(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K.I.S.S. ♪Mya

Mya
前作『Sugar & Spice』に引き続き、日本のみで全世界独占先行リリースとなるMyaの新作『K.I.S.S.』です。タイトルは“Keep It Sexy & Simple”の頭文字をとって名付けられました。

【収録曲】
1. K.I.S.S.
2. Rear View Mirror featuring Sean Paul
3. Fabulous Life
4. Mess Up My Hair
5. Fugitive of Love
6. Love Me Some You featuring Marques Houston
7. Mr. Incredible
8. Problem + Solution
9. Runnin' Back featuring Iyaz
10. Before You Say Goodbye
11. Sorry
12. Love Comes Love Goes
13. Evolve
14. Alive



Manhattan Recordsからのリリースは今回が2作目ということもあり、今作では日本のプロデューサー陣も楽曲を提供。DJ KOMORIUTAはキュートでメロディアスなポップチューン「Alive」をプロデュースし、リード曲はJeff Miyaharaが手掛けたパーティーチューン「Fabulous Life」BENIなどを手掛けるDaisuke"D.I"Imai氏はセツナ系キラキラR&Bチューン「Before You Say Goodbye」を提供しています。その他には、Chuck Harmonyがプロデュースしたタイトルチューン「K.I.S.S.」、もはや恒例となりつつあるSean Paul客演楽曲の「Rear View Mirror」、露出狂・Marques Houstonとのミッドチューン「Love Me Some You」早漏兄弟の弟・Iyazを迎えた美しいミッドダンサー「Runnin' Back」、セクシーでメロウなラブソング「Mr. Incredible」など、都落ち感を感じさせないゲスト/プロデューサー陣を適度に招いた内容となっています。海外の制作陣による楽曲は割と地味にしっとりとまとまっている曲が多いので、日本勢の作る“日本人受けの良いサウンド”の方が思い切ってて聴いてて気持ち良い印象を受けました。
スポンサーサイト

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

剣と楓 ♪鬼束ちひろ

鬼束ちひろ
鬼束ちひろ、初のセルフプロデュース作となったフォーライフ移籍第1弾アルバム『剣と楓』です。本作と同時発売で、初の自叙伝『月の破片』も出版。(※生い立ちやデビュー前~全盛期の出来事がメインで、ハムスター事件やバイク事故、ストーカー騒動、暴行事件などには触れられておりません。)「これが本当の自分だ!」と言わんばかりに、ジャンルレスな音楽性を魅せただけでなく、個性的なファッションや妖怪メイクでビジュアル的にも衝撃を与えてくれております。

【収録曲】
1. 青い鳥
2. 夢かもしれない
3. EVER AFTER
4. IRIS
5. 僕を忘れないで
6. An Fhideag Airgid
7. SUNNY ROSE
8. NEW AGE STRANGER
9. CANDY GIRL
10. 罪の向こう 銀の幕
11. WANNA BE A HAPPY WARRIOR
12. 琥珀の雪


これが 未来の 犯罪者という挑戦的なメッセージから始まり、私は 過去を 犯せるという意味深な発言で締めくくられる今回のアルバム。マイケル・ジャクソン似の風貌と呪われそうな表情が印象的なジャケット(※参照)が怖い先行シングル「青い鳥」鬼束ちひろらしい情念的な鋭い表現が並ぶロックバラード「罪の向こう 銀の幕」、ギターとストリングスのシンプルなサウンドの英語曲「WANNA BE A HAPPY WARRIOR」、ピアノ主体のアレンジで物寂しげな鬼束節を聴かせる安心品質のバラード「琥珀の雪」といった従来のイメージに沿った楽曲はもちろん、ケルト音楽のカバー「An Fhideag Airgid」、これもアイルランドの民族音楽かと聴き手を困惑させる自作曲「SUNNY ROSE」、全編英語詞の狂った歌唱がヤバイエレクトロチューン「NEW AGE STRANGER」に提供することを妄想しながら作ったというストリングスを取り入れた爽快なロックチューン「EVER AFTER」、(彼女にしては)乙女チックな片想いの詞とロックサウンドのミスマッチ感が面白い「IRIS」など、音楽性の幅を広げるための挑戦作も多数収録しています。初期の音楽性を狂信的に崇拝していた者からしたら完全に裏切られたような内容で、実際に批判的な意見も多いようですが、個人的にはコレはコレでアリだし、「いいぞ、もっとやれwww」的なスタンスで、どんどん人と違ったこととオリジナリティの両極を追求していってもらえれば面白いな~と、これからも引き続き応援していきたいなと思う1枚でした。「ケータイは折るためのもの」「父の顔面にフマキラーを吹きかけた」などの独自の理論や武勇伝を多数掲載した自叙伝『月の破片』とセットで聴くと聞こえ方も違ってきそうです。

テーマ:j-pop - ジャンル:音楽

Checkmate! ♪安室奈美恵

安室奈美恵
当初の発売予定日から約1ヵ月間発売が延期され、この度、満を持して発売された安室奈美恵のコラボレーションベストアルバム『Checkmate!』です。SUITE CHIC以降に発表された客演曲を一挙に収録し、さらに新たなコラボナンバーを4曲収録した作品となっています。


【収録曲】
1. Wonder Woman ♪安室奈美恵 feat. AI & 土屋アンナ
新曲その①。これまでに最もコラボ歴の多いAIと、姐御肌の子持ちロッカー・土屋アンナの2人を迎えた、ロッキッシュで3人のウーマンパワーが炸裂した1曲。

2. UNUSEUAL ♪安室奈美恵 feat. 山下智久
新曲その②。歌って踊れてある程度イケメンな事務所の後輩達を使わず、(いわば敵陣である)ジャニーズ事務所から山Pを相手に選んだ衝撃的コラボ作。楽曲はお馴染みNao'ymtの手による空耳上等のダンスナンバー。

3. make it happen ♪安室奈美恵 feat. AFTERSCHOOL
新曲その③。K-POPブームに乗っかって、韓国のガールズグループ・AFTERSCHOOLを従えた舞踏会的なダンスナンバー。ソングライターとしてDOUBLE、Bonnie McKeeらが関与しています。

4. ROCK U feat. 安室奈美恵 ♪ravex
2009年発売のravexのアルバム『trax』収録曲。脳天を揺さぶるエレクトロなパーティーチューン。

5. Do What U Gotta Do feat. AI, 安室奈美恵 & Mummy-D ♪ZEEBRA
2006年発売のZEEBRAのアルバム『The New Beginning』収録曲。Mummy-DZEEBRAのアゲアゲなラップが印象的なパーティーチューンで、安室奈美恵はフックを担当。

6. Wet'N Wild feat. SUITECHIC ♪Heartsdales
姉妹ラッパー・Heartsdalesの2003年作『Sugar Shine』に収録されていた楽曲。奈美恵が歌うフック部分はしっとりといい感じなんですが、そこ以外のトラックがChristina Aguilera「Dirrty」な件。

7. Do or Die feat. 安室奈美恵 ♪JHETT
SUITECHIC「Uh Uh,,,,,, feat. AI」を手掛けたプロデューサー・YAKKOのR&Bプロジェクト“JHETT”のアルバム『JHETT』(2005年作)収録曲。重厚なビートがカッコイイR&Bナンバーで、2006年のLIVEツアーで披露した際には新曲と勘違いする人が結構いたとかいないとか。(※自分の隣の席にいた人は知らなかったですw)

8. FAKE feat. 安室奈美恵 ♪AI
AIのデビュー10周年を記念したシングル第1弾としてリリースされ、TOP10ヒットを記録した楽曲。Rich Harrison的なファンキーなトラックと、久々のAIとのコラボに楽しく臨んでいる奈美恵の姿勢が印象的な1曲。

9. #1 ♪安室奈美恵 feat. 川畑要(CHEMISTRY)
新曲その④。CHEMISTRY川畑要を迎えた、オトナなリリックが印象的なバウンシーでエロティックなR&Bチューン。

10. BLACKOUT feat. Lil Wayne & Namie Amuro ♪VERBAL
2011年3月に発売されたVERBALのソロアルバム『VISIONAIR』に収録されている最新客演曲。スペーシーなトラックの上で日米のスーパースターの豪華共演が実現した1曲。

11. BLACK DIAMOND ♪DOUBLE & 安室奈美恵
2008年発表のDOUBLEのコラボベスト『THE BEST COOLABORATIONS』の目玉曲として発表された楽曲。奈美恵効果でこの曲が入ったコラボベストが、DOUBLEの10周年記念ベストアルバムよりも売れてしまうという珍現象を引き起こしましたw
( ゚∀゚)<ブラックドラエモン!!ブラックドラエモン!!


12. Luvotomy ♪m-flo 安室奈美恵
m-floのアルバム『COSMICOLOR』(2007年作)収録曲。ポップなエレクトロサウンドに挑んだ、後のravexへの参加にもつながることになる作品。

13. AFTER PARTY feat. 安室奈美恵 ♪ZEEBRA
2003年発売のZEEBRAのアルバム『TOKYO'S FINEST』収録曲。ウェットでセクシーなトラックに合わせて、セクシーなウィスパーボイスを聴かせる安室奈美恵にとっての本格的な客演デビュー作。

14. WANT ME, WANT ME feat. VERBAL(m-flo)
隠しトラックとして、VERBALのラップ入りの「WANT ME, WANT ME」が収録されています。冒頭にVERBALのラップが入っただけで、トラック・ボーカルはオリジナルのまま変化なし。ボーナストラックの収録は嬉しいけど、TLCChilliと歌った「Put 'Em Up」も収録して欲しかったな~(´Д`)

テーマ:j-pop - ジャンル:音楽

Kylie Minogue Aphrodite - Live 2011@幕張メッセイベントホール

Kylie Minogue
2011年4月24日に幕張メッセイベントホールにて行われたKylie Minogue、約20年ぶりの奇跡の来日公演『Aphrodite - Live 2011』を観に行ってきました!

いつもみたいに記事を書くことを前提にいろいろ記憶しながらではなく、純粋に楽しんできてしまったので、今回に限り、セットリストも画像も全て拾いものですw 悪しからず。
【SET LIST】(※Wikipediaより)
1. Aphrodite
2. The One
3. Wow
4. Illusion
5. I Believe In You
6. In Your Eyes
7. What Do I Have To Do
8. Cupid Boy
9. Spinning Around
10. Get Outta My Way
11. Confide In Me
12. Can't Get You Out Of My Head
13. In My Arms
14. 2 Hearts
15. Looking For An Angel
16. There Must Be An Angel
17. Love At First Sight/Can't Beat The Feeling
18. If You Don't Love Me
19. Better The Devil You Know
20. Better Than Today
21. I Should Be So Lucky
22. Put Your Hands Up
23. On A Night Like This
24. All The Lovers


110425_084847.jpg
ピタのゲットしたチケットはアリーナ立見ARブロック。前から5~8列目ぐらいにあたる位置で見てきたので、めちゃくちゃ近かった、よ~く見えた!

この日は16時に開場し、16時30分から約2時間弱、DJタイムがありました。
16時30分からはMADEMOISELLE YULIAが登場。ユーロポップなどを中心に、約1時間ほどCDJをしました。17時15分頃からはVERBALも登場し、MADEMOISELLE YULIAが1曲だけ熱唱。その後、VERBALにDJをバトンタッチし、17時30分頃からはVERBALがHIP HOP系の選曲で会場を温めました。(←この約2時間、1人でLIVEに行ったピタは「トイレに行きたくなったらどうしよう(´Д`;)」 という不安との戦いでしたwww)

そして、準備が整った18時20分頃、待ちに待ったKylieの登場です!!!
Kylie Minogue
金の貝殻から登場。

生カイリー、とてもお美しかったです(´∀`)
歌はもちろん生だし、ダンスもかなり踊るんですが、とにかく手の動きが美しすぎる。
何度も目の前に来てくれたので嬉しかったなぁ~(´∀`)

1番衝撃的だったのが「Cupid Boy」
Kylie Minogue
なにこのゲイゲイしい演出wwwwwwwwwwwww

ダンサーは全員パンツ一丁のマッチョ男だし、スクリーンには常に裸の男の映像が流れてるし(筋肉質だけど毛深い胸や乳首をアップにするのやめてwww)、正直かなりキッツイなと思いましたwww
(※推測するに、観客の半分以上がゲイだから致し方ないんですけどねw)

他にも、下から覗けばパンツが見えそうなキラキラドレスとか、
Kylie Minogue
翼を広げた男たちがいたり、
Kylie Minogue
今回の日本公演は海外公演よりもセットのスケールを小さくして臨んだようですが、それでもかなり見ごたえのあるショーでした。

最初の方で、「純粋に楽しんでしまった」と書きましたが、本当にこんなにブログのことを一切無視して、歌ったり飛び跳ねたりしたLIVEって、自分にとってはかなり新鮮だったので、(1人はちょっと寂しかったけど)観に行けて本当に良かったです♪「I Should Be So Lucky」は1番盛り上がったし、「Can't Beat The Feeling」のオケで「Love At First Sight」歌い出した時はビックリしたwww

最後におまけ。
KylieVERBALが東日本大震災の支援のために、チャリティーソングを作ってくれました。
Kylieが日本に来てくれたこと、本当に感謝します。

Kylie Minogue × VERBAL / We Are One

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

ドリムス。① ♪ドリームモーニング娘。

ドリームモーニング娘。
モーニング娘。の卒業生で結成された、平均年齢約27歳の夢の新ユニット・ドリームモーニング娘。のCD2枚組のデビューアルバム『ドリムス。①』です。
メンバーは、現在もアップフロントグループに所属しているOGの、
・中澤裕子
・安倍なつみ
・飯田圭織
・保田圭
・矢口真里
・石川梨華
・吉澤ひとみ
・小川麻琴
・藤本美貴
・久住小春
 の10人。辻ちゃんは産休で参加断念、その他のメンバーは他の芸能事務所に所属していたり、芸能界を引退していたりという理由で不参加となりました。


【Disc 1】
1枚目には、ドリームモーニング娘。のメンバーによるモーニング娘。楽曲の再録バージョンや新曲を収録しています。再録バージョンは「モーニングコーヒー」を除いてすべてオリジナルのアレンジを採用しているので、リメイクというよりただのカラオ(ry

1. あっと驚く未来がやってくる!
新曲その①。モーニング娘。「青春コレクション」の加齢バージョンといった趣の楽曲。アラサー女の青春ソング的な臭いがプンプン。

2. 女子かしまし物語(2011ドリムス。Ver.)
モーニング娘。の自己紹介ソングのドリムス。版。各メンバーごとのキャラクターが投影された歌詞+ツッコミが入るという構成で10人分聞かせます。個人的な聴きどころは、昼ドラでの怪演も記憶に新しい中澤姉さんによる最年少・久住小春への恫喝 (#゚Д゚)凸<ただ若いだけやろうが!

3. みかん
2007年発表のモーニング娘。のシングル曲のリメイクバージョン。歌っているメンバーは、中澤・飯田・石川・藤本・久住の5人で、メインは石川/藤本の2人。当時オリジナルを歌っていた小春ちゃんの声があることでだいぶ安心感のある仕上がりになっています。

4. 浪漫~MY DEAR BOY~
2004年発表のモーニング娘。のシングル曲のリメイクバージョン。歌っているメンバーは、安倍・保田・矢口・吉澤・小川の5人。ここで矢口の歌唱力が現役時代と別物になっている事実が露見…(゚Д゚) バラエティ慣れした余裕から生まれるぶりっこアイドル歌唱は、(#゚Д゚)凸<ふざけてんのかこの野郎! と言いたくなるレベル。一方、オリジナルを歌っていなかった安倍さんの抜群の適応力には感心。さすがマザーシップ。

5. 恋人のような顔をして…
新曲その②。ティンバ風のシンセサウンドのイントロにドキッとさせられるのも束の間、中身はつんくらしい辛気臭いアイドル演歌歌謡。

6. モーニングコーヒー(2011ドリムス。Ver.)
モーニング娘。の記念すべきメジャーデビュー曲のリメイクバージョン。歌っているメンバーは、中澤・飯田・安倍・保田・矢口の5人。この曲だけ新アレンジで歌われています。矢口変な歌い方自重しろwwwww

7. SEXY BOY~そよ風に寄り添って~
♪ちまたでうわさのセクシーうぇwwうぇwwwでおなじみの2006年リリースのモーニング娘。のシングル曲のリメイクバージョン。歌っているのは、中澤・飯田・安倍・保田・矢口の5人。フレッシュさに欠ける中澤姉さんの歌声の違和感も気になりますがw、それ以上に言いたいのは、矢口変な歌い方自重しろwwwww

8. 雨の降らない星では愛せないだろう?
2008年にシングル化が予定されていたと噂されるモーニング娘。のバラードナンバー(※2009年発表のアルバムに収録)。歌っているメンバーは、石川・吉澤・小川・藤本・久住の5人。オリジナルにあった中国語パートはすっ飛ばされています。

9. 青空がいつまでも続くような未来であれ!
2006年発表のモーニング娘。のアルバム『レインボー7』収録曲のリメイクバージョン。ライブの定番曲で、この曲は10人全員で歌っています。

10. アフタヌーンコーヒー
缶コーヒー「ジョージア ご褒美ブレイク」のCM限定で結成されたアフタヌーン娘。(中澤・安倍・飯田・保田・矢口・小川・藤本)が歌うCMオリジナルソング。一部、「モーニングコーヒー」のメロディをそのまま拝借してますが、他の部分は完全にオリジナルです。配信でひっそりと発売されていましたが、今回めでたく初CD化。


【Disc 2】
1. サマーナイトタウン
2. 抱いてHOLD ON ME!
3. Memory 青春の光
4. LOVEマシーン
5. 恋のダンスサイト
6. ハッピーサマーウェディング
7. I WISH
8. 恋愛レボリューション21
9. ザ☆ピ~ス!
10. そうだ!We're ALIVE


2枚目にはモーニング娘。の代表曲10曲をオリジナル音源で収録。みんなが歌える大ヒット曲ばかり!欲を言うなら、これらの曲たちもリメイクして欲しかったし、新曲もこの曲たちに負けないくらいのパワーのある曲だと良かったんですが、それを今のつんくに求めるのも酷な話か。
ちなみに、ベスト盤を持ってる自分からしてみたらDisc 2は完全にゴミディスクですw\(^o^)/


初回生産限定盤には、2011年1月28日に中野サンプラザで行われたお披露目イベントの模様や、ジャケット撮影のメイキング映像を収録したDVDを付属。所属事務所の公式チャンネルで、お披露目イベントの模様が7つの動画に分けられてアップされています。↓はその一部。

テーマ:j-pop - ジャンル:音楽

心 ♪北乃きい

北乃きい
映画、ドラマ、CM等で幅広く活躍中の人気若手女優・北乃きいの1st Album『心』です。

【収録曲】
1. サクラサク
2. 白い世界
3. 匿名希望
4. サイダー
5. 涙は魅せない
6. Brave 4 U
7. 浮間舟渡
8. 絆
9. 十九才
10. トドカナイ
11. 風華恋
12. ずっと、いっしょだね
13. 花束


本人出演の「キットカット」のCMソングとなった春を感じさせる和風なデビューシングル「サクラサク」“肉便きい”の蔑称が付けられることとなった熱愛スキャンダル発覚直後にリリースされた小室哲哉提供の2nd Single「花束」「サクラサク」のアンサーソングという位置づけの力強い思いを歌った3rd Single「絆」、件のスキャンダルのお相手と共演したドラマの主題歌となった3rd Singleのc/w曲「トドカナイ」というシングル収録曲4曲に加え、小室哲哉が作詞/作曲/編曲全てを手掛け、本領を発揮した純正TKソング「涙は魅せない」、埼京線に実在する駅名をタイトルに使ったノスタルジックな「浮間舟渡」、仕事に対する不満とそれを強引にねじ伏せるポジティブ思考が同居する本人による病んだリリックを爽快なサウンドに乗せたポップチューン「白い世界」、キラキラとやわらかな雰囲気が心地よい本人作詞のポップナンバー「サイダー」、かつての玉置成実を彷彿とさせるようなavex色の強い楽曲「Brave 4 U」、今作の核となる力強いバラードナンバー「十九才」、超和風なサビとTKらしいメロディ・歌詞が同居した佳曲「風華恋」など、小室哲哉、鈴木大輔、星野靖彦、渡辺徹、木下智哉といったavexのヒットメイカーを迎えた、avexっぽい楽曲満載の1st Albumに仕上がっています。そうしたサウンドと、それを歌い上げる北乃きいの良い意味で優等生的なボーカルは、玉置成実GIRL NEXT DOORが好きな人にも受けが良いことでしょう。

テーマ:j-pop - ジャンル:音楽

Bring It On ♪Kaci Battaglia

Kaci Battaglia
かつてKaciというアーティスト名でCDデビューし、日本で写真集を発売したこともあるブロンド少女歌手が、“エロ賢い”を売りにしたセクシーな美女に成長し、Kaci Battaglaとして音楽業界にカムバック。本作『Bring It On』はそんな彼女の再デビューアルバムです。

【収録曲】
1. BIONIC-ATOMIC
2. CRAZY POSSESSIVE
3. BODY SHOTS featuring LUDACRIS
4. TOOL
5. GO-GO DANCER
6. CAPTAIN SAVE A HO
7. REMEDY
8. PARTYAHOLIC
9. SEEING YOU TONIGHT
10. WATCH ME
11. BRING IT ON
12. CRAZY POSSESSIVE(SEAMUS HAJI EXTENDED MIX)



RihannaBritneyを彷彿とさせる周回遅れなサウンドのダンスポップ「CRAZY POSSESSIVE」LudacrisをフィーチャーしたセクシーなCRUNK & B「BODY SHOTS featuring LUDACRIS」、電子的なビートのアップ「TOOL」Ke$haを彷彿とさせるピコピコパーティーチューン「PARTYAHOLIC」、ダンスナンバー中心のアルバムの中で良いアクセントとなっているしっとりバラード「SEEING YOU TONIGHT」Britney風エレクトロ系ダンスポップ「WATCH ME」、ハスキーに吠えるロックなタイトル曲「BRING IT ON」など、全体的にアップナンバーが多く、目新しさよりも、既聴感を覚えるポップなサウンドの数々は“B級女性歌手”好きにはたまらない感じではないでしょうかw 逆に言うならば、音楽的な個性はあまり感じられないアルバムなんですが、彼女の場合、その独特な経歴とセクシーなルックスが十分個性として売りに出来るのでプロモーション的には問題なさそうです。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

Killer Love ♪Nicole Scherzinger

Nicole Scherzinger
当初発売が予定されていたソロデビュー作『Her Name Is Nicole』がお蔵入りしてしまったThe Pussycat Dollsのメインボーカル・Nicole Scherzingerの待望のソロデビューアルバム『Killer Love』です。

【収録曲】
1. Poison
2. Killer Love
3. Don't Hold Your Breath
4. Right Here
5. You Will Be Loved
6. Wet
7. Say Yes
8. Club Banger Nation
9. Power's Out feat. Sting
10. Desperate
11. Everybody
12. Heartbeat(Rudi Wells Open Heart Remix)/Enrique Iglesias feat. Nicole Scherzinger
13. Casualty
14. Amenjena



RedOneプロデュースによるロッキッシュなビートが印象的な超強力エレクトロダンスチューン「Poison」、同じくRedOneが手掛けたロッキッシュなサウンドとNicoleの力強い歌声が印象的なタイトル曲「Killer Love」、見事全英1位を獲得した爽やかポップチューン「Don't Hold Your Breath」、念仏的に様々なフレーズを反復していくリリックが印象的なR&Bチューン「Right Here」、冒頭でいきなりヨーデルを歌い始めるクラシカルなミッド「You Will Be Loved」Stargateプロデュースの四つ打ちダンスポップ「Wet」RedOneプロデュースのアッパーなクラブアンセム「Club Banger Nation」、繊細なボーカルでアルバムの流れを一気に変えるC."Tricky"Stewart/The-DreamコンビプロデュースによるStingとのデュエット曲「Power's Out feat. Sting」、哀愁漂うミディアムスロウ「Everybody」、ピアノ伴奏のみのしっとりバラード「Amenjena」など、9曲目から一気にテンションが変わるので、前半のアッパーなノリが好きなピタとしては終盤がやや退屈でしたがw、キャッチーな曲が多く、時流に合ったポップアルバムに仕上がっていると思いました。ダンスナンバーでも心なしかギターの音が多めなのは、Nicoleの強くセクシーでワイルドなイメージに合わせたものなのかなと思ってみたり、ただ流行りの音に乗っかっただけと感じさせないようにしているのも良いです。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

超WONDERFUL!⑥ ♪℃-ute

℃-ute
左足に銀のスプレーを吹きかけられた(※ジャケット参照)ハロプロのアイドルグループ・℃-uteの6枚目のアルバム『超WONDERFUL!⑥』です。

【収録曲】
1. 超WONDERFUL!
今回のタイトルナンバーはアッパーなアイドルロックチューン。つんくも調子に乗って「カモ~ン!」とコーラス参加。

2. Midnight Temptation
2曲目は大人っぽく憂いを帯びた内容のデシロックなダンスナンバー。イントロが完全に「通学ベクトル」(※2nd Album収録曲)と同じな件。

3. Kiss me 愛してる
2011年2月に発売された先行シングル。初々しさを残しながらも、セクシーな腰つきでに熱く迫る求愛ダンスナンバー。


4. いざ、進め!Steady Go!
ヒーローソングみたいな“潔さ”と“ダサさ”が同居した懐かしいメロディライン、手抜き全開のやけっぱちな歌詞が印象的な勢い重視の楽曲。

5. ルルルルル
若い男女2人の間にある『愛情』を“地球規模・宇宙規模”で考えてしまうつんくの悪い癖が顕れたラブバラード。

6. 別れたくない…
ここ最近、グループ内で推されている岡井ちゃんがメインで頑張っている楽曲。「今にもフラそうな女」をテーマにしたつんくお得意の哀愁歌謡。

7. 会いたいロンリークリスマス
「会いたい」と11回も歌う西野カナ師匠もビックリなセツナ系クリスマスソング。売れ線のメロディラインと、スイーツ(笑)脳向けに書き上げられた歌詞が秀逸です。


8. サークル
告白したけど相手から返事が来ない\(^o^)/&振られたらサークルにも居づらくなるから涙目(T∀T) な女の子の胸に残るいくつもの不安な気持ちを歌ったミディアムナンバー。

9. Danceでバコーン!
岡井千聖による「踊ってみた」動画がYoutubeで驚異の再生回数を記録し、話題を呼んだファンキーなダンスチューン。※バコーン=「爆音」という意味。


10. 3番ホーム 3両目
煌びやかで春めいたトラックが可愛らしいつんくの得意分野の通学恋愛モノ。2番のサビから(強引な)衝撃の急展開が!!!!

11. キャンパスライフ~生まれて来てよかった~
なぜ「キャンパスライフ」なのかいまだに意味がわからないシングル曲。好きな人と出会えたこと、好きな人がこの世に生まれて来てくれたことを感謝する気持ちを歌った春らしいポップチューン。


Berryz工房の最新作と同様に、メンバーを2~3分割してアルバム用の楽曲を歌わせるという恒例パターンを今回は採用せず、全曲が℃-ute名義。特に℃-uteは、ソロ曲を与えられるメンバーが毎回ほぼ固定されているイメージだったので、露骨なメンバー間格差が無くなった今作は非常にグループとしての一体感が感じられる作品になったのではないかと思います。初回生産限定盤には、PVの別バージョンやジャケット撮影のメイキングだけではなく、珍しくダンスレッスンの様子を収めた映像も収録。ハロプロのグループはダンススキルの高さが評価されているので、こういう映像はどんどん表に出して実力の差をアピールしていけば良いんじゃないでしょうか。

テーマ:j-pop - ジャンル:音楽

箱舟~ballads in me~ ♪lecca

lecca
しゃくれ声レゲエシンガー・leccaのバラードをテーマにしたミニアルバム『箱舟~ballads in me~』です。

【収録曲】
1. マタイツカ
2. ELDORADO
3. credit
4. past is
5. First Sight feat.三浦大知
6. 箱舟


着うた市場狙い撃ちのミディアムバラード「マタイツカ」、前のめりなダンスホール系ビートにスパニッシュな味付けを加えた「ELDORADO」、軽量感のあるビートが印象的な話題のコラボ曲「First Sight feat.三浦大知」、ピースフルなメロディが耳に残るタイトル曲「箱舟」など、聴いているとこっちまで顎がしゃくれてくるようなしゃくれボイス全開の全6曲入り。ballads in meという副題を付けたクセに直球なスロウは皆無。一方で、思いっきりダンサブルな曲があるというテーマ崩壊っぷりで、聴いているとコンセプトが分からなくなってきます\(^o^)/
個人的に1番好きな曲は「past is」。たまたまTVでMUSIC VIDEOが流れているのを観て、しなやかな曲の世界観とダンサーによるパフォーマンスの素晴らしさに心を奪われました。この曲を知ったことで、今作を聴いてみようという気持ちが生まれました(´∀`)

テーマ:j-pop - ジャンル:音楽

I Remember Me ♪Jennifer Hudson

Jennifer Hudson
10kg以上の減量に成功し、見違えるほど綺麗になったJennifer Hudsonの2nd Album『I Remember Me』です。

【収録曲】
1. No One Gonna Love You
2. I Got This
3. Where You At
4. Angel
5. I Remember Me
6. Gone
7. Everybody Needs Love
8. Why Is It So Hard
9. Don't Look Down
10. Still Here
11. Feeling Good
12. Believe


Rich Harrisonがプロデュースした手堅い鍵盤ミッド「No One Gonna Love You」、フェードアウト時に繰り返される( ゚∀゚)♪Deliver~~の激唱っぷりが素晴らしいR.Kelly制作の1st Single「Where You At」Alicia Keys/Swizz Beatz夫妻提供によるキーズ氏色全開な伸びやかでソウルフルなメロディが印象的なミッド「Angel」、同じくAlicia Keys/Swizz Beatz夫妻がプロデュースしたレトロなアップ「Everybody Needs Love」Salaam RemiAlicia Keysの手によるグルーヴィーなソウルチューン「Don't Look Down」、切ないメロディを力強く歌い上げるRyan Tedderプロデュースのタイトル曲「I Remember Me」Polow Da Donらがプロデュースしたシンセサウンドを塗したPOP/ROCK風ナンバー「Gone」Ne-Yoがペンを執ったミッドナンバー「Why Is It So Hard」Diane Warren作の美しく壮大なバラード「Still Here」、ミュージカルの世界へと引き込まれるようなキャバレー歌謡「Feeling Good」、アルバムのラストを飾るに相応しい自慢の喉をたっぷりと聴かせるバラード「Believe」など、楽曲提供者の色が強く出過ぎな曲が数曲ありますがw、様々な人生経験を積んでより力強さと深みの増した歌声と、それを活かしたソウルフルな楽曲群が収録された一枚となっております。

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

Something Big ♪Mary Mary

Mary Mary
共にCampbell姓の男性と結婚したという逸話を持つゴスペル姉妹デュオ・Mary Maryの5枚目のオリジナルアルバム『Something Big』です。

【収録曲】
1. Something Big
2. Something Bigger
3. Blind
4. It Is Well
5. Never Wave My Flag
6. Walking
7. Slow Walk
8. Survive
9. Are You Ready
10. Catch Me
11. Sitting With Me
12. Homecoming Glory



今作もメインプロデューサーは姉・Erikaの夫でもあるWarryn Campbellが担当。ダイナミックなバンドサウンドのタイトル曲「Something Big」、忙しなく変態的なビートの個性派アップ「Something Bigger」、エフェクトのかかったコーラスをバックに姉妹の美声をたっぷりと聴かせるアカペラバラード「It Is Well」、物悲しげな美メロテイストと尖ったエレクトロポップの要素をミックスした「Never Wave My Flag」、爽やかな中にもどこかムーディーな雰囲気を湛えた1st Single「Walking」「Walking」をサンプリングしたアイデアが秀逸なミディアムテンポの洒落た小曲「Slow Walk」、手拍子とフォーキーなギターサウンドが穏やかな雰囲気を運ぶ「Are You Ready」、親しみやすいメロディのパワー溢れるPOP/ROCKナンバー「Sitting With Me」、アコースティックな癒し系ナンバー「Homecoming Glory」など、今作もいい意味でゴスペルらしくないサウンドをたっぷりと聴かせてくれ、現行のR&B/POPミュージックだけでなく、バンドサウンドによる活き活きとしたグルーヴも感じられる1枚となっています。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

⑦ Berryzタイムス ♪Berryz工房

Berryz工房
デビュー7周年を迎えた7人組アイドルグループ・Berryz工房の通し番号7番目のアルバム『⑦ Berryzタイムス』です。

【収録曲】
1. 一丁目ロック!
2. ヒロインになろうか!
3. BOMB BOMB JUMP
4. 真っ白いあの雲
5. 本気ボンバー!!
6. 女子会 The Night
7. ガールズタイムス
8. 女のプライド
9. シャイニング パワー
10. マジカルフューチャー!



今回も作詞作曲は全曲つんく。これまでのアルバムでは、メンバーを3~5グループに振り分けてアルバム用の新曲を歌わせることが多かったのですが、今作は珍しく全ての楽曲をメンバー全員で歌っています。夏向けの爽やかなロックチューン「本気ボンバー!!」、身長180cm越えの長身美少女・熊井ちゃんをセンターポジションに配置した弁当ソング「シャイニング パワー」、男前なポジティブメッセージソング「マジカルフューチャー!」といったアニメ『イナズマイレブン』関連の楽曲や、アルバムのオープニングを飾るロックナンバー「一丁目ロック!」、PVでのLady GaGa化が話題を呼んだダンスチューン「ヒロインになろうか!」(・∀・)ボンボン ボンボボンボン♪のフレーズが耳に残るアイドルポップス「BOMB BOMB JUMP」、スリリングかつ煌びやかなサウンドに乗せ、女子会に向けた意気込みを歌う「女子会 The Night」、モータウン風の懐かしくポップなアレンジのガールズアンセム「ガールズタイムス」など、“メンバーと同年代の女子受け”を意識したテーマ設定の楽曲も多めに収録されている印象です。同性受けを狙ったところで、どうせ聴くのは30~40を過ぎたオッサ(ry 初回生産限定盤には「ヒロインになろうか!」のPVが全8バージョン(←連続視聴するのは苦痛と思われ)と、ジャケット撮影のメイキングを収録したDVDが付いています。

テーマ:j-pop - ジャンル:音楽


ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。