(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ΘωΘ)meryland 2013 洋楽SINGLE 20(ΘωΘ)

年明け恒例の自己満足企画、
第2弾は(ΘωΘ)meryland 2013 洋楽SINGLE 20(ΘωΘ)です。

それでは早速、11位~20位の発表です。
※画像クリックでYoutubeに飛びます。

Avril Lavigne
20位 Rock N Roll ♪Avril Lavigne
今年で30歳になるAvril Lavigneのセルフタイトルを冠した最新作からの2nd Singleは、若干の若作り感が否めない直球なタイトルのロックナンバー。アルバムジャケットではパンダ化してますが、こちらのジャケットではNickelbackのChadと再婚して幸せ絶頂な気分を右腕と右脚を高く上げて表現。お幸せに。

K.Michelle
19位 V.S.O.P. ♪K.Michelle
メンフィス出身の女性R&Bシンガー、K.Michelleが歌う♪ヴェェェリスペッシャーーー!! というソウルフルな節回しが炸裂するスリリングでドラマチックなR&Bナンバー。不遇の時代を乗り越え、昨年満を持してのアルバムデビューを果たし、デビュー作『Rebellious Soul』は全米初登場2位を記録。赤毛と力強い歌声はデビュー当時のKeyshia Coleを彷彿とさせますね。

Katy Perry
18位 Unconditionally ♪Katy Perry
3rd Album『Prism』からの2nd Single。1度聴いただけで覚えられる♪あんこんでぃしょぉぉぉぉなぁぁぁぁぁ!!という切ないメロディが胸を打つミディアムナンバー。

Lorde
17位 Royals ♪Lorde
16歳(当時)とは思えぬ落ち着いた雰囲気が末恐ろしい新人・Lordeの大ヒットシングル。極限までシンプルなトラックに乗せ、淡々と歌い上げる様に只者ではないオーラを感じ取ったピタ氏は、2013/8/26付けのPITACONでこの曲のヒットを予見していたのであります。流石に"ろーいやぁぁぁ~もーいやぁぁぁ~"と揶揄されるほど全米チャートを独走するとは思わなかったけど。

Selena Gomez
16位 Come & Get It ♪Selena Gomez
これまで“Justin Bieberとかいうポッと出の調子に乗ってる素行不良男の彼女やってた乳臭い顔のアイドル”という認識だったSelena Gomezが、2013年、居ても居なくても変わらないようなバックバンドを切り捨て、Rihannaの没曲を携えてワタシ革命を起こしました。その結果、ピタ的イメージの向上に成功し、“Rihanna路線で稼ぐ意外としたたかなセレブアイドル”という認識へシフトチェンジ。ようやく当ブログでもセレブアイドルとして期待される存在になりました。

Little Mix
15位 How Ya Doin' ♪Little Mix
One Directionの妹分として売り出し中のUKガールズグループ・Little Mixのデビュー作『DNA』から、Missy Elliottをフィーチャーしたグル―ヴィーなアップチューンがランクイン。しかし、残念なことにピタ所有の『DNA』にはfeat. Missy ver.が収録されていないという悲劇・゚・(つД`)・゚・

Che Lloyd
14位 I Wish feat. T.I. ♪Cher Lloyd
2014年に新作をリリース予定のCher Lloydが、新作からのリードシングルとして発表したT.I.参加のポップチューン。曲中に登場する♪キューンキューンってフレーズが可愛くってついついDLしてしまいました(´∀`)

Icona Pop
13位 I Love It ♪Icona Pop
2013年を代表する安っぽさ全開のキャッチーなEDMといえばこの曲。情報系番組でファストファッションを紹介するコーナーや、雑誌モデルが出てくるチープな番組での楽曲使用率の高さは異常。

Janelle Monae
12位 Dance Apocalyptic ♪Janelle Monae
独自の世界観を持つ女性アーティスト・Janelle Monaeの最新作『The Electric Lady』からの2nd Singleとしてドロップされた楽曲。レトロ感とパーティー感が詰まった愉快なダンスナンバー。

Cher
11位 Woman's World ♪Cher
御年67歳の超大御所・Cherが“Tell the truth! This is the Woman's World!!”とパワフルに歌い上げるアゲアゲなダンスチューン!“This is the Woman's World!!”と歌っているのに、実際聞いてるのはほとんどゲイという現実!!むしろ、これを聴かないゲイなんてヲカマ失格!と言っても過言ではない…ハズ。

1位~10位の発表は続きを御覧下さい♪

ここからは上位10曲の発表です。


Janelle Monae
10位 Q.U.E.E.N. feat. Erykah Badu ♪Janelle Monae
Janelle MonaeとErykah Baduという、奇才×奇才による夢のコラボが実現。まさしく「Q.U.E.E.N.」のタイトルに相応しい強烈な個性の持ち主2人による濃厚な女王ファンクがここに誕生。

Ariana Grande
9位 Baby I ♪Ariana Grande
ネクスト・マライアとして現れた期待の新星・Ariana Grandeのデビュー作『Yours Truly』からの2nd Single。初期のAshantiを彷彿とさせる軽やかなR&Bチューンですが、曲の終盤ではMariah要素もたっぷり味わえる1曲で2度おいしい楽曲。

Mariah Carey
8位 #Beautiful feat. Miguel ♪Mariah Carey
本家Mariahも頑張りました。2013年は3曲のシングルを発表。中でも、群を抜いて素晴らしかったのがこちらの「#Beautiful」。グラミー賞受賞の勢いに乗るMiguelをデュエット相手に迎えたレトロクラシックなR&Bチューンで、自己愛を過剰なまでに爆発させるMusic Videoがとにかく笑えて素晴らしい。ジャケットで魅せるイキ顔も、Miguelにイカされてるんじゃなく、明らかに自分の美しさに酔ってイッてる感じ。

Katy Perry
7位 Roar ♪Katy Perry
最新作『PRISM』からの1st Single。Sara Bareilles「Brave」との類似性が否めないパッとしない曲、という第一印象でしたが、Music Videoを見て一気に好きになりました。(虎が男に襲いかかるシーンが1番好きw)

Miley Cyrus
6位 Wrecking Ball ♪Miley Cyrus
ワタシ革命~第2章~を実行中のMiley Cyrusは、今やハイレグ姿で舌を出してケツを押し付ける、世界で最も下品な女に大変身。この曲では、『全裸鉄球女』という新たなニックネームを手に入れました。

Lady Gaga
5位 Applause ♪Lady Gaga
2013年前半には怪我により車椅子生活を余儀なくされていたガガ様でしたが、下半期にはアルバム『ARTPOP』をリリースし、完全復活を遂げました。復活の狼煙となった今作「Applause」は、予想の範疇に収まるガガらしいポップナンバーでしたが、その安心・安定感が魅力となり、5位という好ポジションを獲得。

Daft Punk
4位 Get Lucky feat. Pharrell Williams ♪Daft Punk
脱EDMの潮流のきっかけを作ったとされるDaft Punk × Pharrellによるディスコファンクチューン。当初は「なぜ今Pharrell?」という声もありましたが、Pharrellの活躍はこの曲だけじゃ収まらなかったんだな、コレが。

Robin Thicke
3位 Blurred Lines feat. T.I.+ Pharrell ♪Robin Thicke
これまで似非Justin Timberlake扱いされることも多かった白人紳士・Robin Thickeが放った世界的大ヒットチューン。Marvin Gaye「Got To Give It Up」を彷彿とさせるゴキゲンなグルーヴが魅力のグッドミュージックで、Pharrellはこの曲にも参加。美女がおっぱい丸出しのMusic Videoも話題を呼びました。

Jennifer Lopez
2位 Live It Up feat. Pitbull ♪Jennifer Lopez
2度あることは3度ある。J.Lo × Pitbull × RedOneの黄金トリオが懲りずに3曲目を作ってしまいました。これがもう最高に安っぽくてキャッチーなクラブアンセムなんだから、3度組んでくれて本当にありがとうって感じ。“Make Love,Don't Fight.(チュッチュッ、ポンッ!)Let's Fuck Tonight!”だなんて下品すぎて最高!!思わずクラブでセックスしたくなっちゃいますよね!←ダメ、絶対。

Justin Timberlake
1位 Suit & Tie feat. Jay-Z ♪Justin Timberlake
栄えある洋楽SINGLE部門の第1位は、満を持して音楽業界にカムバックを果たしたJustin Timberlakeの復活作「Suit & Tie」でした。フューチャリスティックな音ではなく、セクシーで紳士的、モードでラグジュアリーなサウンドを音楽業界に提示したJTのカッコ良さに脱帽。2013年の元日から1位のポジションを明け渡すことはありませんでした(・∀・)


というわけで、いかがでしたでしょうか?

次回は邦楽のALBUM BEST20を発表します!
スポンサーサイト

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント


 洋楽は全曲わかります!笑

 アヴさんは"破れたジーンズじゃなきゃ"とドレス姿で歌う感じが最高にロックだと思いましたwww
 K. Michelle、ホントに第2のKeyshiaって感じですよね!ヴェエエエリィイイイスプェエエエシャァアアア!
 Katyの"無償の愛"はホントに美しいですね、アギレラの「Beautiful」系ソングは前作では「Firework」でしたが、今作ではバラード調でよりしんみりしますね(;_;)
 Lorde、早速次のシングル「Team」がチャートを上昇してて恐ろしいです。とりあえず一発屋にはならずに済みそうでよかったよかった´∀`
 ゴメ子、バンドとビーバーを捨ててしたたかになりましたね。音楽はしばらくお休みだそうですが、恐らく2年後には次のアルバムをリリースしているでしょうね←
 お、Little Mixはこの曲なんですね~、Missy不参加盤だなんて。・゚・(ノД`)・゚・。
 苗字付きのCher、早くも人気が下降気味みたいでちょっと不安なんですけど、1stみたいなカラフルポップ満載な感じで攻めて欲しいです。ただ、ビッチキャラで売り出しているかと思ったのに、ビックリするほど婚約が早くて意外と純情のなのかな、と思いましたw
 Icona Popは否応なしにアガりましたね!アイ!ドン!ケー!アラビッ!是非とも一発屋を回避していただきたいものです`;ω;´
 お、Janelle2曲!「Q.U.E.E.N.」のかっこよさはもうたまりません(*´Д`)
 無印のCher、この曲がアメリカでは「Tacata'」だったんでしょうねきっと……素晴らしい!ただThis is the gay's world感がハンパないですねwww
 Arianaタソキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!確かにアシャ子っぽい感じもありますね!この曲大好きですもうアリアナたん大好き!
 マラ様、"明らかに自分の美しさに酔ってイッてる感じ明らかに自分の美しさに酔ってイッてる感じ"のくだりに吹き出しましたwwwwwこのまま極めてちょうだい!
 おや?Sara嬢がランクインしてない。・゚・(ノД`)・゚・。まさかのMVで一番好きな部分が歌が途切れている部分で笑いましたwww
 ピタさんは「We Can't Stop」よりこちら派なんですね(・∀・)もはやネタ化してる感がハンパないですがすんごく歌詞が素晴らしいですね´;ω;`
 ガガ様、A-P-P-L-A-U-S-Eとか最後のA-R-T-P-O-Pとかかわいらしかったです。特に最後の振り付けはすんごく真似したい!
 Pharrell連続ランクインキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!今年はある意味彼の年だったかもしれませんね、Robin ThickeにはそのBig Dickで貫いていただきた(ry
 J.Lo様2位!下品すぎる言葉をPitbullに言わせて自分は高級セレブにとどまっちゃう感じがまさにビッチな感じで素晴らしいですね、4度目のコラボも期待してますw
 1位はJT!まさかのJT!確かにこの曲はカッコいいです……悔しい……新年早々ハンカチを一枚無駄にしました←

 以上、ピタさんらしいランキングでとっても楽しく読ませていただきました!アルバム編も楽しみにしています´∀`
【2014/01/02 16:16】 URL | ゆずひめ #leF2ecbc [ 編集]

>ゆずひめさん
わかりやすい20曲になりましたw

滅多にVideoも歌詞の内容もチェックしない人間なので、
Avrilなんかは完全に耳で聞いた印象を基に順位に付けてコメントしてますw

K.Michelleはアルバムジャケだとふくよかに見えるので、
「この女、相当なジャケ写詐欺師なのでは?」と疑ったのですが、
MVを見たらどうやら詐欺被害を訴えるレベルではなさそうだと判断。

Katyの「うんこんぢてぃおなlly」はLyric Video公開の時点ですんなりとメロディが体に入ってきました(´∀`)
「Roar」の方はMV効果でかなり好きになりましたね。

Lorde、まさかあんなに売れるとは思ってなかったですw
早めに目をつけておいてよかった(´∀`)

Little MixはMissyがきっかけで興味持ったのに、
本当に不運なことにMissy不参加盤が届いてしまいました(´;ω;`)
Missyいなくても好きな曲ですけどね!

ちょっと前までガナリ芸といえばガガ様よりCher Lloydだったんですけどね…。
新作どんな感じになるかわかりませんが、楽しみにしています♪

Icona Popは単純にアガリますよね!
「Girlfriend」「All Night」も個人的にはヒットです!

Janelle Monaeは2曲ともカッコ良かった!
アルバムのジャケットも懐かしい感じで意外と好きでした。

Cher婆のこの曲は聴いた瞬間に思いましたね、
本当のターゲットは「Gay's World」だなと。

Arianaタンは歌唱力や表現力の部分でネクスト・マライアと言われてるんだと思いますが、
絶対に自分のことを可愛いと思ってるタイプの女だと思うので、
「自己愛」という面においてもネクスト・マライアに相応しい人材だなと思いますね。

そして、本家・マラ様にはこのまま自己愛を極めて頂きたいと思います。

Mileyは全裸鉄球派です(・∀・)
最初にMVを見たとき、
糸引きながら歌ってる時点で「汚ったねぇ女だな」と思ってましたが、
その後、全裸で鉄球に乗り出してクッソワロタwwwのは忘れられない思い出です。

ガガ様はなんか無難な曲だなーと思って聴いてましたが、
結局なんだかんだでハマってましたね。

Pharrellは今年はソロで大活躍しそうですね!
MileyがRobin ThickeのBig Dickを狙って
Twerkする神パフォは酷過ぎて何度も観ましたwww

J.Lo × Pitbull × RedOneトリオには
懲りずに今年も何か出してほしいですねw

1位はJTでした。
実は、男声モノを抵抗なく聴けるようになったきっかけがJTだったんで、
彼のカムバックは楽しみにしてたんです(´∀`)

いつも長文コメントありがとうございます!

アルバム編もよろしくおねがいぴたします(´∀`)
【2014/01/03 02:35】 URL | ピタ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。