(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ。

突然ですが、しばらくブログの更新をお休みしたいと思います。

楽しみにして下さっている方がどれだけいるかはわかりませんが、
また余裕が出来たら更新を再開していきたいと思います。

ピタ
スポンサーサイト

Koda Kumi Live Tour 2011 ~Dejavu~@大宮ソニックシティ

倖田來未
アルバム『Dejavu』の購入者限定公演となった2011年5月12日大宮ソニックシティでの『Koda Kumi Live Tour 2011 ~Dejavu~』を観てきました!何気にピタは倖田さんのワンマンライブを観に行くのは今回が初めてでした(・∀・)

【SET LIST】
~Prologue to Dejavu~
1. POP DIVA
2. Black Candy
3. Lollipop
4. 逢いたくて
5. AT THE WEEKEND
6. あなただけが
7. ラヴ・イズ・オーヴァー
8. 言えないよ
9. Swallowtail Butterfly~あいのうた~
10. 愛のうた
11. 0時前のツンデレラ
12. 好きで、好きで、好きで。
13. walk~to the future~
14. Bambi
15. I Don't Love You!??
16. Hey Baby!
17. Melting
18. ちょい足しLife
-----[ ENCORE ]-----
19. BE MY BABY
20. め組のひと
21. キューティーハニー
22. Butterfly
23. You are not alone
24. 小さな恋のうた
25. Comes Up
26. Lick me


 開演予定時間を過ぎた18時35分頃、倖田さん本人が突然ステージに登場。まずは東日本大震災の犠牲者・被災者に向けた言葉を述べ、その後、震災直後の自粛ムードからツアー開催を決意するに至るまでの経緯の説明を始めました。自家発電機を用いての通常通りのエンターテインメントショウを魅せることを宣言して倖田さんは退場。こうした挨拶は今回のツアーでは毎回行っているそうです。
 19時近くになってようやくLIVE本編は開幕。「~Prologue to Dejavu~」のオープニング映像が終わり、1曲目は「POP DIVA」だったのですが、なんとステージの上の方からターザンの如くロープにつかまって登場。この斬新な登場の仕方はさすが「エンターテインメントショウをお届けする」と公言した倖田さんらしいなと思いました。「POP DIVA」のラストには井戸のような筒の中に背中から落下するという演出もありました。「Lollipop」では、客席から4人の“VIP”をステージに上げて、膝の上で歌ったり、おっぱい押し付けたり、おでこにキスしたりと大サービス。(※VIPに選ばれるのは女性客限定っぽいですがw) 衣装チェンジの合間に流れる映像も撮り下ろしで、倖田さん&ダンサーが出演するキャンディー工場を舞台にしたコミカルなものとなっていました。
 「ラブ・イズ・オーヴァー」からは着席鑑賞バラードタイム。まずはアルバム『ETERNITY~Love & Songs~』からのカバー曲をメドレー形式で3曲歌い、あいのうた繋がりで「愛のうた」、妹・misonoの楽曲「0時前のツンデレラ」、過去のPVの泣き崩れるシーンを集めた映像をスクリーンで流しながら「好きで、好きで、好きで。」、いつもはLIVEの最後に歌われることが多い「Walk~to the future~」と、たっぷりとバラードが続くので眠気が(ry
 バラードコーナーの後は、ガーリーなくぅちゃんモード全開の楽曲が続きます。メンズダンサーとの恋愛劇チックな振り付けの多い演出で恋する可愛らしい女のコ感をたっぷりと魅せてくれました。(歌は省エネお休みモードな感じでしたが…。)ここで一旦LIVEは終了。ここまでで大体1時間強でした。
 客席からのアンコールを受けて、スクリーンには過去のTourの映像を再現したDejavuなムービーが流れました。アンコールって普通3曲ぐらいで終わるモノだと思うんですが、倖田さんのアンコールは糞長かったwww 「BE MY BABY」でクールに踊りまくり、「め組のひと」ではみんなでめっ!と客席を煽り、自身の代名詞的なヒット曲2曲を立て続けに歌ってもなお終わる気配がなく、「Butterfly」の後には長~いMCがありました。「最近お腹がポニョ」(←と言って腹肉をつまむ)という話題や、LIVEのアンケートを読んで見つけた珍回答の話などで客席の笑いを誘った後、東日本大震災を受けて制作したチャリティーソング「You are not alone」を披露。「小さな恋のうた」では客席の大合唱に思わず涙を浮かべる場面も。涙を抑えながら「Comes Up」を歌い、最後は「Lick meで明るくLIVEは終わりを迎えました。最後の曲では飛び出す絵本のようなセットが登場。その中にある扉に入って倖田さんはステージから去っていきました。

ここ数年、DVDで倖田さんのLIVEを観ることもなかったので、ダンサーの露出度もかなり低くなっていて、小中学生でも見られるある程度健全なライブに変わっていったんだなぁ~と思いましたw スティックライトがないと盛り上がりにくいので、これから観に行く予定の人はツアーグッズのスティックライトの購入をオススメします。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

Love? ♪Jennfer Lopez

Jennifer Lopez
デビュー当時から在籍したSony Musicとの契約を終了し、Def Jamに移籍したJennifer Lopezの約3年半ぶりのニューアルバム『Love?』です。

【収録曲】
1. On The Floor feat. Pitbull
2. Good Hit
3. I'm Into You feat. Lil Wayne
4. (What Is)Love?
5. Run The World
6. Papi
7. Until It Beats No More
8. One Love
9. Invading My Mind
10. Villain
11. Starting Over
12. Hypnotico
13. Everybody's Girl
14. Charge Me Up
15. Take Care
16. On The Floor(Ven A Bailer) feat. Pitbull



ジャケットのJLOの文字が青いDeluxe Editionは全16曲(輸入盤)となっています。懐かしの「ランバダ」を大胆に取り込んだダンスチューン「On The Floor feat. Pitbull」Taio Cruzが関与した「めんつゆ」を連呼する2nd Single「I'm Into You feat. Lil Wayne」C."Tricky"Stewart/The-Dreamコンビによる安心品質のミッドR&B「Run The World」Mohombiのアルバムに入っていそうなRedOne制作のアップ「Papi」J.Lo自身もソングライティングに関与したバウンシーなR&Bチューン「One Love」RedOne、J.Loだけでなく、Lady GaGaもプロデューサーとして名を連ねているGaGa風ダンスポップ「Invading My Mind」(・∀・)♪ア~ィマビレン ア~ィマビレン のフレーズが印象に残るラテン系なメロディをシンセサウンドで彩ったポップチューン「Villain」Lady GaGaだけでなく、AkonTami Chynnまでもがソングライターとして名を連ねているダンスポップチューン「Hypnotico」、エレクトロポップロックな「Everybody's Girl」「Judas」と構成が似ている所為か個人的に今作で一番GaGa臭がすると感じた(※Lady GaGaの関与なし)RedOneプロデュース作「Charge Me Up」「On The Floor」のスパニッシュバージョンとなる「On The Floor(Ven A Bailer) feat. Pitbull」など、これまでR&B/POPを軸に、時折スパニッシュな味付けを加えた音楽性の作品を多く残してきたJ.Loですが、今回はDANCE POP濃度の高い作品に仕上げています。RedOne一派の曲のインパクトが強すぎて全体的にDANCE POPに偏り気味な印象が残りますが、適度にR&Bサイドも残してありますのでご安心を。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

LOVE ♪後藤真希

後藤真希
前作『Gloria』からわずか5ヶ月というインターバルでリリースされた後藤真希のミニアルバム第3弾『LOVE』です。

【収録曲】
1. 「ねぇ、、、」
今作のリード曲。小柳ゆき「あなたのキスを数えましょう~You were mine~」を手掛けた中崎英也氏の作曲によるバラードナンバー。男性目線で書かれた歌詞を表現力豊かに歌い上げています。

2. lalala
「空」「風」「雲」「夢」など、爽やかなフレーズが並ぶポップナンバー。いい意味でクセのないアイドルっぽい曲を歌ってみた感じです。

3. 空と君のあいだに
ドラマ『家なき子』の主題歌として知られる中島みゆきの大ヒット曲のカバー。、ats-による爽やかなavex風サウンドと、後藤真希独自の歌表現でオリジナルの情念的なイメージを覆す仕上がりになっています。

4. 会いたい
直球“会いたい”ソングキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
と言っても、西野某さんや加藤某さんのように病的な会いたい感はなく、「会いたい」という気持ちを切なく、可愛らしく、しっとりと歌い上げたR&Bバラードとなっています。

5. your song
前作のリード曲「足跡」と同系統の、ポジティブなメッセージを詰め込んだポップロックチューン。


ジャケットはこれまでの3作の中で最も爽やかで可愛いな~(´∀`) と思ったんですが、内容的にはどんどん毒にも薬にもならないポップスが増えている気がして残念でなりません(´Д`) 個人的には、SWEETBLACK路線に戻ってほしいんですが…。

テーマ:j-pop - ジャンル:音楽

ドリームモーニング娘。コンサートツアー2011 春の舞~卒業生 DE 再結成~@中野サンプラザ

ドリームモーニング娘。
モーニング娘。のOG10人によって結成されたドリームモーニング娘。の春ツアー『ドリームモーニング娘。コンサートツアー2011 春の舞~卒業生 DE 再結成~』の、5月5日(祝)中野サンプラザでの夜公演を観てきました!(意外に思われるかもしれませんが、ピタは現役・OG含めて、ハロプロ系のコンサートに行くのはコレが2回目。しかも約10年半ぶりですwww)

【SET LIST】
1. LOVEマシーン
2. 抱いてHOLD ON ME!
-----[ MC ]-----
3. 恋人のような顔をして…
-----[ オープニングVTR ]-----
4. 女子かしまし物語(2011ドリムス。Ver.)
5. サマーナイトタウン
6. シャボン玉
-----[ MC(石川・吉澤・小川・藤本・久住) ]-----
7. モーニングコーヒー(2011ドリムス。Ver.)/保田・中澤・安倍・飯田・矢口
-----[ MC(中澤・飯田・安倍・矢口・保田) ]-----
8. 色っぽい じれったい/吉澤・小川・石川・久住・藤本
9. あっと驚く未来がやってくる!
10. ハッピーサマーウェディング
11. 恋のダンスサイト
-----[ MC (安倍・矢口)]-----
12. みかん/藤本・飯田・石川・久住・中澤
13. 浪漫~MY DEAR BOY~/小川・安倍・吉澤・矢口・保田
14. メドレー(Do it! Now→未来の扉→Say Yeah!~もっとミラクルナイト~→Happy Night)
15. そうだ!We're ALIVE
16. ザ☆ピ~ス!
17. 恋愛レボリューション21
-----[ ENCORE ]-----
18. I WISH
-----[ MC ]-----
19. 青空がいつまでも続くような未来であれ!


会場には「LOVEマシーン」など数多くのヒット曲の振り付けを手掛けた夏まゆみ先生の姿がありました。LIVEはその「LOVEマシーン」からスタート!金銀のきらびやかな衣装で登場し、2曲を歌い上げると、まず最初のMCでは東日本大震災の被災者に向けたメッセージをメンバーが一言ずつ述べていきました。(←台本通りといった感じですw) 形式的な御挨拶の後に新曲「恋人のような顔をして…」を披露すると、メンバーは衣装替えに向かい、ステージ上のモニターにはメンバー紹介のVTRが流れました。VTRが終わると、お馴染みのモー娘。自己紹介ソング「女子かしまし物語(2011ドリムス。Ver.)」を披露。この曲を歌っている時に、中澤姐さんの腰使いが異様に気合が入っているということに気付き、以降、中澤姐さんに目を奪われる瞬間が多々ありましたwww 「シャボン玉」ではミキティのガナリ歌唱が大変カッコ良く素晴らしかったです。後期メンバー5人によるMCでは、「トイレに出たら怖いのは、ゴキブリorオバケ どっち?」というテーマでフリートークを展開。小川麻琴以外の4人がオバケを選択し、「ゴキブリは友達だと思えばいい」(石川)、「(お化け屋敷平気だよね?の問いに)だって、あれ人じゃん?w」(吉澤)といった発言が飛び出しましたw 1~2期メンバー5人によるMCのテーマは「ハワイ」。ハワイの話をしろと言われているのに「最初に行った海外はサイパン」と話し始める安倍さんwww、ハワイでタコスを食べていた時に誰かの頭にトリの糞が落ちたという話をし始めたものの、「それ圭ちゃんじゃないの?」と言われるケメコwwww、など、さすが初期メンバーのトーク力は凄いなと思いましたw 公演ごとに異なる2人MCは、なっち矢口が担当。安倍さんは持ち前の天然毒で、中澤姐さんが来月38歳になるという事実をさらっと口に出しましたw 2人とも中澤姐さんは世界で1番美しい37歳だと尊敬していると語っていました。矢口が37歳になった時の目標としたい芸能人は「榊原郁恵」とのことw アンコール後のMCでは、LIVEの感想を含んだ最後のあいさつを1人1人が順番にしていきました。特に印象的だったのが、ケメコの投げキッスと、中澤姐さんの感涙シーン。個人的にも今回はこの2人を中心に見ていたので、特に中澤姐さんの頑張りは本当に凄いなと感心してしまいました。
LIVEは全体的に盛り上がる曲ばかりのセットリストだったのですが、特に後半が凄かったなと感じました。懐かしいヒット曲の連続で、当時と変わらぬ振り付けの懐かしさと同時に、新しいパート割が混ざることで新鮮な気持ちも与えてくれる、とてもパワフルなステージでした。LIVE中のメンバー間の細かなやり取りもたくさんあって、そういう部分に注目していくときっと何度見ても飽きないんだろうな~と思いました。最後のMCでよっすぃ~が言ってましたが、年を重ねるごとに楽曲の良さに磨きがかかって熟されていく感じが本当に実感できたLIVEでした(´∀`) ファンの皆さんの盛り上がりっぷりもビックリするくらいノリが良くて、もし今度LIVEに参戦する時があったらもっと自分の殻を破って盛り上がりたいなと思いましたwww

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

F.A.M.E. ♪Chris Brown

Chris Brown
元恋人=Rihannaへの暴力事件を起こし、深く反省・改心して復活したと思いきや、復帰作が本人の思ったように売れなかったために不貞腐れ、思い上がった態度を取り始めた刺青長チ●ポDV野郎Chris Brownの4th Album『F.A.M.E.』です。Fans Are My Everything”の頭文字を取ったという白々しさ満点なタイトルの今作は、本人の思惑通り、見事全米1位を獲得。これでさらにつけ上がるのではないかと内心不安でたまりません(´Д`)

【収録曲】
1. Deuces feat. Tyga & Kevin McCall
2. Up To You
3. No BS feat. Kevin McCall
4. Look At Me Now feat. Lil Wayne & Busta Rhymes
5. She Ain't You
6. Say It With Me
7. Yeah 3×
8. Next To You feat. Justin Bieber
9. All Back
10. Wet The Bed feat. Ludacris
11. Oh My Love
12. Should've Kissed You
13. Beautiful People feat. Benny Benassi
14. Bomb feat. Wiz Khalifa
15. Love The Girls feat. Game
16. Paper,Scissors,Rock feat. Timbaland & Big Sean
17. Beg For It
18. Champion(Chipmunk feat. Chris Brown)



さて、冒頭でも色々と書きましたが、ここ数年の様々な報道から伝わってくる彼の人間性、生き様には個人的に全くと言っていいほど共感が出来ず、とんでもないクズ野郎だなとすら思っています。曲が売れても人間としては腐っている、そんな印象です。でも、曲は曲。人は人。出来上がった作品に罪はありません。むしろ、今作からは彼の『意地でも売れてやろうじゃねーか!』という並々ならぬ意気込みとある種の開き直りを感じました。完全に開き直ってハイテンションなエレクトロダンスポップを歌っちゃったシングル曲「Yeah 3×」、調子に乗ってMichael Jackson「Human Nature」をモロ使いしちゃった「She Ain't You」Busta Rhymesの超高速ラップがヤバイ珍曲「Look At Me Now feat. Lil Wayne & Busta Rhymes」、MIXテープ発のヒットナンバー「Deuces feat. Tyga & Kevin McCall」The Underdogsプロデュースの美しいメロウR&B「Up To You」、しっとりとした鍵盤の音が印象的なミディアムスロウ「No BS feat. Kevin McCall」生意気小僧・Justin Bieberをフィーチャーした(個人的に最悪なコンビによるw)コラボ作「Next To You feat. Justin Bieber」、激キャッチーなサビが気持ち良いポップチューン「Oh My Love」「Yeah 3×」に続く完全エレクトロダンスナンバー「Beautiful People feat. Benny Benassi」、旬のラッパー・Wiz Khalifaを迎え、バンバンババンババンバン♪などと歌うコミカルな「Bomb feat. Wiz Khalifa」、いたって真剣なじゃんけんソング「Paper,Scissors,Rock feat. Timbaland & Big Sean」など、R&Bに拘らず貪欲に様々な音楽を取り入れてファンを喜ばせよう(⇒売れてやる!)という野心がたっぷりと詰め込まれたアルバムになっています。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

Femme Fatale ♪Britney Spears

Britney Spears
Britney Spearsの7枚目のオリジナルアルバム『Femme Fatale』です。

【収録曲】
1. Till The World Ends
2. Hold It Against Me
3. Inside Out
4. I Wanna Go
5. How I Roll
6. (Drop Dead) Beautiful feat. Sabi
7. Seal It With A Kiss
8. Big Fat Bass feat. will.i.am
9. Trouble For Me
10. Trip To Your Heart
11. Gasoline
12. Criminal
13. Up N' Down
14. He About To Lose Me
15. Selfish
16. Don't Keep Me Waiting
17. Scary



日本盤はボリュームたっぷりの全17曲入りとなった今作。口パク批判で一時は犬猿の中かと思われたKe$haが楽曲提供したKe$ha風ポップス「Till The World Ends」から始まり、全米1位を掻っ攫った直球エレクトロな1st Single「Hold It Against Me」、甘く艶めかしい歌声を聴かせる「Inside Out」Max Martinプロデュースによるエレクトロダンスポップ「I Wanna Go」、クールで無機質な印象を残すポップナンバー「How I Roll」will.i.amが手掛けた単調なメロディの繰り返しがクセになる「OMG」系統のエレクトロチューン「Big Fat Bass」Britneyのキュートな魅力を詰め込んだポップチューン「Trip To Your Heart」、ギターサウンドが印象的なミディアムチューン「Criminal」、ロッキッシュな一面も覗かせるRodney Jerkinsプロデュースの「Don't Keep Me Waiting」Britney自身がソングライトに関与した激キャッチーな日本盤ボーナストラック「Scary」など、要所要所にバラードを挟むことなく、最初から最後まで全編ダンスナンバーで統一されたエレクトロ風味の効いたポップアルバムに仕上がっています。この潔い構成とボリューム感、世界的スーパースター・Britney Spearsの魅力を安心して楽しめる久々のアルバムになったんじゃないでしょうか。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

Destination ♪GIRL NEXT DOOR

GIRL NEXT DOOR
所属レコード会社の社長から「売れない」と太鼓判を押された(←ソースはDVDに収録の情熱大陸風ドキュメンタリー『はじまり、』GIRL NEXT DOORの3rd Album『Destination』です。全部で4形態発売されていますが、こちらのジャケットはMUSIC VIDEOを収録したDVDが付いたものとなります。

【収録曲】
1. 3rd contact
2. Freedom
3. ユメのカタナ
4. 風のカプセル
5. 逢いたい夜
6. Winter breeze
7. 忘れたいのに…
8. 運命のしずく~Destiny's star~
9. Impish music
10. Ready to be a lady
11. はじまり
12. Silent Scream
13. ありがとう



今回もインストを除く収録曲は全て「作詞:千紗&Kenn Kato/作曲:鈴木大輔/編曲:GIRL NEXT DOOR&水上裕規」となっていて、基本的には毎度おなじみのavex王道のサウンドが展開されます。RihannaLady GaGaを意識したエレクトロサウンドで変化球を見せたシングル曲「Freedom」、当初「Twitter~silent scream~」というタイトルでリリースを予定するもリリース直前にタイトル変更と発売日を延期し、PVの原作/脚本/特別出演に水嶋ヒロを起用するなど話題をたっぷりと振り撒いたにもかかわらず自身初の初登場TOP10落ちとなってしまったざまぁwwwな先行シングル「Silent Scream」爽やかに道路交通法を違反する自転車2人乗りソング「風のカプセル」、現代人の抱える心の病“会いたい病”を発病してしまった女子の気持ちを歌った逢いたいソング「逢いたい夜」冬っぽさを全く感じない軽快なサンバのリズムに乗せて歌う恒例のWinter~シリーズ最新作「Winter breeze」ウルトラマンとのコラボが実現したエッジーなアップナンバー「運命のしずく~Destiny's star~」、ポジティブなガールズアンセム「Ready to be a lady」、信頼するスタッフとの別れを題材に歌詞を書いたという「はじまり」など、突っ込みどころもいくつかありつつ、avexサウンド好きなら問題なく楽しめるアルバムになっているんじゃないかと思います。DVDには、アルバム未収録曲も含むMUSIC VIDEOを8曲分収録。そして、冒頭にも書いた情熱大陸風のドキュメンタリー『はじまり、』も収録されていて、ゴリ押しの陰に隠れたメンバー(主に千紗)の苦悩などが垣間見れるなかなか見ごたえのある面白い内容となっています。

テーマ:j-pop - ジャンル:音楽


ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。