(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LeToya ♪LeToya

1dddfc50.jpg
最強ガールズグループ・Destiny's Childの元メンバー、LeToyaのソロデビューアルバム『LeToya』です。グループ脱退から6年間、いろいろありましたが、ようやくアルバム出せました(´∀`)

サントラ『Coach Carter』に収録されていたThe Corna Boyz制作の「What Love Can Do」(※今作にも収録)での印象があまりにも地味すぎた為、“ソロでも華がない”という印象が残っていたわけですが、「Intro」に続いて始まるJust Blazeが手掛けたスウィートなミッドナンバー「U Got What I Need」がモロに自分好みの美しい曲で、そんな印象は吹っ飛びました。この曲が、LeToyaのソロとしてのキャリアの始まり曲だったようですね。正式な1st Singleとしてカットされた「Torn」は、The Styleisticsの大ネタ曲「You're Everything」を使用した超反則技のミッドナンバー。最初は、あまりにも卑怯なネタ使いに若干嫌悪感があったものの、やはりどう聴いても名曲です。完敗…。Jazzy Phaが手掛けたダーティーなアップ「Tear Da Club Up」では、Jazzy Phaがおなじみの合いの手を入れる他にBun Bも客演し、さらに随所に登場するSOUL'd OUTDiggy-Mo'そっくりの声がいい味出してますw PAUL WALLを招いた「All Eyes On Me」は中近東路線のエキゾチックな魅力たっぷりのナンバー。ゴージャスかつ妖しげなムードがたまりません♪以上4曲が、個人的にアルバムの中で特に気に入った曲たちです。その他の収録曲を簡単に紹介すると、硬質なビートとメランコリックなギターのループが絶妙に絡み合うSlim Thug参加の「Hey Fella」、鍵盤の音がシャープな印象を与えるTeddy Bishop制作の「So Special」「Torn」と似た雰囲気を持つ美しく繊細かつヒネリの聴いたトラックが良いメロウチューン「She Don't」Mike JonesKilla Kyleonを招きスクリュー&チョップドを用いたH-Townカラー濃厚な「Gangsta Grillz」Bryan-Michael CoxがProduceした正統派スロウ「Obvious」Scott Storchによる(若干やっつけ感の漂う)中近東テイストの「I'm Good」Jermaine Dupriが手掛けた控えめな音使いに涼やかなコーラスが映えるミッド「This Song」Mike JonesRick Rossを客演に迎え、Jermaine Dupriがクールに仕上げた「Torn(So So Def Remix)」と、地元・ヒューストンのラッパーを投入してカッコよく聴かせる曲もあれば、とろけてしまいそうな極上のメロウナンバーもたっぷりで、満足度の高いアルバムでした。
【最高位37位/28,169枚】
★★★★
スポンサーサイト

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://mery2410.blog49.fc2.com/tb.php/53-0906f402
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。