(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Love songs ♪浜崎あゆみ

浜崎あゆみ
前作『Rock'n'Roll Circus』から約8ヶ月ぶり、2010年2作目となる浜崎あゆみのアルバム『Love songs』です。今回は収録曲の約3分の2が小室哲哉作曲による楽曲となっています。

【収録曲】
1. Love song
2. crossroad
3. MOON
4. sending mail
5. Last angel
6. insomnia
7. Like a doll
8. Aria
9. blossom 
10. Thank U
11. Sweet Season
12. overture
13. do it again
14. November
15. Virgin Road
16. SEVEN DAYS WAR(Live at Yoyogi on Oct.11.2010)



今回の曲数稼ぎのインストは「insomnia」「Aria」「overture」の3曲。これらと、デビュー曲を手掛けた星野靖彦との久々のタッグを売りにした「MOON」、自身は一切登場せず、東方神起JEJUNGをPVに出演させたJYJヲタホイホイなキウイ曲「blossom」槇原敬之が楽曲提供した穏やかなミディアムナンバー「Sweet Season」以外の楽曲が全て小室哲哉作曲となっています。そんな今作の大多数を占めるTK曲を紹介していくと、渡辺美里への提供曲を彷彿とさせるシングル曲「crossroad」、複数A面マキシ『L』収録の母への感謝を綴った暗~いウエディングソング「Virgin Road」、同じく『L』収録のglobeチックな陰のあるダンストラック「Last angel」KEIKOばりに汚声全開で歌い上げるフォーキーなタイトル曲「Love song」、2000年以降のglobeっぽい曲構成の楽曲をロック色を強めたアレンジでayu流に染め上げた「sending mail」、LIVEでの大合唱を想定して作ったであろう♪lalalala~のメロディがくどい「Thank U」歌詞カードを見て「手抜きですか…?」と真っ先に思った物寂しげな雰囲気の「do it again」、感動の大団円で涙声でLIVE仕様の汚声を出しまくるTM NETWORKのカバーのLIVE音源@代々木7日間公演最終日「SEVEN DAYS WAR(Live at Yoyogi on Oct.11.2010)」など、良い曲もあり、常連作家の曲を歌うだけというマンネリ感の打破には貢献していると思いますが、互いの持ち味を最大限に生かせるようなタッグとはお世辞にも言い難い仕上がりです。歌詞も同じフレーズをひねりもなくただ繰り返すだけのものが目立ち、伝えたいメッセージがないのか、それとも小室メロディに歌詞を乗せるのが難しかったのか、違和感が残ります。個人的にはそういった違和感もひっくるめて、今の“浜崎あゆみ”“小室哲哉”が作ったものとして受け止められましたが、純粋な“ayuファン”にはもしかしたら物足りない内容なのかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント


いつもより打ち消し線の量が・・・w
やっぱり浜崎あゆみらしさが薄い感じがしますよねぇ´・ω・`
ですが意外にも4~5曲目以外は普通に好きになれました(゚∀゚)
【2010/12/28 22:54】 URL | yuzuhime #leF2ecbc [ 編集]

>yuzuhimeさん
いやいや、打ち消しの量は愛情の裏返しですよ(・∀・)ニヤニヤ
なんだかんだで結局今回もかなり聴いてますw
ちょwww4~5曲目が1番好きなエリアなんですけどwww\(^o^)/
自分は「Thank U」だけはラララいい加減にしろ!!!という気持ちで毎回容赦なくスキップしてますw
【2010/12/29 20:13】 URL | ピタ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。