(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OVER THE RAINBOW ♪倉木麻衣

倉木麻衣
倉木麻衣の10作目となるオリジナルアルバム『OVER THE RAINBOW』です。

オフィシャルサイトによると…
表題曲がない今作は、象徴的な1曲だけでなく、多くの個性的な曲が詰まった作品=様々な色(曲)が集まり、橋となり、そこから次へと進んで行く・・・というメッセージが込められています。
とのこと。

表題曲でコレオグラファーとしての才能を開花させた前作『FUTURE KISS』以降にリリースしたシングル収録曲6曲をぶち込んだ色鮮やかな収録内容を御紹介致しましょう。

まずはシングル曲から。

あやや、GLAY、ドリカムらを桁違いで上回る接吻回数を記録した(・∀・)イセーンマンカイノキース♪というダサいフレーズを携えた哀愁漂うナンバー「1000万回のキス」


そしてそのc/w曲である爽やかなロックテイストの“会いたい”ソング「さよならは まだ言わないで」はalbum ver.での収録。

昼ドラ主題歌に起用されたワンコインシングル「もう一度」はドラマの陰気でドロッとした雰囲気を受け継いだバラードナンバー。


秋口には西野カナの楽曲で知られるGIORGIO CANCEMIを作家として起用し、西野カナの雰囲気を多分に意識したと思われるミディアムバラード「Your Best Friend」を発表。


c/wは軽快なポップナンバー「step by step」。こちらもGIORGIO CANCEMIによる作曲。

GIORGIO CANCEMIはさらにドラマタイアップ曲「Strong Heart」も提供。連続TOP10入り記録が絶たれることを懸念された今作は、発売直前に急遽“DVDシングル”に仕様が変更されたワケアリ感漂う楽曲。

以上の既出曲に加え、大野愛果提供のカッコイイ系ポップナンバー「another day*another world」、サンリオとのタイアップで全編アニメーションのPVを制作したほんわか系ミディアムチューン「Stay the same」Alex Ruとの日中交流デュエットナンバー「Brave your heart」GIORGIO CANCEMI提供のミディアムR&Bバラード「Sun will shine on u」Michael Africk提供の大自然の雰囲気漂う大陸系ナンバー「Love one another」、アルバムを情熱的で陽気なテンションで締めくくる「ラララ*ラ」といった公式説明に偽りナシの様々な楽曲を収録。

アルバム全体をビシッと纏める象徴的な楽曲がないのでやや散漫な印象も残りますが、Mai Kクオリティを楽しめる1枚となっております。
スポンサーサイト

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

(ΘωΘ)meryland 2011 洋楽ALBUM 10(ΘωΘ)

お待たせいたしました。
2011年のお気に入り、洋楽アルバム編の発表です。

Jennifer Lopez
1位 Love? ♪Jennifer Lopez
RedOneらと組んで生まれたトレンドど真ん中の直球ダンスポップ&触り心地の良いゴージャスなパッケージで登場したJ.Loの復活作。アラフォーとは思えぬハジケっぷりが最高な1枚!!

Kelly Rowland
2位 Here I Am ♪Kelly Rowland
Davig Guettaとの「When Love Takes Over」のヒットで一時調子に乗ったものの、その後のシングルが思うようにヒットせず延期を繰り返していた元デスチャKellyの再出発作。リリースに漕ぎ着けたきっかけが陰気なR&Bチューン「Motivation」のヒットというのが何とも皮肉。R&Bに比重を大きく置きつつ、前述の実績をしっかりと反映したダンストラックも収録したバランスの良い1枚。

Lady Gaga
3位 Born This Way ♪Lady GaGa
バイクに変身したガガ様の全世界待望のニューアルバム。全17曲(Deluxe Edition)というボリューム感ながら、1曲1曲がどれもシングルカット可能なレベルの強烈な個性を持った超強力作。

Rihanna
4位 Talk That Talk ♪Rihanna
↑のガガ様と構図が同(ry
ダンスポップもR&Bもレゲエもバラードも何でも歌えるスーパースター・Rihannaの2011秋冬コレクション。Loudほど明るくなく、Rated Rほど暗くない、絶妙なバランス。

Britney Spears
5位 Femme Fatale ♪Britney Spears
ポップスターとしてのオーラを貫録を完全に取り戻した(※ただし、CDに限る。)Britneyの全編イケイケなダンスポップアルバム。1曲目からラストまで、同じテンションで楽しめます。

Mohombi
6位 MoveMent ♪Mohombi
RedOneの秘蔵っ子、ホモ臭い名前のイケメン・Mohombiのデビュー作。全編キャッチーなポップチューンで埋め尽くされた、どちらかといえば夏向けの1枚。

The Saturdays
7位 On Your Radar ♪The Saturdays
英国の良作ポップチューン量産グループ・The Saturdaysの2011年秋の新作。耳に心地よくキャッチーなメロディが満載のダンスポップアルバム。

Goapele
8位 Break of Dawn ♪Goapele
美形シンガー・Goapeleの5年ぶり3作目。Sade、Alicia Keys、Erykah BaduのエッセンスをMIXさせた聴き心地の良いR&Bアルバム。

Beyonce
9位 4 ♪Beyonce
先日、無事女児を出産したBeyonceのソロ4作目。先行シングル「不安だわ~♪」のぶっ飛び具合や「Best Thing I Ever Had」の美メロ感などBeyonceらしからぬ中途半端感が漂う中、「Love On Top」だけは星5つの出来。

Mary J. Blige
10位 My Life II...the Journey Continues(Act 1) ♪Mary J. Blige
2nd Albumの続編的タイトルが冠されたMJBさんの最新作。MJB版「Motivation」な「Mr.Wrong」の2番煎じ感が気になるものの、全編を通して貫録たっぷりのR&B/Hip Hop Soulを聴かせる安定感のある仕上がり。

(ΘωΘ)meryland 2011 邦楽ALBUM 10(ΘωΘ)

今回は2011年の邦楽ALBUM TOP10の発表です。

黒木メイサ
1位 MAGAZINE ♪黒木メイサ
内容はもちろん、雑誌風の凝った装丁も素晴らしかったメイサ様待望の1stフルアルバム。リリック、サウンド共にメイサ様のキャラクターを的確に捉えたパーフェクトな完成度には圧巻。

後藤真希
2位 愛言葉(VOICE) ♪後藤真希
活動休止を発表し、満を持してのリリースとなったavex移籍後、初のフルアルバム。これまでにリリースしたミニアルバムからの代表曲+avexらしさあふれるロックナンバー、ダンスチューン、バラードを各種取り揃え、安室・浜崎・倖田のエッセンスをすべて取り込んだ贅沢な1枚。

高橋 瞳
3位 PICORINPIN ♪高橋 瞳
5組にアーティストとのコラボレーションによってロックな新境地を開拓したガンダム歌手・高橋 瞳の3rd Album。ジャケット撮影の現場にお邪魔した経験もあり、個人的にとても思い入れの深い1枚です。

少女時代
4位 GIRLS' GENERATION ♪少女時代
少女時代の日本での1st Full Album。職場で腐るほど耳にした「Gee」を始め、日本オリジナルの新曲も収録したPOP/R&B色を押し出した作品。ちなみに、メンバーの顔と名前は未だに一切覚える気なしw 元routeφがいることしか知らん。

観月ありさ
5位 SpeciAlisa ♪観月ありさ
歌手デビュー20周年を記念した超豪華な企画盤。TK提供の「Don't Stop Now」のような懐かしさを感じる楽曲や、若手ミュージシャンとのコラボで新機軸を打ち出した意欲的な楽曲など、スペシャル感たっぷりな1枚。

北乃きい
6位 心 ♪北乃きい
肉便(ryこと、女優・北乃きいの1st Full Album。和テイストを盛り込みながらも、avexらしい王道サウンドを聴かせる作品。ここでも小室哲哉の仕事ぶりが素晴らしい。

DOUBLE
7位 WOMAN ♪DOUBLE
病気療養から復帰したTAKAKO姐さんの復帰作。K-POPアーティストのコラボなど、旬をがっちり押さえつつ、独自のR&B美学を美しく貫き通した極上のR&B作品。

MAA
8位 BubbleMan Engine ♪MAA
“和製Lady GaGa”ことMAAの1st Full Album。ポップでありながらもどこか毒気の残るサウンド、時に解読不能なリリック、妖艶なビジュアルと声で、不思議な世界へとトリップさせてくれる1枚。

JUJU
9位 YOU ♪JUJU
DVDを付けず1種リリースで勝負したJUJUの4th Album。切ないメロディを憂いの歌声で歌い上げ、年増ブスの哀愁をたっぷりと感じながら同情の念を禁じ得ない1枚。

KARA
10位 スーパーガール ♪KARA
少女時代とともにK-POPガールズグループの代表格として活躍したKARAの日本第2弾アルバム。ほぼベスト盤状態で聴きやすさ抜群!今後は韓国曲「STEP」で魅せたようなカッコ良さも日本語曲で見せてもらいたいものです。

テーマ:j-pop - ジャンル:音楽

(ΘωΘ)meryland 2011 洋楽SINGLE 10(ΘωΘ)

毎年恒例の企画、今回は洋楽SINGLE編です。

Beyonce
1位 Love On Top ♪Beyonce

昨年は御懐妊報道が話題を呼んだBeyonce。聴くとウキウキしてくる、ハッピーで愛に包まれたオールドスクールなミドルポップチューン。

Lady Gaga
2位 Born This Way ♪Lady GaGa

全世界待望の『Born This Way』からの1st Single。Madoona風の鬼キャッチーでメッセージ性に富んだポップナンバー。

Jennifer Lopez
3位 On The Floor feat. Pitbull ♪Jennifer Lopez

セレブなダンスポップディーヴァ・J.Loの完全復活をアピールした、ザ・反則技「ダンバダ」使いのまさしくフロア向けなダンスナンバー。

Lady Gaga
4位 Judas ♪Lady GaGa

『Born This Way』からの2nd Singleとしてドロップされた、これぞGaGa×RedOneな激キャッチーなダンスナンバー。

Musiq Soulchild
5位 Anything feat. Swizz Beatz ♪Musiq Soulchild

Musiqのまろやかな歌声が心地よいミッドダンサー。Swizzの絶妙なテンションも素晴らしい1曲。

Rihanna
6位 We Found Love feat. Calvin Harris ♪Rihanna

見事2011年最大のヒット曲の栄誉に輝いたRihannaのダンスポップチューン。Videoあんまり好きなじゃ(ry

Avril Lavigne
7位 What The Hell ♪Avril Lavigne

親しみやすいメロディながらも、意外と起伏が激しくキーの幅が広い、Avrilらしい元気なポップロックナンバー。

Jill Scott
8位 Shame feat. Eve & The A Group ♪Jill Scott

ネオソウルの女王によるオールドスクールなヒップホップソウル。この曲が収録されたアルバムは見事全米1位を獲得。

Britney Spears
9位 Till The World Ends ♪Britney Spears

犬猿の仲!?とも噂されたKe$haが楽曲提供した、Ke$ha色の強いダンスポップチューン。

Adele
10位 Rolling In The Deep ♪Adele

このご時世に欧米でCDバカ売れなAdele母さんの代表曲。実はアルバムは買っておりませんw\(^o^)/

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

(ΘωΘ)meryland 2011 邦楽SINGLE 10(ΘωΘ)

明けましておめでとうございます(・∀・)

今年も宜しくお願い致しますm(_ _)m

さて、今年も恒例の年間お気に入りランキングを発表させて頂きます。

ブログを書く時間がなかなか取れなかったという都合上、今年はTOP10の発表とさせて頂きます。
(本当はキッチリ20位ぐらいまで書きたかったんだけどねェ…。)

それでは、本日は邦楽SINGLE TOP10の発表です(`・ω・´)


Every Little Thing
1位 アイガアル ♪Every Little Thing

デビュー15周年を迎えたELTが贈る、爽やかでハートウォーミングなポップチューン。CDセールスはいまひとつだったものの、配信が好調で、a-nationでもオーディエンスからの圧倒的な支持を受け、ELT2010年代の代表曲が誕生しました。

モーニング娘。
2位 Only you ♪モーニング娘。

2011年に新人8人が加入したモー娘。の、9期メンバー加入後第2弾シングル。つんくが「命をかけて作った」と豪語した、カッコ良くてどこか辛気臭い、タカハシステム末期を彩った応援ソング。

倖田來未
3位 POP DIVA ♪倖田來未

Far East Movement「Lika A G6」LMFAO「Shots」を大胆にインスパイヤしたエレクトロダンスチューン。一歩間違えれば訴訟問題に発展しかねないにもかかわらず、その後、Far East MovementにRemixを依頼し、彼らのアルバムの国内盤ボーナストラックで共演を果たすという世渡り上手な展開は、まさしくPOP DIVA!!

AKB48
4位 フライングゲット ♪AKB48

顔面センター(  ∵  )さん主演の低視聴率ドラマなど、複数のタイアップが付き、嫌でも耳に残ったAKB2011年夏のシングル曲。“フラゲ”という言葉を一般化させた功績は意外と大きいのではないかと思います。「On the Bitch!」(^q^ )<あうあうあー などの空耳フレーズが仕込まれているのもポイント。

板野友美
5位 Dear J ♪板野友美

AKB48から満を持してソロデビューを果たした、Ms.公開処刑こと板野メンバーのデビュー作。大好きな安室奈美恵を意識しまくったスタイリングで、ハッタリ全開のDIVA感を出しながら拙い歌唱力で懸命に歌い上げた、痺れるほどクールなイントロが印象的なエレクトロポップチューン。よく頑張りました。

黒木メイサ
6位 One More Drama ♪黒木メイサ

ギ・ギギ・ギギギ・ギギギ・ギターの悩殺フレーズで、キットカットを噴かせまくったメイサ様のフラメンコなダンスチューン。フラメンコDVDのリリース経験をしっかりと音楽活動に活かした点に大変好感を持ちました(´∀`)

Berryz工房
7位 ヒロインになろうか! ♪Berryz工房

突如、Lady Gagaのコスプレを披露するPVが話題を呼んだ、Berryz工房のダンスチューン。ハロプロ平均年齢最年長グループとして、貫録やキャラもどんどん立ち始めた1年でした。

安室奈美恵
8位 Sit!Stay!Wait!Down!/Love Story ♪安室奈美恵

「CAN YOU CELEBRATE?」以来の月9主題歌となった両A面シングル。倉夫妻による個性派アップ「Sit!Stay!Wait!Down!」、見違えるほど向上した歌唱力を存分に生かしたバラード「Love Story」の2曲に加え、ツアーで披露してきた未発表曲も追加で収録し、結果的には4曲入りシングルとなった超太っ腹な豪華盤。

吉川友
9位 きっかけはYOU! ♪吉川友

モー娘。オーディション落選者・吉川友のソロデビュー曲。自身の名前に引っかけた王道のアイドルソングで、グループアイドル全盛の現代に、単身で殴り込みをかけました。同名のドキュメンタリータッチの主演映画も公開。3タイプ用意されたc/wどれもが良曲で、全部中古で揃えちゃったよね(´∀`)

Fairies
10位 More Kiss/Song for You ♪Fairies

VISION FACTORYによる怒涛のゴリ推しで、見事レコード大賞最優秀新人賞をゲットしたガールズグループ・Fairiesの超絶ゴリ推しデビューシングル。ダンススキルの高さを見せつけるための大人びたダンスチューン「More Kiss」、ヲタ芸大歓迎な王道アイドルチューン「Song for You」の2本立てで、アーティスト性とアイドル性をわかりやすく表現しています。




以上の結果となりました!

今年はいっくん以外全員女性になっちゃったな…(´∀`;)

洋楽SINGLE編、邦/洋ALBUM編と続く予定なので、引き続き宜しくお願い致します(`・ω・´)

テーマ:j-pop - ジャンル:音楽


ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。