(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ΘωΘ)meryland 2014 洋楽SINGLE 10(ΘωΘ)

新春恒例・自己満足企画第2弾、
今回は洋楽のSINGLE TOP10を発表致します(`・ω・´)

■2013年のランキングはこちら⇒【2013年】

それでは、10位から4位まで一気にご覧ください。
(※画像クリックでYoutubeに飛びます。)

Mariah Carey
10位 You Don't Know What To Do feat.Wale ♪Mariah Carey
あらひゃだ、このジャケット、この記事の為に用意して初めて見たけど、お顔の位置(だけじゃなく全て)が不自然だわ!
フォトショの限界に挑戦したNew Albumからひっそりとシングルカットされたディスコナンバー。アルバムの中では同系統のディスコ曲「Meteorite」もお気に入りの1曲。

Sia
9位 Chandelier ♪Sia
Beyonce、Rihannaなど数々の大物への楽曲提供で知名度を上げたシンガーソングライター・Siaの4年ぶりとなった最新作『100 Forms of Fear』からの1st Single。一時期はドラマ『ファーストクラス』のCMにも使われていました。「Clap Your Hands」のようなにぎやかでポップな印象が強かったので、「ミイラ取りがミイラになったように、Rihannaに曲書いてたらRihannaみたいになってしまったわ…けど、曲が良いからまぁ問題ないわね!」というのがこの曲を含めた新作への率直な感想。

Taylor Swift
8位 Shake It Off ♪Taylor Swift
カントリーを捨て、ポップ路線に突っ走って行ったテイ子。「気にしてなんかいられないっ!」という糞邦題がイラっとくるこの曲、ayumi hamasaki「ローリン音頭」をインスパイヤしたMVがきっかけでハマりました。それまで、どんなに売れていようとテイ子の事なんて全く興味がなかったのに。あゆ美さんの影響力ってホント偉大!!

Iggy Azalea
7位 Black Widow feat.Rita Ora ♪Iggy Azalea
2014年に大ブレイクした女性ラッパー・Iggy Azaleaが、ネタキャラとして愛されるセレブワナビーな偽RihannaことRira Oraをフィーチャーした和テイストなナンバー。『キル・ビル』をイメージしたMVがお見事でした。Rita Oraといえば、addidasとコラボしたものの日本のメディアでは「リタオラ…?誰…?」状態だったことが忘れられませんね(´∀`)(「王様のブランチ」でaddidasの商品が紹介されたとき、出演していた女子リポーター3人ともRita Oraのこと「知らな~い♪」って当然の如く言い放ってクッソワロタwww)

Nicki Minaj
6位 Anaconda ♪Nicki Minaj
“俺のアナコンダはお前にデカイ尻がなきゃ興味がない”という下品なフックに合わせて、デカ尻の魅力を語るだけじゃなく、最後には“ガリガリ女は糞喰らえ!”と毒づくお下劣ソング。ご覧の通りのダイナマイトボディでラップするから、「はいはい、その通りです。」と敬服するしかありません。2丁目で短髪髭のオカマが、キショガリ相手に毒づいてるのとは説得力が違います。

Goapele
5位 Hey Boy feat.Snoop Dogg ♪Goapele
ミーハーな選曲が多い中、唯一当ブログらしいオリ~ジナリティ~!!が出ているのがこちらの楽曲ではないでしょうか。オークランド出身のR&Bシンガー・GoapeleがSnoop Doggをフィーチャーしたグル―ヴィーなディスコチューン。心地よいグルーヴはもちろん、Goapeleの清涼感のある歌声も相まって、極上のFeel Good Musicとなっています。

Ariana Grande
4位 Break Free feat.Zedd ♪Ariana Grande
可愛さ売り一辺倒だったの若手ホープが、ドキャッチーなEDMポップとスターウォーズ風の安いMVでコメディエンヌとしての一面を見せた1曲。この曲と徹底した固定アングル芸の確立で、愛すべきヤングディーヴァの1人へと一皮剥けた印象です。


さて、残るはTOP 3!!!


Michael Jackson
3位 Love Never Felt So Good ♪Michael Jackson (feat.Justin Timberlake)
1983年に制作されていたというマイコーの未発表曲。30年以上の時を経てリリースされましたが、なんとポップで心が温まるナンバーなんでしょう。Justin Timberlakeをfeat.したバージョンも制作されましたが、個人的にはソロバージョンで十分満足。

Lady Gaga
2位 Do What U Want ♪Lady Gaga feat.Christina Aguilera
皆さん忘れてませんか?2014年の幕開けと共に話題を振り撒いてくれた“落ち目ディーヴァのガナリ合いコラボ”を!!こんな濃い2人に「Do what U want with my booooddddyyyy!!!」なんてガナられたら、完全に脅迫。チ●ポなんて勃ちやしません。

Ariana Grande
1位 Problem feat.Iggy Azalea ♪Ariana Grande
「ネクストマライア」というお姫様キャラから、横顔固定アングル芸人という新キャラクターを確立した“名倉”ことAriana GrandeがTOP10に2曲ランクイン!そして、堂々の1位獲得です!Iggy Azaleaをfeat.したこちらの楽曲は、1st Albumからの流れを汲んだ90'sな雰囲気を感じさせるPOP/R&Bナンバー。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


 洋楽篇参ります!
 初っ端から「ファッ!?」となってしまったんですが、この曲シングル・カットされていたうえにこんなジャケットだったんですね!? すごい……アルバムのジャケに顔のパーツだけ切り貼りしたみたいで最ッ高に不自然……同じく「Meteorite」とペアで大好きでございます! おマラ・ディスコ最高!
 Siaさん、ホントにRihannaやBeyonceが歌っていてもおかしくない感じの曲・アルバムになりましたね……この曲の爆発力はきっとSiaだからこそ出せるものだと思いますが、まさかのここでも『ファーストクラス』に運命さえ感じていますw
 テイ子、スウィフティーズからの口撃なんて気にしてなんかいられないっ!! って感じですwまさかのおハマINSPIREによってハマることとなるとは、本当に影響力恐るべし……!
 ピタさんはイギイギなら「Black Widow」なんですね! この激情っぷり、そしてRita Oraという存在……愛する他ないですものね……ちょwwwRita Oraそんなことになってたんですかwwwww(可哀想……w)
 Nickiのこの曲、最後のほうほぼ"f×ck"ばっかり連呼してますもんねwww誰もNicki様のダイナマイト・ボディには勝てません、はい。←
 そしてガガレラきたわ! と思いきやまさかの2位……ですって……!? このふたりにオラオラ迫られたら恐ろしすぎて逃げる他ありませんよね、ほぼシャウトのようなガナり合いが最高すぎて、今年はこれを越えるコラボに出会えるのかに注目したいですw
 まあなんとピタさんにとってアリアナがここまでの存在になるとは! これもひとえに自身のアイデンティティの確立や、1stから2ndへの綺麗なバトンとなったこの曲のクオリティゆえでしょうね……以上シングル篇、主に打ち消し線の部分に大草原になりながら、楽しませてぴただきました! アルバム篇も楽しみにしています(´∀`)
【2015/01/02 17:08】 URL | ゆずひめ #leF2ecbc [ 編集]

>ゆずひめさん
マラ様、アルバムの中でも1,2を争うお気に入り曲だったので、
シングルカットされてんだったら入れちゃえ!ということでランクインぴたしましたw

Sia、まさか『ファーストクラス』のCMに使われるとは予想外でしたが、
さすがゲイ受け重視のドラマ、良いチョイスしてるなと思いましたw

テイ子、これまでの作品はサンプルで聞いたりしてたんですけど
全くハマれずゴミ箱行きだったんですがw、
ようやくゴミ箱行きを免れた作品に出会えました。
アルバムに付いてきた誰得ポラはゴミ箱に入れたくなりましたけどね。

「Fancy」よりもこっちをよく聞いてました!
Rita Oraの扱いホント酷くてクッソワロタwww
実際addidasの店頭で大々的にRira Oraの名前出して宣伝してましたけど
「日本じゃRita Oraなんて誰も知らないだろwww」と店の前通るたび思ってましたw

ガガレラの落ち目ガナリコラボ最高!!
2014年はこの曲から始まった!っていうのが強く印象に残っています。

そして、1位は自分でも意外だった固定アングル芸人。
2014年は一気にディーヴァとしての存在感が増しましたね!
【2015/01/10 19:19】 URL | ピタ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。