(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ΘωΘ)meryland 2014 洋楽ALBUM 10(ΘωΘ)

新春恒例の自己満足企画、最後は洋楽ALBUMのTOP10です。
こちらも対象作品は2014年発売のオリジナルアルバム。(ベストアルバム、配信限定EPは対象外)

■2013年の結果は⇒【こちら】

それでは、10位から4位までご覧ください。

Mariah Carey
10位 Me. I Am Mariah... The Elusive Chanteuse ♪Mariah Carey
タイトルとジャケ写が公開された時がピーク、2014年最大の出オチ作品がこちら。愛娘・愛息をフィーチャーする親バカっぷりを見せる等、パッケージから溢れ出る『悦』とディーヴァ感は半端なかったものの、内容に関しては、(商業的な面も含めて)空回りしている感が否めないものとなりました。
推し曲⇒「You Don't Know What to Do」「Meteorite」「Thirsty」

Goapele
9位 Strong As Glass ♪Goapele
凛とした佇まい、清涼感のある歌声が心地よい聴後感をもたらしてくれるGoapeleの最新作。Snoopを招いたディスコチューン「Hey Boy」や、所属レーベルの主宰者・Eric Benetとのアップナンバー「My Love」など、従来のネオソウルなイメージを覆すアップナンバーも収録。
推し曲⇒「Hey Boy feat. Snoop Dogg」「My Love feat.Eric Benet」「Some Call It Love」

Aloe Blacc
8位 Lift Your Spirit ♪Aloe Blacc
Aviciiの大ヒット曲「Wake Me Up」にfeat.され、一躍有名となった男性シンガーのオリジナル作。「Wake Me Up」のアコースティックバージョンでAvicii流れの新規客の好奇心を掴みつつ、アルバム全体的には味のある歌声を活かしたグルーヴ感のあるスタイリッシュなR&B/SOULを展開。
推し曲⇒「Soldier In The City」「The Man」「Here Today」

Aretha Franklin
7位 Aretha Franklin Sings The Great Diva Classics ♪Aretha Franklin
Queen of Soul、Aretha Franklinによるディーヴァ達の名曲カバー集。超大御所によるオリジナリティが炸裂したボーカルアレンジはもちろんのこと、AdeleとDiana Rossをマッシュアップする斬新な手法など、単なるカバーの域に収まらない圧倒的なパワーに満ち溢れた1枚。惜しむらくはアレンジの安っぽさ。サウンドが洗練されればもっと良くなったはず。
推し曲⇒「Rolling In The Deep」「I Will Survive」「I’m Every Woman」

Ariana Grande
6位 My Everything ♪Ariana Grande
先日発表した洋楽SINGLE部門でTOP10入りを果たした「Problem」「Break Free」が収録された、固定アングル系ディーヴァの2nd Album。黒歴史になる事などお構いなしに彼氏とのコラボ曲を入れ、Namie Amuroの後を追って葉加瀬太郎とコラボする等、【ディーヴァ度】アップへの飽くなき探求心とは裏腹に、My Everythingと銘打つほどでもないボーカリストとしての味の薄さが露呈したアンビバレントな1枚。
推し曲⇒「Problem feat. Iggy Azalea」「Break Free feat. Zedd」「Love Me Harder」

Pharrell
5位 G I R L ♪Pharrell
「Happy」が全世界的なブームを巻き起こしたPharrellの2枚目のソロ作。勢いに乗って作った急造作ではあるものの、逆にその真空パック感がプラスに働き、Justin TimerlakeやMiley Cyrus、Daft Punkなどが参加した2014年を象徴するトレンド感満載の1枚となりました。
推し曲⇒「Happy」「Gust of Wind」「Come Get It Bae」

Michael Jackson
4位 XSCAPE ♪Michael Jackson
マイコーの死後3作目となるアルバムは、未発表のデモ音源をTimbalandやRodney Jerkinsがボーカル素材を一切イジることなく「コンテンポライズ(現代化)」させた、懐かしさと新しさが融合した奇跡の新曲集。現代風でありながらも、やりすぎないトラックメイキングのおかげで、懐かしさも感じさせるバランス感覚の優れた1枚に。
推し曲⇒「Love Never Felt So Good」「Slave To The Rhythm」「Xscape」

残るはTOP 3の発表!!


[Read More...]
スポンサーサイト

(ΘωΘ)meryland 2014 邦楽ALBUM 10(ΘωΘ)

新春恒例自己満足企画、第3弾の今回は邦楽ALBUM TOP10の発表です!
対象となる作品は、2014年にリリースされたオリジナルアルバム及びカバーアルバム(セルフカバーを含む)。
(※ベストアルバム、配信限定EP等は対象外とさせていただいております。)

■2013年のランキングはこちら⇒【2013年】

それでは、10位から4位まで一気にご覧頂きましょう。
(※一部作品は画像クリックで感想記事に飛びます。)

Every Little Thing
10位 FUN-FARE ♪Every Little Thing
ELTの通算11枚目となるオリジナルアルバム。タイアップ曲をふんだんに詰め込んだ耳馴染みの良いポップソングが並ぶ充実作。今の音域に合った曲ばかりなので安心して聞ける1枚になっています(´∀`)
推し曲TOP 3⇒「ハリネズミの恋」「START」「キミト」

梅田えりか
9位 erika ♪梅田えりか
元℃-uteメンバーでモデルの梅田えりか(a.k.a.テンション上げ子)がソロシンガーとして再デビューを果たした記念すべき1枚。伊秩弘将によるSPEED風な名曲「Waitin' for your Love」や、MOMO"mocha"N./U-Key zoneコンビを起用したアイドル寄りPOPソングなど、ミニアルバムでありながらも充実した内容で、今後の活躍への期待も膨らむ作品でした。
…が、しかし、残念ながらリリースの半年後には事務所を辞めていたことが発覚\(^o^)/
推し曲TOP 3⇒「Waitin' for your Love」「White Anniversary」「All for U!」

加藤ミリヤ
8位 LOVELAND ♪加藤ミリヤ
デビュー10周年を迎えたミリヤ嬢のオリジナルとしては7枚目となる作品。友情、片思い、ワンナイト・ラブ、自己愛、LGBTなど、多種多様な『愛』の在り方について歌い上げた全14曲を収録。惜しくも今回の選には漏れましたが、女性アーティストとのコラボが目白押しのデビュー10周年記念盤『MUSE』も捨て曲なしの良作でした。
推し曲TOP 3⇒「Lonely Hearts」「Love/Affection」「UNIQUE」

YUKI
7位 FLY ♪YUKI
奇跡の42歳、YUKIが世に放ったダンスアルバム。個人的にここ5年くらいはイマイチピンとこない曲が続いて、気持ちが離れていたんですが、【踊れるダンスアルバム】というコンセプトに釣られて聴いたところ、見事にヤラれてしまいました(´∀`)単なるダンスミュージック集ではなく、Hip Hopからバラードまで様々なジャンルをポップに纏め上げた傑作。
推し曲TOP 3⇒「 誰でもロンリー」「はみだせ ラインダンスから」「Jodi Wideman」

椎名林檎
6位 日出処 ♪椎名林檎
前作『三文ゴシップ』から5年半ぶりとなったオリジナルアルバム。単なるシングルの寄せ集めではなく、アルバムを1つの芸術作品として捉えている彼女ならではの、日本の文化・芸術・精神性などに対する矜持が、繊細かつ大胆、鮮やかに描き出された1枚。
推し曲TOP 3⇒「ありきたりな女」「自由へ道連れ」「ちちんぷいぷい」

DIVA
5位 DIVA ♪DIVA
48グループ初の飼い殺し系本格ダンス&ボーカルユニットの1stにしてラストとなったセルフタイトル作。シングル曲はもちろんのこと、珍カバー、R&B、アニソン風、王道avexサウンド、E-girls風、大島優子作飼の退屈バラードなど、最後だから何でもアリ!ここまで統一感の無いアルバムも珍しいのではないでしょうか。
推し曲TOP 3⇒「一人想い」「You should know it...」「DISCOVERY」

華原朋美
4位 MEMORIES-Kahara Covers- ♪華原朋美
2014年はカバー芸人として水を得た魚の様に小室曲を歌い倒した華原朋美さん。本作には小室楽曲4曲を含む、80~2000年代の名曲カバーを収録。「M」や「my graduation」などの非小室楽曲でもTKへの執念深い思いを感じさせ、カバーの新たな概念を作り上げました。
推し曲TOP 3⇒「my graduation」「恋しさと せつなさと 心強さと」「DEPARTURES」

さて、残るはTOP 3!!!!


[Read More...]

(ΘωΘ)meryland 2014 洋楽SINGLE 10(ΘωΘ)

新春恒例・自己満足企画第2弾、
今回は洋楽のSINGLE TOP10を発表致します(`・ω・´)

■2013年のランキングはこちら⇒【2013年】

それでは、10位から4位まで一気にご覧ください。
(※画像クリックでYoutubeに飛びます。)

Mariah Carey
10位 You Don't Know What To Do feat.Wale ♪Mariah Carey
あらひゃだ、このジャケット、この記事の為に用意して初めて見たけど、お顔の位置(だけじゃなく全て)が不自然だわ!
フォトショの限界に挑戦したNew Albumからひっそりとシングルカットされたディスコナンバー。アルバムの中では同系統のディスコ曲「Meteorite」もお気に入りの1曲。

Sia
9位 Chandelier ♪Sia
Beyonce、Rihannaなど数々の大物への楽曲提供で知名度を上げたシンガーソングライター・Siaの4年ぶりとなった最新作『100 Forms of Fear』からの1st Single。一時期はドラマ『ファーストクラス』のCMにも使われていました。「Clap Your Hands」のようなにぎやかでポップな印象が強かったので、「ミイラ取りがミイラになったように、Rihannaに曲書いてたらRihannaみたいになってしまったわ…けど、曲が良いからまぁ問題ないわね!」というのがこの曲を含めた新作への率直な感想。

Taylor Swift
8位 Shake It Off ♪Taylor Swift
カントリーを捨て、ポップ路線に突っ走って行ったテイ子。「気にしてなんかいられないっ!」という糞邦題がイラっとくるこの曲、ayumi hamasaki「ローリン音頭」をインスパイヤしたMVがきっかけでハマりました。それまで、どんなに売れていようとテイ子の事なんて全く興味がなかったのに。あゆ美さんの影響力ってホント偉大!!

Iggy Azalea
7位 Black Widow feat.Rita Ora ♪Iggy Azalea
2014年に大ブレイクした女性ラッパー・Iggy Azaleaが、ネタキャラとして愛されるセレブワナビーな偽RihannaことRira Oraをフィーチャーした和テイストなナンバー。『キル・ビル』をイメージしたMVがお見事でした。Rita Oraといえば、addidasとコラボしたものの日本のメディアでは「リタオラ…?誰…?」状態だったことが忘れられませんね(´∀`)(「王様のブランチ」でaddidasの商品が紹介されたとき、出演していた女子リポーター3人ともRita Oraのこと「知らな~い♪」って当然の如く言い放ってクッソワロタwww)

Nicki Minaj
6位 Anaconda ♪Nicki Minaj
“俺のアナコンダはお前にデカイ尻がなきゃ興味がない”という下品なフックに合わせて、デカ尻の魅力を語るだけじゃなく、最後には“ガリガリ女は糞喰らえ!”と毒づくお下劣ソング。ご覧の通りのダイナマイトボディでラップするから、「はいはい、その通りです。」と敬服するしかありません。2丁目で短髪髭のオカマが、キショガリ相手に毒づいてるのとは説得力が違います。

Goapele
5位 Hey Boy feat.Snoop Dogg ♪Goapele
ミーハーな選曲が多い中、唯一当ブログらしいオリ~ジナリティ~!!が出ているのがこちらの楽曲ではないでしょうか。オークランド出身のR&Bシンガー・GoapeleがSnoop Doggをフィーチャーしたグル―ヴィーなディスコチューン。心地よいグルーヴはもちろん、Goapeleの清涼感のある歌声も相まって、極上のFeel Good Musicとなっています。

Ariana Grande
4位 Break Free feat.Zedd ♪Ariana Grande
可愛さ売り一辺倒だったの若手ホープが、ドキャッチーなEDMポップとスターウォーズ風の安いMVでコメディエンヌとしての一面を見せた1曲。この曲と徹底した固定アングル芸の確立で、愛すべきヤングディーヴァの1人へと一皮剥けた印象です。


さて、残るはTOP 3!!!


[Read More...]

(ΘωΘ)meryland 2014 邦楽SINGLE 10(ΘωΘ)

明けましておめでとうございます。
今年も(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)にご訪問頂き、ありがとうございます。

さて、本年も新年恒例企画、年間BESTの発表を行います。
2014年度は、PCの故障や仕事でなかなか自由に音楽を聴く時間がなかったことなどが影響し、
全部門TOP10の発表とさせて頂きます。

今回は邦楽のSINGLE TOP10を発表。
(原則としてCD SINGLEとして2014年に発売されたものを対象としています。)
※ちなみに、2013年度のランキングはこのような結果でした⇒【2013年】

今回もカウントダウン形式でお送りします。

それでは、10位から4位まで一気にドーーーン!!!
(※画像クリックでYoutubeに飛びます。)

℃-ute
10位 I miss you/THE FUTURE ♪℃-ute
新・ハロプロリーダー、矢島舞美を擁するアイドルグループ・℃-uteの現時点での最新シングル。「I miss you」は3つのサビメロが同時に存在する複雑な楽曲構成で、コーラスワークを重視するハロプロ初期のスピリットを継承しつつ、少女の孤独感を歌うプラチナ娘。的なスタイルを提示した意欲作。両A面のもう1曲「THE FUTURE」は、モーニング娘。'14「What is LOVE?」と同系統のパワフルでロックなEDM調ナンバー。これからのハロプロを人気・実力面で引っ張っていくのは間違いなく彼女達なのです。

平井堅
9位 グロテスク feat.安室奈美恵 ♪平井堅
歌うカミングアウト・堅姐さんと日本のNo.1ゲイアイコン・Namie Amuroが夢のコラボレーション。Namieの既存曲(「Make It Happen」)の焼き直し感の強いトラックでありながらも、“マウンティング”と“自己愛”というゲイのトレンドをがっちり掴んで離さない世界感を描き、『ファーストクラス』に歓喜するオキャマ達から熱烈な支持を受けたのであります。

MAX
8位 情熱のZUMBA ♪MAX
2013年の大ヒットナンバー「Tacata'」に続け!とばかりに発表されたインパクト勝負のラテンダンスナンバー。
(・∀・)<♪ズンバズンバズバ ズンバズンバズバ ズンバズンバズバ ズン バンバンバ のフレーズの中毒性はもちろん、“所詮海辺の恋はZUMBA”という迷フレーズ、「Let me see ya 尻軽デス!」というノリノリな合いの手、それに応えるようにSomething Newが解放されちゃったアラフォー女子が踊り狂う!これぞ2014年の神KUSO曲!!

石川さゆり
7位 暗夜の心中立て/名うての泥棒猫 ♪石川さゆり
“石川さゆり×椎名林檎”という、「女の業」を歌わせたら右に出る者は居ないであろう2人による豪華コラボレーションが実現した本作。花魁心模様的な情緒を感じさせる艶歌「暗夜の心中立て」、ザ・ピーナッツをイメージして書き上げたハードボイルドな昭和歌謡「名うての泥棒猫」と、異なる魅力を放つ2曲をカップリングした2014年のベストコラボレーション作品。

モーニング娘。'14
6位 TIKI BUN ♪モーニング娘。'14
8代目リーダー・道重さゆみの卒業シングルとなった本作は、DJプレイ的な擬音をタイトルに冠した“自分のポリシーを貫き通す芯の強さ”を歌ったメッセージソング。メンバーに贈る曲というよりは、病に倒れたつんくが、自分自身に向けて綴った応援歌のように受け取れます。⇒【歌詞】カップリングには、“可愛い”がギュッと凝縮された道重さゆみの卒業記念ソロ曲「シャバダバドゥ~」と、残されたメンバーによる道重リーダーへの感謝の念が込められた演歌「見返り美人」を収録。

DIVA
5位 DISCOVERY ♪DIVA
AKB48グループから初の本格ダンス&ボーカルユニット誕生!という触れ込みでデビューしたものの、長らく飼い殺し期間の続いたDIVAがようやく再始動!…と思いきや解散www ラストシングルとなった今作は、秋元康に「決め打ちで(AKBのシングルに)小室曲どうですか?」と自ら売り込んできた小室哲哉に丸投げし、H Jungle with Tのカバーを含めて4曲をTKがプロデュース。表題曲「DISCOVERY」は、そのフレーズの使い方にダサさを感じざるを得ないものの、作詞作曲だけでなく編曲まで手掛けた純度100%の小室サウンドで、TKフリーク必聴の1曲。モロにglobeっぽい「Surrender」や、オリエンタルな雰囲気の「Believe in myself」など、各Type別に収録されているc/w曲もTKらしい良作揃い!

伊藤萌々香
4位 Poker Face ♪伊藤萌々香
フェアリーズ、待望の1st Albumの中の唯一の新曲として収録されていた楽曲「Poker Face feat.MOMOKA」を、『伊藤萌々香ソロデビュー曲』としてまさかのシングルカット。モーニング娘。'14「What is LOVE?」への挑戦状的な攻めたトラックに、SPEEDイズムを継承する伊秩メロディを乗せたアップナンバー。“Virgin傷ついた日は壊れそうになるけど”と処女喪失の痛みをクールに歌い上げています。(嘘) meryland awards 2014で最優秀c/w SONGを受賞したc/wの「LOOK AT ME!!」も必聴。


TOP 3の発表は続きを!!


[Read More...]

ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。