(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ΘωΘ) meryland awards 2010 (ΘωΘ)

meryland awards 2010
2010年12月24日にノミネート作を発表した『(ΘωΘ) meryland awards 2010 (ΘωΘ)』の受賞作品及び受賞者を発表します!
赤い太字が受賞者/受賞作品です。

では、主要4部門からどうぞ。

☆主要部門☆
【最優秀アーティスト(邦)】
宇多田ヒカル
・宇多田ヒカル
・西野カナ
・小柳ゆき
・中島美嘉
・倉木麻衣


『アーティスト活動休止』を発表し、久々のCM出演、素敵な新曲入りベストアルバムの発売、日本国内のみならずインターネットを通じて全世界に発信した活動休止前の横浜アリーナでのLIVEと、精力的に活動した宇多田さんが受賞。Twitterでの知性やユーモアあふれるつぶやきも魅力的です。

【最優秀アーティスト(洋)】
Lady GaGa
・Lady GaGa
・Christina Aguilera
・Katy Perry
・Rihanna
・Jazmine Sullivan


圧倒的なスケールと奇抜な演出で魅了した来日公演や、話題に事欠かないファッションなど、1年中話題を振りまいてくれたガガ様が2年連続の受賞。2011年には新作をリリースするということで、3年連続の受賞もあり得るんじゃないでしょうか?(゚∀゚)

【最優秀ライブパフォーマンス】
小柳ゆき
・小柳ゆき
・SPEED
・Lady GaGa
・Every Little Thing
・宇多田ヒカル


おなじみとなった浜離宮朝日ホールでのアコースティックライブ、デビュー10周年を記念した久々のフルバンドによるLIVE、ダンスを披露し、客席を通りながら歌う場面もあったファンクラブイベント、いつも以上に舌好調だった渋谷音楽祭…と、様々な形態のライブで圧倒的な歌唱力と天然トークで楽しませてくれた小柳氏が文句なしの受賞です。

【最優秀新人賞(邦)】
MAA
・MAA
・ICONIQ
・スマイレージ
・北乃きい
・東京女子流


“和製Lady GaGa”という売り出し文句で世に現れた謎の美女・MAAが受賞。当初は「ガガ様の足元にも及ばないクオリティ」だと完全にナメてましたが、MAA自身が手掛けている歌詞の独特の世界観や、リア・ディゾン奥菜恵、時には鳥居みゆきにも見える麗しいルックスにいつしかハマっておりました。

【最優秀新人賞(洋)】
Ke$ha
・Ke$ha
・Dondria
・Nicki Minaj
・Uffie
・Jason Derulo


ポストGaGa的なキャラで登場し、あっという間に全米チャートを席巻したパーティーガール・Ke$haが受賞。2枚のアルバムで確立したKe$haサウンドを今後どのように発展させていくか、要注目です。

【特別賞】
ZEBRA QUEEN
・ZEBRA QUEEN
・後藤真希
・愛内里菜
・メロン記念日
・ERIKA


MAAよりも一足早く“和製Lady GaGa”的アプローチで日本の音楽業界に降臨したのが、ゼブラシティのカリスマディーヴァ・ZEBRA QUEEN様。中の人(=仲里依紗)のことも、ZEBRA QUEENでの音楽活動を通してやっと顔と名前が一致。若手女優の音楽活動はこれくらい派手にやらないと!


各ジャンル別部門の発表は続きを!

[Read More...]
スポンサーサイト

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

Rebuilt ♪Girlicious

Girlicious
The Pussycat Dollsの妹分的な4人組ガールズグループとしてデビューしたGirliciousが、3人組になって帰ってきました!前作から約2年ぶりの2nd Album『Rebuilt』です。良く言えばプレイボーイグラビア風、悪く言えば女子プロレスラー的な肉感的なボディを強調したジャケットが何となく悲しいです(´;ω;`)←ネタとして楽しむ存在に墜ちた感がwww

【収録曲】
1. Face The Light
2. Maniac
3. Grinding
4. 2 In The Morning
5. Unlearn Me
6. Wake Up
7. Sorry Mama (Intro)
8. What My Mama Don't Know
9. Over You
10. Hate Love



CDは全10曲とコンパクトな内容。売れっ子プロデューサーの名前が何組もあった前作とは対照的に、今作はB級アーティストを多く手掛けているイメージが強いBeau Dozierの名前が目立ちます。スペーシーなサウンドのオープニングナンバー「Face The Light」、シンセサウンド全開のアップ「Maniac」、今作で最もR&B寄りな作風となっている微妙なスキルのラップ入りのミドルチューン「Grinding」Timbaland/Danja系のポコポコ音を使った「2 In The Morning」StargateプロデュースじゃないのにモロStargate風なミッド「Unlearn Me」、ギター1本をバックに歌い始めるしっとり系のママごめんねソング「Sorry Mama (Intro)」、十分謝ったからいいだろ的に態度を一変させて弾けまくる「What My Mama Don't Know」Rihanna「Umbrella」のパク(ryではないかと勘繰りたくなる「Hate Love」など、流行りのエレクトロ風ポップ/R&Bが主軸となった作品となっています。第一線で活躍するプロデューサーを使いながらあえてB級感を漂わせていた感のある彼女たちですが、今回は普通にB級感全開。某国のセクシーガールズグループ(笑)への対抗馬として期待できる内容です。

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

LOVE CENTRAL ♪DREAMS COME TRUE

DREAMS COME TRUE
ベストアルバム及びLIVE DVDとのセット販売という形態でセールスを伸ばした前作『DO YOU DREAMS COME TRUE?』から約1年8ヶ月ぶりとなるドリカムの新作『LOVE CENTRAL』です。

【収録曲】
1. LOVE CENTRAL
2. その先へ
3. LIES, LIES.-ALBUM VERSION-
4. ANOTHER JUNK IN MY TRUNK
5. POISON CENTRAL
6. FALL IN LOVE AGAIN
7. ねぇ
8. せつなくなぃ?
9. 生きてゆくのです♡
10. GODSPEED!
11. 風切って行こう!
12. MY DARLIN' DOGGYS♪
13. THE ONE


「MERRY-LIFE-GOES-ROUND」「TRUE, BABY TRUE.」のメロディが登場するオープニングテーマ「LOVE CENTRAL」FUZZY CONTROLをフィーチャーしたドラマ『救命病棟24時』シリーズの主題歌「その先へ」、“不倫”をテーマに歌ったと思われるファンキーなエロダンスロック「LIES, LIES.-ALBUM VERSION-」、恋の痛みを独特の表現で歌ったソウルバラッド風の「ANOTHER JUNK IN MY TRUNK」、キャバレー風のサウンドに乗せ、危ない恋へと人々を誘惑する「POISON CENTRAL」、素敵な恋の始まりを夢見るポップチューン「FALL IN LOVE AGAIN」、大切な人を失った悲しみや痛み・苦しみを包み込もうとする吉田美和の実体験が痛いほどに詰め込まれた歌詞が泣けるバラード「ねぇ」、生涯の片思いをテーマにしたピコピコ系セツナチューン「せつなくなぃ?」、生命力に満ち溢れたポジティヴソング「生きてゆくのです♡」、犬の鳴き声をたっぷりと入れた犬へのラブソング「MY DARLIN' DOGGYS♪」、全てを受け入れ包み込むような懐の大きさを感じるラストソング「THE ONE」など、様々な愛の形を様々なサウンドで歌にしたアルバムとなっております。

テーマ:j-pop - ジャンル:音楽

Basic Instinct ♪Ciara

Ciara
一時は発売日が繰り上げられたものの、結局延期を繰り返し、年末になってようやく発売されたCiaraの4th Album『Basic Instinct』です。そんな今作、残念ながらこれまで全てのアルバムをTOP3に送り込んできたCiaraにはあるまじき初登場40位以下という悲惨な結果で、自己最低の初動売り上げを記録してしまいました\(^o^)/

【収録曲】
1. Basic Instinct(U Got Me)
2. Ride feat. Ludacris
3. Gimmie That
4. Heavy Rotation
5. Girls Get Your Money
6. Yeah I Know
7. Speechless
8. You Can Get It
9. Turn It Up feat. Usher
10. Wants For Dinner
11. I Run It


今回はメインプロデューサーに、C."Tricky"StewartThe-Dreamを起用し、原点回帰のダンスアルバムを作り上げました。アルバム制作中の早い段階からVideoが公開され、ラップに挑戦したタイトル曲「Basic Instinct(U Got Me)」Ludacrisを迎え、R&Bチャートで好成績を残したいやらしい腰つきで踊る低予算風Videoが話題となった1st Single「Ride」(・∀・)<ギミギミギミギミダッベィスッ♪ と忙しなく歌う、ジャケットがとんでもないことになっている(※参照)最新シングル「Gimmie That」Usherをフィーチャーしたキャッチーなエレクトロアッパーチューン「Turn It Up」、曲中で60回以上も♪Turn it up~と歌っているくせにタイトルがAKB「Heavy Rotation」、愉快な手拍子入りのガールズアンセム「Girls Get Your Money」、、C."Tricky"StewartThe-Dreamコンビプロデュースの地味めなミッドテンポの2nd Single「Speechless」The-Dreamのアルバムに入っていそうな雰囲気のタイトル連呼系ミッドチューン「You Can Get It」、ラテンフレーバーなサウンドにトランシーな音を絡め、(・∀・)<嫌ガール、嫌ガールと歌う「Wants For Dinner」、本編ラストに配された幻想的なスロウ「I Run It」など、比較的コンパクトにまとめ上げた1枚で聴きやすい作品となっていました。商業的な成功を期待できそうな楽曲の数や、サウンドの衝撃度は低いものの、個人的にはどの曲も良質で満足の出来る内容でした。

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

(ΘωΘ) meryland awards 2010 (ΘωΘ) ノミネート作品発表

meryland awards 2010
今年も開催、年末恒例の自己満足の祭典『(ΘωΘ) meryland awards 2010 (ΘωΘ)』のノミネート作品を発表致します。


今年度用意した部門は以下の通りです。
(★は邦/洋で各1組ずつ選出。 )
★最優秀アーティスト
・最優秀ライブパフォーマンス
★最優秀新人賞
・特別賞
★最優秀POPソング
★最優秀POPアルバム
★最優秀POPアーティスト
・最優秀ROCKソング
・最優秀ROCKアルバム
・最優秀ROCKアーティスト
★最優秀R&B/HIP-HOPソング
★最優秀R&B/HIP-HOPアルバム
★最優秀R&B/HIP-HOPアーティスト
・最優秀DANCE/ELECTROソング
・最優秀DANCE/ELECTROアルバム
・最優秀DANCE/ELECTROアーティスト
・最優秀BEST ALBUM
・最優秀COVER ALBUM
・最優秀COVER SONG
★最優秀バラード
・最優秀コラボレーション
・最優秀作詞家
・最優秀作曲家/プロデューサー
・最優秀CDジャケット
★最優秀VIDEO
・ベストインスパイヤソング
・ベスト空耳ソング

各部門の“最優秀”に選ばれた作品の発表は、2010年12月31日です。
宜しければ、結果も見て下さいね(´∀`)

では、今年度のノミネート一覧です。


[Read More...]

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

Back to the future tour 2010/10th Winter Mix ♪小柳ゆき

小柳ゆき
小柳ゆきのデビュー10周年を記念したLIVEツアー『Back to the future tour 2010』の2010年7月25日の赤坂BLITZ公演の音源が配信限定アルバムとしてリリースされました!
■LIVEレポ⇒10th Anniversary Presents 小柳ゆき “back to the future tour 2010”@赤坂BLITZ

【収録曲】
1. One in a million
2. BRAND NEW WORLD
3. Fairyland
4. ON THE RADIO
5. DEEP DEEP
6. my all..
7. 君がいた夏
8. LISTEN
9. be alive~そのままの君でいて~ feat. SoulJa
10. Walkin' On The Rainbow
11. THE Goonies'R'Good Enough
12. GIRLS’FIGHTS
13. Not Satisfied
14. Sunrise
15. あなたのキスを数えましょう~You were mine~
16. 愛情
17. prove my heart
18. remain ~心の鍵~
19. we can go anywhere
※バンドル購入特典 「DEEP DEEP」ライブ映像


たかがLIVE音源と侮るなかれ。LIVEでの小柳氏はCD以上に歌にパワーがあって本当に素晴らしいのです!特に初期の楽曲などは、現在のLIVEでのボーカルの方が格段に歌も上手くなっていて聴き応えがあり、そういった意味でも今作は、是非とも多くの人に聞いてもらいたい“生小柳”の魅力がギュッ!と詰まっている大変有難い作品となっています。
豪快なアカペラから始まる圧巻のオープニング「One in a million」、全身全霊で歌うBeyonceのカバー「Listen」SoulJaをゲストに迎え、歌う前のやり取りも丸ごとパッケージした「be alive~そのままの君でいて~ feat. SoulJa」、今回待望の音源化が実現した未発表曲「Walkin' On The Rainbow」小柳氏が選ぶ名作映画『グーニーズ』のテーマソングをカバーした「THE Goonies'R'Good Enough」、しっとりと美しく歌い上げるデビュー曲「あなたのキスを数えましょう~You were mine~」、素晴らしい声量でパワフルにLIVEを楽しみながら歌っている姿が脳裏に甦る「愛情」、メンバー紹介もバッチリ収録した本編ラストのLIVE定番曲「prove my heart」、ピアノ伴奏と歌のみのシンプルな構成で披露したアンコール1曲目「remain ~心の鍵~」、会場一体となった大合唱もバッチリ収録した「we can go anywhere」など、LIVEに行った人はもちろん、行かなかった人も歌声に魅了されること間違いなしの作品となっております。曲単位の購入も可能ですが、オススメはアルバム単位での購入。アルバム購入特典として、「DEEP DEEP」のLIVE映像が付いてきます。音源だけでも素晴らしいんですが、映像だとより小柳氏の凄さ、素晴らしさが伝わってきます。おまけの1曲だけではなく、LIVEを丸ごとDVD化して欲しいくらいです。

小柳ゆき
そして、上のLIVEアルバムと同時に配信限定リリースされたのがこちらの『10th Winter Mix』なるタイトルのEP。『Back to the future tour 2010』のLIVE音源からボーカルを抜き出し、COMA-CHI環ROYなどにトラックを提供しているnewdealが新たにリミックスを手掛けたスペシャルトラック3曲を収録しています。

【収録曲】
1.あなたのキスを数えましょう(10th Winter Mix by newdeal)
2.Walkin' on the rainbow(10th Winter Mix by newdeal)
3.愛情(10th Winter Mix by newdeal)
※バンドル購入特典 「BRAND NEW WORLD」ライブ映像


ストリングスと生演奏、エレクトロサウンドを融合させたオサレで少しカオスな「あなたのキスを数えましょう」、これまでLIVEでしか披露されていなかった楽曲にエレクトロな彩りを加えた「Walkin' on the rainbow」、レトロ風でグルーヴィーなトラックで再構築された「愛情」と、どれもなかなか面白い仕上がりになっています。こちらも曲単位での購入が可能ですが、やはりオススメはアルバム単位での購入。特典として、『Back to the future tour 2010』から「BRAND NEW WORLD」のLIVE映像が付いてきます。LIVEで盛り上がるには欠かせない曲なので、観ていてテンションが上がってくる映像となっています。

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

Love songs ♪浜崎あゆみ

浜崎あゆみ
前作『Rock'n'Roll Circus』から約8ヶ月ぶり、2010年2作目となる浜崎あゆみのアルバム『Love songs』です。今回は収録曲の約3分の2が小室哲哉作曲による楽曲となっています。

【収録曲】
1. Love song
2. crossroad
3. MOON
4. sending mail
5. Last angel
6. insomnia
7. Like a doll
8. Aria
9. blossom 
10. Thank U
11. Sweet Season
12. overture
13. do it again
14. November
15. Virgin Road
16. SEVEN DAYS WAR(Live at Yoyogi on Oct.11.2010)



今回の曲数稼ぎのインストは「insomnia」「Aria」「overture」の3曲。これらと、デビュー曲を手掛けた星野靖彦との久々のタッグを売りにした「MOON」、自身は一切登場せず、東方神起JEJUNGをPVに出演させたJYJヲタホイホイなキウイ曲「blossom」槇原敬之が楽曲提供した穏やかなミディアムナンバー「Sweet Season」以外の楽曲が全て小室哲哉作曲となっています。そんな今作の大多数を占めるTK曲を紹介していくと、渡辺美里への提供曲を彷彿とさせるシングル曲「crossroad」、複数A面マキシ『L』収録の母への感謝を綴った暗~いウエディングソング「Virgin Road」、同じく『L』収録のglobeチックな陰のあるダンストラック「Last angel」KEIKOばりに汚声全開で歌い上げるフォーキーなタイトル曲「Love song」、2000年以降のglobeっぽい曲構成の楽曲をロック色を強めたアレンジでayu流に染め上げた「sending mail」、LIVEでの大合唱を想定して作ったであろう♪lalalala~のメロディがくどい「Thank U」歌詞カードを見て「手抜きですか…?」と真っ先に思った物寂しげな雰囲気の「do it again」、感動の大団円で涙声でLIVE仕様の汚声を出しまくるTM NETWORKのカバーのLIVE音源@代々木7日間公演最終日「SEVEN DAYS WAR(Live at Yoyogi on Oct.11.2010)」など、良い曲もあり、常連作家の曲を歌うだけというマンネリ感の打破には貢献していると思いますが、互いの持ち味を最大限に生かせるようなタッグとはお世辞にも言い難い仕上がりです。歌詞も同じフレーズをひねりもなくただ繰り返すだけのものが目立ち、伝えたいメッセージがないのか、それとも小室メロディに歌詞を乗せるのが難しかったのか、違和感が残ります。個人的にはそういった違和感もひっくるめて、今の“浜崎あゆみ”“小室哲哉”が作ったものとして受け止められましたが、純粋な“ayuファン”にはもしかしたら物足りない内容なのかもしれません。

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

Strip Me ♪Natasha Bedingfield

Natasha Bedingfield
本国UKのみならず、アメリカでも商業的な成功を収めたシンガーソングライター・Natasha Bedingfieldのアルバム『Strip Me』です。

【収録曲】
1. Little Too Much
2. All I Need feat. Kevin Rudolf
3. Strip Me
4. Neon Lights
5. Weightless
6. Can't Fall Down
7. Try
8. Touch
9. Run-Run-Run
10. Break Thru
11. No Mozart
12. Recover
13. Weightless(Less is More Version)


全米3位のヒットとなった前作『Pocketful Of Sunshine』とは対照的に、約3年ぶりとなる今作は全米チャート初登場103位と大コケ\(^o^)/オワタ そんな壮絶な売上不振作の中身を紹介していくと、Kevin Rudolfのヒット曲「Let It Rock」をサンプリング…というか、マッシュアップ状態でサビをそのままぶち込んでいる「All I Need」Ryan Tedderが関与した力強さと荘厳さを湛えたタイトルチューン「Strip Me」、躍動的なメロディが耳に残るポップナンバー「Weightless」、同曲をアコースティックなサウンドで聞かせる「Weightless(Less is More Version)」、美しいメロディラインが印象的なポップバラード「Try」、抜けの良い歌声が爽快なシングル曲「Touch」、ストリングスと電子音を程よく融合させた“広がり”を感じさせるサウンドが印象的な「Break Thru」、ピアノからしっとりと始まり、徐々にサウンドの熱を上げていく〆のバラード「Recover」など、売れなかったのも納得な全体的にちょい地味めな仕上がりとなっております。セルフプロデュース作ということもあってか、US市場での商業的成功を確実に狙っていた前作とは異なり、端からあまり大衆受けを狙っていないような印象を受けました。もし、売ろうとしてこれだったらちょっと才能枯(ry

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

Burlesque

Burlesque
本格的な映画出演は初となるChristina Aguileraと、歌手・女優として40年以上のキャリアを誇る超ベテラン・Cherの2人が主演を務めたミュージカル映画『Burlesque』のサウンドトラックです。劇中で2人が歌った曲が、映画の中で披露された順に10曲収録されています。

【収録曲】(※=Cher/☆=Christina Aguilera 歌唱曲)
1. Something's Got A Hold On Me ☆
2. Welcome To Burlesque ※
3. Tough Lover ☆
4. But I Am A Good Girl ☆
5. Guy What Takes His Time ☆
6. Express ☆
7. You Haven't Seen The Last Of Me ※
8. Bound To You ☆
9. Show Me How You Burlesque ☆
10. The Beautiful People (from Burlesque) ☆



映画のネタばれを含みつつ曲紹介をしていくと、Aguilera演じる“アリ”が田舎を出ていく決意を固めた映画の冒頭で熱唱する「Something's Got A Hold On Me」Cher演じるクラブの店主・“テス”が御年64歳とは思えぬハイレグ姿で、店の女の子たちを従えながら『Burlesque』のショーの始まりに熱唱する「Welcome To Burlesque」、主役を降ろされた女の嫌がらせによるアクシデントがきっかけで、代役を務めたアリの圧倒的な歌唱力が初めて披露される重要な場面で歌われた「Tough Lover」、断髪を薦められるも拒んだアリが、ウィッグを着用してセクシーかつ茶目っ気たっぷりに歌い踊る「But I Am A Good Girl」、“長い時間をかけてじっくりと愛してくれる男が好き”と歌うLinda Perryのペンによる『Back To Basics』の世界観にも通じるレトロミュージック「Guy What Takes His Time」、劇中で最も派手なパフォーマンスを魅せる現代風なサウンドの「Express」、借金苦で命よりも大切な店を失う危機に立たされたテスが自らを奮い立たせるかのように歌うDiane Warren書き下ろしのバラード「You Haven't Seen The Last Of Me」『Bionic』にも参加したSiaが関与している『愛』について歌ったバラード「Bound To You」、店のバーテンダーで、作曲家志望のジャックが書いたという設定のショータイム用ナンバー「Show Me How You Burlesque」、エンドロールで流れるエレクトロやロックを取り入れたアップナンバー「The Beautiful People (from Burlesque)」と、映画を観た人なら必ず楽しめる内容となっています。逆に言うと、映画を観ないで聴くのは損と言うか、あり得ないんじゃないかというくらいですw 是非、映画を観てから楽しんでください。

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

Spin The Music ♪Crystal Kay

Crystal Kay
オリジナルアルバムとしては前作『Color Change!』から約2年4か月ぶりとなるCrystal Kayの9th Album『Spin The Music』です。

【収録曲】
1. Journey~君と二人で~
2. After Love -First Boyfriend- feat. KANAME(CHEMISTRY)
3. 今夜はNo.1
4. 君がいれば
5. Time of Love
6. I pray
7. Goodbye
8. LOVE or GAME
9. Hands up
10. FLASH
11. Thank You For Talkin' To Me Africa / Yellow Magic Orchestra feat. Crystal Kay
12. I'll be there



ファーを被ったジャケットから想像される通り、全体的に冬っぽいイメージの内容となっている今作。切ない美メロが寒い季節にピッタリなびっくりするほど売れなかった先行シングル「Journey~君と二人で~」、名曲「Boyfriend」の続編的内容のCHEMISTRY川畑要とのデュエット曲「After Love -First Boyfriend- feat. KANAME(CHEMISTRY)」、ちょっぴりダサくてファンキーなパーティーチューン「今夜はNo.1」、良質なメロディラインが美しい名バラード「君がいれば」、某NHKドラマの挿入歌となり、CD化の要望が殺到していたバラードナンバー「Time of Love」、ミニアルバム『FLASH』からの再収録となるCrystal Kay本人作曲のバラード「I pray」Soweluの最新作にも歌詞を提供していた女性作家・LiLy作詞のチープなテイストのエレポップ「LOVE or GAME」、ミニアルバム『FLASH』のリード曲となっていたエレクトロ志向のダンスチューン「FLASH」Erykah Badu的なファンク/ネオソウル系のニオイがするYMOとのコラボ曲「Thank You For Talkin' To Me Africa」、歌い続けていく決意を込めた大団円バラード「I'll be there」など、お得意のバラード曲を多めに収録し、質の高い楽曲を届けてくれてはいるのですが、昨年リリースのベストアルバム『Best Of CRYSTAL KAY』のボーナスディスクで聞かせてくれていたようなNEXT LEVELを感じさせるような部分は薄く、アルバムとしては期待していたよりも小さく大人しくまとまってしまった感が惜しい内容です。

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

Michael ♪Michael Jackson

Michael Jackson
リリースに関して賛否両論様々な意見が飛び交っている“King Of Pop”Michael Jacksonの未発表曲集第1弾『Michael』です。

【収録曲】
1. Hold My Hand (Duet with Akon)
2. Hollywood Tonight
3. Keep Your Head Up
4. (I Like) The Way You Love Me
5. Monster (Featuring 50 Cent)
6. Best Of Joy
7. Breaking News
8. (I Can't Make It) Another Day (Featuring Lenny Kravitz)
9. Behind The Mask
10. Much Too Soon


今回のアルバムに収録されたのは全10曲。当初はAkonのアルバムに収録されるとアナウンスもされていたAkonに食われ気味な今作からの正式な1st Single「Hold My Hand」、ヒューマンビートボックスとTeddy Rileyの手によるキレの良いビートが格好良い「Hollywood Tonight」C."Tricky"Stewartが関与したMichaelの人柄が滲み出たような優しく美しいミディアムスロウ「Keep Your Head Up」Michaelが単独で書き上げた懐かしい質感の温かみのあるラブソング「(I Like) The Way You Love Me」50Centをフィーチャーした現代版Thrillerのような雰囲気の「Monster」、アコースティックなサウンドに優しいメロディと歌声を乗せた好楽曲「Best Of Joy」、今作の発表にあたって真っ先に解禁され、マスメディアに対する辛辣なメッセージを歌った2007年のレコーディング作「Breaking News」、条件面で折り合いがつかず、『Thriller』への収録が見送られたというエピソードを持つYMOのカバー曲「Behind The Mask」『Thriller』期に書かれたという美しくも切なげなバラード「Much Too Soon」など、未発表のままにしておくには勿体無さすぎる程の名曲が数多く収録された作品集となっています。
本人が未完成と判断していた楽曲を勝手に世に出すことは故人の意に反した“金儲け”であり、商業主義的だとの批判もあり、発売に反対する意見ももちろん出て当然だと思います。ですが、彼ほどのスーパースターであるならば、未完成曲、デモ音源ですらファンにとっては非常に有難いもの。本当の意味での“新作”が届けられなくなってしまった以上、突然の死で深い悲しみに襲われたファンを楽しませる1つの手として、こういった作品の発表は個人的には『アリ』だと思っています。

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

The Best Of Nelly Furtado ♪Nelly Furtado

Nelly Furtado
デビュー10周年を迎えたNelly Furtado、初のベストアルバム『The Best Of Nelly Furtado』です。

【収録曲】
-----[ Disc 1 ]-----
1. I'm Like A Bird
2. Turn Off the Light
3. .... On the radio (Remember The Days)
4. Fotografia (duet with Juanes)
5. Powerless (Say What You Want)
6. Try
7. Forca
8. Promiscuous Ft. Timbaland
9. Maneater
10. Say It Right
11. All Good Things (Come To An End)
12. In God's Hands
13. Broken Strings Ft. James Morrison
14. Girlfriend In The City
15. Night Is Young
16. Stars
17. Manos Al Aire
18. Crazy(Radio1 Live Lounge Session)

-----[ Disc 2 ]-----
1. Quando,Quando,Quando (duet with Michael Buble)
2. Te Besque (duet with Juanes)
3. Island Of Wonder feat. Caetano Veloso
4. I'm Like A Bird(Nelly VS Asha Remix)
5. Who Wants To Be Alone (Tiesto feat. Nelly Furtado)
6. Sacrifice (The Roots feat. Nelly Furtado)
7. In God's Hands feat. Keith Urban


上記の収録内容はDVD付のSuper Deluxe Editionのものです。Standard EditionはDisc 1の1~17曲目となります。
開放的なメロディが印象的なデビュー曲「I'm Like A Bird」、フォーキーなサウンドとスクラッチを織り交ぜたR&Bチューン「.... On the radio (Remember The Days)」TimbalandによるRemixも秀逸な名曲「Turn Off the Light」、そのTimbalandとがっぷりと組んで大ヒットを記録した変態曲「Promiscuous」Timbaland製の変態ポコポコビートでありながら神聖なオーラを放つ「Say It Right」、民族的なフォークサウンドを纏った2nd Albumからのリード曲「Powerless」Track & Fieldとの共同プロデュースによるウエスタン調のポップチューン「Forca」、新曲として用意されたキラキラした今風エレクトロポップ「Night Is Young」、シンプルなアコースティックナンバー「Star」Gnarls Barkleyの大ヒット曲のアコースティックカバー「Crazy(Radio1 Live Lounge Session)」、インド音楽とのマッシュアップ的な「I'm Like A Bird(Nelly VS Asha Remix)」、オランダのトランス系DJ、Tiestoとのガチなエレクトロチューン「Who Wants To Be Alone」など、様々なサウンドを取り込み、どこか民族っぽさが残る作風でオリジナリティを確立してきたNelly Furtadoの歴史を簡単におさらいできる1枚(+α)となっています。

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

Jewel ♪BENI

BENI
自身初のオリコンチャート1位を獲得した2nd Album『Lovebox』からわずか半年という短いスパンで発表されたBENIの3rd Album『Jewel』です。

【収録曲】
1. Jewel Intro
2. 2FACE
3. トキヲトメテ
4. 大好きなのに
5. Lovin' U
6. Heaven's Door
7. See U Again
8. First Time
9. Heartbreaker
10. Don't Let Go
11. Smile
12. 君となら
13. 忘れないでね


全13曲中半数以上の8曲がDaisuke"D.I"Imaiプロデュースとなった今作。半年前に発表された前作も収録曲の3分の2が彼によるもので、さすがにこの量産体制では似通った曲が多く生まれてしまっているのが現状。美しくアルバムの幕を開ける「Jewel Intro」、80's風のグルーヴィーなサウンドが印象的な先行シングル「2FACE」、スイーツ(笑)系特有の好きすぎて重たい愛情を可憐に聴かせる「トキヲトメテ」、別れた恋人に対して今もなお残る切ない思いを歌った「大好きなのに」、キラキラしたサウンドの切ない片思いソング「Lovin' U」、エレクトロ度を強化したトラックが個性を放つ「Heartbreaker」LOS Da Mystro的な音を入れた抜群のポップ度を誇るアップナンバー「Smile」、アルバムのラストを飾る手癖全開のシンセ系ミッドチューン「忘れないでね」、以上がDaisuke"D.I"Imaiプロデュース曲となり、割とタイプの異なる楽曲を収録していた前作に比べ、今作では『Jewel』というアルバムタイトルの下、宝石のようなキラキラ感のあるサウンドをまとめた作風となっています。その他には、松尾潔プロデュースによるウェディングソング「Heaven's Door」HIROプロデュースによるキラキラ感キープのグルーヴィーミッド「See U Again」STYによる流麗なミッドダンサー「First Time」などを収録。非D.I曲でもトラックの“キラキラ感”は全曲に受け継がれており、アルバム1枚を通して非常に統一感のある仕上がりになっています。

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

悪ガキッ① ♪スマイレージ

スマイレージ
2010年にメジャーデビューを果たしたHello!Project所属の4人組アイドルグループ・スマイレージの1st Album『悪ガキッ①』です。

【収録曲】
1. 同じ時給で働く友達の美人ママ
2. 踊ろうよ
3. 女ばかりの日曜日
4. 夢見る15歳
5. シューティングスター
6. ○○ がんばらなくてもええねんで!!
7. スキちゃん
8. 学級委員長
9. しっかりしてよ!もう
10. オトナになるって難しい!!!
11. あすはデートなのに、今すぐ声が聞きたい
12. ぁまのじゃく



斬新な発想のタイトルと、ハロプロの大先輩・辻希美が出演したPVが話題を呼んだアイドルロックチューン「同じ時給で働く友達の美人ママ」、レゲエ/ダンスホールのエッセンスを取り入れたポップナンバー「踊ろうよ」メロン記念日「かわいい彼」を彷彿とさせるサビメロが印象的なメジャーデビューシングル「夢見る15歳」、爽やかな王道アイドルポップチューン「シューティング スター」、関西弁で歌うコミカルなスマイレージ流応援歌「○○ がんばらなくてもええねんで!!」、間奏の掛け声がLIVEで盛り上がるインディーズ時代の人気曲「スキちゃん」、学生の切ない恋心を歌ったバラードナンバー「学級委員長」、恋愛に興味を持ち始めるお年頃の女子の気持ちをポップに歌った「オトナになるって難しい!!!」、2期タンポポを彷彿とさせるブリティッシュ路線の「あすはデートなのに、今すぐ声が聞きたい」など、現役中高生である彼女たちの世代の心情や日常風景をわかりやすく見事に描き出したつんくのなりきりっぷりが気持ち悪くも素敵で、フレッシュな印象を受ける作品となっています。

初回生産限定盤に付属のDVDには、“Youtubeで規定回数を超えたら各メンバーのソロバージョンを順次公開”という企画を行い、残念ながら未公開となった映像を含む「○○ がんばらなくてもええねんで!!」のソロPVや、ジャケット撮影のメイキング、メンバーによるTwitter講座、そして、低予算・低クオリティな誰得カオスPV「夢見る15歳(Web Mix Ver.)」などを収録。

↑何だよこれwwwwwwwwww

テーマ:j-pop - ジャンル:音楽

LOVE ~Singles Best 2005-2010~ ♪伊藤由奈

伊藤由奈
デビュー5周年を迎えた伊藤由奈の初のベストアルバム『LOVE ~Singles Best 2005-2010~』です。これまでにリリースした15枚のシングル曲(※配信シングル1曲含む)を、最新曲からデビュー曲へと遡って行く形で収録したアルバムとなっています。限定盤にはPV収録のDVD付き/カバー曲を収録したボーナスCD付の2種類があります。

【収録曲】
1. 守ってあげたい
2. Let it Go
3. 今でも会いたいよ… (with Spontania)
4. trust you
5. 恋はgroovy×2
6. miss you
7. あなたがいる限り~A WORLD TO BELIEVE IN~(with Celine Dion)
8. Urban Mermaid
9. Mahaloha (with Micro)
10. I'm Here
11. Truth
12. losin'
13. stuck on you
14. Precious
15. Pureyes
16. Faith
17. ENDLESS STORY



約1年ぶりのCDリリースとなった最新曲「守ってあげたい」、元Superfly多保孝一が提供したフォーキーなロックテイストのナンバー「Let it Go」Spontaniaとのコラボ曲を伊藤由奈メインバージョンに作り替えた「今でも会いたいよ… (with Spontania)」Alicia Keys「No One」の影響をモロに受けているとしか思えないガンダムソング「trust you」、自己最低初動を記録するも、個人的には1番好きなシングル曲である“伊藤由奈=バラード”のイメージを覆すラテン系なノリの派手なアップチューン「恋はgroovy×2」、世界的歌姫・Celine Dionとの夢のコラボが実現した壮大なバラード「あなたがいる限り~A WORLD TO BELIEVE IN~」Def TechMicroとのコラボでゆったりとした空気感を届けた「Mahaloha」Destiny's Child「Survivor」を彷彿とさせるスリリングなトラックが最高にクールなR&Bチューン「I'm Here」、洗練されたクールなサウンドの限定シングル「losin'」、念願のアルバム初収録となるレトロ風なポップナンバー「stuck on you」、映画『LIMIT OF LOVE 海猿』の主題歌となりロングヒットを記録した壮大なラブバラード「Precious」、映画『NANA』の劇中歌に起用され、デビュー曲にして自身最大のヒットを記録したREIRA starring YUNA ITO名義による洋楽バラードの日本語カヴァー作「ENDLESS STORY」「ENDLESS STORY」の再来を強く意識したであろう『NANA2』の劇中歌「Truth」など、華やかなデビューを飾り、ぽつぽつとスマッシュヒットを出しながらも伸び悩み、迷走もしたという伊藤由奈の5年間の歴史を感じられるベストアルバムとなっています。

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

Greatest Hits...So Far!!! ♪P!nk

P!nk
“桃色ヘアーのR&B娘”から“歌う神取忍”へと進化を遂げ、今や向かうところ敵なしのロック姐さんとなったP!nkの初のベストアルバム『Greatest Hits...So Far!!!』です。各国異なる収録内容で発売されている今作。ピタが買ったのはEU盤のDeluxe Edition。CDは全19曲、DVDは全26トラックを収録したものとなります。

【収録曲】
1. Get The Party Started
2. There You Go
3. You Make Me Sick
4. Don't Let Me Get Me
5. Just Like A Pill
6. Family Portrait
7. Trouble
8. Stupid Girls
9. Who Knew
10. U +Ur Hand
11. Dear Mr President
12. So What
13. Sober
14. Please Don't Leave Me
15. Bad Influence
16. Funhouse
17. Raise Your Glass
18. F**kin' Perfect
19. Heartbreak Down


Linda Perryにプロデュースを依頼し、R&Bからロックへの路線変更に大成功&ビッグヒットを記録したP!nkの代表曲「Get The Party Started」、2000年頃に一世を風靡したShe'Kspereプロデュースの下敷きペコペコ系R&Bチューン「There You Go」、PVで衝撃の“花びらヌード”を披露したBabyfaceら制作のR&Bトラック「You Make Me Sick」Dallas Austinとのロックなタッグで大ヒットした「Don't Let Me Get Me」「Just Like A Pill」Scott Storchプロデュースによるシリアスな「Family Portrait」、ルックスが神取忍化し、さらにロック色を強めた3rd Album『Try This』から唯一の収録となるロックナンバー「Trouble」Jessica Simpsonの洗車PVのパロディが話題となった「Stupid Girls」、痛快なビートとメロディラインが気持ち良いPOP/ROCKチューン「U + Ur Hand」、やや重ためなサウンドの中、サビで威勢よく♪おっぱーい!!と歌う(←空耳です)「Sober」、軽快なビートの乗せて(・∀・)ロリロリロリ♪と歌う「Bad Influence」、今作用の新曲にして見事全米No.1ヒットとなった安定したクオリティのPOP/ROCKチューン「Raise Your Glass」、ストリングスを入れてスケール感のある仕上がりの新曲「F**kin' Perfect」など、選曲、曲順に不満の声も上がっているようですが、名曲が多いという事実だけは変わらず人々の耳と心に残る作品となっています。

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽


ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。