(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Party Queen ♪浜崎あゆみ

浜崎あゆみ
外国人俳優との籍を汚さぬ想定内離婚を発表した浜崎あゆみが放った、未発表の新曲オンリーで構成された13枚目のオリジナルアルバム『Party Queen』です。

【収録曲】
1. Party queen
2. NaNaNa
3. Shake It
4. taskebab
5. call
6. Letter
7. reminds me
8. Return Road
9. Tell me why
10. a cup of tea
11. the next LOVE
12. Eyes, Smoke, Magic
13. Serenade in A minor
14. how beautiful you are


今回のアルバムから漂うのは、過去最大級に強烈な“2丁目臭”以外の何物でもありませんwww\(^o^)/
今作で浜崎あゆみがQueenを自称する“Party”とは、六本木のセレブパーティーでも、渋谷の若者が集うクラブパーティーでもなく、新宿2丁目のゲイパーティーなのです。ここ最近のツアーや、配信限定カバー曲「Happening Here」などにゲイのバックコーラスを積極的に登用し始め、今作でもその影響がサウンドやビジュアルに色濃く反映されています。
特に冒頭の3曲は完全にオカマに踊り狂ってもらうためのゲイ向けクラブアンセム。♪女の子には女の子にしか分からない秘密があるのよ”といかにも女性向けな視点で歌う「Shake Itも、かつてのように同性の支持を得ようという意志が全く感じられないという有り様\(^o^)/
中盤ではノンケ・女性リスナー=一般層に向けた浜崎あゆみらしいロックナンバーやバラードを聴かせ(「Return Road」では自身の離婚について言及か。)ファンを安堵させてくれるものの、終盤に差し掛かると突如、『バーレスク』風の安っぽいキャバレーミュージカルナンバーを2曲ぶち込み、ラストにはChristina Aguilera「Beautiful」へのオマージュ作であろう大層なバラードナンバー「how beautiful you are」(MVにはゲイビデオ男優が出演\(^o^)/)を配すという、お祭り女王のやりたい放題っぷりが存分に味わえる作品ですw

皮肉なことに、かつて隆盛を極めた歌姫たちを最後まで支え続けるのはいつの時代もゲイピープル。ゲイの支持なしでは、歌姫は生き残り続けていけないということを浜崎あゆみは早い段階から悟り、確実に彼らとの距離を詰めてきましたが、AKBや着うた系アーティストへの世代交代への焦りからか、自ら「Party Queen」を名乗る程に彼らとの親密な関係を築き上げ、それをダイレクトに作品に反映させた結果、世間をドン引きさせる事態(初登場2位)となりました\(^o^)/
スポンサーサイト

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。