(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ORDINARY ♪Every Little Thing

Every Little Thing
デビュー15周年を迎えたEvery Little Thingの10枚目のオリジナルアルバム『ORDINARY』です。

【収録曲】
1. アイガアル
2. tomorrow
3. 宙 -そら-
4. 空白
5. MOON
6. wonder love
7. STAR
8. Asian Beauty (Instrumental)
9. 響 -こえ-
10. ありがとうはそのためにある
11. ORDINARY
12. Pray For East (Instrumental)
13. BEGIN



「15周年」「10枚目」とキリのいい数字が並び、メモリアルな感じが漂う今作。しかしながら、中身は良くも悪くもタイトル通り至って“普通”。プロモーションビデオにチャン・グンソクを起用した2枚同時リリース作「STAR」「MOON」、同じメロディの曲をサビ以外の歌詞を変えて発表したポケモン主題歌「宙 -そら-」「響 -こえ-」、月9主題歌に起用されたELTらしいエヴァーグリーンなポップチューン「アイガアル」中島美嘉風バラード「ありがとうはそのためにある」といったシングル曲はc/wごと全て詰め込まれ、インストを除けば純粋な新曲は、公開レコーディングという形でファンとのコラボレーションが実現した6分半にも及ぶ大作「BEGIN」、シンプルでキュートなサウンドのポップナンバー「tomorrow」、恋のウキウキ感を歌い上げた「wonder love」菊池一仁作曲のタイトルナンバー「ORDINARY」など5曲のみ。前作『CHANGE』では、オリジナルメンバー・五十嵐充との再タッグというトピックでファンを驚かせましたが、今回の15周年という区切りの時では、あえていつも通りの肩肘張らないナチュラルな作品作りを心掛けた姿勢がうかがえ、そこがとてもELTらしいなと感じました。
スポンサーサイト

テーマ:j-pop - ジャンル:音楽

Fortune ♪BENI

BENI
BENIの4th Album『Fortune』です。

【収録曲】
1. Fortune Intro
2. Darlin’
3. 好きだから。
4. LAST SONG
5. MEMORY
6. My World
7. crazy girl
8. One In A Million
9. 声を聞かせて
10. secret
11. YES or NO?
12. Oh Yeah!
13. 運命の人
14. ONLY ONE



陰気な鬱バラード「声を聞かせて」や、ミリヤ化したリリックが薄っぺらく聞こえた凡庸ミッド「好きだから。」など、ここ最近、シングル曲が今一つパッとしなかった印象の彼女。制作陣を見てもおなじみのクレジットばかりで、いささか出来に不安を覚える作品でしたが、全体的には目を見張る曲も多く、安定のクオリティで仕上げてきました。新婚の小森純をPVに引っ張り出してきた先行シングル「Darlin'」、切ないメロディラインが印象的なミディアムナンバー「MEMORY」、過去のシングル曲のタイトルを歌詞に散りばめたバウンシーなアップ「My World」、抜けの良いエレクトロアッパー「crazy girl」、スリリングなエレクトロPOP/R&B「YES or NO?」、LIVE映えしそうな開放的なアップチューン「Oh Yeah!」など、半数以上の曲をプロデュースしたDaisuke "D.I" Imaiの見事なバランス感覚は健在。ド派手なアップを3曲提供したSTYの冴えた仕事ぶりも光る1枚となっています。

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

Break of Dawn ♪Goapele

Goapele
オークランド出身の美形R&Bシンガー、Goapeleの約5年ぶりとなる3rd Album『Break of Dawn』です。

【収録曲】
1. Play
2. Tears On My Pillow
3. Undertow
4. Break of Dawn
5. Hush
6. Money
7. Pieces
8. Right Here
9. Milk & Honey





2010年に『Milk & Honey』というタイトルで発売される予定だった今作。妖しくメロウなシンセサウンドを聴かせるシングル曲「Milk & Honey」、幻想的なトラックが印象的な2nd Single「Right Here」、シンプルなサウンドながらもセクシーさを押し出したスロウ「Play」Kerry "Krucial" Brothersがプロデュースしたソウルナンバー「Hush」、初期のAlicia Keysを彷彿とさせるレトロなソウルミュージックに仕上がった「Tears On My Pillow」、ファンク寄りなアプローチも見せるタイトル曲「Break of Dawn」など、Sadeのような凛とした佇まい、Alicia Keysを彷彿とさせる声質、Erykah Baduのようなネオソウルな質感を兼ね備えた仕上がりで、聴き心地の良さは抜群。コンパクトな内容ながらも、1枚の作品としてセンス良く、美しく纏められている。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

愛言葉(VOICE) ♪後藤真希

後藤真希
年内(12月4日の単独ライブ)を以て芸能活動休業を宣言した後藤真希の、avex移籍後初となるオリジナルフルアルバム『愛言葉(VOICE)』


【収録曲】
1. What is LOVE
活動休止宣言発表後に配信限定リリースした待望のダンスチューンその①。休業を決意するにあたって深く考えたであろう“愛とは何か”というテーマを、エレクトロサウンドに乗せて力強く歌い上げている。

2. Get Your Way
ガチすぎるプレイが話題沸騰中の大好きな“モンハン”について歌ったロックチューン。
http://youtu.be/EaCiXeVrSEk
http://youtu.be/yD3fbXyufUU

3. YOU
後藤真希自身が作詞を手掛けた(共作)、休業前のリアルな感情を歌い上げた浜崎あゆみ型ロックバラード。“愛が無ければ迷わない”…。愛の存在に気付くことによって知った、多くの事実や感情。そこから後藤真希という人間の中にたくさんの葛藤が生まれたことがうかがえる。

4. 月影
和なサウンドアレンジが施されたバラードナンバー。情感を生かしながらしっとりと歌い上げている。

5. 愛言葉
BOUNCEBACK作曲、ats-編曲で送る浜崎あゆみ型激情ロックチューン。今作のタイトルチューンであり、休業前にファンに向けて送る愛のメッセージを、力強くもどこか悲しさや切なさを匂わせながら歌っている。

6. EYES
後藤真希名義での移籍第1弾ミニアルバム『ONE』のエロかわポップチューン。

7. Paradise
妖しくセクシーな魅力を振りまくエロティックなポップナンバー。

8. SCANDALOUS
活動休止宣言発表後に配信限定リリースした待望のダンスチューンその②。Lady Gaga路線以降のCascadaを彷彿とさせる激キャッチーなエレクトロポップチューンで、ソングライティングには、後藤真希の古巣・アップフロントエージェンシーに所属する実力派シンガー・Emyliが関与。

9. 宝石
ミニアルバム『ONE』のリード曲。“avexの後藤真希”としてのスタートを飾った親しみやすいメロディラインが印象的な楽曲。

10. 「ねぇ、、、」
今年5月発売のミニアルバム『LOVE』のリード曲。男性目線で歌った切ない正統派バラードナンバー。

11. 華詩-hanauta-
ミニアルバム『ONE』収録曲。悲劇的な事故で命を落としてしまった、大好きだった母に向けた涙なしでは聞けないバラード。

12. Believe
本人作詞によるavexサウンドなバラードナンバー。聴き手に向けてのメッセージと思わせつつ、実は自分自身に向けたエールのようにも聞こえる歌詞が、今の後藤真希のリアルな感情を表現している。

13. 足跡
2nd Mini Album『Gloria』のリード曲。爽やかなポップロックナンバーに仕上がっている。

以上、既発曲も収録したavex移籍後の集大成的な内容で、後藤真希の魅力を存分に生かしたダンスナンバーはもちろん、ロックやバラード、これまで以上にavex色の強いサウンドにも挑戦している。ファンが“後藤真希の音楽”に求めるものは多岐に及ぶと思うが、寺田光男の不在を除けば、ファンが望む音のほとんどの要素を取り入れているのではないだろうか。活動休止が迫った今だからこそ、胸にぐさりと突き刺さる愛の言葉がたくさん聞こえてくる作品だ。

DVD付には、SWEETBLACK feat. MAKI GOTOの楽曲も含めたavex移籍後の全PVを収録。
さらに、初回生産限定盤は、歌舞伎町で撮影し公開禁止となった未公開写真を使ったポストカードブックが同梱され、SWEETBLACK feat. MAKI GOTO名義でリリースしたミニアルバム『SWEETBLACK』全曲+ゲスト参加曲+Remixを収録したCollabo-Works DISC、写真撮影やPV撮影のメイキング映像を収めたMaking Movie DISCが付いた計4枚組の超豪華仕様となっている。


誤解している人も多いようだが、後藤真希は年内を以て“休業”するのであって、決して“引退”ではない。
十代の頃からバリバリ働いてきた宇多田ヒカルと同様に、これからは人間活動に専念するのだ。

どんな形になるかはわからないが、また出逢える日が必ず来る。

そう信じながら、最後に作り上げた渾身の作品を楽しみ、活動休止後の後藤真希の人間活動の充実を祈りたい。

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

SPEED FanMeeting 2011@SHIBUYA-AX

SPEED
今年でデビュー15周年を迎えたSPEEDの初のファンミーティングが、全国4か所にて開催されました。
今回はいつもお世話になっている某P♂氏の御好意で、2011年11月3日(木・祝)の東京・SHIBUYA-AXでの夜公演を見に行くことが出来ました!

【SETLIST】
1. Body & Soul
2. リトルダンサー
------[ MC ]------
3. 季節がいく時
---[ Stars to shine again(2003年ツアー時に使用した映像) ]---
---[ MC (THE スライドショー~思い出ぽろぽろ~) ]
4. Medley(Too Young~Don't be afraid~KISS~アダムとイブ~Kiwi Love~Stars to shine again)
------[ MC ]------
5. Happy Together
------[ ENCORE ]------
6. 季節がいく時
------[ 握手 ]------


ファンミーティングは、ステージ上に登場した大きなスクリーンにSPEEDメンバーの秘蔵写真がスライドショーのような形で映し出されてスタート!
そして、ミニライブの1曲目はデビューシングルの「Body & Soul」!!!メンバーは、グッズとしても販売されている仁絵ちゃんデザインのオリジナルソロTシャツにデニムのパンツという衣装で登場。この日、ピタ達が見ていたのは、ステージ中央の前から4列目くらい!!当然ながら、メンバー全員をとっても近くで見られました(゚∀゚)
2曲目には最新シングル「リトルダンサー」を披露。新旧のシングル曲を連続で披露した後、1回目の軽めの挨拶MCに入り、MCの後に歌ったのは「季節がいく時」。c/w曲でありながらも最高に盛り上がるこの曲の1番の見せ場は、ブリッジ部分の寛子ソロでの会場一体となった“hiro様崇拝の舞”でしょう。あまりにも盛り上がるので、「季節がいく時」はアンコールでも披露されましたw
歌い終えるとメンバーは一旦舞台袖に捌け、ステージ上には大型スクリーンが再び登場。2003年のツアーの時に使ったという、チアリーダー姿で「Stars to shine again」を歌う映像が流されました。若々しくもやや無理をしてアイドル感を出そうとしている秘蔵映像でしたw
映像が終わると再び4人がステージ上に登場。ここからは、ファンミーティングならではの企画として、各メンバーが持ち寄った秘蔵写真を公開するコーナーが始まりました。デビュー当時の初々しい姿や変顔など、貴重な写真と笑えるトークで楽しい時間を過ごした後は、ファンからのリクエストによるメドレーを披露。わりとマイナーな選曲で、個人的には「KISS」が聴けたのがレアな感じで嬉しかったです(´∀`)
メドレーの後のMCでは、DVDの特典映像などで披露している謎のダンス=通称:Everybody dancin'を、多香子を筆頭にしながら、寛子を除く3人が踊りだしたり、会場全員で多香子考案の珍妙アクション「スカイツリー」をやらされたりと、SPEEDファンにはおなじみのやりとりでメンバーと客席のコミュニケーションタイムとなりました。ミニライブの最後は「Happy Together」で楽しく締めくくられ、その後、アンコールでは本日2度目の「季節がいく時」が歌われて、イベントは終了。メンバーを近くでたっぷりと見ながら思いっきり盛り上がれたので、短い時間でしたが楽しい時間を過ごせました。

さて、今回はLIVEだけでは終わりません。最後は会場出口にてSPEEDのメンバー全員との握手会が開かれたわけですが、さすがSPEED。握手の流れがスピーディーすぎてメンバーと全然喋れませんでした\(^o^)/ 当初は“グッズ5000円以上購入者のみ握手会参加”という規定があったことを考えると、あの流れの速さは致し方ないのかもしれないと思いつつ、どうせやるならもうちょっと低速な握手会の方がファンも喜んだんじゃないかなと感じたのでした(´∀`;)

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

後藤真希「愛言葉(VOICE)」リリース記念 ミニLIVE&握手会イベント@ラゾーナ川崎

後藤真希
avex移籍後初、そして活動休止前ラストとなる後藤真希のオリジナルフルアルバム『愛言葉(VOICE)』の発売を記念したリリースイベントが、2011年11月3日(木・祝)ラゾーナ川崎にて開催されました。

後藤真希
マスコミ報道によると、この日のイベントは約1万人の方が観覧していたとのこと!


ステージはこのような感じでした。
後藤真希

開始時刻を少し過ぎた頃に、ステージ上に“チャンマキ”こと後藤真希が登場!

【SETLIST】
1. YOU
2. 愛言葉


歌ったのは最新アルバム収録の新曲2曲のみ。
1曲目から涙を浮かべながらの熱唱で、MCでも感極まって涙腺が崩壊。
しかしながら、歌声は実に力強くしっかりとしていました。

もっともっといろんな曲を歌って欲しかったのですが、その代わりに今回のイベントは、活動休止前最後のリリースイベントということで、撮影・録音OKという超太っ腹な大サービス!!

ということで、写真&動画をたっぷりと撮影してきました♪

まずは動画。







画像は続きからご覧あれ。



[Read More...]

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽


ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。