(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完全招待制FREE LIVE TOUR JASMINE~JASMINE WORLD~@Zepp Tokyo

JASMINE
「THIS IS NOT A GAME」「Jealous」「Dreamin'」と、今年の3月から3ヵ月連続でシングルをリリースしてきたJASMINEのCD購入者(+α)を対象とした完全招待制となる初のLIVE TOURの最終日・Zepp Tokyoでの公演を観てきました。

【SET LIST】
1. THIS IS NOT A GAME
2. 恋
-----[ MC ]-----
3. L.I.P.S.
4. i'm in luv with U
5. Jealous
-----[ MC ]-----
6. sad to say
7. WHY
8. No More
9. dear my friend
-----[ MC ]-----
10. Dreamin'
-----[ Encore ]-----
(バンドメンバー&ダンサー紹介)
11. sad to say


 整理番号が2600番台後半という決して良いとは言えない番号だったため、今回は1番後ろのブロックの手すりにもたれながら鑑賞してきました。開演10分前くらいに、ふと左斜め後ろを見ると、なんだかとても見覚えのある顔をした女性がいます。(あれ…?この顔は…、、、もしかして…、、、EMI MARIA????)と心の中でずーっと考えながらその女性の様子を伺いつつLIVEが始まるのを待っていました。結局、どうやらその人は本物のEMI MARIAだったみたいw(※ソースはEMI MARIAのブログ⇒http://ameblo.jp/emimaria/entry-10577779450.htmlJASMINEを観に行って、EMI MARIAを超至近距離で観られたなんてなんかすごく得した気分www
 そんなわけで、EMI MARIAとの偶然の出会いに胸が騒ぐ中、JASMINEのLIVEは「THIS IS NOT A GAME」からスタート。後ろの方で観ていたので、残念ながらJASMINEの上半身を目で追いかけるのが精一杯で、ステージの細かい演出などはいちいち気に留めていられませんでした…。悪しからず。ダンサーを従えて2曲を歌い終えると、MCに突入。歌っている時のクールなイメージとは打って変わって、喋るとちょっと口下手で天然っぽい感じで何か可愛かったですw(まるで自分を見ているかのようにも思えましたw)JASMINEの名前とスペルをしっかり覚えてもらいたいという旨を話した上で、3曲目には「L.I.P.S.」を披露。その勢いのまま「i'm in luv wit U」を歌い上げるとJASMINEは衣装チェンジへ。その間、ステージではバンドが「Jealous」のインストを演奏し、準備が整うと、PVさながらの金屏風が映し出されたLEDの間からJASMINEが登場し、「Jealous」を披露。冒頭のフェイクの超高音部分をしっかりと歌ってくれてそこだけでもかなり感動しましたw 歌い終えるとぎこちない天然MCが再び入り、「大切な人とすごく辛い別れがあって、その人に対する歌です。」といった感じの紹介をしてデビュー曲の「sad to say」を熱唱。客席前方ではピンクのサイリウム祭が行われておりました。そして続いて披露されたのは、今月発売される1st Album『GOLD』に収録される新曲「WHY」と思われる楽曲。独特のコーラスの入れ方が個性的な良質ミディアムチューンでした。8曲目には、鏡をステージに登場させながら2nd Singleの「No More」をダンサーとともにパフォーム。個人的にはこの曲が1番歌の調子が良かったように思えたんですが、残念ながら最後のサビでちょっと歌詞飛ばしてましたねw 9曲目には、こちらもアルバム『GOLD』からの新曲となる「dear my friend」という曲を披露。スクリーンに歌詞が映し出されていたんですが、「君は 君は 君は 君は」の部分が特に印象的なJASMINE「Best Friend」といった趣の友情ソングでした。本編最後に歌ったのは、JASMINE曰く「夢に対する気持ちをどうにかして言葉にしました的な曲」=「Dreamin'」。感動的なバラードで本編を〆てくれたんですが、最初の方、ちょっと歌とバンドのテンポが合ってなかったのが気になりました…w
 アンコールでは、数分間のJASMINEコールを受け、ツアーグッズの紫のTシャツに白いパンツ姿に着替えたJASMINE「わあああああああああああああ!!!」と絶叫しながら登場www 「すげえ、すげえTOKYOビッグ(゚∀゚)」と興奮気味につぶやくと、バンドメンバーとダンサーを紹介。そして、「今回のツアーを通してやっとファンの存在を実感することが出来た」と話し、アンコールで歌ったのはまたしても「sad to say」。「悲しい曲だけど楽しく歌っちゃおう的な感じ」で、会場全体で手拍子やワイパー(手を左右に振る動作)をしながら最後の1曲を楽しみました。歌い終えると、メンバーたちと手を繋いで一礼。先にメンバーをステージから退散させ、1人ステージに残ったJASMINEは、「JASMINEも消えます!」「また来るからなっ!!!」と捨て台詞を吐いて、愛らしい笑顔を振り撒きながら去って行きました(´∀`)

 FREE LIVEにしては充実した内容だったので、後ろの方で観ていてもかなり楽しめました!MCの不慣れな感じも個人的には親近感が湧いて好感度アップw 歌に関しては、被せなくても良さそうなところも音を被せてたり、ちょっとテンポがズレたり、まだまだ魅せ方・聞かせ方に改善・成長の余地は大いにあると思いましたが、最初なんだからこういう未完成な部分があるのもいいことだと思いました。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

No title
遅ればせながらレポ乙~!
EMI MARIAと会ったとかすげーw
ラッキーやん(´∀`)
セトリや構成は大阪とまったく一緒やったみたいやね!
「sad to say」と、それ以外の曲の客のテンションの違いっぷりが、個人的にはなんか印象的やったw
【2010/07/08 13:26】 URL | ケンイチ #- [ 編集]

>健ちゃん
EMI MARIAがフツーにすぐ近くにいたからびっくりしたw
関係者席って普通2階席だし、間違って1階に来ちゃったのかな?
おかげで、EMI MARIAを知らなかった友人に
「EMI MARIAとは何者か」を教える機会が出来たよ(・∀・)ニヤニヤ
「sad to say」が1番盛り上がってたけど、それほどテンションの違いは気にならなかったかな~。
ステージがちょっと観辛い後ろの方で観てたからかもしれないけど。
【2010/07/09 00:48】 URL | ピタ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://mery2410.blog49.fc2.com/tb.php/1769-6e44a7b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。