(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LOVE ENHANCED single collection ♪安室奈美恵

安室奈美恵
産休から復帰し、Dallas Austinとの仕事や小室哲哉プロデュースからの卒業を経験した“人妻”時代のシングルをまとめた安室奈美恵のベストアルバム『LOVE ENHANCED single collection』です。単なるシングルの寄せ集めではなく、歌い直しやアレンジを変えたものが収録されているのがこのアルバムの特徴です。

【収録曲】
1.Say the word★★★★★
小室離れ第1弾シングルとなったダンスナンバー。オリジナルはデンマークのJeanette Debbという歌手の同名曲。今作には、2001年の年末からTVで披露し始めたシングルバージョンとは異なるアレンジのニューバージョンを収録。R&B色を強めたクールなダンス映えするトラックになっています。

2.RESPECT the POWER OF LOVE★★★★★
発売日に母親を失うという悲劇に見舞われ、チャート上でも「だんご3兄弟」に負け初登場2位・・・と、何かと暗い話題が付きまとう復帰第2弾シングル。楽曲自体は、どことなく名曲「Don't Wanna Cry」を彷彿とさせるような黒人コーラス入りのTK流R&Bポップスに仕上がっています。リリース前にオンエアされていたCMでは♪誰かにつ~たえ~たい マ~イフェイバリ~ マイフェ~イバリ~ だったのにCDになったらだいぶ歌詞とメロディに手直しがされててビックリ。ファッション面では、PV/ジャケットで身に着けていたタトゥ風ブレスレットを流行らせました(・∀・)

3.NEVER END★★★★★
2000年に開催された『九州・沖縄サミット』のイメージソングとして製作された小室哲哉渾身の1曲。小室哲哉にとって2000年代最大のヒット曲です。♪ネ~バエ~ン というサビがとても耳に残ります。当時、高音になるとマイクを離しまくって苦しそうに歌っているのが印象的でした(´∀`;) 今作にはボーカルを録り直したものを収録。

4.LOVE 2000★★★★
バッハ「小フーガ ト単調」のフレーズを引用した当時のクラシック傾倒なTKの趣味が反映された1曲。Sheila E.による激しいドラム・パーカッション捌きと「略奪」や「殺人」を嘆く怒りにも似た感情表現がリアルに響く、無機質でサイバーなイメージを纏った強烈なメッセージソング。今作にはNew mixで収録。

5.PLEASE SMILE AGAIN★★★★☆
明治製菓『Fran』のバカ売れと高評価に大貢献したと思われるCMソング。安室奈美恵本人の希望を汲んでTKが制作したロックなダンスナンバー。テレフォンカードを当てるために『Fran』を食いまくって太ったのも今となっては良い想い出(´∀`) 今作にはNew mixで収録。

6.think of me★★★☆
Dallas AustinプロデュースのR&Bバラード。アレンジとボーカルを変えて収録しています。R&Bシンガー的に自己陶酔した歌い方が明らかに力量不足だったオリジナルと比べると、しっとりと肩の力が抜けた余裕のある歌に変わっていて成長を感じさせます。

7.SOMETHING 'BOUT THE KISS★★★★☆
Dallas Austinとの初タッグが実現した本格的なR&Bナンバー。デモテープをMonicaが歌っていたという逸話が残っています。今作にはボーカルを録り直した英語ラップ入りバージョンを収録。

8.lovin'it(NAMIE AMURO & VERBAL)★★★★
9.11を受けて企画されたチャリティープロジェクト・song+nationのシングル第3弾としてリリースされたm-floVERBALとの共演曲であり、久々の小室曲となった1曲。HIP HOPビートを下敷きに、人との出会いの素晴らしさを歌い説いていくメッセージソングです。

9.I HAVE NEVER SEEN★★★☆
産休明け第1弾シングルとしてリリースされ、見事初登場1位を獲得したヒットナンバー。今作にはシングルバージョンとは全く印象の異なるリアレンジ&再録バージョンを収録。ムーディーでメロウなスロウナンバーへと劇的な変貌を遂げています。

10.HimAWArI★★★★
アルバム『break the rules』収録曲の歌い直しバージョン。コンディションの悪い状態でレコーディングされたオリジナルへのリベンジ的な意味が強い1曲。ただし、個人的にはオリジナルの精一杯に伸びやかな歌い方の方が好き。

11.no more tears★★★★★
「think of me」と両A面でシングルカットされた小室哲哉プロデュースの軽やかなPOP/R&Bナンバー。いい意味でTKらしくないさらっとした洋楽テイストが心地よすぎる1曲。この曲を最後に小室プロデュース時代は終了。

12.I WILL★★★★★
事務所の後輩・w-inds.hiroへの楽曲提供でおなじみの葉山拓亮が作曲、安室奈美恵本人が作詞を手掛けた珠玉のバラードナンバー。こんなにいい曲なのに初登場7位だったときは\(^o^)/オワタと思いました。


【最高位3位/305,040枚】
★★★★☆
スポンサーサイト

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント


誰がなんと言おうとSOMETHING 'BOUT THE KISSは名曲やと思うわぁww 発売当時は正直「何この曲orz」ってj感じやったけど、中1ぐらいからその良さがジワジワ分かってきた気がするww

ベストも発売されたことやし、ほかのアルバムも聴きなおしたいところやけど、時間が作れないんよなぁ・・・歌い直しの多いこのベストも久々に聴いてみたい(・∀・)ニヤニヤ
【2008/08/03 06:39】 URL | KEN1 a.k.a. ケンイチ #- [ 編集]

>健ちゃん
自分はパソコンおかしくなったのがいいきっかけになって
ベスト3枚を一気に聞いたりしたよ(・∀・)
昨日、『BEST FICTION』を買いに来た海外のお客さんに
「他にも奈美恵のベストアルバムっあるの?」って聞かれて
このアルバムを1枚売ることに成功したv(・∀・)v
『181920』は在庫切れだった(ノ∀`)アチャー
「何この曲」感が強かったのは「toi et moi」かなw
初めて聞いたときに感じたポケモンとの違和感が凄かったw
【2008/08/03 13:44】 URL | ピタ #- [ 編集]


「I Will」好きなんだねー(・∀・)
確かに7位だった時のショックはすさまじかったw
「think of me/no more tears」もシングルカットじゃなくて予定通り先行シングルで出してたら、「低迷」なイメージがつかないで一気に人気が下がることもなかった気がするんだけど、どー思う?
「no more tears」は中学の時に友達にも大人気だったんだよ♪
「HimAWArI」も「I have~」もあのウィスパー歌唱はどーかと思ってたw
【2008/08/04 17:05】 URL | ポニー♂ #- [ 編集]

>ポ兄♂ちゃ~ん
「I WILL」はラジオ初ON AIRの時から
「これはヤバイ!!名曲だ!!」と思って、発売を楽しみにしてたのに
いざ発売されたらTOP5にも入らずに\(^o^)/オワタ
しかも、同じ日に小柳氏も「HIT ON」を発売して壮絶脂肪したから
自分にとってはW\(^o^)/オワタだったw
「think of me/no more tears」は「no more tears」を1曲目にしなかったのが気に食わなくて
ずーっと某お友達と文句言ってた気がする。
「I HAVE~」の新録は今は受け入れられるけど、
当時は超絶劣化\(^o^)/オワタと思ったw
【2008/08/05 00:32】 URL | ピタ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://mery2410.blog49.fc2.com/tb.php/1150-6004fc51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。