(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ΘωΘ)meryland 2009 邦楽ALBUM 20(ΘωΘ)

2009年年間ランキング企画第3弾。今回は(ΘωΘ)meryland 2009 邦楽ALBUM 20(ΘωΘ)を発表します。 2009年に発売された邦楽のオリジナルアルバムを対象としたランキングです。(※BEST盤、REMIX ALBUMは除外。)
■(ΘωΘ)meryland 2009 邦楽SINGLE 20(ΘωΘ)は⇒こちら
■(ΘωΘ)meryland 2009 洋楽SINGLE 20(ΘωΘ)は⇒こちら


早速、1位から10位までを発表します。
※画像クリックで感想記事に飛びます。

後藤真希1位 SWEET BLACK ♪SWEET BLACK feat. MAKI GOTO
20代女子応援プロジェクト「SWEET BLACK」から生まれた後藤真希のミニアルバム。SWEET BLACK feat. MAKI GOTO名義ではあるものの、avexに移籍して初のリリース作品ということで、これまでのつんくサウンドとは比べ物にならないほどに洗練されたR&B/POPナンバーを多数収録し、新たな魅力をしっかりとアピール。プロジェクトの幕開けを飾ったクールなエレクトロR&Bチューン「Fly away」KGとの極上美メロミッド「Tear Drop」、巨漢ラッパー・BIGGA RAIJIとのダンスホールナンバー「Queen Bee」など、粒揃いの全8トラックを収録。



安室奈美恵2位 PAST<FUTURE ♪安室奈美恵
『BEST FICTION』の大ヒットに甘んじることなく、更なる高みを目指し進化し続ける安室奈美恵の最新作。シングル曲は「WILD/Dr.」の2曲のみという挑戦的な内容で届けられた今作は、T.Kura/michico夫妻Nao'ymtというおなじみの顔触れの他に、Jeff MiyaharaHIROU-Key zoneなど多彩な制作陣を迎え、転換期の傑作『STYLE』の進化版のようなバラエティに富んだ仕上がりに。中でも唯一のバラードナンバー「The Meaning Of Us」は、様々な人生経験を積んだ安室奈美恵だからこそ説得力を持って胸に響いてくる今作のハイライト。



モーニング娘。3位 プラチナ9DISC ♪モーニング娘。
9人のメンバーでリリースされたモーニング娘。通算9枚目のオリジナルアルバム。中国語パートも登場する合唱曲「雨の降らない星では愛せないだろう」、挑発的なタイトルが印象的な光井愛佳が歌うアイドルソング「私の魅力に気付かない鈍感な人」、穏やかなボーカルに癒される亀井絵里のソロ曲「片想いの終わりに」、毒舌娘。道重さゆみの衝撃的ソロ「It's You」久住小春ジュンジュンリンリンによるコミカルなアイドルソング「グルグルJUMP」など、メンバーの個性を活かした様々なタイプの楽曲を収録したポップアルバム。吉澤ひとみ藤本美貴在籍時代のシングル「悲しみトワイライト」も収録。



倖田來未4位 TRICK ♪倖田來未
倖田來未7作目のオリジナルアルバム。Christina Aguileraを彷彿とさせる「show girl」、モロにFergie「Bling Bling Bling feat. AK-69」、そのFergieとの共演作「That Ain't Cool」といったセレブ志向ポップス、羊水騒動からの復帰作となった「Moon Crying」、先行シングルの「stay with me」などのバラード、エレクトロな神曲「TABOO」、爽快感たっぷりの「Driving」などのアップ「TABOO」を手掛けたHIRO制作の「Your Love」、友情を歌ったゆるふわ系な「JUST THE WAY YOU ARE」などのミディアムナンバーと、バランス良く様々なタイプの楽曲を取り揃えた娯楽性の高い作品。



西野カナ5位 LOVE one. ♪西野カナ
着うた系ヒット歌手の代表的存在・西野カナの1st Album。今でこそ、着うた系のイメージが定着していますが、現在の方向性を決定付けた「遠くても feat. WISE」、先行シングル「君に会いたくなるから」m-flo「let go」を彷彿とさせるVERBAL参加のバラード「君の声を」のようなR&B路線だけでなく、ポップロック系なデビュー曲「I」、お化粧をテーマにしたポップチューン「MAKE UP」など、“着うた系R&B路線”に焦点を定めるまでの紆余曲折が滲み出た作品に。



加藤ミリヤ6位 Ring ♪加藤ミリヤ
自身最大のヒット作となったミリヤの4th Album。Stargate風のミッド「この街のどこかで」、華やかなホーンに彩られたパーティーチューン「Dance Tonight」、ジャジーな3拍子バラッド「Love me,hold me」など、20代最初の作品ということで全体的に落ち着きのあるトラックが増えた印象。しかし、会いたい会いたいとしつこく歌い上げるリード曲「Aitai」、重度の被害妄想で聴き手を苛立たせる「20-CRY-」など、異常ともいえる構ってチャンぶりを炸裂させるミリヤ節も健在。



YU-A7位 You Are My Love ♪YU-A
和製Destiny's Child=Foxxi misQのメンバー、YU-Aのソロデビュー作。着うたヒット系の切ないミッドチューン「嫌いになれたら」、本家の歌唱力を凌駕したように聞こえるELTのカバー「Time goes by」Stylistics「You're Everything」ネタという制作側の遊び心が垣間見れるミッド「大好きだから」Foxxiイズムを感じるアップ「Ah Yeah!!」など、Foxxi misQでのCoolでSexyなイメージを封印し、GirlyでCuteな魅力を振りまく作品に仕上げています。彼女のソロ活動を軌道に乗せた童子-T「願い feat. YU-A」もボーナストラックとして収録。童子兄さんの声が大変邪魔です。



Perfume8位 ⊿ ♪Perfume
『トライングル』と読むPerfumeの2nd Album。今回も中田ヤスタカが全曲プロデュースを担当し、オリコン1位を獲得したシングル「love the world」「ワンルーム・ディスコ」などを含むキャッチーなテクノポップチューンが満載。中でも、英単語を発していくだけの問題作「Speed of Sound」の異端ぶりと、PWLサウンドを彷彿とさせる哀愁ポップ「I still love U」の存在感が圧倒的。



三浦大知9位 Who's The Man ♪三浦大知
三浦大知の約3年ぶりとなる2nd Album。前作ではまだ17歳だった彼も、20歳を超えた立派な大人になりました。Nao'ymtが手掛けたダンス映えするエレクトロなアッパー3連発から始まり、メロウなバラード、ゲストラッパーを招いた楽曲、アルバムのカラーに合わせた既発曲のR&Bリミックスなどバラエティに富んだ内容で、前作からの成長ぶりが十分に感じられるR&Bアルバム。失恋・片想い・恋人への配慮の無さを悔いる曲など、恋が成就しない曲が多いのはなぜ?w



Aira Mitsuki10位 PLASTIC ♪Aira Mitsuki
D-topiaが仕掛けるテクノポップアイコン・Aira Mitsukiの2nd Album。Perfumeに負けず劣らずのキャッチーさを誇るシングル曲群はもちろんのこと、AYUSE KOZUEの無駄使いな「Summeeeeeeeer set」、前作収録曲を□□□を招いてリメイクした「夏飴」SBKShigeoを招いた独特の浮遊感に包まれるエレクトロチューン「Time is」、完全にJusticeへの当てつけな「Re:†」など、やりたい放題なエレクトロモンスターALBUM。中でも、今作の象徴的なエレクトロポップチューン「プラスティックドール」で歌われる諦めにも似た絶望的な世界観は、鬱モードに入った時に異常なシンクロ率を叩き出す、2009年度最高の鬱アンセム。



11位~20位は続きをご覧ください。


AYUSE KOZUE11位 Simply Good ♪AYUSE KOZUE
DTMシンガーソングライター・AYUSE KOZUEの2nd Album。どこかで見覚えがあるようなジャケットですが、ブックレットでは彼女の個性が炸裂。M.I.A.のようなぶっ飛びサウンドを聞かせる「ヤミツキ」、宇多田エッセンスを多分に盛り込んだ「Un-controllable~いつでも君だけ~」、彼氏の浮気を疑う女性の心理を淡々と切り取った「バンビのしっぽ」、スペーシーなミディアムR&B「LUV CRUISIN'」、グルーヴィーに突き進むアップ「How Beautiful」など、こちらの想像以上の引き出しの多さを見せつけてくれたポップアルバム。



m.o.v.e12位 Humanizer ♪m.o.v.e.
プロデューサー兼メンバーの木村貴志がグループを離れたm.o.v.e.の、原点回帰をテーマに掲げた約3年ぶり9枚目のオリジナルアルバム。内容はまさに原点回帰そのもので、『頭文字D』の主題歌を歌っていた頃のような疾走感溢れるユーロビートはもちろん、Favorite Blueすら想起させる「KEEP ON MOVIN'」など、90年代後半のavexサウンド好きにはたまらない仕上がり。難解な方向に行き、途中リタイアしたファンも難なく付いて来られるわかりやすい内容です。



Buono!13位 Buono!2 ♪Buono!
Hello!Projectのロックアイドル・Buono!の2nd Album。夏焼雅がメインを務めた切なすぎるメロディと歌詞が胸を締め付ける「消失点-Vanishing Point-」RIZE金子ノブアキが参加した嗣永桃子メインの切なパンク「I NEED YOU」鈴木愛理がメインを務めた伸びやかなミディアムナンバー「OVER THE RAINBOW」と、それぞれのメンバーがメインを務めた楽曲群がどれも秀逸。さらに、友達以上恋人未満の関係の切なさを歌った「You're My Friend」Coldplay「Viva La Vida」を彷彿とさせるエンディング曲「ゴール」なども名曲。



多和田えみ14位 SINGS ♪多和田えみ
沖縄出身のシンガー・多和田えみの1st Full Album。これまで発表してきた3枚のEPの中からの代表曲に新曲をプラスした半ベスト盤的な構成であるものの、自身のバンド・The Soul Infinityとのセッションにより新たに録り直したトラックもあり、聴き応えのある作品に。楽曲も良いですが、この人の魅力は何と言っても魂を感じる味のある歌声。CMでおなじみのカバー「Dance To The Music/Joy To The World」中島美嘉ライクなバラード「月のうた」など、わかりやすく耳馴染みの良い楽曲も収録されているので、未聴の方は是非1度試聴を。初回生産限定盤のDVDもかなり見ごたえあり。



Superfly15位 Box Emotions ♪Superfly
2作連続のアルバムチャート1位を獲得したSuperflyの2nd Album。個人的に“偽DELICO”のイメージを拭いきれなかった1stは未購入のまま終わりましたが、よりPOPでコマーシャルな楽曲が増えた今作は聴きやすさ倍増。ドラマのテーマソングに起用された「Alright!!」、グルーヴィーなロックチューン「恋する瞳は美しい」などの勢いのあるロックナンバーはもちろんのこと、平日朝のテーマソングとなった「やさしい気持ちで」や儚い世界観が表現された「春のまぼろし」などの心の琴線に触れるメロディアスな楽曲なども取り揃えた感情の坩堝的作品。



BENI16位 Bitter & Sweet ♪BENI
avexからUNIVERSALに移籍し、BENIとして再スタートを切った元・美少女クラブ安良城紅の勝負作。R&Bに路線をシフトし、着うたでのヒットにより、アイドルから同性支持率の高いアーティストへの路線変更を見事成功させた今作は、10万枚を超える自己最大のヒットを記録。アップテンポでも比較的落ち着いたイメージの楽曲が並び、似通った印象を持つ曲もちらほら見受けられますが、同性の心をがっちりと掴んだリリックが印象的な“女子力”の高い作品に仕上がっています。※5曲目で童子兄さん警報発令。



ravex17位 TRAX ♪ravex
☆Taku Takahashi(m-flo)、Fantastic Plastic Machine、Shinichi Osawaの3人によるプロジェクト・ravexのアルバム。安室奈美恵参加の尖ったエレクトロチューン「ROCK U」後藤真希が歌うディスコチューン「Golden LUV」土屋アンナをフィーチャーしたエレクトロロック「Bangalicious」など、avex所属の豪華アーティストが多数参加し、手塚プロとのコラボレーションを行うなど話題性抜群の作品だったものの、セールスは低迷し、年末には某外資系CDショップで70%OFFになっていた悲しいアルバム(´・ω・`)



加賀美セイラ18位 Celebration ♪加賀美セイラ
モデルとして活躍し、最近では“山Pの彼女”と報道されてその名を広めた加賀美セイラの1st Full Album。MAKAICOLDFEETSound Aroundなど豪華なクリエイター陣とのコラボレーションによる、煌びやかでオシャレなハウス/ダンスミュージックが詰まった作品。「結婚行進曲」を題材にした「The Wedding」Spice Girls「Wanna Be」のカバーも収録。



Do As Infinity19位 ETERNAL FLAME ♪Do As Infinity
Do As Infinityの復活第1弾アルバム。長尾大完全不参加となった今作は、その穴を埋めるべく一般公募作を含む多数の作家による楽曲提供を受けた作品。「名もなき革命」「焔」などの力強いロックナンバーや、父と子の絆を描いた「ナイター」など、往年のDo Asらしい作品群はもちろんのこと、プログレに挑戦したタイトル曲「ETERNAL FLAME」、童話のような歌詞が印象に残る「北風」など、これまでにない世界観を持った楽曲も登場したある種の問題作。



柴咲コウ20位 Love Paranoia ♪柴咲コウ
柴咲コウの約2年半ぶり4枚目となるオリジナルアルバム。「ラバソー~lover soul~」以外のシングル曲が微妙で購入を見送ったものの、サンプル盤をゲットし聴いてみると、予想以上に充実した内容で期待以上の満足感を得られた作品に。全16曲(初回盤は17曲)というボリューム感と幅広いサウンドアプローチで楽しませてくれるだけでなく、作詞家としての類稀なる才能も大いに感じさせられる1枚。
スポンサーサイト

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

NO TITLE
あ!SWEET BLACK!!!
レビューしようと思っててすっかり忘れてしまってましたが、僕も好きです、これ。
後藤真希なめんな!といった感じですね。もしどうせアイドルなんでしょ?と思ってる人がいたら。

というわけで今年も宜しくお願いします!
【2010/01/03 18:22】 URL | musiqmusiq #- [ 編集]

>musiqmusiqさん
今年もよろしくお願いします!
SWEET BLACK聴いてらしたんですね!
しかも、気に入ってるようで嬉しいです♪


【2010/01/03 23:53】 URL | ピタ #- [ 編集]

NO TITLE
SWEET BLACKが1位ってピタさんらしい(´∀`)
だけど友達もQueen Bee口ずさんでましたし、ゴマイケル完全復活クル――(゚∀゚)――!!かもしれないですね♪
私はどうしても巨漢ラッパーの声が苦手でした orz

奈美恵様2位( ´∀`)人(´∀` )ナカーマ
倖田さんは今作に限ってはもっと売れてもよかったと思うんですけどねえ。。。
Perfume8位キタ――(゚∀゚)――!!

あ、チェックしましたよAYUSE KOZUEさん。ホントにもろ宇多田さんでした本当にありが(ry

ravexそんなに売れなかったんですね(´∀`;)
柴咲さんはアルバム揃えるべきか悩み中です。

ピタさんらしく多ジャンルの作品がランクインしてて、読んでて楽しい限りです☆
【2010/01/04 13:09】 URL | yuzuhime #leF2ecbc [ 編集]

NO TITLE
ミリヤ6位キタ━━(゜∀゜)━━!!!ww

そして西野カナの予想以上の高位置にビックリ!
結構振り幅広かったしねぇ(´∀`)

m.o.v.eは久々の快作やった!
ただ、発売から1ヶ月ぐらいで飽きたというww
【2010/01/04 17:46】 URL | パン助 #- [ 編集]

>yuzuhimeさん
自分は巨漢ラッパーの「声」よりも「見た目」に引きましたwwww
アレ完全に見た目が池(ry

AYUSEのチェックありがとうございます(´∀`)
yuzuhimeさんの中で、AYUSE=宇多田パク(ry
というイメージで終わらないことを祈りますwww

ravexの70%OFFは悲しくなりました(´;ω;`)
CDのみは定価でしたけどねwww

1つ1つの作品について
短めの解説文を相当頑張って書いたんですが、
反響はアワードの方がでかかったので
今年はあまりこっちに力を入れないようにしようと思いましたw
【2010/01/05 01:22】 URL | ピタ #- [ 編集]

>健ちゃん
ミリヤは仕事中に2日間ぐらい
ひたすら聴かされ続けたのが効いたwww
ずっと聴いてたら感覚が麻痺してきて
歌詞とか全然気にならなくなってくるw

西野カナも同様に、仕事での移動の車内でよく聞かされてたから
すっかりアルバム全曲が頭に入ってしまったw

m.o.v.e.はいろいろ懐かしかったなぁ~(´∀`)
【2010/01/05 01:29】 URL | ピタ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://mery2410.blog49.fc2.com/tb.php/1736-cfffdb0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

西野カナ 遠くても dear

好評発売中!!CDアルバム LOVE one. 西野カナ/音楽CD1stアルバム遠くてもm-floVERBAL君の声をレコチョクCM曲アニメ,CD,CDアルバム,アルバム,音楽CD,音楽,LOVEone,LOVE,one,LOVE one.,西野カナ,西野,カナ,1stアルバム,遠くても,m-flo,VERBAL,君の声を,レコチョク,CMソング... 西野カナブログ【2010/01/03 01:55】
ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。