(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Alive ♪Jessie J

Jessie J
ICONIQ風のベイビーショート、レズタチ風の鋭い眼光が印象的な新生・Jessie Jの2nd Album『Alive』です。

Miley Cyrus「Party In The USA」のソングライターとして知られ、自身も「Price Tag」などのヒット曲を持ち、シンガーソングライターとしての実力は申し分ない彼女ですが、アメリカでもTOP10入りした大ヒット曲「Domino」での“Katy Perryっぷり”には驚いた方も多いのではないでしょうか?

今回のアルバムでもそんな“Katy Perry系楽曲”がいくつか収録されています。例えば、「Sexy Lady」なんかは高いヒットポテンシャルを秘めているであろう激キャッチーなポップロックチューンだし、「Square One」はどことなく「E.T.」の世界観に近いものを感じます。「Thunder」のサビの張り上げ感もなんとなくKaty臭いかも。オープニングの「It's My Party」も正統派なポップロックで、容易にKaty Perryに脳内変換できることでしょう。
もちろん全てが“Katy Perry風”ってわけでもありません。Sia参加の物憂げな雰囲気漂う「Breathe」、歌い上げ系バラードの「I Miss Her」、80年代風のキュートなシンセポップ「Daydreamin'」、Brandyとのコラボ作「Conquer The World」、Rodney Jerkinsプロデュースのタイトル曲「Alive」、Stargateプロデュースの哀愁系EDM「Unite」、ハードロックなアプローチの「Hero」、ラッパー2組をフィーチャーした攻めの姿勢がうかがえるじぇじぇじぇ じぇしじぇー!な先行シングル「Wild」など、結構いろんなタイプの曲が入ってます。つまりは『Prism』に負けず劣らず、いや向こう以上にバラエティに富んだポップミュージックの玉手箱なのです。最初にも書きましたが、キャッチーな曲を書く実力は確かにある人なので、(多少狙ってる部分はあるとしても)Katyとのキャラ被りを自覚した上で、差別化のためICONIQ化、レズタチ化したんでしょう。

それにしても、「じぇじぇじぇ」が流行ってるというのに、なぜ日本盤を出さないのか。こんなにタイムリーにネタにできるチャンスなんてないのに、勿体無い。

スポンサーサイト

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。