(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Updated ♪M. Pokora

M. Pokora
Timbaland、Jonathan Rotem、Ryan LeslieなどUSの超大物プロデューサーが参加した英語アルバム『MP3』が話題を呼んだフランスのイケメン・M. Pokoraの英語アルバム第2弾『Updated』です。今作は、昨年本国で発売したアルバム『Mise à Jour』の収録曲のEnglish Versionとなっています。

【収録曲】
1. Get A Little Closer
2. Mr & Mrs Smith(featuring Eva Simons)
3. Oblivion
4. She Wants To Play
5. Spiderweb
6. Nothing
7. Do Anything(featuring Asto)
8. Turn It Up
9. Hey Girl
10. All So Sexy
11. Finally Found Ya


今作は半数以上の曲をドイツの若手プロデューサー・Gee Futuristicがプロデュース。Timbalandなどの超有名プロデューサーは関与していないようです。オープニングを飾る手堅い仕上がりの現行アップ「Get A Little Closer」、女性シンガー・Eva Simonsをフィーチャーしたエレクトロポップ「Mr & Mrs Smith」、ダンスホールフレイバーを取り入れたクールなサウンドが印象的な「Oblivion」、妖しくセクシャルな駆け引きソング「She Wants To Play」Timbalandの作風を思わせるアップ「Turn It Up」、これまたTimba風なミッドナンバー「Hey Girl」、グルーヴィーなセクシーポップチューン「All So Sexy」など、曲自体の出来は悪くないのですが、前作と比べると小粒感の漂う内容となっております。そして、何より残念なのがブックレットの写真。イケメン台無しなおふざけショットばかりで\(^o^)/オワタ
スポンサーサイト

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

Free Wired ♪Far East Movement

Far East Movement
昨年行われたLady GaGaの来日公演でオープニング・アクトを務め、その後、「Like A G6」の大ヒットにより一躍脚光を浴びたアジアの血を引くメンバーで構成されたヒップホップ・グループ・Far East Movementの3rd Album『Free Wired』です。

【収録曲】
1. Girls On The Dancefloor ft. Stereotypes
2. Like A G6 ft. The Cataracs & Dev
3. Rocketeer ft. Ryan Tedder of OneRepublic
4. If I Was You(OMG) ft. Snoop Dogg
5. She Owns The Night ft. Mohombi
6. So What?
7. Don't Look Now ft. Keri Hilson
8. Fighting For Air ft. Vincent Frank aka Frankmusik
9. White Flag ft. Kayla Kai
10. 2 is Better ft. Natalia Kills & Ya Boy

(※上記のトラックリストはUK盤のものとなります。)

全10曲、約40分弱というコンパクトな内容の今作。ほとんどの楽曲にゲストを迎え、キャッチーなフックが耳に残るエレクトロ・ヒップホップを聴かせる今が旬なポップミュージックというのが簡潔な印象です。Bruno Marsが関与したサイバーなオープニングトラック「Girls On The Dancefloor」、全米1位を獲得した中毒性たっぷりの「Like A G6」Ryan Tedderの歌うフックが切ない「Rocketeer」Snoop Doggが客演したコミカルなフックが印象的な「If I Was You(OMG)」、ラップではなく歌に近いフロウを聴かせるMohombi客演の歌モノ「She Owns The Night」Keri嬢の妖艶なボーカルが光る幻想的なエレクトロチューン「Don't Look Now」、チープな電子音とNatalia KillsのボーカルがKe$haを彷彿とさせる「2 is Better」など、ヒップホップ・リスナー以外にも聴きやすいアルバムに仕上がっています。

Far East Movement
また、日本盤にはボーナストラックとして、「Like A G6」を大胆にパクッた日本を代表するPOP DIVA・倖田來未との共演作「Make It Bump」を収録。(メンバーのDJ Virmanに至っては、倖田來未の問題作「POP DIVA」のRemixまで引き受けています。)あれだけパクリパクリと言われた曲の歌い手とあえて友好的に仕事をするとは、なんて懐の広い方たちなのでしょうwww(※彼らはavexからアルバムを出してたことがあるので、その縁もあるんでしょうけど。)その他に、DJケオリ~によるRemixも収録。CDは発売延期中ですがPC配信では好評配信中。ボーナストラックも単曲で買えます。

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

VISIONAIR ♪VERBAL

VERBAL
m-floVERBAL、初のソロアルバム『VISIONAIR』です。

【収録曲】
1. VISION IN THE AIR
2. BLACK OUT feat. Lil Wayne + Namie Amuro
3. I CAN'T HELP MYSELF
4. BALL N BOUNCE
5. DOPE BOY FRESH
6. FALL OUT feat. SHUNYA
7. HEY MISTER feat. Minami(CREAM)
8. I WANT IT ALL
9. CHANGE CHANGE feat. Nicki Minaj
10. STOMP DEM ROACH
11. LIAR feat. MADEMOISELLE YULIA
12. YOU ARE...
13. I SEE YOU
14. NOTHING
15. 1(Hidden Track)



安室奈美恵、Lil Wayne、Nicki Minajなど、国内外の超人気アーティストをゲストに迎えた本作。トラック制作はVERBAL自身と、VERBALが立ち上げた事務所=KOZMに所属するアーティスト/プロデューサーが中心となり、ブックレットに歌詞が載っているのは1曲目「VISION IN THE AIR」のみとなっております。今作最大の注目曲は、Lil Wayne安室奈美恵を迎え、Jermaine Dupriも関与した「BLACK OUT」JDの色はほとんど感じないのですが、日米トップレベルの才能がぶつかり合った聴き逃し厳禁のスペーシーなエレクトロチューンに仕上がっています。その他にも、人気爆発中の女性ラッパー・Nicki Minajを迎えた「CHANGE CHANGE」、疾走感溢れるトラックとSHUNYAの爽やかな歌声が印象的な先行配信曲「FALL OUT」Kanye West「Heartless」を彷彿とさせる歌モノ「I CAN'T HELP MYSELF」Jay-Zの声がフックに使われているSwizz Beatzプロデュース曲「BALL N BOUNCE」下手すると稚拙に聞こえかねないユーモア溢れるコミカルなラップを聴かせるアッパーチューン「DOPE BOY FRESH」M.I.A.っぽい超ぶっ飛び系トラック「STOMP DEM ROACH」( ゚∀゚)<ライライライライラオーデー!!と歌うダンスロックナンバー「LIAR feat. MADEMOISELLE YULIA」、ファミコン系のチープな電子音を散りばめたメロウチューン「YOU ARE...」、アコギメインのサウンドがオサレでキャッチーな歌モノ「NOTHING」など、多種多様で個性的なサウンドを聴かせつつも、どれもキャッチーに纏め上げられたとても聴きやすい作品に仕上がっています!パッケージやアートワークも凝っていて素敵ですよ(´∀`)

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

MEMPHIS BLUES JAPAN TOUR 2011@Bunkamura オーチャードホール

Cyndi Lauper
東北地方太平洋沖地震の影響を受け、全国各地で様々なイベント・コンサートなどの公演中止が相次ぐ中、「私にできることは音楽。少しでも勇気を、少しでも元気を与えることができるなら。」という本人の強い思いを受けて予定通りの公演開催を決定したCyndi LauperのJAPAN TOUR、東京公演2日目となる2011年3月17日「Bunkamura オーチャードホール」での公演を観に行ってきました。

【SET LIST】
1. Just Your Fool
2. Shattered Dreams
3. She Bop
4. Early in the Mornin'
5. All Through the Night
6. Lead Me On
7. Crossroads
8. Down Don't Bother Me
9. Don't Cry No More
10. The Goonies 'R' Good Enough
11. Change Of Heart
-----[ ENCORE ]----
12. Girls Just Want to Have Fun
13. Don't Wanna Cry
14. Time After Time
15. Shine
16. True Colors
 

開演予定時刻を約20分ほど過ぎた頃に会場の照明が落され、LIVEが始まりました。Cyndiは黒のパンツスーツ姿で登場。Cyndiがステージに現れると、客席からは一気に歓声が沸き起こりました。今回のLIVEは、本人の長年の希望を実現させたブルースアルバム『Menphis Blues』の収録曲を中心に、往年のヒット曲も散りばめた構成となっていて、事前に最新作を聴くどころか、往年のヒット曲すら数曲しか知らないという状態でLIVEを観に行ったのですが、結果的にはとてもパワーを感じたLIVEだなという印象で楽しく観ることが出来ました(´∀`) 「She Bop」「Lead Me On」「Don't Cry No More」、そしてアンコールの5曲には、アルバムにも参加した日本のフリューゲル・ホーンの第一人者・TOKUがゲストとして登場。MCでは、「ビール」「おしぼり」「水割り」といった単語から、「ありがとうございます」「頑張って」といった言葉など所々に日本語を交えて話し、日本へのエールを送るなど、親日家として知られるCyndiの心優しさがとても伝わってきました。LIVEパフォーマンスはとにかくパワフル、そしてポジティブな空気に満ち溢れていて、その圧倒的な声の力と、体全体を使ってステージを動き回る姿は、初めて聴く曲でもグッと引きつけられるものがありました。1階席の10列目辺りまでCyndiが降りてきたり、客席にマイクを向けて、会場全体が一体になる場面も多く、“音楽で勇気や元気を与える”まさしく有言実行の素晴らしいLIVEだったと思います。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

2011年3月のシングルたち

先月末に書いた記事がなかなか好評だったので、調子に乗って今月もこの形式で記事を書いてみました(´∀`)


【アイドル系】
Berryz工房
「ヒロインになろうか!」♪Berryz工房[Video]
結成7周年を迎えたBerryz工房の25枚目のシングル。まずは、PVを御覧下さい。
見てる暇なんてねーよという方は↓の画像を御覧下さい。
Berry GaGaLady GaGa
(画像㊧Berryz工房/画像㊨Lady GaGa)
御覧の通り、本物そっくりの見事なガガ様コスプレを披露しております。ノコギリガールもビックリなパクリっぷりですね(´∀`) “みんな憧れのヒロイン”=ガガ様 という発想から生まれたであろう今回のPV、見どころはガガ様コスだけではありません。振り付けもユニークです。⇒[参考映像]
個人的名シーンはこちら↓
Berryz工房 須藤茉麻
というわけで、とにかくPVで笑わせて頂いた作品ですwww 表題曲が「ヒロインになろうか!」、カップリング曲が「ヒーロー現る!」と、連動性がある点も評価したいシングルです。



ももいろクローバー
「ミライボウル」♪ももいろクローバー[Video]
今会えるアイドル、週末ヒロイン・ももいろクローバーのメジャー第3弾シングル。タイトル曲「ミライボウル」は、もはや歌ではないAメロや、強引すぎるサビなど、ハチャメチャな構成で聴き手を困惑させる問題作。PVはももクロ版「Mr.Moonlight」といった感じで、聴き慣れると「このハチャメチャ感がももクロらしくて(・∀・)イイ!!」と感じること必至の魔法のような楽曲に仕上がっております。その他、カップリングの「Chai Maxx」はコミカルなアイドルポップス、通常盤のみ収録の「全力少女」はキャッチーな正統派アイドルソングとどれもハズレなし!青の脱退嫌だよー(´Д`)


【女性ソロシンガー】
北乃きい
「絆」♪北乃きい[Video]
スキャンダルを乗り越え、女優業も好調な北乃きいの3rd Single。今回はデビュー曲「サクラサク」のアンサーソング的な楽曲で、作曲はBOUNCEBACKが担当。前2作ではカップリングに回されていたタイプの王道のavexサウンドを聴かせる楽曲となっています。カップリングには、スキャンダルのお相手と知り合ったきっかけとなったドラマの主題歌「トドカナイ」、キラキラしたダンスチューンに挑戦した「Wishing on a star」を収録。

倉木麻衣
「1000万回のキス」♪倉木麻衣[Video]
(・∀・)イセーンマンカイノキース♪というサビの糞ダサいフレーズが耳から離れない、あやや、GLAY、MAY'Sらのキス記録を桁違いで更新したMai-Kの2011年第1弾シングル。タイトル曲はどこか懐かしい雰囲気のする切なげなミディアムナンバーに仕上がっております。カップリングの「さよならは言わないで」は爽やかなロックテイストの楽曲。「会いたくて」という単語が数回入っても全く厚かましく聞こえないのはさすがMai-Kです(`・ω・´)

加藤ミリヤ
「勇者たち」♪加藤ミリヤ[Video]
オリコン1位を獲得したアルバム『HEAVEN』発売後、初となる加藤ミリヤの2011年第1弾シングル。シングル曲とは思えぬほどサビメロが弱過ぎな気がする表題曲「勇者たち」Tomokazu MatsuzawaプロデュースのHIP HOP SOUL風な「SIGN」藤井フミヤのカバー「わらの犬」を収録した3曲入り。で、今回個人的にお目当てだったのが初回生産限定盤に付いているDVD。(楽曲のパンチが弱いので、初回盤で安易にPVを付けていたら購入を見送ってたと思われ。)DVDには『Beat Connection 2010』のライブ映像3曲を収録してるんですが、濃いメイクで変な格好のダンサー達と風変わりなダンスをしながら自分で作った楽曲をしっかりと生歌で歌うスタイルを見て、ミリヤこそ『和製Lady GaGa』と呼ぶに相応しいスタイルで自分を表現しているアーティストではないかと感じました。(←異論は大いに認める。)


【イケメン】
ISSA × SoulJa
「4 chords」♪ISSA × SoulJa[Video]
前作「Breathe」が好評につき、第2弾が実現したISSASoulJaのイケメンコラボシングル。メイン楽曲「4 chords」Jeff Miyaharaがプロデュースした清々しくメロディアスなラブソング。SoulJaがボソボソラッパーとしてではなく、シンガーとして歌声を響かせている点が楽曲により紳士的な印象を与えています。一方、カップリングの「Glory」SoulJaがメインとなったラップ曲。SoulJaの男前なフロウが実にカッコ良く、女性シンガーと組んだ時のグダグダ感、楽曲レイパーっぷりが嘘のようです。 ISSAの声がほとんど聞こえてこない気もしますが、SoulJaさんはまだまだやれるラッパーであるということを証明してくれる1曲として機能するんじゃないでしょうか。

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

Goodbye Lullaby ♪Avril Lavigne

Avril Lavigne
カナダのROCKプリンセス、Avril Lavigneの4th Album『Goodbye Lullaby』です。

【収録曲】
1. Black Star
2. What The Hell
3. Push
4. Wish You Were Here
5. Smile
6. Stop Standing There
7. I Love You
8. Everybody Hurts
9. Not Enough
10. 4 Real
11. Darlin
12. Remember When
13. Goodbye
14. Alice


厳粛なピアノの音から始まる小曲「Black Star」、“明るくPOPにイメチェンしてみました☆彡感”が強かった前作『The Best Damn Thing』からの1st Single「Girlfriend」の流れを汲んだPOPな小悪魔ロックチューン「What The Hell」、爽やかな北欧系ギターロックチューン「Push」、冒頭から"Bitch"/ "Fuck"/"Shit"といった単語を痛快に歌い放つキャッチーなPOP/ROCKナンバー「Smile」、自然体なサウンドとメロディ、ストレートな歌詞が持ち味のラブソング「I Love You」、離婚した元夫(Deryck Whibley)がプロデュースした意味深なお別れ哀愁ソング「Everybody Hurts」、同じくDeryckプロデュースによる彼に宛てたかのような歌詞が印象的な「Not Enough」、シンプルなギター弾き語り風アレンジで聴かせる「Darlin」、映画『Alice in Wonderland』のテーマ曲となったメルヘンかつスケール感のある「Alice」など、原点回帰を思わせるキャッチーな面を見せる前半、元夫のDeryckのプロデュース曲やセルフプロデュース曲が多くを占め、内省的(“離婚”に対する反省)な世界に入り込む後半といった構成のアルバムとなっています。様々な人生経験を経て大人になったAvrilを実感できる一方、ちょっと後半がおとなしすぎる気も。

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

BLUE BIRD ♪EMI MARIA

EMI MARIA
前作『CONTRAST』から約1年ぶりとなるEMI MARIAのメジャー発のフルアルバム第2弾『BLUE BIRD』です。

【収録曲】
1. Scream My Name
2. Nobody Like You
3. 3 o'clock in the morning
4. A.S.A.P.~今すぐに駆けつけて
5. そんな風に生きて来ただけ
6. Blue Bird
7. Mirror
8. Sexiest Girl
9. Cotton Candy
10. フォーエバー・ラブ
11. ソウルメイト
12. O・Y・A・S・U・M・I
13. Proud



作詞作曲は全曲EMI MARIA自身が担当。別れた恋人への未練を歌った切ないミッドチューン「Nobody Like You」と、自分自身に言い聞かせるかのように強い決意を歌に込めたシリアスな「Mirror」の2曲は、昨年11月にリリースされたミニアルバム『crossover』からの再収録。新曲群は、バウンシーで尖ったビートと前曲「Nobody Like You」とは対照的な“未練一切ナシ”のリリックが痛快な「3 o'clock in the morning」、別れの瞬間を綴ったストレートな歌詞が突き刺さるリード曲「A.S.A.P.~今すぐに駆けつけて」、全編英語詞によるエレクトロアッパー「Sexiest Girl」Mariah Carey「Touch My Body」を彷彿とさせるようなキュートなトラックが印象的な「Cotton Candy」、歌詞に登場する具体的な表現の数々にリアリティを感じる直球ラブソング「フォーエバー・ラブ」、女友達に向けて書かれたオールドスクールなソウルナンバー「ソウルメイト」、自身のルーツであるパプアニューギニアに久々に帰郷した際の経験を基に書かれたパーソナルな1曲「Proud」など、サウンド面における驚きなどは特にないのですが、これまで以上に自分自身と向き合うようになったことによって生まれた素直な言葉たちがたくさん並んでいる点がとても印象的な作品となっています。

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

MoveMent ♪Mohombi

Mohombi
Lady GaGaらを手掛ける売れっ子プロデューサー・RedOneのレーベル「2101Records」と契約を結んだ第1弾アーティスト、スウェーデンとコンゴの血を受け継ぐ男性シンガー・Mohombiのデビューアルバム『MoveMent』です。

【収録曲】
1. Bumpy Ride
2. Dirty Situation feat. Akon
3. Coconut Tree feat. Nicole Scherzinger
4. Love In America
5. Miss Me feat. Nelly
6. Sex Your Body
7. Say Jambo
8. Lovin
9. Do Me Right
10. Match Made In Heaven
11. Bumpy Ride feat. Pitbull


爽やかなダンスホールのリズムにRedOneのキャッチーな音を組み込んだデビューシングル「Bumpy Ride」Akonを迎えた反復の多いメロが耳に残るエレクトロダンスホールポップ「Dirty Situation」Nicole Scherzingerが妖艶な魅力を振り撒く情熱的なアップナンバー「Coconut Tree」Nellyをフィーチャーしたちょっぴりセツナ系な女性ウケを狙った感のあるPOP/R&Bチューン「Miss Me」RedOneだけでなくPolow Da Donも関与した直球なタイトルを連呼する激キャッチーな肉食系アップ「Sex Your Body」、冒頭から♪医者に聞いた Say Jambo Jambo~と空耳すること必至の超強力ダンスポップチューン「Say Jambo」、鍵盤&シンセサウンドでしっとりと聴かせる今作唯一のスロウナンバー「Match Made In Heaven」など、RedOneらしい音が満載のとにかくキャッチーなダンスホール寄りなポップアルバムとなっています。マンネリだろうが、似たような曲調が多かろうが、RedOneの音が好きならそんなこと一切気にせず、単純に「楽しんじゃえ!」って感じの気持ちで聴くこと推奨のアルバム。

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

Alexis Jordan ♪Alexis Jordan

Alexis Jordan
Jay-ZStargateによる新レーベル「StarRoc」からデビューした期待の新人・Alexis Jordanのデビューアルバム『Alexis Jordan』です。

【収録曲】
1. Happiness
2. Good Girl
3. How You Like Me Now
4. Say That
5. Love Mist
6. Habit
7. Hush Hush
8. High Road
9. Shout Shout
10. Laying Around
11. The Air That I Breathe


全11曲中9曲がStargateプロデュースとなる今作。Rihanna「Only Girl(In The World)」で聞かせた四つ打ちハウス路線を、フレッシュなAlexisのカラーに合わせた形でポップに打ち出したシングル曲の「Happiness」「Good Girl」Johnta Austinをソングライターに迎えたアコースティック路線の「Say That」、レゲエフレーバーを取り入れた「Love Mist」、メリハリのある展開がキャッチーなダンスポップ「Hush Hush」、某ミネラルウォーターのCMソングとして馴染み深いTears For Fears「Shout」のサビを引用した「Shout Shout」Ne-YoStargateのペンによるカントリー風味のミドルPOPチューン「Laying Around」などがStargateプロデュースとなり、その他にNightwatchプロデュースの激キャッチーなエレクトロポップ「High Road」Espionageプロデュースのアコースティックナンバー「The Air That I Breathe」といった楽曲を収録しています。良くも悪くもStargateらしいサウンドがいっぱいな安心品質の1枚ですが、初聴の段階では曲や歌声に、これといった特徴的な印象が残らなかったというのが正直な感想。聞き込むごとにAlexis Jordanというシンガーと、平均点以上でもどこか面白味に欠ける楽曲に、次第に味を感じていくことが出来たのですが、もうちょっとわかりやすいインパクトが欲しかったかも。

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

まとめⅠ/まとめⅡ ♪aiko

aikoaiko
デビュー13年目にして初となるaikoのベストアルバム2作品『まとめⅠ』『まとめⅡ』です。単なるシングルコレクションではなく、c/w曲、アルバム曲、初CD化楽曲など、こだわり抜いた選曲でaikoの名曲をまとめ上げた作品集となっています。

【『まとめⅠ』収録曲】
1. milk
2. 花火
3. 赤いランプ
4. カブトムシ
5. 夢のダンス
6. 二時頃
7. シャッター
8. 瞳
9. 蝶々結び
10. be master of life
11. 飛行機
12. 気付かれないように
13. 横顔
14. れんげ畑
15. 桜の時
16. えりあし


赤いジャケットの『まとめⅠ』には、自身初のオリコンシングルチャート1位を獲得した「milk」、ブレイクのきっかけとなった3rd Single「花火」、衝撃的なタイトルが話題を呼んだ名バラード「カブトムシ」、洗剤のCMソングとしても使われていたピアノのみのシンプルなアレンジで聴かせるバラード「瞳」、ポップで伸びやかなサビが印象的な「蝶々結び」、3rd Album『夏服』収録の賑やかなロックチューン「be master of life」、インディーズ時代のアルバムの隠しトラックのフルバージョンとなるジャジーな楽曲「れんげ畑」、可愛らしいイラストが描かれたジャケットが印象的な5th Single「桜の時」、じわじわと心に沁み入るバラードナンバー「えりあし」などを収録。個人的に思い入れの深い楽曲「桜の時」が収録されているのが嬉しい1枚です。

[初回限定盤のみ付属]『aikoのオールナイトニッポンぬるコム vol.1』
初回限定盤にのみ、aikoが1999年11月から2003年3月までパーソナリティを務めていたラジオ番組『aikoのオールナイトニッポン』の永久保存復活版となるラジオCDがおまけとしてついてきます。ラジオCDでしか聞けないトークはもちろん、「花火 -ズージャー(Jazz)Version-」、「横顔 -Ballad Version-」、書き下ろしの新曲「ラジオ」といった楽曲も収録されています。

【『まとめⅡ』収録曲】
1. ボーイフレンド
2. アンドロメダ
3. 二人
4. 初恋
5. ナキ・ムシ
6. キラキラ
7. 歌姫
8. 愛の病
9. かばん
10. 天の川
11. KissHug
12. 帽子と水着と水平線
13. mix juice
14. ジェット
15. シアワセ
16. 三国駅


青いジャケットの『まとめⅡ』には、aiko史上最大のヒット曲である「ボーイフレンド」、視力の衰えを感じたことがきっかけで生まれた「アンドロメダ」、最後まで油断を許さないロックなサウンドを聴かせる「二人」、ブレイク後にCMソングに起用され、ロングヒットを記録した2nd Single「ナキ・ムシ」、ドラマ主題歌に起用され、20万枚越えの確変ヒットとなった「キラキラ」、いつになく病的に恋愛にのめり込む姿を歌った「愛の病」、LIVEで披露されていたものの、今回が初CD化となるコミカルな「mix juice」、素朴ながらも味のあるバラード「三国駅」などを収録。シングル曲はこちらの方が多く収録されています。

[初回限定盤のみ付属]『aikoのオールナイトニッポンぬるコム vol.2』
初回限定盤にのみ、aikoが1999年11月から2003年3月までパーソナリティを務めていたラジオ番組『aikoのオールナイトニッポン』の永久保存復活版となるラジオCDがおまけとしてついてきます。こちらにも「花火 -ズージャー(Jazz)Version-」と書き下ろしの新曲「ラジオ」が収録されていますが、「KissHug -Piano Version-」が聴けるのはvol.2だけ!


ラジオCD内でのトークによると、今回のベストアルバムは既存の音源をそのまま収録したのではなく、当時と同じ楽器とミュージシャンを再集結させて録り直した音源もあるとのことです。

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

Late Nights & Early Mornings  ♪Marsha Ambrosius

Marsha Ambrosius
2枚のオリジナルアルバムを残すも、方向性の違いから2007年に解散してしまった女性デュオ・Floetryの片割れ、Marsha Ambrosiusのソロデビューアルバム『Late Nights & Early Mornings』です。

【収録曲】
1. Anticipation(Intro)
2. With You
3. Late Nights & Early Mornings
4. Hope She Cheats On You(With A Basketball Player)
5. Far Away
6. Lose Myself
7. Your Hands
8. I Want You To Stay
9. Sour Times
10. Tears
11. Chasing Clouds
12. The Break Up Song
13. Butterflies(Remix)


アルバムはしっとりとしたピアノの音色が印象的なイントロ「Anticipation(Intro)」で幕を開け、Alicia Keysとの共作によるAh Ah Ahの響きがエロティックな芳醇スロウ「With You」、ファルセットで歌い、幻想的なミディアムスロウに仕上がったRich Harrisonプロデュースのタイトル曲「Late Nights & Early Mornings」、上品に聴かせつつもサビで♪Sex So Good~と歌う1st Single「Hope She Cheats On You(With A Basketball Player)」Sterling Simmsが関与した7分超にも及ぶ2nd Single「Far Away」Lauryn Hillが2007年に発表した楽曲のカバーとなる「Lose Myself」Marsha自身が単独でソングライトしたセルフプロデュース作「I Want You To Stay」、オールドスクールなソウルバラッド「Tears」、ピアノのみのシンプルなアレンジでエモーショナルに歌い上げるバラード「The Break Up Song」Michael Jacksonに提供したことで知られる代表曲のアップ仕様なRemix Version「Butterflies(Remix)」など、決して目立つタイプの作品ではありませんが、しっとりとしたキレイめで大人な雰囲気の良質な楽曲が並ぶ作品となっています。

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

Dejavu ♪倖田來未

倖田來未
倖田來未の9枚目のオリジナルアルバム『Dejavu』です。今回はアルバム用の新曲の多さ(全15曲中9曲)が売りの1つになっています。

【収録曲】
1. Prologue to Dejavu
2. POP DIVA
3. Lollipop
4. Okay
5. 逢いたくて
6. Passing By
7. AT THE WEEKEND
8. Interlude to Dejavu
9. Melting
10. Hey baby!
11. ちょい足しLife
12. あなただけが
13. 好きで、好きで、好きで。
14. Bambi
15. I Don't Love You!??



「Like A G6」×「Shots」なサウンドが物議を醸した先行シングル「POP DIVA」(※残念ながら1曲目の終わりがイントロに被ってます\(^o^)/)、一部で排泄ソング扱いされたブリブリなポップチューン「Lollipop」HIRO氏が手掛けた本場仕様のバウンシーなトラックがカッコイイ「Okay」“逢いたくて 逢えなくて”西野カナにさんざん歌い尽された感のあるありきたりなことを歌い出す今更感漂うバラード「逢いたくて」、そのルックスから「Michael Jacksonの隠し子か!?」とも噂されたシンガー・B. Howardとの共演作「Passing By」、海外作家陣が制作した攻めのエレクトロアッパー「AT THE WEEKEND」、攻めのサウンドに“くうちゃん”キャラのお茶目な歌詞を乗せた『クレヨンしんちゃん』のOPテーマ「Hey baby!」、努力せず“ちょい足し”で女子力UP↑(笑)を提唱するドPOPな「ちょい足しLife」、別れた恋人への未練を歌った切なく流麗なミディアムバラード「あなただけが」、抑えきれぬほど好きでたまらない気持ちを歌にした「好きで、好きで、好きで。」(正)♪デートに誘うのは…(誤)♪ベットに誘うのは...no no no また私 としか聞こえないダンサブルなポップナンバー「I Don't Love You!??」など、洋楽リスナーなら確実にDejavuを覚える問題作あり、カッコイイ倖田來未を魅せる曲あり、可愛いくうちゃんキャラを押し出した楽曲ありの内容です。今回は『サウンドのカッコ良さ』よりも『同性ウケ』に若干比重が偏ってる気がしますね。

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

SUPERGOOD, SUPERBAD ♪山下智久

山下智久
NEWSのメンバーでもある山Pこと山下智久の初ソロアルバム『SUPERGOOD, SUPERBAD』です。歌謡曲テイストの楽曲を集めたDISC 1『SUPERGOOD』と、洋楽的なクールなダンスナンバーが中心となったDISC 2『SUPERBAD』の2枚で構成されております。

【DISC 1 - SUPERGOOD】
1. 抱いてセニョリータ
2. はだかんぼー(Album ver.)
3. 月と太陽のラプソディ
4. Crazy You
5. サンタマリア
6. 溺愛ROBOT
7. 罪と罰
8. 口づけでアディオス
9. 青春アミーゴ(♪修二と彰)
10. 最後のラブソング
11. 青


先述したとおり、こちらの『SUPERGOOD』は歌謡テイストの残る楽曲が中心の内容。60万枚の大ヒットを記録したソロデビューシングル「抱いてセニョリータ」、曲中に宴会的な煽りが入るJazz歌謡風の先行シングル「はだかんぼー」、グルーヴィーで爽やかなポップチューン「Crazy You」、エキゾチックなシンセポップ「サンタマリア」、気障なキャラクターを表現したアイドル歌謡「口づけでアディオス」、コンサート会場で出会った(という設定の)彼女との思い出を歌った失恋バラード「最後のラブソング」山P自身の作詞作曲によるギターロックテイストの「青」といった楽曲に加え、国民的大ヒットとなった修二と彰「青春アミーゴ」もさりげなく収録。歌謡歌謡と書いていると、ダサい感じの曲ばっかりなんだろうな(笑)と思われるかもしれませんが、実際は全体を通してそれほど歌謡曲臭が強烈なわけでもなく、ジャニーズ的な良質アイドルポップスで構成された1枚です。

【DISC 2 - SUPERBAD】
1. Theme of"SUPERBAD"
2. Tokyo Sinfonietta
3. PARTY DON'T STOP(feat. DJ DASK)
4. One in a million
5. Yours Baby
6. ONE GIRL
7. Loveless
8. ごめんね
9. Blood Diamond
10. Sleepwalking
11. Touch You
12. TOMO
13. Friday Night
14. MOLA(R-midwest REMIX)


DISC 2『SUPERBAD』は、“アイドル”ではなく、“歌って踊れるアーティスト”・山下智久を表現した1枚。交響楽meetsエレクトロなダンスチューン「Tokyo Sinfonietta」BLACK EYD PEASっぽいエレクトロチューン「PARTY DON'T STOP(feat. DJ DASK)」、これまでのイメージを打ち壊すサイバーなダンストラックが話題を呼んだシングル曲「One in a million」、グルーヴィー&ファンキー&セクシーな「Yours Baby」、全編英語で歌う完全に洋楽なエレクトロポップ「ONE GIRL」、美しいピアノの旋律が切ないJin Nakamura作曲のミッドチューン「Loveless」さりげなくStingをパクっているのではないかと思われるアコースティックなミディアムチューン「ごめんね」、ポップなメロディが耳に残るエレクトロチューン「Touch You」、声を弄り倒すなど遊び心が感じられるエレクトロトラック「TOMO」など、流行りのエレクトロサウンドにガンガン挑んだ攻めの姿勢に好感が持てる内容です。
ちなみに、「Tokyo Sinfonietta」「Yours Baby」など、計6曲に作詞及びコーラスで参加しているR.Wolfとは、“歌える稲垣メンバー”こと実力派イケメンシンガーのRyoheiです。「Yours Baby」のBメロ~サビあたりなんて、もはや山PよりRyoheiの声の方が目立ってるしw

テーマ:j-pop - ジャンル:音楽


ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。