(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Entertainer ♪Alesha

Alesha Dixon
Mis-Teeqのラップ担当、Alesha Dixonのソロ転向後3枚目(本国UKでは2枚目)となるアルバム『The Entertainer』です。

【収録曲】
1. Baddest Chick
2. Radio
3. Every Little Part Of Me feat. Jay Sean
4. Take Control with Roll Deep
5. Drummer Boy
6. The Entertainer
7. Colour
8. Tug Of War
9. On Top
10. La La La
11. Cool With Me
12. Radio feat. Wiley[KLLAS REMIX EDIT]



短いながらもMis-Teeq時代と変わらぬ切れの良いラップを披露するオープニングトラック「Baddest Chick」、シンセサウンド全開のメロディアスなミディアムチューン「Radio」Jay Seanを客演に迎えたエレクトロポップ「Every Little Part Of Me」、MC集団・Roll Deepとのトランシーなサウンドが爽快なアップナンバー「Take Control」、マーチングバンドの演奏に乗せて自由奔放に歌うリードシングル「Drummer Boy」、メリーゴーランドのBGMから始まるちょっぴり不気味なタイトルチューン「The Entertainer」、メロディアスなサビが親しみやすいエレクトロミッド「Colour」(・∀・)<♪タゴワ~のフレーズが耳に残るラップ入りのセツナ系ポップチューン「Tug Of War」、自慢の高速ラップが久々に炸裂する歌とラップの両刀使いによるアッパーな「La La La」、前作の収録曲「Do You Know The Way It Feels」を彷彿とさせるToby Gad制作のミッド「Cool With Me」、アッパーなエレクトロ仕様に生まれ変わった「Radio feat. Wiley[KLLAS REMIX EDIT]」など、オントレンドなエレクトロ系サウンドをメインに、ソロ活動では封印しがちだった高速ラップを解禁した、Mis-Teeq時代のイメージに近い仕上がりのアーバンポップアルバムとなっています。
スポンサーサイト

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。