(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Best Now & Then~10th Anniversary~ ♪小柳ゆき

小柳ゆき小柳ゆき
2009年9月でデビュー10周年を迎えた小柳ゆきのセルフカバーベストアルバム『The Best Now & Then~10th Anniversary~』です。本来はデビュー10周年に合わせた時期にリリースが予定されていたものの、レコーディングを中断せざるを得ないほどの諸事情等があり、年が明けた2010年2月末にようやくリリースの運びとなりました。

<初回盤>UPCH-29041 \3,000 (税込)
M-01. be alive~そのままの君でいて~ feat. SoulJa (New Recording)
M-02. あなたのキスを数えましょう (New Recording)
M-03. 愛情 with 浦島りんこ (New Recording)
M-04. Deep Deep with 熱帯JAZZ楽団 (New Recording)
M-05. remain~心の鍵 with JULEPS (New Recording)
M-06. failyland (New Recording)
M-07. Sunrise (New Recording)
M-08. be alive (Original Version)
M-09. あなたのキスを数えましょう (Original Version)
M-10. 愛情 (Original Version)
M-11. Deep Deep (Original Version)
M-12. remain~心の鍵 (Original Version)
M-13. failyland (Original Version)
M-14. Sunrise (Original Version)

<通常盤>UPCH-20185 \2,100 (税込)
M-01. be alive~そのままの君でいて~ feat. SoulJa (New Recording)
M-02. あなたのキスを数えましょう (New Recording)
M-03. 愛情 with 浦島りんこ (New Recording)
M-04. Deep Deep with 熱帯JAZZ楽団 (New Recording)
M-05. remain~心の鍵 with JULEPS (New Recording)
M-06. failyland (New Recording)
M-07. Sunrise (New Recording)
M-08. we can go anywhere (Bonus Track)
M-09. Listen (Bonus Track)


約5ヶ月の発売延期ということで、待たされた分、それなりに濃ゆい内容になっていることを期待していたんですが、蓋を開けてみれば純粋な新録曲は全7曲という実質ミニアルバムのような作品に。厳選された7曲のリメイク曲をそれぞれ紹介していくと、まずはリードトラックとなっているSoulja参加の「be alive~そのままの君でいて~」が否が応でも気になります。配信では好調な売れ行きを見せている同曲ですが、残念ながら個人的にはSouljaが邪魔で仕方ないという印象\(^o^)/ PVを見たけど、Souljaのラップの後に歌い出す小柳氏の目が完全に死んでるんですがw “苦いコーヒー マックで語り合い(笑)”と、いきなり冒頭から失笑モノのフレーズが飛び出し、さらには“君はしっかり志望校受かって~(笑)”と言い放ち、今作の発売日当日に受験に失敗した我が家の妹の感情を見事に逆撫でし、完全にピタ一家を敵に回しましたwww 2番のラップはまぁ及第点かな。2曲目にはデビュー曲にして、小柳ゆきの代名詞的な大ヒット曲「あなたのキスを数えましょう~You were mine~」を配置。エレガントな装いに生まれ変わった好トラックとなっています。浦島りんこをコーラスに招いた「愛情 with 浦島りんこ」は、原曲よりもクリアな日本語の発音でだいぶ聴きやすくなった印象。もちろんパワフルなボーカルは健在で、間奏では2人で熱いフェイク合戦を繰り広げています。熱帯JAZZ楽団とのコラボによる「DEEP DEEP」は、メランコリックなJAZZサウンドで大人びた味わいが魅力的。JULEPSのコーラスとピアノをバックにしっとりと歌い上げた「remain~心の鍵」は、近年恒例となっている浜離宮朝日ホールでのステージを彷彿とさせる“歌”の魅力を存分に伝えてくれる出来となっています。最も意外性を発揮してくれたのが「fairyland」。JAZZ~ボサノヴァ風の優しくゆったりと軽やかなサウンドは、原曲とは対照的で、楽曲の新たな魅力を引き出すことに成功しています。本編のラストを飾る「Sunrise」は、メッセージ性の強さと熱い歌唱が若干くどく感じていたオリジナルと比べると、ぐんと落ち着いた歌い方に変わっており、厚かましさを感じることなく、控えめなアレンジと相俟って真摯な気持ちで曲に込められたメッセージを受け止めることが出来る作りとなっています。コンパクトな内容で少し物足りなさはあるものの、Souljaのラップ以外は上手くリメイクされていて満足のいく内容でした(´∀`)

初回盤には新録7曲のオリジナルバージョンを収録し、通常盤には最新シングル(と言っても、1年以上前にリリースした)「we can go anywhere」と、Yuki-K名義で発表したBeyonceのカバー「Listen」をボーナストラックとして収録しています。個人的にはジャケット・収録内容ともに通常盤の方がお薦め。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://mery2410.blog49.fc2.com/tb.php/1837-11ded7e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。