(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TLC 20 ♪TLC

tlc20.jpg
T-Boz、Left-Eye、Chiliの3人からなる伝説のガールズトリオ・TLCのデビュー20周年記念アルバム『TLC 20』が、この度、“超”日本先行発売という謳い文句で登場致しました。

突っ込みどころは多々あります。

まず、デビュー20周年記念と言ってますが、彼女たちのデビューは1992年。
今年は2013年。
つまり、今年はデビュー21周年なわけで…。
前倒しでアニバーサリー企画やっちゃうアーティストは結構いますけど、
後ろ倒しで芸歴のサバ読むアーティストなんて初めて見ましたw

そして、胡散臭いことこの上ない『“超”日本先行発売』という表記。
「最初から日本でしか売る気ないでしょ?」っていうのは誰もが察してますよね?w
日本の二次元キャラ風なイラストジャケにしろ、
Namie AmuroにLeft Eye役を押しつけた「Waterfalls」にしろ、
こんな日本媚び全開、かつチープな作品を全世界にばら撒かれても困ります。

件のNamie Amuro参加の「Waterfalls」ですが、
本来ならアルバムの最後に追加される国内盤ボーナストラックに相当する扱いでいいんですが、
コレを堂々とアルバムの1曲目に持ってくるあたりが本当にいやらしい。
「なんでラッパーでもない女がLeft-Eyeの代わりに参加すんの?」っていうごもっともな批判もわかりますが、
個人的にはそれよりも、
『安室奈美恵』という名前を最大限に利用してジャパンマネー、ゲットだぜ!っていう
TLC側の思惑が感じられてマイナスイメージ増大\(^o^)/
肝心の曲の出来に関しては、
「Chase the Chance」的なマシンガンフロウで度肝を抜いてくれるのも期待してましたがw、
実際はゆるフワ系な語り口でLeft-Eyeとは全く別物のオリジナリティを表現。
感動も感激もありませんが、単なる物まねラップにしなくて正解だったなという程度の感想ですね(´∀`)

さらにアルバムの内容の方に目を向けていくと、
今作は「全曲初CD収録!」というのもセールスポイント☆
新録とライブ音源を中心にした全13曲入りなんですが、
バージョン違い等を含めると
「Waterfalls」「Creep」「Baby Baby Baby」「Diggin' On You」「Unpretty」「No Scrubs」の
実質6曲しか入っておりませんw
New Recordingと謳っているものに関しては、
本当に歌い直しただけでトラックはオリジナルのまま。
Left-Eyeのラップパートは歌い直せないから放置という感じ。
LIVE音源については、DVD付バージョン付属のLIVE映像をそのままCD化したものになり、
曲によっては編集感丸出しのフェードアウトで終わります。

ここまで長々と書いてきましたが、
つまり何が言いたいかというと、
こんなにお粗末なアルバムはめったにお目にかかれない 
ということです。

お金を払った身だからこその手厳しい感想。

本当のアニバーサリーアルバムを作るなら、
新曲入りでもっと力を入れて世に送り出して下さいね(´∀`)
スポンサーサイト

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。