(ΘωΘ)meryland(ΘωΘ)

J-POP,POPS,ROCK,R&B,HIP HOP,REGGAE… 雑食性音楽好き人間の感想文ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Almost Famous ♪Lumidee

90c01193.jpg
2003年の夏に、“Diwali”使いの「Never Leave You(Uh Oooh,Uh Oooh)」が大ヒットした、真夏の一発屋の代名詞・Lumideeの1st Album『Almost Famous』です。

Lumidee - Never Leave You

大ヒット「Never Leave You(Uh Oooh,Uh Oooh)」は、Sean Paul「GET BUSY」Wayne Wonder「No Letting Go」といった同じDiwali使いの曲とともにビルボードチャートを席巻。もともと「Never Leave You」Diwali使いのトラックではなく、お遊びでDiwaliのリディムを乗せてみたらウケがよかったため、Diwali使いヴァージョンを正規で出したという裏話があり、よく聴いてみればトラックと歌が合ってないのがわかります。アルバム曲に耳を傾けると、アレッ!?と思わせる場面が続出。歌が・・・ヘタウマというよりただのヘタk(ry…。確かに声はAmerieCiaraAaliyahなんかに通じる部分もあるといえばあるんですが、彼女たちに比べると声の芯がしっかりしていなくて、不安定で下手に聞こえます…。彼女、ラップもできるんですが、ラップの方が全然イケてます( ゚д゚) 曲の方も、前半は「Never Leave You(Uh Oooh,Uh Oooh)」に似た曲が固まってる感じ。「Honestly」は「Never~」の原型になった曲なのかな…?「似たような曲を入れるな!!」と思ってしまいました…(ノ∀`)アチャー N.O.R.E.と、プロデュースを手掛けたDJ Tedsmoothをフィーチャーした「CRASHIN' A PARTY」は、タイトルとは裏腹の淡々としたトラックがLumideeの歌をカバーしきれず・・・。「FOR KEEPS」では、フックでギターが「Never~」のサビの♪オッオー オッオーという部分のメロディを奏ではじめ、「Never~」に寄生しているといった印象。アルバム後半には控えめなアコースティック調のナンバーが並んでいます。HANDSOME JOEを迎えたラップ曲「GO WITH ME」は、Lumideeのラップとフックの歌の差が凄く、とても同一人物とは思えません。(*´Д`)ハァハァという呼吸音が使われた「AIR TO BREATHE」はアルバムの中ではなかなか良い出来に思いました。

このアルバムの最大の問題は「Never~」が強烈過ぎること。「Never~」の強烈さに任せて、大人しめな曲ばかりが並んでしまったように感じました。2~3曲、思いっきりぶっ飛んだ曲があれば印象もかなり変わったんじゃないかなと思います。
★★★
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://mery2410.blog49.fc2.com/tb.php/676-3db691f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

気になる言葉を入れてみてね(・∀・)

月別アーカイブ(タブ)

ブログ全記事表示
プロフィール

ピタ

Author:ピタ
▲誕生日▲
1986年7月生まれ
▽趣味▽
音楽鑑賞、インターネット、体型維持
△特技△
書道
●欲しい物●
お金、仕事、腹筋

◆コメント・リンク・拍手はお気軽&ご自由に(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。