(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE BEST OF YUKI KOYANAGI ETERNITY~15th Anniversary~ ♪小柳ゆき

小柳ゆき
1999年9月15日にシングル「あなたのキスを数えましょう~You were mine~」で衝撃的なデビューを果たした小柳ゆき。そんな彼女も今年の9月でデビュー15年目を迎えました。今作はデビュー15周年を祝う企画盤としてリリースされた小柳ゆきにとって3枚目のベストアルバム。(※バラードバストとSAで売ってるような非公認廉価版ベストを除く。)一見、手抜きのように見えるCDジャケットは、実は収録曲のPVやアートワークからインスパイヤされたエッセンスにより構成され、小柳ゆきの歴史を表現しています。

ここで1点気になるのが、今作がデビューから2007年まで在籍していたWarner Music Japanから発売されているということ。今年7月に発売された最新シングル「ひまわり」まではUniversal Musicからの発売だったので、15年目突入のタイミングで古巣Warnerへと戻ったのでしょうか?それとも、契約枚数がまだ消化しきれてなかったとか??10月には7年前のアルバムに収録されていた曲「One in a million」を今更シングルカットするし、どんな大人の事情があるのか、きちんと知りたいところです。

さて、内容に話を戻しましょう。
収録曲は以下の通り。
1.あなたのキスを数えましょう ~You were mine~
2.愛情
3.can’t hold me back
4.be alive
5.DEEP DEEP
6.beautiful world
7.my all..
8.remain~心の鍵
9.HIT ON
10.Endless
11.Lovin’ you
12.ON THE RADIO <日本語ヴァージョン>
13.恋のフーガ
14.誓い
15.Sunrise
16.あなたのキスを数えましょう -Orchestra Version-


1~13曲目までは2004年発売のPV集付き初ベスト「MY ALL」に収録済。ベスト初収録は14、16のみだし、前述の大人の事情もあってUniversal移籍後のシングルは未収録という、ファンとしては何の魅力も旨味も感じない内容というのが正直なところ。ですが、全盛期(初期)の曲しか知らないという方への【入門編】には最適な内容であると思います。

コアなファンへの訴求ポイントは16曲目の「あなたのキスを数えましょう -Orchestra Version-」…と言いたいところなんですが、コレ『Koyanagi the COVERS PRODUCT 1』のボーナストラックですよね。どうも声が若いと思った…。「Sunrise」もライブで聴きすぎたせいで、CDのオリジナルのアレンジを忘れていて、一瞬「おっ!」と思ったんですが、確認したらオリジナルのまんまでしたw
ということで、やっぱりコアなファンにとっては内容云々じゃなく、“出たから買う”“ご祝儀”の意味が強いかも。

より“今”の小柳ゆきを堪能したい人には、今年3月に発売された『YUKI KOYANAGI LIVE TOUR 2012 「Believe in yourself」 Best Selection』がオススメ。最前列でニヤつくピタ氏も観れるDVD付のLIVE盤です。
YUKI KOYANAGI LIVE TOUR 2012 Believe in yourself Best Selection(DVD付)YUKI KOYANAGI LIVE TOUR 2012 Believe in yourself Best Selection(DVD付)
(2013/03/27)
小柳ゆき

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

Love Collection~pink~/~mint~ ♪西野カナ

配信時代のNo.1歌姫・西野カナのデビュー5周年を記念した待望のベストアルバム『Love Collection』が発売されました。
CD2枚組で収めればいいものをわざわざ2タイトルに分けるというSONY独特の売り方で登場した今作。デビュー曲「I」から最新シングル「涙色」までの全シングルに加え、各オリジナルアルバムからのリード曲と新曲4曲を『~pink~』『~mint~』と題した2作品にランダムに振り分けた、親切なのか商魂逞しいのかよくわからんベストアルバムです。
西野カナ
『Love Collection~pink~』
1. GO FOR IT!!
Madonna「Give Me All Your Luvin'」をさらっとパクッてみた元気いっぱいな告白ソング。恋する女子たちは励まされ、告白される側の男子は(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブルになること必至。

2.Best Friend
後に発表された「私たち」とも通じる、中高生から多くの共感を呼んだであろう厚~く堅~い友情ソング。
こういう存在がいるって素敵なことですな(´∀`)
くれぐれも、同じ男を好きになって奪い合うことなんてないようにネ。

3.もっと…
西野カナの代名詞でもある「会いたい」のフレーズがこれでもかと登場する“会いたい病”全盛期の楽曲。
こんな糞面倒臭い女、重たすぎて無理(´Д`)っていうのが男の言い分だと思いますよ。

4.君に会いたくなるから
1st Album『LOVE one.』の先行シングルで、西野カナの『会いたいキャラ』を決定付けた1曲。

5.SAKURA,I love you?
理想的な彼氏をゲットしたはずなのに、元カレのことが頭から離れない…という糞ビッチな一面を見せてくれた桜ソング。

6.君って
どんな時も泣いたりしない強い「君」と、不器用で弱気な「私」を対比させながら、“ここにいるよ”“そばにいるよ”と青山テルマ的なスタンスで寄り添っていく決意を歌い上げたバラード。

7.涙色
冒頭から2人ことを思い出して泣き始め、I always cry~♪と歌い上げる、もはや一刻も早い心療内科の受診をオススメするレベルに涙が止まらぬ日々を送る女子が主人公の失恋ソング。

8.I
平井堅以来となる三重県出身の大物シンガー登場!という触れ込みもあった記念すべきデビュー曲。メーカーの営業さん曰く、音楽性は二の次で、歌が歌えてルックスもそこそこだからデビューさせたんだって。

9.Style.
そんなわけで音楽性をどこに定めていくのかさっぱりわからんままリリースされた3rd Single。PVでダンスに挑戦させられているところからも試行錯誤っぷりがうかがえます。

10.Join us!
今作用の新曲その①
ロッキッシュなパーティーチューン。

11.Esperanza
“真夏の恋が凍えてる”という新感覚のフレーズが話題を呼んだラテン系ナンバー。「あの子」へのメラメラと燃える嫉妬心が恐ろしい、ストーカーチューン。

12.MAYBE
ストーカー気質はこの曲でも遺憾なく発揮されています。私=君になりたいという危険な願望、過去の女への被害妄想的な嫉妬など、男子はこんな女と付き合ったら数か月で逃げたくなること必至!

13.君の声を feat.VERBAL(m-flo)
1st Album『LOVE one.』のリード曲。m-flo「let go」にも通じる世界観で、声を聞かせてと執拗に訴えまくります。

14.LIGHTS,CAMERA,ACTION
この女はディナーショーでもやろうとしてるのか?と勘繰りたくなるようなゴージャスなショータイムのテーマ曲のような趣の新曲。ayumi hamasakiさんが『Party Queen』の中盤でやってた世界観にヒントを得て、さらに上品に仕上げた感じ。

15.Alright
3rd Album『Thank you,Love』のリード曲。優等生的な応援歌ですな(´∀`)


西野カナ
『Love Collection~mint~』
1.Believe
「GO FOR IT!!」の2番煎じ感丸出しなアッパーチューン。こちらのネタ元はCarly Rae Jespen & Owl Cityの「Good Time」

2.私たち
女同士の友情をテーマにしたミディアムナンバー。親しい仲になると相手の方が自分のことを自分以上に知ってたり、また逆も然りっていうのは共感できますよね(´∀`)

3.会いたくて 会いたくて
「会いたくて会いたくて震える」という21世紀を代表すると言っても過言ではないパンチラインが登場する、西野カナの代表曲。震源地は西野カナ!

4.if
“会いたい病”の重たくて悲しい女のイメージを払拭すべく、運命や未来をテーマに現在進行形の恋愛を歌ったラブバラード。

5.Distance
【悲報】西野カナ、ストーカー化のお知らせ。
(ストーカー化は次作「Esperanza」まで続くのであった…。)

6.glowly days
初々しさの残る2nd Single。ロックがやりたいのかポップスがやりたいのか絶賛迷走中~。

7.MAKE UP
まだまだ方向性を模索中の4th Single。女子力に着目し、メイクをテーマにした楽曲を作ってみたよ☆

8.遠くても feat. WISE
着うたでヒットを記録した5th Single。ここでようやくその後の路線を確定できた模様。

9.Dear…
「遠くても」の遠くないバージョン。2曲とも伝えたいのは“Always love you”ってコト。

10.たとえ どんなに…
後悔と未練でいっぱいの失恋ソング。
このメンタルのまま、新しい彼氏を見つけた結果が「SAKURA I love you?」になります\(^o^)/

11.Be Strong
4th Album『Love Place』のリード曲。あの西野カナが成長した!!と世間を驚かせた詞の世界にご注目ください。これまでとは一味違った西野カナをお楽しみ頂けます。

12.Summer Girl feat. MINMI
2nd Album『To LOVE』のリード曲。ドライブにピッタリなサマーチューン。

13.Sweet Dreams
新曲その③
ポジティブな自己啓発系ポップチューン。

14.HAPPY HAPPY
新曲その④
タイトル通りハッピーな気持ちを精一杯に届けようというポップチューン。

15.Always
『愛』をテーマにした壮大なバラードナンバー。会いたくて震えたり、ストーカーしたり、“あの子”に嫉妬したりする西野カナはここにはいません!!ずいぶんと懐が深くなったようです。

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

a-nation stadium fes.2013/09/01@味の素スタジアム

a-nation
a-nation stadium fes.の東京公演2日目に行ってまいりました(・∀・)

15時過ぎに会場入りすると、既にステージではOPENING ACTのFAKYがMC中。
FAKY
1. Better Without You
2. Girl Digger


1曲目のパフォーマンスは残念ながら見れなかったんですが、この日初披露となる新曲「Girl Digger」のパフォーマンスは観ることが出来ました。カッコ良さは伝わってきたので、本格派ダンスヴォーカルグループとして、今後の活躍に期待ですね(・∀・)

その後、TRFのオーディションによって選ばれたAct Dancersによるパフォーマンス(今年はTRF「Because Of U」で踊りました。)があり、a-nation本編が開幕となりました。


続く

[Read More...]

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽


ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。