(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BRIDGE ♪SPEED

75a6fa6a.jpg
今年がちょうどデビュー10周年!90年代後半を駆け抜けたガールズグループ・SPEEDが、2003年の2度目の再結成(1度目はチャリティーコンサート&シングル・LIVE盤発売のみ)の時に発表した、『Carry On My Way』以来、約4年ぶりのオリジナルアルバムです。これまでSPEEDの楽曲のほとんどは伊秩弘将(詞・曲)/水島康貴(アレンジ)コンビが手掛けてきましたが、このアルバムでは、SPEEDとしては初となる伊秩弘将以外の超豪華作家陣による楽曲が収録されています。

Tommy february6の楽曲制作陣による「Stars to shine again」Tommyらしさ全開な激可愛いポップナンバー。年齢以上の大人びた内容の歌が多かった10代のころのSPEEDが、20代を迎えて逆にこのような可愛らしい楽曲を歌っているのが実に新鮮に聞こえます。ゴスペラーズ安岡優が作詞、黒澤薫が作曲を担当した「Walking in the rain」はしっとりとした大人っぽいミディアムバラード。今作と同時にシングルとしても発売されました。ゴスペラーズは、安岡優作詞/北山陽一作曲の、ギターの音色が穏やかな風を運ぶような、まぶしい緑が目に浮かんでくるミディアムナンバー「四つ葉のクローバー」も提供。つんく♂作詞・作曲の「WAY TO GO!」は初期モー娘。を彷彿とさせる仕上がり。妙に大人っぽく聴こえるのは、やはりモー娘。以上に濃い人生経験を積んできたSPEEDだからでしょう。“青春”という言葉が美しく響きます。けだるくスウィートな「Kiss」Chara印120%。多香子仁絵の声が曲の世界観と見事にマッチしています。hiro今井絵理子のソロ作品に楽曲提供をしてきたD-LOOP葉山拓亮はお得意の軽快なアップナンバー「Still Blowing」を提供しています。伊秩曲は、元[iksi:d]木村玲がハードロックテイストのアレンジを施した「Bridge to Heaven」、コーラスで4年間の成長ぶりがうかがえるミディアムナンバー「華」伊秩氏がなんと20年前に作った曲!だという「With」、今回の再結成第1弾シングルで、オリコン初登場第2位を記録した「Be My Love」など、長きに渡りSPEEDのメンバーを見守ってきた彼だからこそ書ける珠玉のメロディが揃っています。

いつもの伊秩楽曲に加え、個性の強い制作陣が集まったことで、今までのSPEED作品よりも様々なタイプの楽曲が収録されています。多香子仁絵のソロパートも今までのSPEEDのアルバムより多く聴けるので、そこにも注目すると楽しめます♪
【最高位9位/98,242枚】
★★★☆
スポンサーサイト

テーマ:avex - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://mery2410.blog49.fc2.com/tb.php/50-26035a95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。