(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ΘωΘ)meryland 2010 洋楽ALBUM 20(ΘωΘ)

年明けから発表している2010年のお気に入りランキング。
最終回となる今回は、洋楽のアルバムTOP20の発表です。2010年に発売されたアルバムを対象としています。(※日本盤が2011年発売でも輸入盤の発売が2010年の場合は対象となります。)

それでは1位から順に発表していきます。

Erykah Badu1位 New Amerykah Part Two: Return Of The Ankh ♪Erykah Badu
凡人の耳には理解し難い内省的な世界観を提示した『New Amerykah Part One(4th World War)』の続編となる今作は、前作とは打って変わって、世間がErykah Baduに求める音をしっかりと聴かせてくれる顧客満足度の高い内容。時にファンキーなネオソウルのグルーヴや、Erykahの個性派脱力ボイスがとにかく心地良く、どんなシチュエーションにも馴染む“黒い癒し”を与えてくれる作品。
※お気に入りTOP3⇒「Window Seat」「Gone Baby, Don't Be Long」「Turn Me Away (Get MuNNY)」


Jazmine Sullivan2位 Love Me Back ♪Jazmine Sullivan
弱冠23歳とは思えぬ貫録のあるルックスと歌声でソウルミュージックファンを虜にする才女・Jazmine Sullivanの2nd Album。リード曲「Holding You Down (Goin' In Circles)」を筆頭とした古き良きR&B/HIP HOPクラシックへのオマージュを軸に、Ne-Yoとのデュエットやシンセサウンドを取り入れたナンバーなどの程よいハズシも効いた至極のソウルアルバム。
※お気に入りTOP3⇒「Holding You Down (Goin' In Circles)」「Don't Make Me Wait」「Luv Back」


Rihanna3位 Loud ♪Rihanna
前作『Rated R』のダークな作風からガラッとイメージを変え、エレクトロポップ、レゲエ、R&B/HIP-HOP、ポップロック…と幅広いサウンドを網羅したRihannaの5th Album。どんなサウンドも、唯一無二の歌声を武器に“Rihannaの曲”として成立させてしまう、Rihannaというアーティストの凄さを改めて実感できる作品。
※お気に入りTOP3⇒「Only Girl (In The World)」「California King Bed」「Man Down」


M.I.A.4位 /\/\ /\ Y /\ ♪M.I.A.
『/\/\ /\ Y /\』と表記し、「マヤ」と読むM.I.A.の3rd Album。作品全体から感じられる民族性や泥臭さは薄まったものの、サウンドとメッセージの攻撃力とインパクト、中毒性は衰え知らず。パンクロックに走った衝撃作「Born Free」♪クセぇクセぇ糞~と連呼する激キャッチーな「XXXO」⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン なVideoを作った「Illygirl」など、超個性派楽曲が目白押し。
※お気に入りTOP3⇒「XXXO」「TEQKILLA」「TELL ME WHY」


Christina Aguilera5位 Bionic ♪Christina Aguilera
本人曰く「デビュー作以来の楽しいポップアルバム」。トレンドを意識したキャッチーなエレクトロポップや、M.I.A.、Santigoldといった新進アーティストを起用した奇抜なトラック、注目のシンガーソングライター・Siaが手掛けたしっとりバラードなど、前半と後半にアッパーな楽曲を配置し、中盤にはスローな楽曲でクールダウンという緩急メリハリのある構成を持った全23曲(国内盤)というボリュームたっぷりな1枚。
※お気に入りTOP3⇒「Not Myself Tonight」「Elastic Love」「Prima Donna」


Michael Jackson6位 Michael ♪Michael Jackson
歴史的スーパースター・Michael Jacksonの未発表曲集。『Invincible』に続く新作に向けて制作されたと思われるものから、『Thriller』期のボツ曲まで、様々な時代の楽曲を1枚のアルバムにまとめたことによって、いろんなスタイルのMichaelサウンドが聴けるという珍しいアルバムに仕上がっています。ダンスナンバーではスタイリッシュなカッコ良さ、ミディアム~スローナンバーでは優しいメロディラインが印象的で、眠らせておくには勿体無い名曲ばかり。
※お気に入りTOP3⇒「Monster Feat. 50 Cent」「Breaking News」「Hollywood Tonight」


Monica7位 Still Standing ♪Monica
全10曲という厳選された好楽曲が並ぶMonicaの6th Album。Missy ElliottJazmine Sullivanが関与した超絶名曲「Everything To Me」や、Los DaMystroの手による美メロミッド「One In A Lifetime」JDBryan-Michael Coxが手掛けたバラード「Love All Over Me」など、上質なミッド~スロウが取り揃えられた一方、異質とも言えるバウンシーなシンセミッド「Mirror」の嫌われっぷりも凄まじい1枚。
※お気に入りTOP3⇒「Everything To Me」「One In A Lifetime」「If You Were My Man」


Sia8位 We Are Born ♪Sia
Cjristina Aguileraへの楽曲提供も行ったシンガーソングライター・Siaの4作目となるオリジナルアルバム。Aguileraには落ち着いたスローナンバーを提供していましたが、自身の作品では明るくカラフルなポップミュージックを展開。ちょっぴりレトロで遊び心も感じられる愉快なサウンドで、アルバム1枚通して世界観を楽しみたくなる作品です。
※お気に入りTOP3⇒「Clap Your Hands」「Bring Night」「Stop Trying」


Ne-Yo9位 Libra Scale ♪Ne-Yo
Michael Jacksonの影響を感じさせるNe-Yoの4th Album。陳腐なSFヒーロー系のストーリーを軸にした作品で、メロディと歌詞がダサイ先行曲「Beautiful Monster」公開時には曲の出来やVideoの世界観に若干引いたものの、煌びやかで高級感漂う「Champagne Life」Michaelイズムをたっぷりと感じられるアップ「Cause I Said So」「Human Nature」っぽい「What Have I Done?」など、意外にも良曲揃いでアルバムとしての評価は大幅アップ。全10曲という控えめな曲数も自分には丁度良かった。
※お気に入りTOP3⇒「Cause I Said So」「One In A Million」「Beautiful Monster」


Ke$ha10位 Animal ♪Ke$ha
Flo Rida「Right Round」への客演で世間に名前を売り、デビュー曲「TiK ToK」の大ヒットで音楽シーンに殴り込みをかけた破天荒なパーティーガール・Ke$haのデビューアルバム。「TiK ToK」で聞かせたようなチープな電子音を散りばめたエレクトロポップはもちろんのこと、疾走感たっぷりのガールズロックなども聞かせる予想外の展開に驚かされた1枚。
※お気に入りTOP3⇒「Tik Tok」「Blah Blah Blah feat. 3OH!3」「Party At A Rich Dude's House」



11位~20位は続きを。

Macy Gray11位 The Sellout ♪Macy Gray
“歌うドナルドダッグ”ことMacy Grayの5枚目のアルバム。グラミー賞を獲得したデビュー作以降、商業的ヒットに恵まれず、売れ線を意識して苦悩してきたことから吹っ切れ、自分らしさを詰め込んだという経緯を持つ作品で、グルーヴィーなダンスチューンや、ロック寄りのナンバー、Rodney Jerkinsプロデュースのレトロソウル、ピースフルなポップチューン、Bobby Brownとのデュエットなど、自由度の高い内容となったアルバム。声に特徴のある歌い手は強い。
※お気に入りTOP3⇒「Still Hurts」「Real Love Feat. Bobby Brown」「Kissed It Feat. Velvet Revolver」


Sugababes12位 Sweet 7 ♪Sugababes
メンバーチェンジを繰り返すUKのセクシーガールズグループ(笑)・Sugababesのモー娘。ライクなタイトルの7枚目のアルバム。セクシーの押し売り状態なエレクトロチューン「Get Sexy」や、新メンバー・Jadeの1人のど自慢大会が繰り広げられる「Wait For You」など、これまでのグループの歴史を思うと\(^o^)/オワタ感に苛まれる一方、良質な現行エレクトロポップが満載のアンビバレントな良作。
※お気に入りTOP3⇒「About A Girl」「Wait For You」「Miss Everything Feat. Sean Kingston」


Shontelle13位 No Gravity ♪Shontelle
Rihannaと同郷のシングルヒットがあってもいまいちパッとしない女性シンガー・ShontelleAmazonで予約した人を涙目にした2nd Album。デビュー作に顕著に表れていたルーツミュージックであるレゲエ/ダンスホールの要素を排除し、今作では流行に乗ったキャッチーなエレクトロポップや、メロディアスなミッドテンポのR&Bチューンをメインに聴かせてくれます。
※お気に入りTOP3⇒「Love Shop」「DJ Made Me Do It Feat. Asher Roth」「Take Ova Feat. Pitbull」


Kylie Minogue14位 Aphrodite ♪Kylie Minogue
世界で最も神々しいポップディーヴァ・Kylie Minogueの11枚目のオリジナルアルバム。どこを切っても安心品質のダンスポップが満載な作品。ド派手なことをやっていない分、全体を通して聴くと単調に聞こえてしまったりもするんですが、このムラのない安定感こそが現代ポップミュージック界のAphroditeKylieだからこそ為せる技といった感じ。ため息が出るほど美しすぎるアートワークも◎。
※お気に入りTOP3⇒「All The Lovers」「Can't Beat The Feeling」「Aphrodite」


Kelis15位 Flesh Tone ♪Kelis
Nasとの結婚生活にピリオドを打ったサンダービッチ・Kelisの大胆な路線変更作。変態チューンを得意としていたKelisが新たに挑戦したのは、ガチなエレクトロ/ダンスミュージック。ジャンルが変わってもKelisの攻撃性は相変わらず、全9曲・約40分と一気に聴けてしまう新しくて刺激的だけど分かりやすいダンスアルバム。
※お気に入りTOP3⇒「Acapella」「Emancipate」「4th Of July (Fireworks)」


BoA16位 Hurricane Venus ♪BoA
約5年ぶりとなったBoAの韓国語アルバム。少女時代KARAなどで盛り上がるK-POPブームの中で、唯一率先してまともに聴いた韓国語作品ですw アップナンバーでは日本でのリリース作品よりもサイバーでアグレッシヴなサウンドに挑戦し、バラードではアコースティックにしっとりと歌い上げるなど、全編アップナンバーで攻めた全米デビュー作とは対照的に、振り幅のデカイ作風。よ~く知っている声だからこそ、意味不明な言語も気にならずに聴けます。
※お気に入りTOP3⇒「Hurricane Venus」「Adrenaline」「Dangerous」


Ke$ha17位 Cannibal ♪Ke$ha
10位にランクインした『Annimal』とのセット販売も行われている続編的なEP。内容的にも『Animal』からの大きな路線変更はなく、モロに「TiK ToK」路線の曲「We R Who We R」を1st Singleに選ぶなど“Ke$haサウンド”の確立に一役買っている印象。
※お気に入りTOP3⇒「Blow」「We R Who We R」「Sleazy」


Ciara18位 Basic Instict ♪Ciara
延期を繰り返した結果、自己最低のセールスを記録してしまったCiaraの4th Album。そんな今後黒歴史化が濃厚な作品ではあるものの、個人的にはスキップ率の低い良質楽曲集となっていました。(・∀・)<♪ギミギミギミギミダッベィス!!と歌いながら激しく奇怪なダンスを披露する「Gimmie That」Turn It Up言い過ぎな2曲「Turn It Up feat. Usher」「Heavy Rotation」など、決して出来は悪くない楽曲ばかり。
※お気に入りTOP3⇒「Gimmie Dat」「Turn It Up feat. Usher」「Heavy Rotation」


Dondria19位 Dondria Vs. Phatfffat ♪Dondria
So So DefからデビューしたBeyonceのそっくりさんのデビューアルバム。とにかく歌い方や声がBeyonceに似すぎwww Jermaine Dupriが手掛けた90年代風の良質なミッドチューンやHIP-HOP SOULなどをBeyonceが歌ったらこうなる、という妄想を具現化してくれている、そんなアルバムです。声がBeyonceなのに、全体の雰囲気が今っぽくない感じが好感度高し。
※お気に入りTOP3⇒「No More」「You're The One (JD's Jeep Mix)」「Making Love」


Toni Braxton20位 Pulse ♪Toni Braxton
離婚、自己破産、難病と災難が続く90年代を代表するR&Bディーヴァ・Toni Braxtonの2010年作。持ち前の味わい深いヴォーカルを生かしたミッド~スロウはもちろん、行き過ぎない程度に現行風なアップナンバーも収録した、全体のバランスが良く、「Hands Tied」で繰り返される“変態”の空耳も上品に聞こえる1枚。
※お気に入りTOP3⇒「Wardrobe」「Make My Heart」「Lookin' At Me」


スポンサーサイト

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント


上半期ともに1位はエリカ様なんですね(゚∀゚)
サリバン先生が発売からまだ1カ月くらいしか経ってないのに強すぎますwww
3位のRihannaが同じですね( ´∀`)人(´∀` )
SiaのTop10入りが意外でした!聴いてないので今度試聴してみます(・∀・)
Shontelleは打ち消し線に打ち消された文字こそが真実を語ってますね(´∀`)
Dondoria良かったんですね、結局買えなかった´・ω・`
ピタさんToni姐の「変態」推しますねwww

2010年まとめ記事お疲れさまでした!
2011年も改めてよろしくお願いいたします^O^
【2011/01/04 22:41】 URL | yuzuhime #leF2ecbc [ 編集]


おおーSiaがトップ10に入ってる!!
このアルバム私も年間ベストに入れたかったんですよねー。
お気に入りTop3も興味深く見させてもらいました。

このランキングの中だと丁度10枚持ってるんですが、
Ke$ha、Kelis、Shontelleあたりは私も気に入ってました!
「Sweet 7」の解説文が的確すぎて泣ける...w
「Cannibal」不評ですが私も結構好きですよw
【2011/01/04 23:15】 URL | りん #5na/3dTY [ 編集]

>yuzuhimeさん
サリバン先生の激しい追い上げがあったものの、
エリカ様が1位を死守しました(`・ω・´)
Rihanna良かったですよねー(´∀`)
Siaは自分にしては珍しく曲単位よりアルバム単位で楽しく聴けた作品でした!
DondriaはJDの名前に釣られて一切試聴もせず買ってみたら
中身がBeyonceのそっくりさんで吹きましたwww
Toniは変態推しというより、字数を稼げるネタがそれしか(ry

今回は突然年末に記事を書くスケジュールが取れなくなったりで
最後に更新が遅くなってしまいましたが、無事に投稿できて良かったです(´∀`)

今年も自分のペースで頑張りますので宜しくお願いします!
【2011/01/04 23:21】 URL | ピタ #- [ 編集]

>りんさん
Sia、アルバム買ったのは今回が初めてだったんですが
すごく気に入りました(´∀`)

普段大体アルバムって3回ぐらい聞いて感想書いたら
1stシングルと好きな曲2~3曲をプレイリストに入れて
他の曲は放置⇒忘却 というパターンが多いのでw、
お気に入りTOP3に入ってる曲は生き残った曲たちですw

Sugababesの文はスラスラと浮かんできましたwww
『Cannibal』は最後のRemixが余計だったり、
進歩のなさがちょっと心配になる感じだけど、結局ハマってました(ノ∀`)
【2011/01/05 00:37】 URL | ピタ #- [ 編集]


確かにShontelleのアマゾンの騒動はなんだったんでしょうねw
サリバン先生は各所で大絶賛されてますね~!1stあんま聴いてないんだけど聴いてみようかな(´∀`)ノ
【2011/01/06 09:50】 URL | かめっぷう@ #reoM.4kQ [ 編集]

>かめっぷう@さん
商品手配の適当さといい、ゴネ得なクレーム対応といい、
かなりAmazonのイメージが悪くなりましたw
サリバン先生とても気に入ってます♪
良い作品を出したばかりなので、活動休止宣言してるのが残念です。
【2011/01/07 10:13】 URL | ピタ #- [ 編集]


今更ながらこの記事にコメントw

大久保さんとM.I.A.キター!!!
しかもどっちも上位。
yuzuhimeさんトコと同じでRihanna3位だし、
結構自分のランキングと被ってるのが意外なんよねw

Ne-Yoも評価高いねー。
Erykah Badu、Sia、Macy Gray、BoA辺りが入ってるのがピタ君らしいなーと思った(´∇`)

Shontelleのアルバムは、自分も買ったら多分気に入ると思う。
でもShontelleに興味がないの、ごめんなさい\(^o^)/
【2011/01/08 10:53】 URL | kino #0MXaS1o. [ 編集]

>kinoちゃん
コメントいつでも大歓迎よー(・∀・)

大久保さんは一発で気に入ったし、
M.I.A.もなんだかんだで今回もフツーじゃなくて良かった。
Ne-YoはVideoで見ると、毎回いい加減にしろこのブサ(ryと思うんだけど、
アルバムの内容自体は良かった。

Macy Grayとか完全スルーされてる気がしたwww\(^o^)/

Shontelleはねー、キャラが薄すぎるもんねー(ノ∀`)アチャー
【2011/01/08 22:24】 URL | ピタ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。