(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Braveheart ♪Ashanti

Ashanti
約2年間、ダラダラと延期と内容変更を繰り返し、ようやくリリースに漕ぎ着けることが出来たAshantiの5作目のオリジナルアルバム『Braveheart』です。

【収録曲】
1. Intro/Braeheart
2. Nowhere
3. Runaway
4. Count
5. Early In The Morning ft.French Montana
6. 3 Words
7. Love Games ft.Jeremih
8. Scars
9. Never Should Have
10. She Can't
11. Don't Tell Me No
12. I Got It ft.Rick Ross
13. First Real Love ft.Beenie Man/Outro


「Intro」と「Outro」は1曲ごとに分けて欲しかったな…。

結果的に前作から約6年ぶりのリリースとなってしまった本作。
Ashantiってどんなシンガーだったっけ?ということを忘れている方も多いのではないでしょうか。
本作では、“Ashanti is Baaack!!!”と華々しいカムバック宣言が行われるわけでもなく、むしろ、ますますAshantiがどんなシンガーだったかが思いだせなくなるという事態に陥ります\(^o^)/

戦争でも始まるかのような厳粛ムードの「Intro」から続くバウンシーなタイトル連呼系ナンバー「Braveheart」で幕を開けると、Keyshia Cole風のミッド「Nowhere」、Lyn Collins「Put It On The Line」「I Shot Ya」をサンプリングしたMJBを彷彿とさせるHip Hop Soul「Runaway」、Rihanna「Pour It Up」を彷彿とさせる怪しげなアップ「Count」、“FutureとイチャつくCiara感”をFrench Montanaと演出した「Early In The Morning」と、他のDiva達の顔がチラついてしまう楽曲が続き、この時点で『Ashantiって何だったっけ?』状態にw
さらに後半では、収録が見送られてしまったR.Kellyとの共演曲の代替品的な扱いで、「Birthday Sex」のヒットで知られるシンガー・Jeremihを迎えたエロ曲「Love Games」や、Rick Rossを迎えたHip Hopトラック「I Got It」、Beenie Manをフィーチャーした初期のChe'Nelleが歌いそうなレゲエ風味の効いた「First Real Love」などゲストとの共演曲も続々登場するのですが、方向性がバラバラ過ぎて、ますますAshantiが何者で、何をしたいのかわからなくなるという事態に\(^o^)/
唯一、Ashantiらしさを思い出させてくれたのは、リードシングルとして発表されていた爽やか演歌風ミッド「Never Should Have」くらいでしょうか。他にもハイハットを細かく刻んだ00年代風のR&Bトラックが何曲かあるんですが、悪くはないけど時代遅れ感が否めず…。

お蔵入りにせずリリースに漕ぎ着けたという点は高く評価したいですが、堂々たる完全復活宣言をブチかましてくれたらもっと頼もしい作品になったのにな~という印象です(´~`)
スポンサーサイト

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。