FC2ブログ

(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

HOME OF THE BRAVE ♪MARTHA REDBONE

fd2f533f.jpg

タワレコ輸入盤セール発掘品その②
NY出身・ケンタッキー育ちの女性シンガー・Martha Redboneの2001年作(?)『HOME OF THE BRAVE』です。このアルバムは、高1のころだったかな…?渋谷のタワレコ4Fで軽く試聴して、華麗にスルーしてきたというエピソード付きの1枚です。まさか3年後に同じ店の地下で305円で買うなんてね…。今回、記事にするにあたって軽く、ほんとに軽~くググったらなんかもうじき新作を出すようですね。公式ホームページでこのアルバム全曲と新作から数曲の試聴ができますので興味を持った方はGO!!

ざっと通しで聞いてみた印象は、とにかく声がもろに“ソウル”な人だな~といった感じ。サウンド的に、これはソウルとは呼べないだろ…っていうような曲が何曲かあるのですが、そういう曲でもトラックの異色さをねじ伏せてしまうほど、声に圧倒的なソウルネスがあります。そこがカッコいい!!曲の方はというと、ハーモニカの音がフォーキーな感じを与えつつも、しっかりとネオソウルしてる「Vineyard」、肩の力を抜き、リラックスして聞けるミディアムナンバー「Underdog」、70年代っぽい懐かしさを十分に湛えたソウルナンバー「Say You Love Me」はどことなくChaka Khanを彷彿とさせます。小気味よいファンクナンバー「Someday We'll Be Friends」は、途中にオペラっぽいコーラスが入ったり、終盤で小鳥のさえずりが入ったりして癒し系な展開になったりと楽しい1曲。「House on the moon」は90年代前半っぽいちょっと懐かしい感じのするミッド。“He said I got a boyfriend”という詞がサビで繰り返される「Boyfriend」は、察しがつくように気持ちを寄せていた男性にゲイであると告白された女性の葛藤を歌った曲。グッと抑え気味な歌唱で"if you knew that you could change the world...Would you really make it better?"と結構大きなことを問いかける「Perfect World」、ギターが主体となったアコースティックソウル曲「Free」、アラニスやシェリルあたりの女性SSWっぽい感じの「Liar」、クラシカルなループが全体的に敷き詰められた「Heaven」Macy Grayを彷彿とさせます。冒頭からパトカーやサイレン音がして物騒な「Superman」は、意外や意外、大人なムードの漂うジャジーな1曲。

“声”のもつパワーというか、オーラっていうのは凄いんだなというのをものすごく感じさせられたアルバムでした。何を歌ってもソウルに聞えさせてしまう力がこのアルバムからは伝わってきます。新作からの写真もずいぶんと綺麗に写ってるし、案外これから期待できる逸材かもしれません。
★★
スポンサーサイト




テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://mery2410.blog49.fc2.com/tb.php/383-a1c5dc37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)