ感と鍵盤のしっとり感が同居した安定したクオリティの1曲。

8. WHY
♪どうして?どうして?どうして?どうして?私を愛してぇぇぇーーー!!!!と発狂するミリヤ節全開なシングル曲。(おそらくセフレとして利用されてるだけの)都合のいい女が、私を愛して!!!!!!と発狂している様をエモーショナルに歌い上げたロックテイストのナンバー。

9. FREE
ミリヤ様のお怒りはまだまだ収まりません。引き続き「WHY」と同様の世界観が繰り広げられる都合よく利用されてるだけの女の心の葛藤を描いた1曲。

10. Endless Love
m-flo☆Taku Takahashiがプロデュースした曲。毎週デートしてるのに、付き合う気が一切ない、彼女は要らないという草食系男子への苦しい恋心を歌っています。肉体関係はまだないみたいですね(´∀`)

11. Sweet Angel
前作『Ring』には、友達へのバースデイソングを収録していましたが、今作では女友達へのウェディングソングが登場。完全に結婚式で歌われるために生まれたような楽曲。

12. Destiny
「WHY」のカップリング曲で、全米大ヒット映画『ニュームーン/トワイライト・サーガ』の日本版イメージソングとなったピアノの旋律が切なく響くミディアムチューン。

13. B.F.F.
タイトルはBest Friend Foreverの略。簡単に友達面する信頼の置けない人間への怒りを歌ったロックナンバー。

14. Don't wanna let go
BACHLOGICがプロデュースしたロッキッシュなアプローチの1曲。

15. Silent Ocean
ピアノとストリングスによるアレンジでシンプルに、穏やかに聴かせるバラードナンバー。

16. 終わりなき哀しみ
タイトルの割にいまいち絶望感が薄いような気がするR&Bチューン。なんとなく哀しい気持ちにさせてアルバムを締めくくります。

以上、途中にInterludeの類を一切挟まないボリュームたっぷりな全16曲。
どれも安定したクオリティで、全体的にはいつもよりロック寄りな楽曲が増えている印象です。

LOVE! 2-THELMA BEST COLLABORATIONS- ♪青山テルマ

青山テルマ
青山テルマのコレクションアルバム第2弾『LOVE! 2-THELMA BEST COLLABORATIONS-』です。今回はタイトル通り、これまでテルマが客演したorゲストを迎えたコラボ曲ばかりを詰め込んだ作品となっています。

【収録曲】
1. サマーラブ!! feat.RED RICE from 湘南乃風
先行シングルとして発表されたアゲアゲなサマーチューン。夏らしくて爽やかな曲調はいいんですが、リリックが最低レベルw 特に、RED RICEの“淋しいあごう。幸せなう。(中略)結婚うぃる。”というTwitter用語を使用したくだりには寒気がしましたwww 個人的に、湘南さんのDQN気質満載のリリックはどうも受け入れがたい感じです。それに影響されてか、テルマの歌う部分も普段の3割増しで陳腐に聞えてくる不思議。

2. THIS LOVE feat.AI
今作のために用意されたAIとのコラボナンバー。意外にも、AIとは10年以上の付き合いだそうです。UTAを交えて、3人で制作されたミッドチューンに仕上がっております。

3. はなさないでよ feat.青山テルマ
「そばにいるね」以来、売上がガタ落ちなテルマSoulJaが起死回生を図るべく再びタッグを組んだ続編的な作品。メロディの切なさは「そばにいるね」を凌いでますが、商業的には大惨敗しました\(^o^)/

4. Fall in Love
BIG BANGヲタの主婦層にCDを買って頂こう!という魂胆が見え隠れするBIG BANGSOLとのデュエットナンバー。Jeff Miyaharaが手掛けたベッタベタに売れ線狙いのメロディが逆に潔くて素敵な1曲。ですが、この曲も売れず。

5. WANNA COME AGAIN feat.VERBAL(m-flo)
『m-flo TRIBUTE』に参加した縁で、VERBALを迎えてm-flo「come again」をエレクトロサウンドでリメイクした作品。2nd Album『Emotions』収録。

6. Dreamlover
EXILEMAKIDAIDJ MAKIDAIのMIX CDに収録されたMariah Careyのカバー。アレンジはBACHLOGICが担当。割と原曲のイメージを大事にした仕上がり。

7. 届けたい… feat.KEN THE 390
KEN THE 390のシングル「届けたくて feat. 青山テルマ」の客演返しとなるアンサーソング。時を刻むような音とピアノとストリングスのサウンドが切ない1曲。両A面で3種出したけどシングル売れませんでした\(^o^)/

8. 約束の日 feat.青山テルマ
日本を代表するセルアウトラッパー・童子兄さんの大ヒットアルバム『12 Love Stories』のリード曲となり、配信を中心に大ヒットした楽曲。ボソボソラップに拒否反応が出る方は、童子兄さん完全排除のテルマバージョン「二人の約束の日」(※2nd Album『Emotions』収録)を聴くことをオススメしますw

9. Garden of Love feat.青山テルマ
MAKAIのアルバム『GARDEN』に収録された爽やかなハウスナンバー。ライナーでテルマ本人が“全部英語詞”って書いてますが、実際は途中にちらほらと日本語が出てきますw

10. そばにいるね
説明不要の大ヒット曲。テルマのアルバムには今回で3度目の収録となります。『LOVE!』の第1弾にも収録されているので、今回は「ここにいるよ feat. 青山テルマ」を入れればよかったんじゃないかと思ったんですけど…。

11. Love @ 1st Sight feat.COMA-CHI,青山テルマ
「そばにいるね」の1週間前に発売されたMr.BEATS a.k.a DJ CELORYのアルバムに収録されたブレイク直前の参加曲。

12. ONE WAY (DIORI REMIX) feat.WISE
デビュー曲「ONE WAY」WISE参加のRemix。加藤ミリヤ「夜空」に近い感じの雰囲気に仕上がっています。

13. SUMMER PARADISE~Risin’ To Tha Sun~ feat.青山テルマ
メジャーデビュー前に客演したDS455のシングル曲。夏の夕暮れが似合いそうなトラックです。

14. NEVER GONNA LET YOU GO feat.青山テルマ (Dancehall Mix)
ボーナストラック。Demarcoというジャマイカのアーティストとのコラボ曲。

と、ギネス認定の大ヒット曲から、売ろうとして全く売れなかった残念な曲まで、様々な楽曲が収録されたコラボベストとなっております。田中ロウマとの「Forever Love feat.青山テルマ」が収録されなかったのが残念!


ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。