(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MAGAZINE(初回生産限定盤type-B) ♪黒木メイサ

黒木メイサ
モデル・女優として第一線で華々しく活躍し、歌手活動にも精力的に取り組んできたメイサ様こと黒木メイサの待望の1st Full Album『MAGAZINE』です。2タイプ用意されたDVD付の初回生産限定盤は、店頭での展開や自宅での収納の利便性を完全に無視した雑誌サイズのスペシャルパッケージ。撮り下ろしの写真はもちろん、アルバム制作にまつわるロングインタビューなども掲載された、見て、読んで、聴いて楽しめる作品となっています。

【収録曲】
1. Intro-MAGAZINE-
U-Key zone氏制作による約1分間のイントロ。

2. LOL!
赤木芽衣沙という別キャラを生み出した自身出演の「キットカット」のCMソング。ラップに挑戦してクールな一面を見せつつ、サビは超キャッチーというメイサ、そして“新しくなったキットカット”が持つ二面性を見事に表現した1曲。

3. SWITCH⇔
女子みたいなことを言って束縛する彼氏に対し、「ちょwwそれ逆、逆www」と突っ込みを入れ、「いっそのこと試しにSWITCH⇔してみる?」と提言する、メイサ様の“強い女”イメージを上手く利用したストーリーの楽曲。MOMO"mocha"N.の作詞能力恐るべし。「逆」「ギャグ?」に聞こえ(ry

4. BYE BYE MY FRIEND
イントロを聴いて渡辺美里「My Revolution」が頭を過った懐かしめなシンセサウンドから始まる絶縁ソング。ポップなメロディラインに、自分を裏切った彼氏と友達への別れと呆れと未練を乗せたちょっぴり切ない楽曲。

5. CELEBRATE
Jeff Miyaharaと2人のイカツイ外国人とのLAでのセッションで生まれたというエレクトロR&Bチューン。(本来の英語表現では使われることがない)♪Can you celebrate~という歌詞を歌った女性はおそらく安室奈美恵以来ではないかと。

6. SHOCK-運命-
記念すべきファーストシングル。自身出演のアルコール飲料『COLA SHOCK』のCMソングに起用された、ベートーヴェン「運命」ジャジャジャジャーーーーン!!!を大胆にもイントロにぶち込んだクールな衝撃的ダンスチューン。

7. Say Good Night☆
“強い女性”を意識して作品作りをしてきたメイサ様が、初めて普通の女性らしい“弱さ”を垣間見せたミディアムナンバー。わかっているのにハッキリと「さよなら」を言いきれない…そんな時ってありますよね(´∀`)

8. As I Am
「ありのままの私を愛してくれるの?」と問いかける、華々しく活躍する芸能人・黒木メイサだからこそ抱えているであろう悩みをリアリティを持って聞かせる1曲。メイサ様曰く「歌詞には全共感」だそうです。

9. Why??
(・∀・)<♪ワイオーワイオーワイ! のフレーズが耳に残る切なすぎる美メロチューン。高音が続くメロディライン、よくがんばりました。

10. Loneliness
Nao'ymt氏が作詞作曲プロデュース全てを担当した強気メイサな楽曲。7曲目辺りから弱さを見せてきましたが、ここにきて「媚びるくらいなら1人でいい」と言い出すあまのじゃくっぷりが素敵です。

11. LOVEHOLIC
「キットカット」のCM用に作ったものの、尖りすぎていたため不採用になったらしい楽曲。歌詞にはその名残がいくつか見られます。怪しく攻撃的なサウンドが印象的。

12. Wasted
「SHOCK-運命-」のカップリング曲だったロックテイストのポップチューン。ロック調の楽曲に乗せたメイサ様のボーカルは、溜まったストレスを吐き出してスッキリ!させているようなイメージ。

13. 5-FIVE-
ミニアルバム『ATTITUDE』を挟んで、約1年ぶりにドロップされた2nd Singleのタイトルチューン。夏に向けた開放的なグルーヴをお届けするエレクトロ系ダンスナンバー。

14. Somewhere...
MOMO"mocha"N./U-Key zoneの鉄板コンビ制作のバラードナンバー。星空を見上げ、ちょっと切ない気持ちに浸りながら聴きたい1曲。


という全14曲、どの曲も決して空気曲にはならない強い存在感を持った超強力なアルバムに仕上がっております(`・ω・´)

初回生産限定盤のtype-Bには、昨年10月に行われた初のソロライブ『1st solo live "ATTITUDE 2010"』のライブ映像を収録。あえて全曲収録しなかったとのことですが、ダンス、そしてメイサ様のクールな表情がかなりカッコイイ、素敵なパフォーマンスを見せてくれています。歌はほとんど被せだし、「Stand Up!」の中盤がかなりキツそうでしたがw、これからLIVE経験を積んでいけばどんどん良くなることでしょう。(ちなみに、type-Aはこれまで制作した全MUSIC VIDEOをDVDに収録し、その解説などが掲載されています。)
スポンサーサイト

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

Future ♪AILI

AILI
東方神起、青山テルマ、後藤真希、EMI MARIAなど様々なアーティストへ楽曲提供を行い、“Female No.1 Producer”を自称するAILIが、様々なアーティストをフィーチャーしながら作り上げた1st Album『Future』です。

【収録曲】
1. AILI ft. VERBAL (m-flo) / 「Memories Again」
2. AILI thanx to May J. /「Shiny! Shiny!」
3. AILI thanx to EMI MARIA /「言葉にできない Love song」
4. Interlude ~Three Quarter Asian~
5. AILI thanx to May J. & KEN THE 390 /「One story」
6. AILI thanx to SATOMI' /「Time and You」
7. AILI thanx to twenty4-7 /「You're my problem」
8. AILI thanx to 石川マリー /「wish」
9. AILI /「Feeling... -2010 ver.-」
10. AILI thanx to hiroko (mihimaru GT) /「Clever Lady」
11. AILI thanx to JAMOSA /「Wanna go」
12. AILI thanx to 藤井リナ / 「RHYTHM」
13. interlude ~blue sky~
14. AILI thanx to Dream /「Get my way」
15. AILI thanx to Sowelu /「Brand new day」
16. AILI thanx to Baby M /「海の見える街」
17. AILI / 「blue sky -tributed to the boy-」



同じレーベル(rhythezone)に所属するEXILEの大ヒット曲「Lovers Again」を大胆にサンプリングして凡庸なメロディを付け、VERBALをフィーチャーしてAILI自身がメインボーカルを務めたインパクト勝負のリード曲「Memories Again」、avex移籍後、ShinyだのStarだのと歌いすぎなMay J.にこの期に及んで♪It's shiny star~と歌わせた「Shiny! Shiny!」Kiss Destinationを彷彿とさせるようなAメロが印象的な切ないミッドチューン「wish」、メンバーのMIKAがリリックを書いている所為か他の曲よりも参加アーティスト独自の色が濃く反映されている気がするtwenty4-7が歌う「You're my problem」mihimaru GThirokoが煌びやかでスマートな女性像を歌った「Clever Lady」駐車違反常習犯のモデル・藤井リナがヘタウマボーカルで歌う「RHYTHM」EXILEの事務所=LDHから再出発を果たしたDreamのシングル/アルバムに収録されていた楽曲の“ブリッジあり”のオリジナルバージョン「Get my way」、美しく力強い愛のメッセージを歌にした「海の見える街」など、ある程度の知名度はあってもセールス的にはいまひとつな面子を集め、1曲1曲の完成度は高くとも割と似通った印象が強く、特に抜き出たものがないトラックをたっぷりと収録した、豪華だけど豪華な感じがしない、そんなアルバムに感じました。

テーマ:j-pop - ジャンル:音楽

ガールズトーク ♪KARA

KARA
昨今のK-POPブームの火付け役となった女性5人組・KARAの日本デビューアルバム『ガールズトーク』です。

【収録曲】
1. ジャンピン
2. ミスター
3. ベイビー・アイ・ニード・ユー
4. スウィート・デイズ
5. SOS
6. ラブ・イズ
7. ビンクス
8. アンブレラ
9. バーン
10. ルパン



「K-POPブームには簡単には乗せられないぞ!!」と、これまで涼しい顔でスルーを決め込んでいたピタでしたが、仕事で約2ヶ月間、毎回出勤する度にこのアルバムの収録曲を何度も聞かされる生活を送ってきた結果、シングル曲はしっかりと体に染みつき、他の楽曲もなんとなくメロディを覚えてしまうという状況に陥り、完全に洗脳されてしまいました\(^o^)/ ここまでヤラれてしまったらもう素直に降伏するしかない…、というわけで今回アルバム購入に至りましたw(べっ、別に契約解除騒動に釣られたわけじゃないんだからねっ!w)
ヒップダンスでおなじみの日本デビューシングル「ミスター」、2nd Singleとなったキャッチーなサビメロが耳に残るダンスチューン「ジャンピン」という超強力な2大ヒットシングルを冒頭に配置し、DreamBoAなどへの楽曲提供で知られるArmy Slickが手掛けた日本作家陣制作によるキャッチーなエレクトロポップ「ベイビー・アイ・ニード・ユー」、キュートな魅力がぎゅっと詰まったポップチューン「スウィート・デイズ」Army Slickらが制作した日本オリジナルの爽やかアイドルソング「SOS」、フワフワ、ドキドキ、落ち着かない恋する気持ちを可愛らしく表現した「アンブレラ」、Hip Hopテイストを加えたポップナンバー「バーン」、クールなエレクトロサウンドとラップから始まる本国でのヒット曲の日本語版「ルパン」など、K-POPらしいエレクトロ度の高いダンスナンバーも収録されていますが、いい意味で古臭くて親しみやすいメロディのポップチューンも収録し、幅広い世代にウケが良さそうな、とても聴きやすいアルバムとなっています。適度に韓国語を歌詞に残しているのもいいフックになっていますね。

テーマ:K-POP - ジャンル:音楽

EIGHT ♪Do As Infinity

Do As Infinity
Do As Infinityの8枚目のオリジナルアルバム『EIGHT』です。今回もアルバムタイトルのしりとりは『ETERNAL FLAME』⇒『EIGHT』と無事継続。

【収録曲】
1. Baby!Baby!Baby!
2. Special
3. 1/100
4. Hand in Hand
5. ワンダフルライフ
6. 僕が描いてた僕
7. JIDAISHIN
8. Everything will be all right
9. Fly to the Freedom
10. Dear memories
11. 1176時間
12. 君がいない未来



モーニング娘。などのアレンジを担当している平田祥一郎が楽曲提供したロックなオープニングナンバー「Baby!Baby!Baby!」、勢いの良いギターロックチューン「Special」、4曲入りシングル『∞2』収録の前向きな歌詞が共通点の競艇CMソング2曲「1/100 」「Everything will be all right」、終盤に大渡亮のソロパートが用意されている今作のリード曲「Hand in Hand」、メンバー2人が詞と曲を書き上げた自然体な仕上がりの「ワンダフルライフ」、デビュー11周年の記念日にタオル付きで限定リリースされたタオルの押し売りソング「JIDAISHIN」、恋人の死(?)を少しずつ乗り越えながら懸命に生きる主人公の姿を描いた川村サイコ作詞の切なくもほのぼのとした雰囲気の「1176時間」、アニメ『犬夜叉 完結編』のテーマ曲に起用された疾走感溢れるロックチューン「君がいない未来」など、再結成後、初となった前作よりもだいぶ軽~い気持ちで聴ける作品に仕上がっている印象です。
DVD付には3曲のMusic Videoと、2010年のツアーの模様を中心とした(ヲタ晒しまくりな)ドキュメンタリー映像が収録されています。

テーマ:j-pop - ジャンル:音楽

Mary J. Blige「Music Saved My Life」Tour@JCBホール

Mary J. Blige
約9年ぶりとなるMary J. Bligeの単独来日公演「Music Saved My Life」ツアーの2011年1月20日(木)にJCBホールにて行われたLIVEを観に行ってきました!


Mye
【OPENING ACT:Mye
1. サヨナラ
2. SWEET MEMORIES
3. 誓いのうた duet with KG


この日のオープニングアクトは、福岡出身の実力派R&Bシンガー・Mye。喋っていると可愛らしいフツーの女の子なんですが、歌声はとってもソウルフル。オリジナル曲の「サヨナラ」松田聖子のカヴァーとなる「SWEET MEMORIES」、スペシャルゲストにKGを迎えた新曲「誓いのうた」の3曲を披露しました。(終演後には出口で5曲入りのサンプルCDを無料配布していました。)

Myeのステージが終わると、いよいよMJBさんのLIVE!

読みたい方は続きを。
[Read More...]

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

Calling All Hearts ♪Keyshia Cole

Keyshia Cole
R&Bシンガー・Keyshia Coleの4th Album『Calling All Hearts』です。こちらのジャケットは、通常より3曲多い全14曲入りのDeluxe Editionです。

【収録曲】(※=Standerd Edition未収録曲)
1. I Ain't Thru feat. Nicki Minaj
2. Long Way Down
3. Tired Of Doing Me feat. Tank
4. If I Fall In Love Again feat. Faith Evans
5. So Impossible
6. Confused In Love※
7. Sometimes
8. Take Me Away
9. What You Do To Me
10. Last Hangover feat. Timbaland
11. Two Sides To Every Story※
12. Where Would We※
13. Thank You feat. Dr. Yvonne Cole
14. Better Me


現在ノリにノッている女性ラッパー・Nicki Minajをフィーチャーしたもののヒットに結び付かず、公式的に“失敗シングル”扱いとなってしまった「I Ain't Thru」、「こういうの聴きたいんでしょ?」と言わんばかりに良くわかってらっしゃる出来のミッドテンポの2nd Single「Long Way Down」、肉体派イケメンエロR&Bシンガー・Tankとのデュエットナンバー「Tired Of Doing Me」Keyshiaがアルバム『Something About Faith』に参加した御礼にFaith Evansが客演返しした形となるビギー曲使いのHip Hop Soul「If I Fall In Love Again」Jam&Lewisプロデュースの極上スロウ「So Impossible」、アコースティックギターとストリ(ryが美しく融け合うスロウナンバー「Sometimes」Chink SantanaIrv Gottiといった元Murder Inc.陣営が関与した煌めきを放つミッドナンバー「Take Me Away」、実母との親子共演バラード「Thank You feat. Dr. Yvonne Cole」、アルバムのラストを飾るに相応しい仕上がりのバラード「Better Me」など、ストリングスを多用した華やかなR&Bサウンドを提唱し、その結果、語彙の乏しさが災いして感想文中に『ストリングス』という単語を6回も使ってしまった前作『A Different Me』の路線はそのまま継続。そこにTimbaland制作/客演による怪しさたっぷりの「Last Hangover」Chuck Harmonyプロデュースによる程よく現行サウンドを取り入れた「Confused In Love」、初期の作風を思わせるR&Bチューン「Where Would We」などが入ることによって、ストリングスストリングスした印象が前作よりは薄まって聞こえるアルバムとなっておりました。悪くない内容ですが、突出して出来がイイ!と思う曲が個人的にはなかったので、これまでのアルバムの中で一番地味かもしれません。

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

Best Night Of My Life ♪Jamie Foxx

Jamie Foxx
コメディアン・俳優としても活躍しているマルチタレント、Jamie Foxxの4作目のアルバム『Best Night Of My Life』です。

【収録曲】
1. This Will Be Intro
2. Best Night Of My Life feat. Wiz Khalifa
3. Living Better Now feat. Rick Ross
4. Winner feat. Justin Timberlake & T.I.
5. Freak feat. Rico Love
6. Hit It Like This
7. Yep Dat's Me feat. Ludacris & Soulja Boy
8. Fall For Your Type feat. Drake
9. Gorgeous
10. Let Me Get You On Your Toes Interude
11. 15 Minutes
12. Sleeping Pill
13. Rejoice
14. All Said And Done
15. Sex On The Beach(Bonus Track)


ホームドラマのオープニングのようなモータウン調のほのぼのイントロ「This Will Be」から始まり、Eric Hudsonが手掛けたクールで上品なタイトル曲「Best Night Of My Life」B!nkがプロデュースした変速アリの冷たい質感のビートにビギーの声ネタを乗せた「Living Better Now」Justin Timberlake率いるプロデューサーチーム・The Y'sがプロデュースした1st Single「Winner」DanjaRico Loveが手掛け、Rico Loveがラッパーとしても参加したエレクトロ変態曲「Freak」、謎のスクリュー念仏に対抗し、ひたすら同じフレーズを歌い続ける「Hit It Like This」Soulja Boyの曲にありがちな中身スカスカのバカっぽいノリに迎合した「Yep Dat's Me feat. Ludacris & Soulja Boy」、音数が少なく、全体的に物寂しげな雰囲気が漂うスロー「Fall For Your Type feat. Drake」Eric Hudsonが制作したLOS Da Mystro的な音使いの幻想ミッド「Gorgeous」、ハープの音が美しい良質スロウ「15 Minutes」Raheem DeVaughnがソングライターとして名を連ねる「Rejoice」ふざけて作ったようなノリのチープだけど一番耳に残るボーナストラック「Sex On The Beach」など、全体的に青みがかった落ち着いた色使いのジャケットと、『Best Night Of My Life』というタイトルから、勝手に“セクシーな大人のR&Bアルバム”を想像してたんですが、前半は割とHIP HOPノリなトラックが多く、後半にミッド~スロウが立て続けに並ぶという構成の作品となっていました。数多のR&Bシンガーがエレクトロ系の耳馴染みの良いポップソングに走りがちな中、(エレクトロの要素は入れつつも)HIP HOP寄りなスタンスでアッパーサイドを魅せるのは逆に新鮮に感じました。全体としては地味めですが、なかなかの個性派揃いの一枚です。

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

The Entertainer ♪Alesha

Alesha Dixon
Mis-Teeqのラップ担当、Alesha Dixonのソロ転向後3枚目(本国UKでは2枚目)となるアルバム『The Entertainer』です。

【収録曲】
1. Baddest Chick
2. Radio
3. Every Little Part Of Me feat. Jay Sean
4. Take Control with Roll Deep
5. Drummer Boy
6. The Entertainer
7. Colour
8. Tug Of War
9. On Top
10. La La La
11. Cool With Me
12. Radio feat. Wiley[KLLAS REMIX EDIT]



短いながらもMis-Teeq時代と変わらぬ切れの良いラップを披露するオープニングトラック「Baddest Chick」、シンセサウンド全開のメロディアスなミディアムチューン「Radio」Jay Seanを客演に迎えたエレクトロポップ「Every Little Part Of Me」、MC集団・Roll Deepとのトランシーなサウンドが爽快なアップナンバー「Take Control」、マーチングバンドの演奏に乗せて自由奔放に歌うリードシングル「Drummer Boy」、メリーゴーランドのBGMから始まるちょっぴり不気味なタイトルチューン「The Entertainer」、メロディアスなサビが親しみやすいエレクトロミッド「Colour」(・∀・)<♪タゴワ~のフレーズが耳に残るラップ入りのセツナ系ポップチューン「Tug Of War」、自慢の高速ラップが久々に炸裂する歌とラップの両刀使いによるアッパーな「La La La」、前作の収録曲「Do You Know The Way It Feels」を彷彿とさせるToby Gad制作のミッド「Cool With Me」、アッパーなエレクトロ仕様に生まれ変わった「Radio feat. Wiley[KLLAS REMIX EDIT]」など、オントレンドなエレクトロ系サウンドをメインに、ソロ活動では封印しがちだった高速ラップを解禁した、Mis-Teeq時代のイメージに近い仕上がりのアーバンポップアルバムとなっています。

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

Gloria ♪後藤真希

後藤真希
avex traxに移籍した後藤真希のミニアルバム第2弾『Gloria』です。CDのみ、CD+DVD(全国盤)、ドンキホーテ限定盤(CD+DVD)の計3形態で発売されています。

【収録曲】
1. 足跡
今作のリード曲。これまでの後藤真希にはないタイプの力強く爽やかなロックサウンドの楽曲。2人で夢を追いかけて、しっかりと足跡を残していこうと歌う、前向きで力強いラブソング。DVD付には様々なファッションに身を包んだPVを収録しています。


2. 花束
優しく温かみのあるメロディラインが印象的なミディアムナンバー。煌びやかなサウンドと、音にこだわってピアニストを呼んだという綺麗なピアノの音が美しいポジティヴな1曲。

3. 恋一夜
CD発売に先駆け先行配信された工藤静香の80年代の大ヒット曲のカバー。Stargate風のギターサウンドを前面に押し出したアレンジで聞かせています。←ちなみに、本人は原曲知らなかったんだってΣ(゚Д゚;)

4. Fake
「足跡」以上にハードなロックサウンドを聞かせるTHE新境地な1曲。いつの間にか本当の自分を忘れ、偽りの気持ちを抱えながら恋愛関係を保とうとしている…そんな恋愛についての葛藤を歌にしています。

5. アゲ♂曲
タイトルが決まらず、仮タイトルがそのままタイトルになってしまったという珍名ソング。収録曲中最もダンサブルで、雄々しい掛け声も入ったアッパーチューン。ただ、この程度だと中途半端なアガり方で終わりそうw「抱いてよ!PLEASE GO ON!」の方が絶対アガるwww


以上、やや古臭ささえ感じた王道J-POPを聞かせた前作『ONE』とはまた違った、これまでにないロックやギターサウンドを多めにした楽曲が中心となった作品に仕上がっています。これがファンが後藤真希に求めている路線かどうかは別として、自身の音楽性の幅を広げるといった意味ではアリなんじゃないでしょうか。今後もいろいろな音楽に挑戦していきながら、自分が一番輝ける表現・音楽を見つけていけたらいいと思います。

【DVD収録内容】
[ 全国盤 ]
1. 足跡-MUSIC VIDEO-
2. 2010.6.3 後藤真希 PREMIUM LIVE


全国のCDショップで買えるDVD付には、「足跡」のMUSIC VIDEOと、昨年6月3日に渋谷duo music exchangeで行われた完全招待制のPREMIUM MINI LIVEの模様を収録。「宝石」の途中で涙するシーンは、見ている側にもいろいろな思いがこみ上げてきます。・゚・(ノД`)・゚・。

[ ドンキホーテ限定盤 ]
1. 足跡-MUSIC VIDEO-
2. 2010.8.29 後藤真希@a-nation'10 powered by ウィダーinゼリー


激安の殿堂・ドンキホーテ限定で発売されているバージョンには、「足跡」のMUSIC VIDEOと、昨年のa-nationの東京公演でのLIVE映像2曲を収録。清掃スタッフだと思っていた人たち(※実はダンサー)が踊りだす「EYES」は必見ですぞ(・∀・)

テーマ:j-pop - ジャンル:音楽

Pink Friday ♪Nicki Minaj

Nicki Minaj
デビュー前から数多くの大物アーティストの作品に参加し、高い評価を受けてきた女性ラッパー・Nicki Minajのデビューアルバム『Pink Friday』です。

【収録曲】
1. I'm The Best
2. Roman's Revenge feat. Eminem
3. Did It On'em
4. Right Thru Me
5. Fly feat. Rihanna
6. Save Me
7. Moment 4 Life feat. Drake
8. Check It OUt feat. will.i.am
9. Blazin feat. Kanye West
10. Here I Am
11. Dear Old Nicki
12. Your Love
13. Last Chance feat. Natasha Bedingfield
-----[ Deluxe Edition Bouns Tracks ]-----
14. Super Bass
15. Blow Ya Mind
16. Muny
17. Wave Ya Hand
18. Catch Me



Standerd Editionは全13曲、Deluxe Editionにはボーナストラックが追加され、全18曲を収録しています。(※輸入盤)
別人格・Roman Zolanskiとして巧みに表現を使い分けながら鬼気迫るラップを聞かせるEminemとの激ヤバ共演作「Roman's Revenge」Bangledshがプロデュースした癖のあるヘンテコ曲「Did It On'em」、Drum'n’Bassなイントロから始まる幻想的な歌モノ「Save Me」JR RothemプロデュースでRihannaをフィーチャーした爽やかな解放感がある「Fly」Rihannaそっくりな歌声を披露し(別にRihannaが参加しなくても自分でRihannaっぽく歌えるじゃねーかwwwと思っ)「Moment 4 Life feat. Drake」Buggles「Video Killed The Radio Star」をサンプリングしたwill.i.amとのポップな共演曲「Check It Up」Kanye Westを迎え、堂々としたフロウを聞かせる「Blazin」、シンセ交じりの美メロ系トラックでラップする「Dear Old Nicki」、和テイストのVideoが制作されたキャッチーで清涼な「Your Love」ゲストの中で唯一落ち目感が半端ないNatasha Bedingfieldがフックを歌う「Last Chance」、フックやブリッジで聞かせる歌声にシンガーとしての才能も感じさせる爽やかなボーナストラック「Super Bass」、フックで何度も登場する(・∀・)<ムンムン ムニ♪の声がなんだか可愛らしい「Muny」など、1曲の中で表情をコロコロと変えていくラップスキルの高さはもちろんのこと、Rihanna系統の個性的な歌声を披露してシンガーとしての才能も感じさせ、Lady GaGaにも負けない奇抜なファッションセンスも披露するなど、ヒップホップシーンからの新たなポップアイコンの登場を感じさせる、幅広い人の耳に向けたポップな内容になっています。

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

Kandi Koated ♪Kandi

Kandi
90年代に活躍したブサイク揃いの実力派女性R&Bグループ・XSCAPEの元メンバーで、グループ解散後にはソングライターとしてTLCDestiny's Childらへの楽曲提供を行い“男性バッシングソングブーム”を巻き起こした才女・Kandiの約10年ぶりとなる2nd Album『Kandi Koated』です。

【収録曲】
1. Kandi Koated Intro
2. I Want You
3. The More I Try
4. Give It To You
5. I Just Know
6. Me And U
7. Lucky Interlude
8. Lucky
9. How Could You...Feel My Pain
10. Leave U
11. Haven't Loved Right
12. Riley's Interlude
13. Leroy Jones
14. Superwoman featuring Tiny
15. I Fly Above




10年前にリリースした1st Album『Hey Kandi』は、当時の恋人であり、音楽制作のパートナーでもあった(現在消息不明の)売れっ子プロデューサー・She'kspereがほとんどの楽曲を手掛けた現行R&B作品でしたが、今作は大人なミッド~スロウが中心で、前作で聴かせていたような現行的なアップはほとんどなし。つまり、She'kspereとのタッグで生まれた全盛期のような楽曲を期待していると完全に裏切られる内容です。Bryan-Michael Coxがプロデュースした美麗スロウ「Give It To You」Ne-YoRyan Tedderらがソングライターとして名を連ねたフックの♪Me And U~のフレーズが耳に残る「Me And U」(・∀・)♪ラキーラキーラキーの連呼が印象深い幻想的なミディアムナンバー「Lucky」、ドラマティックな展開とエモーショナルなボーカルに引き込まれる「How Could You...Feel My Pain」Jazze Phaプロデュースとは思えぬほど地味で淡々としたミッドテンポのシングル曲「Leave U」、シンセサウンドを程よく絡めながらも温かみを感じる「Haven't Loved Right」、伸びやかな歌声が気持ち良い「Leroy Jones」、元同僚のTinyとの女子力の高い共演作「Superwoman」、今作唯一のアップナンバーとなるバウンシーな「I Fly Above」など、アップ期待派の期待は物の見事に裏切られるものの、スロウ歓迎派には嬉しい良曲揃いの作品になっているんじゃないでしょうか。ぐっと大人っぽくなったジャケットのイメージ通りの内容です。

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

Get 'Em Girls ♪Jessica Mauboy

Jessica Mauboy
オーストラリア出身の女性R&B/POPシンガー・Jessica Mauboyの2nd Album『Get 'Em Girls』です。

【収録曲】
1. Get 'Em Girls feat. Snoop Dogg
2. Handle It
3. Accelerate That
4. Scariest Part
5. Saturday Night feat. Ludacris
6. What Happend To Us feat. Jay Sean
7. Reconnected
8. Like This feat. Iyaz
9. Foreign
10. Can Anybody Tell Me
11. Fight For You
12. Maze
13. Here For Me
14. No One Like You
15. Forget Your Name(Limited Edition Track)


Bangladeshが手掛けたHIP HOP寄りの個性派変態曲「Get 'Em Girls feat. Snoop Dogg」Jazze Phaがプロデュースしたアップナンバー「Handle It」Tha Corna Boyzの手によるシンセR&Bチューン「Accelerate That」Chuck Harmonyプロデュースによる心の叫びを聞かせるようなシリアスなミッドチューン「Scariest Part」Ludacrisをフィーチャーした幻想的かつエレクトロ風味なアップ「Saturday Night feat. Ludacris」Jay Seanとの美メロデュエット曲「What Happend To Us feat. Jay Sean」早漏兄弟の弟Iyazが参加したエレクトロサウンドのポップナンバー「Like This feat. Iyaz」、爽やかで開放的なシンセサウンドが印象的な「Can Anybody Tell Me」、泣きのピアノと美メロを装備しつつ、Timbaland風のビートを被せたひねくれ良質ミッド「Fight For You」、ボーナストラック扱いとなっているLady GaGa風のドPOPなエレクトロチューン「Forget Your Name」など、参加アーティストや制作陣を見て想像がつく通り、かなりUSのメインストリームを意識した音となっております。デビュー作と同様、Jessica Mauboyという歌い手本人の個性はハッキリと見えてこないものの、楽曲の質はどれも高く、出来の良い今風のPOPアルバムに仕上がっていると思います。

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

(ΘωΘ)meryland 2010 洋楽ALBUM 20(ΘωΘ)

年明けから発表している2010年のお気に入りランキング。
最終回となる今回は、洋楽のアルバムTOP20の発表です。2010年に発売されたアルバムを対象としています。(※日本盤が2011年発売でも輸入盤の発売が2010年の場合は対象となります。)

それでは1位から順に発表していきます。

Erykah Badu1位 New Amerykah Part Two: Return Of The Ankh ♪Erykah Badu
凡人の耳には理解し難い内省的な世界観を提示した『New Amerykah Part One(4th World War)』の続編となる今作は、前作とは打って変わって、世間がErykah Baduに求める音をしっかりと聴かせてくれる顧客満足度の高い内容。時にファンキーなネオソウルのグルーヴや、Erykahの個性派脱力ボイスがとにかく心地良く、どんなシチュエーションにも馴染む“黒い癒し”を与えてくれる作品。
※お気に入りTOP3⇒「Window Seat」「Gone Baby, Don't Be Long」「Turn Me Away (Get MuNNY)」


Jazmine Sullivan2位 Love Me Back ♪Jazmine Sullivan
弱冠23歳とは思えぬ貫録のあるルックスと歌声でソウルミュージックファンを虜にする才女・Jazmine Sullivanの2nd Album。リード曲「Holding You Down (Goin' In Circles)」を筆頭とした古き良きR&B/HIP HOPクラシックへのオマージュを軸に、Ne-Yoとのデュエットやシンセサウンドを取り入れたナンバーなどの程よいハズシも効いた至極のソウルアルバム。
※お気に入りTOP3⇒「Holding You Down (Goin' In Circles)」「Don't Make Me Wait」「Luv Back」


Rihanna3位 Loud ♪Rihanna
前作『Rated R』のダークな作風からガラッとイメージを変え、エレクトロポップ、レゲエ、R&B/HIP-HOP、ポップロック…と幅広いサウンドを網羅したRihannaの5th Album。どんなサウンドも、唯一無二の歌声を武器に“Rihannaの曲”として成立させてしまう、Rihannaというアーティストの凄さを改めて実感できる作品。
※お気に入りTOP3⇒「Only Girl (In The World)」「California King Bed」「Man Down」


M.I.A.4位 /\/\ /\ Y /\ ♪M.I.A.
『/\/\ /\ Y /\』と表記し、「マヤ」と読むM.I.A.の3rd Album。作品全体から感じられる民族性や泥臭さは薄まったものの、サウンドとメッセージの攻撃力とインパクト、中毒性は衰え知らず。パンクロックに走った衝撃作「Born Free」♪クセぇクセぇ糞~と連呼する激キャッチーな「XXXO」⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン なVideoを作った「Illygirl」など、超個性派楽曲が目白押し。
※お気に入りTOP3⇒「XXXO」「TEQKILLA」「TELL ME WHY」


Christina Aguilera5位 Bionic ♪Christina Aguilera
本人曰く「デビュー作以来の楽しいポップアルバム」。トレンドを意識したキャッチーなエレクトロポップや、M.I.A.、Santigoldといった新進アーティストを起用した奇抜なトラック、注目のシンガーソングライター・Siaが手掛けたしっとりバラードなど、前半と後半にアッパーな楽曲を配置し、中盤にはスローな楽曲でクールダウンという緩急メリハリのある構成を持った全23曲(国内盤)というボリュームたっぷりな1枚。
※お気に入りTOP3⇒「Not Myself Tonight」「Elastic Love」「Prima Donna」


Michael Jackson6位 Michael ♪Michael Jackson
歴史的スーパースター・Michael Jacksonの未発表曲集。『Invincible』に続く新作に向けて制作されたと思われるものから、『Thriller』期のボツ曲まで、様々な時代の楽曲を1枚のアルバムにまとめたことによって、いろんなスタイルのMichaelサウンドが聴けるという珍しいアルバムに仕上がっています。ダンスナンバーではスタイリッシュなカッコ良さ、ミディアム~スローナンバーでは優しいメロディラインが印象的で、眠らせておくには勿体無い名曲ばかり。
※お気に入りTOP3⇒「Monster Feat. 50 Cent」「Breaking News」「Hollywood Tonight」


Monica7位 Still Standing ♪Monica
全10曲という厳選された好楽曲が並ぶMonicaの6th Album。Missy ElliottJazmine Sullivanが関与した超絶名曲「Everything To Me」や、Los DaMystroの手による美メロミッド「One In A Lifetime」JDBryan-Michael Coxが手掛けたバラード「Love All Over Me」など、上質なミッド~スロウが取り揃えられた一方、異質とも言えるバウンシーなシンセミッド「Mirror」の嫌われっぷりも凄まじい1枚。
※お気に入りTOP3⇒「Everything To Me」「One In A Lifetime」「If You Were My Man」


Sia8位 We Are Born ♪Sia
Cjristina Aguileraへの楽曲提供も行ったシンガーソングライター・Siaの4作目となるオリジナルアルバム。Aguileraには落ち着いたスローナンバーを提供していましたが、自身の作品では明るくカラフルなポップミュージックを展開。ちょっぴりレトロで遊び心も感じられる愉快なサウンドで、アルバム1枚通して世界観を楽しみたくなる作品です。
※お気に入りTOP3⇒「Clap Your Hands」「Bring Night」「Stop Trying」


Ne-Yo9位 Libra Scale ♪Ne-Yo
Michael Jacksonの影響を感じさせるNe-Yoの4th Album。陳腐なSFヒーロー系のストーリーを軸にした作品で、メロディと歌詞がダサイ先行曲「Beautiful Monster」公開時には曲の出来やVideoの世界観に若干引いたものの、煌びやかで高級感漂う「Champagne Life」Michaelイズムをたっぷりと感じられるアップ「Cause I Said So」「Human Nature」っぽい「What Have I Done?」など、意外にも良曲揃いでアルバムとしての評価は大幅アップ。全10曲という控えめな曲数も自分には丁度良かった。
※お気に入りTOP3⇒「Cause I Said So」「One In A Million」「Beautiful Monster」


Ke$ha10位 Animal ♪Ke$ha
Flo Rida「Right Round」への客演で世間に名前を売り、デビュー曲「TiK ToK」の大ヒットで音楽シーンに殴り込みをかけた破天荒なパーティーガール・Ke$haのデビューアルバム。「TiK ToK」で聞かせたようなチープな電子音を散りばめたエレクトロポップはもちろんのこと、疾走感たっぷりのガールズロックなども聞かせる予想外の展開に驚かされた1枚。
※お気に入りTOP3⇒「Tik Tok」「Blah Blah Blah feat. 3OH!3」「Party At A Rich Dude's House」



11位~20位は続きを。

[Read More...]

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

(ΘωΘ)meryland 2010 邦楽ALBUM 20(ΘωΘ)

年明けから発表している2010年のお気に入りランキング。
今回は邦楽のアルバムTOP20の発表です。2010年に発売されたオリジナルアルバムを対象としています。(カバーアルバム、ベストアルバム、リミックスアルバムなどは対象外。)

それでは1位から順に発表していきます。
※画像クリックで個別記事に飛びます。

倉木麻衣1位 FUTURE KISS ♪倉木麻衣
シングルのc/wだった「wana」「Drive me crazy」といった初期を彷彿とさせるクールなR&Bチューンと、自身考案の振り付けで衝撃を与えた「FUTURE KISS」、カッコつけながらも愉快に♪アイスクリームアイスクリームと歌う「I scream!」などのダサキャッチーなポップチューンで構成されたMai K.の最新作。ベストに収録済の楽曲の別バージョンを入れ、シングル曲の(・∀・)ダイハツー♪を未収録にするなど、既発曲の厳選にもこだわりを感じる内容。一見クールなイメージの中にも、ダサい要素を取り入れたスタイルは自作コラ事件などで露呈したMai K.の人柄そのものを表しているよう。
※お気に入りTOP3⇒「FUTURE KISS」「I scream!」「I promise」


東京事変2位 スポーツ ♪東京事変
東京事変の4作目のアルバム。毎度恒例、シンメトリーに並んだ全13曲がどれも個性派揃い。中でもやはり、3分間ピッタリで見事に世界観を完結させる「能動的三分間」、今という一瞬を生きる躍動感と美しさ、そして儚さが同居した「閃光少女」のシングル曲2曲は名曲中の名曲。
※お気に入りTOP3⇒「閃光少女」「能動的三分間」「絶体絶命」


LOVE PSYCHEDELICO3位 ABBOT KINNEY ♪LOVE PSYCHEDELICO
デビュー10周年を迎えたLOVE PSYCHEDELICOの原点回帰作。どこを切ってもデリコらしさが溢れ出た開放的でピースフルなロックアルバム。カッコ良さはもちろん、何度でもリピートできる心地良さも兼ね備えた1枚。
※お気に入りTOP3⇒「ABBOT KINNEY」「Beautiful days」「Here I am」


JASMINE4位 GOLD ♪JASMINE
『GOLD』と名付けられたJASMINEの1st Album。全14曲中9曲が既出曲という構成で、壮大なバラード、90'sフレーバーなR&B、グルーヴィーなアップ、ロッキッシュなクラブアンセム、“あいうえお作文”的なシステムを取り入れた斬新なアイデアが光る新曲など、昨今のメジャーなJ-R&B界に溢れ返る“着うた系”とは一線を画す、しっかりとした個性・自己主張のあるR&Bを聴かせる1枚。
※お気に入りTOP3⇒「Jealous」「Dreamin'」「恋」


SAWA5位 Welcome to Sa-World ♪SAWA
元高校教師という経歴を持つ不思議系女性アーティスト・SAWAの1stフルアルバム。Sa-Worldという架空のテーマパークでの1日を、凝った作りのインタールードを交えながら聴かせるエンターテインメント性の高い作品。サウンドもクラブミュージックを中心に、カラフルなポップミュージックを展開していてアルバム1枚丸ごと楽しめる内容。天然系キャラが炸裂するメイキング映像も見ごたえあり!
※お気に入りTOP3⇒「Throw him away!」「I'm a President」「Friday Night」


Saori@destiny6位 WORLD WILD 2010 ♪Saori@destiny
「バイレファンキ」「ファンキーコタ」「STDK」(=「スットコドッコイ」)といった、字面だけ並べたら完全に意味不明なダンスミュージックを取り上げたワールドワイドなダンスアルバム。M.I.A.のような前衛的なサウンドもあれば、ドリーミーなバラード、激キャッチーなエレクトロポップなど、目がチカチカするようなサウンドをポップに解釈した中毒性の高い1枚。
※お気に入りTOP3⇒「I can't」「エスニック・プラネット・サバイバル」「ファニー・パレード」


黒木メイサ7位 ATTITUDE ♪黒木メイサ
着うた先行配信を拒否し、2010年1月1日にドロップされたメイサ様渾身のミニアルバム。全曲MOMO"mocha"N./U-Key zoneコンビの制作で、メイサ様のキャラを的確に捉えたリリックと、見事なサウンドプロダクション、そして何より感動的だったのがメイサ様の難あり歌唱の見事なまでの補正技術。メイサ様の音楽活動に対する真剣なATTITUDEを感じられる作品。
※お気に入りTOP3⇒「Are ya ready?」「#1」「Kind Of Guy」


BENI8位 Lovebox ♪BENI
自身初となるオリコンチャート1位を獲得したBENI名義の2nd Album。約3分の2がDaisuke"D.I"Imai氏のプロデュースということでマンネリ全開の内容を危惧したものの、彼なりに様々な変化球を用意しており、見事に不安を解消。JAMOSAとのコラボ作や、葛谷葉子提供の王道バラードも収録し、結果的にはバラエティに富んだトラックが並ぶキレイめR&Bアルバムとなっておりました。
※お気に入りTOP3⇒「ユラユラ」「瞳とじて」「君じゃなきゃ」


西野カナ9位 to LOVE ♪西野カナ
「会いたい」キャラがすっかり定着した西野カナの大出世作。シングル曲で顕著に見られる過剰な束縛を要する恋愛観に、草食系男子はウンザリし、スイーツ(笑)女子は大いに共感したことでしょう。アルバム全体としては従来の“会いたい濃度”はやや薄れ、パーティーチューンや女同士の友情、恋人同士の関係よりももっと大きな愛をテーマにした楽曲や、逆ナンソングなど、意外と幅広いトピックを扱っています。
※お気に入りTOP3⇒「会いたくて会いたくて」「Come On Yes Yes Oh Yeah!!」「もっと…」


後藤真希10位 ONE ♪後藤真希
SWEETBLACKプロジェクトでの試運転期間を経て、満を持して登場したavexの後藤真希としての再デビューミニアルバム。カラオケユーザー狙いの歌謡路線を打ち出した方向性に若干の戸惑いはあったものの、ハロプロ時代のようなクセのある歌詞のアイドルソングから脱却し、良質なJ-POPを届ける歌手へのシフトチェンジを実現しました。突然の悲劇的な事故で亡くなった母へと捧げた涙なしでは聞けないバラード「華詩-hanauta-」は必聴。
※お気に入りTOP3⇒「華詩-hanauta-」「EYES」「宝石」



[Read More...]

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

(ΘωΘ)meryland 2010 洋楽SINGLE 20(ΘωΘ)

あけましておめでとうございます(´∀`) ←2回目
今年も(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)を宜しくお願い致しますm(_ _)m←2回目

さて、今年も年始めは昨年度のシングル/アルバムのTOP20を、邦楽/洋楽に分けて計4回にわたって発表していきたいと思います。←2回(ry

今回は洋楽のシングルTOP20の発表です。今回のランキングでは、2010年に発売されたアルバムからシングルカットされた作品及び2010年以降にリリース予定の作品から2010年内に発表されたシングル曲を対象としています。

それでは1位から順に発表していきます。
※画像クリックでYoutubeに飛びます。

Jazmine Sullivan1位 Holding You Down (Goin' In Circles) ♪Jazmine Sullivan
冒頭からMJB「Be Happy」のメロディを歌い出し、NasSlick RickなどのHip Hopクラシックをサンプリングした、Missy Elliottプロデュースによるオールドスクール愛に溢れたヒップホップソウルチューン。Jazmineの齢23歳とは思えぬ渋い歌声が楽曲をさらに味わい深いものにしています。


Erykah Badu2位 Window Seat ♪Erykah Badu
歩きながら服を脱ぎ、最後は全裸になって射殺されるという衝撃的なPVをゲリラ撮影したことで大問題となったエリカ様の『New Amerykah Part Two:Return Of The Ankh』からの1st Single。そんな過激なVideoを撮影したとは思えぬほど、穏やかな歌声と淡々としたビートが癒しすら与えてくれます。


Christina Aguilera3位 Not Myself Tonight ♪Christina Aguilera
『Burlesque』で銀幕デビューも果たした歌姫・Christina AguileraのPOP DIVAへの回帰作『Bionic』からの1st Single。現行のエレクトロサウンドを纏っただけなのに、「Lady GaGaのパクリ」なんて野暮なことを言い出す輩も居ましたが、こういう曲は今しか味わえないノリを楽しまなきゃダメでしょ。


Ke$ha4位 TiK ToK ♪Ke$ha
2010年に全米チャートを席巻したパーティーガール・Ke$haのデビューシングル。西野カナさんにパクられたことでも知られる大ヒットナンバーです(´∀`) どっちかといえばアギレラよりKe$haの方が「Lady GaGaのパクリ」臭かったんですが、今となってはこの曲のようなサウンドでしっかりとオリジナリティを確立してしまっているのだから不思議なもの。


Monica5位 Everything To Me ♪Monica
2010年のMissy Elliottの神仕事その②。古典的なソウルナンバーを書かせたら天下一品ですな(´∀`) そして、楽曲の歌い手が現在まだ30代にして既にキャリア15年以上の実力派歌姫・Monicaとくればハズレるわけがありません。エレクトロ全盛の2010年に生まれた、奇跡とも言える美しい絶品ソウルバラッド。


Rihanna6位 Only Girl(In The World) ♪Rihanna
古き良きソウルミュージックの薫りを大事にした者もいれば、時代を彩る旬のエレクトロサウンドに突き抜けた者もいます。Rihannaのこの曲はまさに後者。予想を超えた完全なるダンストラックに初めは衝撃を受けましたが、キャッチーなメロディが耳に残り、何を歌ってもRihannaの曲として成立してしまうRihannaの声の魔力の凄まじさを改めて思い知らされる結果に。


Katy Perry7位 California Gurls feat. Snoop Dogg ♪Katy Perry
デビュー曲「I Kissed A Girl」でPTAを激怒させたポップロックアイコン・Katy Perryも、現行の流れに乗って楽曲にエレクトロ風味をプラス。Snoopをフィーチャーし、甘いお菓子の国で大暴れするポップで爽やかなカリフォルニア讃歌を作り上げました。


M.I.A.8位 XXXO ♪M.I.A.
M.I.A.らしからぬキャッチーでポップな楽曲で我々の予想をいい意味で裏切った1曲。こんなにキャッチーな曲も書けるのか!と驚かされたりもしましたが、やはり一筋縄ではいかないのがM.I.A.。サビ前でのまさかの「くせぇくせぇ糞~の連呼。これぞ本当の意味での糞曲。


Eminem9位 Love The Way You Lie feat. Rihanna ♪Eminem
Eminemのアルバム『Recovery』からの大ヒットシングル。個人的にすっかりアルバム単位で聴く気がなくなったEminemですが、Rihannaをフィーチャーしたこの曲だけは単曲ダウンロード購入。DV被害者×DV加害者による美しくも悲しいメッセージが込められた1曲。


Usher10位 Hey Daddy(Daddy's Home) ♪Usher
アルバム『Raymond V Raymond』からの1st Single。あっと驚くような革新性はないものの、スムーズなメロディラインが心地よいアップナンバーです。Pliesを排除したアルバムバージョン( ・∀・)bグッジョブ!!



11位~20位は続きを。

[Read More...]

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽


ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。