(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ΘωΘ)meryland 2013 邦楽SINGLE 20(ΘωΘ)

明けましておめでとうございます!
今年もmeryland、そして管理人のピタを何卒宜しくお願いぴたします(´∀`)

さてさて、今年も早速、新年恒例となっております年間ベスト作品の発表を始めさせてぴただこうかと思います!

第1弾となる今回は、【邦楽SINGLE BEST20】です。
今回は本企画初の試みとして、BEST20をカウントダウン形式で発表したいと思います!
※画像クリックでYoutubeに飛びます。

ちなみに2012年はこんな感じでした⇒2012年度BEST10

それではまずは11~20位から(・∀・)

カウント~~~ダウン!!m9(^Д^)



剛力彩芽
20位 友達より大事な人 ♪剛力彩芽
オスカープロモーションのゴリ押し女優としてその名を轟かせていた剛力彩芽、衝撃のCDデビュー作。♪ねぇ君はもう~友達じゃな~い というキャッチーかつインパクト大なフレーズと、『ランチパック』のCMで披露してきたお得意のキレキレダンスを武器に、音楽ビジネスでもゴリ押し戦略を推し進め、お茶の間の話題を独占!若手女優がポップな楽曲に合わせて踊りまくるという違和感、そしてその妙が爆発したMステでの歴史的放送事故パフォーマンスがダメ押しとなり、2013年、剛力彩芽は単なる“ゴリ押し女優”から“ネタとして愛される国民的女優”へと進化を遂げたのです。

西野カナ
19位 Believe ♪西野カナ
デビュー5周年を迎えたカナ嬢の「GO FOR IT」に続く、洋楽インスパイヤ系アッパーチューン。今作はCarly Rae Jepsen & Owl City「Good Time」をネタ元に、『マジでありえないな男心』などと別れた男をDisりつつ、自分磨きに励んで新しい幸せを掴もう!と歌う前向きな自己啓発系失恋ソング。しかし、2ヶ月後の次回作「涙色」では元彼の事を思い出してstart to cryでalways cryという精神崩壊っぷりを聞かせ、さらにその2ヶ月後には『10年後も逢えるよ』などと、誇大妄想が始まってしまいました\(^o^)/

浜崎あゆみ
18位 Feel the love/Merry-go-round ♪浜崎あゆみ
シングル25作連続1位の記録を守るためにタイミングを見計らった結果、約3年ぶりとなってしまったお久しぶりのシングルは、小室哲哉作曲×DJ Hello Kittyプロデュースの激ダサEDM「Feel the love」と、元彼・マロとの恋愛を連想させるm-floプロデュース作「Merry-go-round」の両A面。「Feel the love」は、“正しい恋愛って何?”“迷走してない人なんている?”と世間に問いかけつつ、サビで聞かせる陳腐な英語詞がサイコーに安っぽくて素敵。また、「Merry-go-round」をプロデュースしたm-floからは、同日発売のHey!Say!JUMPの新曲を☆Taku Takahashiが手掛けたという裏切り行為が発覚。米国人との電撃婚約発表という話題作りも虚しく、Hey!Say!JUMPはおろかFlowerにまでデイリーチャートで惨敗するという空回りっぷりが愛おしいデビュー15周年の浜崎あゆみさんです。


山下智久
17位 SUMMER NUDE'13 ♪山下智久
見よ、この芸術的な乳首の隠し方を!
2013年夏の月9主演作『SUMMER NUDE』の主題歌は、真心ブラザーズの代表曲「サマーヌード」をカヴァー。山Pレベルの歌唱力でも歌いこなせる名曲がここにあった!という新たな発見。いずれはカヴァーアルバムも期待したいですね。

きゃりーぱみゅぱみゅ
16位 インベーダー インベーダー ♪きゃりーぱみゅぱみゅ
おっしゃLet's世界征~服♪と、「ファッションモンスター」に続き『GU』のイメージソングとしてヘビロテされたKiriko Takemura a.k.a きゃりーぱみゅぱみゅの6枚目のシングル。ystkのCMソング作りの巧さはますますクオリティを高めていくばかり。去年は1年の2/3が無職だったので激安アイテム揃いの『GU』にはかなり助けられました。

E-girls
15位 THE NEVER ENDING STORY ♪E-girls
EXILE系女子ユニット総合集団・E-girlsが歌った剛力彩芽主演ドラマの主題歌は、映画『ネバーエンディング・ストーリー』の主題歌のカバー。Emyliがソングライターとして参加したc/wの「JUST IN LOVE」もキャッチーで華やかな良曲。2曲とも1st Album『Lesson 1』に収録済。

乃木坂46
14位 ガールズルール ♪乃木坂46
センターが生駒里奈から白石麻衣に変わり、売上を10万枚以上伸ばした女子たちの友情を歌った爽やかなサマーチューン。c/w曲のMUSIC VIDEOもしっかり作られていて、特に『東急プラザ 表参道原宿』で撮影した「世界で一番孤独なLOVER」は楽曲の放つクールな魅力も◎

加藤ミリヤ
13位 Lonely Hearts ♪加藤ミリヤ
出世作「ディア ロンリーガール」を彷彿とさせる、現代の女子高生が抱えるリアルな孤独感や不安、友情を綴った、ティーン女子の代弁者・加藤ミリヤの真骨頂といえる原点回帰のミッドテンポのR&Bナンバー。20代になっても10代女子の気持ちをしっかりと捉えられているのは、雑誌連載でJKのリアルな意見を聞いているミリヤだからこそ。c/wの「Only U」「Aitai(Loneliness Remix)」もまた切なさに溢れています。

Juice=Juice
12位 ロマンスの途中/私が言う前に抱きしめなきゃね(MEMORIAL EDIT)/五月雨美女がさ乱れる(MEMORIAL EDIT) ♪Juice=Juice
Hello!Projectから2013年に生まれた新ユニット・Juice=Juiceのメジャーデビュー作。インディーズ時代のシングルの再録2曲とのトリプルA面という豪華仕様で登場した今作は、オリコン初登場2位を記録。クールな大人路線の楽曲を、スキルの高さと初々しさを武器にパフォーマンスするのがJuice=Juiceの魅力。とりあえずよくわかんないなーという方は、センターに立つ宮本佳林ちゃんさんの(長過ぎたセミプロ経験の弊害ともいえる)やり過ぎ感のある顔芸にご注目ください。


加藤ミリヤ
11位 EMOTION ♪加藤ミリヤ
13位の「Lonely Hearts」に続き、2作ランクインのミリヤ嬢。こちらは「Lonely Hearts」とは対照的にダンサブルで攻撃的な一面を魅せた楽曲。夏向きのクールなEDM「TURN ME ON」と夏の終わりの哀愁漂う「Summer Time Lonely」というc/w2曲も名トラック。


TOP10の発表は続きから!

わーお!(・∀・)

ここからはTOP10の発表です!

カウント~~~ダウン!!m9(^Д^)




小柳ゆき
10位 ジェットコースター ♪小柳ゆき
「we can go anywhere」以来、約4年半ぶりとなるシングルは、富士急ハイランドのイメージソングに起用された表題曲と、ボーカリストとしての持ち味を最大限に生かした哀愁漂うバラード「Destiny」、疾走感のあるロックナンバー「Secret」の3曲を収録した充実作。CD購入者特典でラジオブースでの2ショット撮影が行われた際に、小柳氏の方から「お久しぶりです(・∀・)」と声をかけて頂き、大感激しました(´;ω;`)

板野友美
9位 1% ♪板野友美
AKB48からの卒業発表後にリリースしたソロ4作目は、原点回帰のnamie amuro風ヴィジュアルイメージのR&Bチューン。カッコ良さを追求したMVのラストで「私は鳥になる。“ひとり”という鳥に。」とクールにダジャレを決め込む等、相変わらず板野▲。卒業後はayumi hamasakiっぽいビジュアルにイメチェンを図りましたが、ハッタリ系DIVAとしての本格始動に今から期待をせずには居られません(・∀・)

モーニング娘。
8位 ブレインストーミング/君さえ居れば何も要らない ♪モーニング娘。
振付に小島よしお(藤井隆)の動きを取り入れたモー娘。の2013年第2弾シングル。まさかの2作連続オリコン1位を獲得し、“トリプルいいこと”に向かってメンバーやファンの士気も一気に高まったことでしょう。4パターン用意されたc/w群も超充実。EDM路線にセクシーさも加えた「A B C D E-cha E-cha したい」、甘酸っぱい青春アイドルチューン「いつもとおんなじ制服で」、卒業記念に用意された田中れいなソロのデジロックチューン「Rockの定義」など、ミニアルバム並みの充実感が味わえました。

ナオト・インティライミ
7位 恋する季節 ♪ナオト・インティライミ
既婚(妻は池間アカネ)・子持ちであることが発覚したお祭り男、ナオト・インティライミが歌うキラキラと爽やかなラブソング。恋する楽しさや胸がザワめく感覚を既婚者とは思えぬピュアな感性で歌い上げています。

モーニング娘。
6位 わがまま 気のまま 愛のジョーク/愛の軍団 ♪モーニング娘。
電通のバックアップにより、『フォーメーションダンス』を売りにして再ブレイク感を演出し、見事3作連続オリコン1位獲得という快挙を成し遂げた最新型モーニング娘。の両A面シングル。クールなEDMチューンとなった「わがまま 気のまま 愛のジョーク」、Yの軍団!としか聞こえない「愛の軍団」の他、草食男子をテーマにしたユーロビート歌謡「坊や」、朝早くからの初々しいデートの様子を歌った「ふんわり恋人一年生」など、今作もまたc/wがなかなか侮れない仕上がり。


きゃりーぱみゅぱみゅ
5位 にんじゃりばんばん ♪きゃりーぱみゅぱみゅ
忍者をテーマにした和風エレクトロポップチューン。手裏剣や人斬りの効果音を随所に使った中田ヤスタカの遊び心満載のサウンドメイキングには頭が下がりっぱなしです。そして、何よりこの摩訶不思議な楽曲が生まれたのは、きゃりーのキャラクターがあってこそ。一方、c/wの「Unite Unite」では等身大の竹村桐子の姿が歌われています。

AKB48
4位 恋するフォーチュンクッキー ♪AKB48
AKB総選挙の結果を反映し、「エッチだってしたのにふざけんなよ!」の名言でおなじみHKT48の指原莉乃が初センターを務めたAKB48の32枚目のシングル。懐かしいディスコサウンドと親しみやすい振り付けで、普段AKBにあまり興味がない人も「この曲はイイ!」とハマる人が続出。結果として、「フライングゲット」以来の国民的ヒット曲として世間に認められたのではないでしょうか。個人的には、篠田麻里子&板野友美の卒業記念曲をc/wに収録したType-Bがオススメ。

華原朋美
3位 夢やぶれて-I DREAMED A DREAM- ♪華原朋美
2012年のFNS歌謡祭での感動の復活を果たした華原朋美。そして、リリースされた復帰第1弾作は、映画『レ・ミゼラブル』でもハイライトとなっている楽曲の日本語カヴァー。輝かしい栄光の後に待ち受けていた、底無しの悪夢のような人生。実体験とリンクする歌詞を力強く歌い上げる姿には感動を禁じ得ません。奇しくも去年、筆者も夢やぶれました。夢やぶれた後も、命が続く限り人は生きていかなければならない。絶望に囚われている暇はない。夢やぶれた者が再生への小さな光を見出す為の応援歌として、力を与えてもらいました。

モーニング娘。
2位 Help me!! ♪モーニング娘。
2013年のモーニング娘。の快進撃はここから始まった!2012年から続く攻めのEDM路線をさらに推し進めた「Help me!!」はインストだけでも十分にカッコいい仕上がりで、見事3年8ヶ月ぶりのオリコン1位を獲得!c/wにはライブの多幸感の演出に欠かせない楽曲となった「Happy大作戦」や、道重リーダー&団地妻(譜久村聖)コンビのお色気テクノポップ「哀愁ロマンティック」、今作から加入した小田さくらが新人離れした歌唱力の高さを聞かせる鞘師里保とのハモリ曲「大好きだから絶対に許さない」など、EDMだけじゃないモー娘。もしっかり収録。

MAX
1位 Tacata' ♪MAX
MAX is BAAAAACK!!!!!
公開と同時にネット上で衝(笑)撃を与えた大ヒットチューンが、当然の如くNo.1を獲得!
“タカタ!を繰り返す珍曲 × MOMO'mocha'Nによる強烈すぎる日本詞 × 安さ全開でギラつくMAX”が奇跡の合体。曲のインパクトはもちろん、忘れてはならないのがMAXの粘り強いプロモーション活動です。茨城のショッピングモールでの予約握手会から始まり、BSの歌番組のトークゲスト、汐留のお昼の生番組で野外からの生中継、「5時に夢中」に生出演、ゲイイベントにシークレットゲストとして登場、モノマネ番組で椿鬼奴とのコラボ披露、念願のゴールデンの歌番組出演、まさかのSMAPとのコラボ実現…と、「Tacata'」1曲のプロモーションにじっくり時間をかけ、着実に出演番組のレベルがステップアップしていく姿は、我々が忘れかけていた何かを教えてくれているような気がしました。
今年は「Tacata'」を越える衝撃作で、再び我々を楽しませてくれることを期待したいです(゚∀゚)


以上が2013年の邦楽SINGLE BEST20でした!
スポンサーサイト

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント


 あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いいたします!そして早速コメントさせていただきます!

 いきなりプロペラダンスキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!最初この曲が1位かと勘違いしてすごくビックリしたんですが、CDTV方式のカウントダウンm9(^Д^)でしたね、直前のことを忘却しちゃう辺り、もう年なのかもしれません←
 カナ嬢のシングルは発売ごとに歌詞にストーリーをこじつけて見出すのが楽しみのひとつですよねwww夏のアゲ曲は今年も期待です´∀`
 おハマ年末ギリギリ発売でランクインキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!MVも含めてちょっと笑っちゃうシングルですが、すべてが愛おしさに変わるのが彼女ですよね!
 何度見ても山Pは芸術!アート!素晴らしい!ところで"SUPERBAD"路線を極めたアルバムは出してくれないんでしょうかw
 きゃりぱみゅさん、ちゃんとSEKAIを征服しましたね。なんだかんだ言いつつもこの曲は大好きです。ただ、「にんじゃりばんばん」についても同様ですが、サビ以外が思い出せないという事態ですすみません/(^o^)\
 E-girls、ハマれる方法をご教授ください←
 乃木坂はふわふわした感じがいいですね、ときどきシングル曲でなかしーの影をチラチラ見ますけどwこの「ガールズルール」は素直に好きでした´∀`
 ミリヤ、どちらもスルメシングルで非常に美味しかったです。『TRUE LOVERS』が傑作だっただけに『LOVELAND』に期待!タイトル的にmerylandさんでパロディも出来そうですね!w
 JUICE=JUICE、愛しつぇるわと言うぇ!の破壊力がすごすぎてちょっと今気になってますwww破産しないために我慢我慢w
 ピタさんと小柳氏の距離がだんだん近づいていってるのが素晴らしい!「we can go anywhere」については本当にお世話になりました!
 板野△のこの曲はパフォーマンスのときのダルそうな踊りがツボでしたwww是非今後も色んな意味で楽しませていただきたいです!
 去年のモー娘。の勢いはすごかったですね!久々にMステで拝むことができて胸熱でした……曲も攻めに攻めまくってて素敵!改名おめでとう!
 きっとゲイだと思って応援していたらまさかの既婚子持ちで大層ガッカリしましたが、相変わらずキャッチーなメロディを書くんですもん、つい聴いちゃいますよねw
 恋フォチュは名曲ですね!普段はジャズしか聴かないって人もハマったりしてて、ディスコの力ってすごい、さしこの力ってすごいと思いましたw数字以外にも誇れる曲が生まれるのは素敵なことだと思います!
 朋ちゃんには大変感動させていただきました。今後、どういった曲を届けてくれるのかが本当に楽しみです。今の彼女の歌唱力ならハラハラすることもなさそうですしね!朋ちゃん頑張って!
 1位はもちろんこの曲!Show a**, Tacata'!この曲とMAXの人気のアガりっぷりは凄まじかったですね!是非とも今年もぬるま湯のような邦楽に一石を投じていただきたいです(゚∀゚)

 以上、新年早々長々とすみません/(^o^)\
 非常にピタさんらしいランキングでニヤニヤしちゃいました(・∀・)
 洋楽Single、そしてアルバムと、更新を楽しみにしています♪
【2014/01/01 01:55】 URL | ゆずひめ #leF2ecbc [ 編集]

>ゆずひめさん
あけましておめでとうございます!
新年1発目の愛を感じる長文コメント、ありがつぉーございぁしたぁっ!(←何故かおハマ調)

今年は初のCDTV方式を採用させてぴただきました。

剛力さんは今年もキレの良いダンスナンバーを出してくれるようなので2年連続のランクインに期待ですね!
カナ嬢は「GO FOR IT」で告白して、「Always」で実を結んだ愛が昨年終わりを迎え、
「Believe」「涙色」「さよなら」と失恋を引きずり続けているようなので、
春あたりには新しい恋を見つけて、夏にはインスパイヤ曲で幸せを押し売りし、
秋冬には束縛ソングで久々に会いたい病に罹患 という流れが欲しいなと思います。
おハマは記録に対するこだわりも今回で無くなると思うので
今年はどんどんシングルを出して爆死してほしいですね!
山PのB地区隠し芸は日本のヌード史に語り継がれるべきだと思います(`・ω・´)
きゃりーさんは今年が正念場な気がします。だいたいアーティストの賞味期限は3年と言われてますからね。
E-girlsは、個人的にはDreamのメンバーにしか興味がないんですw
HappinessやFlowerのメンバーと違ってBBAだし苦労人なので、
Dreamとしてはそこまで売れないけど、E-girlsだと推されてるっていう矛盾を楽しんで観ています。
楽曲面では早くもEXILEと同じマンネリ化の傾向が見られてますが…orz
乃木坂は深夜のレギュラー番組をよく見てたので、
知らず知らずのうちに結構メンバーの顔と名前を覚えてしまいましたw
ミリヤ嬢「LOVELAND」のジャケが公開されたら、是非とも今年の年末用にフォトショ遊びしてみますw
Juice=Juice、レコ大逃したのは残念でしたが、
「愛しつぇるわと言うぇ!」の破壊力がお茶の間に広まったようなので良かったです(´∀`)

長くなりそうなので1~10位分への返信はまた別にします!
【2014/01/01 16:02】 URL | ピタ #- [ 編集]

>ゆずひめさん
引き続きコメ返しさせてぴただきます(・∀・)

小柳氏とは同じ埼玉県出身者ということ以外にも
色々と縁を感じるエピソードが多いので、
今年もたくさんお会いしてお話が出来ればいいな~と思っております(´∀`)

板野△には今年からソロアーティストとして、
大きく羽ばたいて頂きたいですね!
おハマの後継者になるのか、奈美恵の後継者を狙うのか、
その動向にも注目です!

モー娘。'14にも引き続き攻めまくってもらいたいです!
今年はメンバー個人の知名度をもっと上げるのが重要課題ですね。

恋チュンは久々にAKB楽曲で嫌味なく世間に受け入れられた感がありましたよね。

華原朋美の歌唱力は生で聴いても素晴らしかったです。
歌も良くなって、見た目も変わらず綺麗だし、
あとはオリジナル曲でもう一度ヒットを出してほしいですね。

そして1位はもちろんTacata'です(゚∀゚)
まさかここまでたくさんの人に愛され、ネタにされる大ヒット曲になるとは思ってもみませんでした!
記録には残らなくとも、記録に残る名曲ですね!


残りの3つも楽しんで見て頂けたら幸いです(´∀`)
【2014/01/01 21:30】 URL | ピタ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。