(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LOVE again ♪浜崎あゆみ

浜崎あゆみ
歌手デビュー15周年に向けた5ヶ月連続リリース第4弾として発表された浜崎あゆみのアルバム『LOVE again』。連続リリース第1弾&第2弾のミニアルバム収録曲をそのままぶち込み(※これにより『LOVE』と『again』はゴミディスク化)、新曲を追加。さらには昨夏の企画ベスト用の新曲「You & Me」まで収録という内容でお送りする今作は、昨年末に世間を騒がせたダンサー・マロとの熱愛~破局のプロセスを描いたドキュメンタリータッチな1枚になりました。


「We Found Love」なサマーチューン「You & Me」で、2丁目依存から脱却し、まさしく『新しい愛』=『新しいオトコ』を見つけたと宣言した時から、今作発表に至るまでのスキャンダラスなプロモーションが始まっていたのではないかと思わず勘繰ってしまうわけですが、アルバムには「皇潤(Sports)」タイアップという衝撃を与えたエレクトロック「Wake me up」、歌詞に一切「桜」が登場しない桜の無駄遣い極まりないミディアムナンバー「SAKURA」、初期を彷彿とさせる曲調が古株ファンの胸を躍らせた「Song 4 U」、新型の逢いたい病を発症した切ない歌詞が良い「Missing」、PVで恋人と壮絶な喧嘩を繰り広げたTKソング「snowy kiss」、タイトルが潔いロックチューン「Bye-bye darling」、“新しく、私らしく”に続く15年目のテーマとして“やわらかく、力強く”を提唱した「Sweet Scar」、一連の熱愛スキャンダルに対する反省とも受け取れる「Ivy」など、やはりあの熱愛騒動は茶番劇だったとリスナーに思わしめる要素たっぷりな楽曲が満載。

新宿2丁目にどっぷりハマっていた『Party Queen』のバツイチ女が、再びノンケと恋に落ち、恋愛戦線に復帰した…。これぞ、『LOVE again』が持つ意味なのではないか。そんなドラマティックな作品を体を張って1年がかりで作ったというのであれば、実に素晴らしいプロ根性だと思いますが、まぁ、単純に考えすぎでしょうね(´∀`)
スポンサーサイト

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。