(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STAR ♪U3

cae3d626.jpg
宇多田ヒカルファミリーによる覆面ユニットU3の不思議な魅力漂うデビューアルバム『STAR』です。ジャケットを手掛けたのは当時小学生のヒカルことH゚IKASO U. ま、小学生にしては上手い絵だね。

内容のほうは、大半の曲がお母様の藤圭子RA U.がメインボーカルを務めていて、物悲しく、不幸の臭いのプンプンする歌が収録されています。1曲目でタイトル曲の「STAR」からして、スターになった昔の男を思って“ただの優しい妻になりたかった”と歌う恨み節のように聞こえますw 2曲目の「流されてゆくなら」♪この町でぇ~というフレーズから怨念のようなものが…(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル 3曲目の「子供たちの歌が聞こえる」でようやくH゚IKASO U.が歌声を披露。これが、、、正直あまりお上手じゃないw そして、曲調が悲しすぎます(>_<)ぎこちない歌声が、どこからか聞こえる“楽しそうな子供たちの歌”に対して、冷たく悲しい眼差しを送っているかのようです。4曲目「愛しているよ、あの日の君を」は一転してアッパーなロックアレンジが新鮮なナンバー。歌詞は、男が別れた女を思い続ける内容なのですが、お母様の情念がこもった歌声からストーカー的な危なさを感じてしまいます…。5曲目「生まれた時からI LOVE YOU」は、ギターが悲しく泣く哀愁たっぷりの1曲。H゚IKASO U.♪I~ LO~VE YOU~という部分だけコーラスで参加しています。6曲目の「THANK YOU」H゚IKASO U.がメインボーカルを務め、作詞にも参加したロックテイストの曲。「子供たちの~」よりは幾分かしっかりとしたボーカルを聞かせます。7曲目「生きることを教えてくれた」は、かすかな希望の光を感じ取る事が出来るミディアムナンバー。8曲目「婚約解消」はタイトルから察しがつく感じの曲で、ジャジーなピアノやトランンペットの音が悲しさを演出します。9曲目「ニューヨーク・セレナーデ」はギターが轟音を上げるミディアムテンポのロックナンバー。一昔前の大人の男って感じの歌詞がシブいね。最後の曲「やり直せる人生」は、前向きな歌詞とは裏腹にボーカルから漂う人生経験の重さに妙な感覚を覚える1曲。後奏が長め。

幼い頃の宇多田ヒカルの声に興味を持って買ったアルバムだったけれど、そんなに参加してるわけじゃなかったし、それよりは、藤圭子という歌手がいかに(不幸オーラを身に纏った)偉大な歌手だったかということの方が伝わってきた作品でした。
スポンサーサイト

テーマ:邦楽CDレビュー - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://mery2410.blog49.fc2.com/tb.php/55-7a21eb98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。